お父さんが変-あらすじ-37話-38話-39話-感想付きでネタバレありで!

韓国ドラマ-お父さんが変-あらすじ-37話-38話-39話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ジュンヒはハンスのことを本当の父親ではないかもしれないと疑い始めました。
ハンスの秘密が明らかになる日が近いようです。
ボクニョは子宮摘出の手術をすることになりました。怖がっているボクニョに対して冷たいギュテク。病気のときくらいは優しくしてあげるべきです。

【お父さんが変】ネタバレあり

ジュンヒはハンスのことを本当の父親ではないかもしれないと疑い始めました。
ハンスの秘密が明らかになる日が近いようです。
ボクニョは子宮摘出の手術をすることになりました。怖がっているボクニョに対して冷たいギュテク。病気のときくらいは優しくしてあげるべきです。

37話

手術することになったボクニョ。
ギュテクは危険な手術ではないと説明するが、かなり怖がっているボクニョ。
手術室に入るまでジュンファンの手を掴んで話さない。

ギュテクはボクニョが手術室に入るのを見届けるとさっさと食事に行ってしまった。

へヨンはジュンファンにお義父さんはいつからお義母さんに冷たいのかと聞く。
ジュンファンは子供の頃からだという。
だからボクニョが自分に執着するのだというジュンファン。
ヘヨンは、理解はできたが、受け入れるわけではないという。

手術が終わり病室に移るボクニョ。
ギュテクは食事のあとサウナにも入ってきた。

ジュンファンは、自分たちは帰るから今夜はお父さんが付き添ってくれと言う。
しかたなく引き受けるギュテク。

ジュンヒは父の写真を見比べている。
ハンスは父親でもないのになぜ父親だと言ったのか考えている。
ジュンヒは母にハンスの写真を送り、この人を知っているかとメールする。

事務所に出社したジュンヒ。
スマホを見ながら歩いているミヨンを見つめる。
父親がハンスでないのなら好きになってもいいのかと考えるジュンヒ。
いいのですよ!

ミヨンの前にダンボールを抱えた男性がやってきた。
ミヨンとぶつかりそうになるのを助けるジュンヒ。
ミヨンはジュンヒに抱きかかえられドキドキする。
ジュンヒはミヨンに前を向いて歩けと言い、行ってしまった。

ジュンヒは精神科医の元カノを訪ねた。
ハンスの2枚の写真を見せ同じ人かと聞く。
違うだろうという元カノ。
ジュンヒはずっと信じていた人が違う人だったかもしれないと言う。
誰のことかと聞く元カノに答えないジュンヒ。

祖母の出演したクイズ番組を見るハンス一家。
最後の一問で間違えた祖母に拍手をする家族たち。

ハンスは帰りの遅いジュンヒを待っている。
帰ってきたジュンヒはハンスに気づくが、そのまま部屋に入ってしまった。
ジュンヒは初めてハンスに会った時のことを思い出していた。
母親の名前を言ったのに反応のなかったのに、なぜ父親だと名乗ったのか考え続けていた。
そのまま朝になった。

ジュンヒはハンスの歯ブラシを取りに行った。
DNA鑑定をするためにセンターを訪れたジュンヒ。
とうとう真実が明らかに!

ジョンファンはボクニョの付き添いをギュテクと交代する予定だったが断れない仕事が入ってしまった。
ギュテクに連絡するが、用事があると言う。
ヘヨンが行くことになった。

チョルスの父がラヨンを食事に誘った。
高級レストランで食事をする2人。
ラヨンにチョルスを家に帰してくれたお礼だと言い、高級バッグをプレゼントする父。
ラヨンは、私はバッグを12個も持っているからいらないと返す。
父はその12個全部合わせてもこのバッグの方が高いから受け取れという。
ラヨンはそんな高級なバッグをもったらそれに合う洋服や靴も必要になるからチョルスの父が使えばいいという。
どう見ても似合わないと思いますが

ラヨンは、私は口が軽いから食事をしたことも高級バッグのこともチョルスに話すという。

ラヨンはそのままチョルスに話した。
チョルスは何を言われたか心配するが、ラヨンは気にしていない。
それよりも社内恋愛がバレないように気を使っているラヨン。

ユジュはプレゼン中にお腹が痛くなった。
我慢をしてプレゼンを続けるユジュ。
どうにかプレゼンは終わり本部長に褒められるユジュ。

しかしそのあと倒れてしまった。
病院に運ばれるユジュ。

病院にはジュニョン、ミヨン、ヨンシルが駆けつけた。
ユジュは流産してしまった。
こうなると思いました

ボクニュの病室でお弁当を食べながらテレビを見ているギュテク。
ボクニョがテレビのチャンネルを変えようとした。
リモコンの取り合いをするボクニュとギュテク。

ボクニュは38年前に結婚するときに一生自分の味方になると行ったのを忘れたのかと言う。
ギュテクは38年前のことが悔やまれると言う。
あのとき土下座をした代償を今払わされているのだと言うギュテク。

その話を聞いていたヘヨン。

ヘヨンはギュテクに結婚生活を否定するような言葉は言い過ぎだと言う。
一方的に卒婚を強要するのは非人間的だと言うヘヨン。
お義母さんは何も食べられないのにその前でお弁当を食べたり、むしろ卒婚を要求するのはお義母さんの方だと言う。
ボクニュは私が言いたかったことはそれだと喜ぶ。

ギュテクは義父に向かって生意気だ、これ以上話をしても無駄だと言い出て行った。

ヘヨンは病室で仕事をする。
ボクニュはヘヨンにまだ拗ねているのかと聞く。
ヘヨンは拗ねているのではなく怒っているのだと言う。
ボクニュは心が狭いとつぶやく。
よく言いますね~

ジュンファンが来たので喜ぶボクニュ。
ヘヨンは付き添いを交代してハンスの家に行くことにした。

ユジュは退院して帰って来た。
ヘヨンはジュニョンに残念だったと言う。
ジュニョンはユジュに仕事を休んでくれと何度も頼んだのに聞いてくれなかったと言う。
1日でも休んでいたら助かったかもしれないと言うジュニョン。
ヘヨンは元気を出せとジュニョンを慰める。

ジュンヒは一人で酒を飲んでいる。
母から電話がきた。
ハンスの写真を見た母は見たことのない人だと言う。

酔っ払って帰って来たジュンヒ。
店の前で泣き始める。
どうして自分を騙したのだと泣き叫ぶジュンヒ。
ミヨンが通りかかった。

ジュンヒはミヨンにお前も知っていたのだろうと言う。
ミヨンの腕を強く掴み、泣き叫ぶジュンヒ。
ミヨンは腕が痛いと言う。
ジュンヒはミヨンにごめんと言い、そのまま倒れてしまった。

ミヨンはハンスを呼び、ジュンヒを部屋に運ぶ。
ハンスはこんなに飲んで、何があったのだろうと心配する。
大変なことが起こりますよ~

夜中に目を覚ましたジュンヒ。
心配するハンスの手紙を見つけるが、そのままマンションに帰ってしまった。

DNA鑑定の結果が出た。
ハンスとジュンヒは親子ではなかった。

38話

ジュンヒはマンションに戻った。
ミヨンはジュンヒと連絡が取れなくなり心配している。
ソンジュンからデートの誘いのメールがきた。
ラヨンはソンジュンと付き合ってみろと言うがミヨンはジュンヒのことだけが心配だった。

ユジュは今日から会社に復帰すると報告をする。
ヨンシルは、30日間は休めるはずだと言うが、ユジュはもう回復をしたから大丈夫だと言う。

ジュニョンはユジュにもう少し休んだほうがいいと言うが、ユジュは大丈夫だと言う。
無理をしたから子供を失ったと言いたいのかと言うユジュ。
ジュニョンはユジュの体が心配なだけだと言う。
ユジュは一人で出勤した。
休めばいいのに

ミヨンはヨンシルにジュンヒが酒を飲んで帰って来て店の前で泣きながら叫んでいた話を伝える。

ジュンヒはアメリカにいる友人にピョン・ハンスという人を探してほしいと頼む。

ボクニョは退院した。
家に帰るとギュテクが雇った家政婦がいた。
ボクニョは自分に相談もなく家政婦を雇ったことに腹を立てる。
ギュテクはどうせ何もできないのだから相談する必要もないと言う。
専門家を雇ったのだから出かけてくると言うギュテク。
ギュテクはジョンファンたちにも2階に行き、電話にも出なくていいと言う。

ジョンファンはヘヨンのために花びらを浮かべた風呂を用意した。
マッサージもしてヘヨンにサービスをするジョンファン。
今までの点数稼ぎですね

復帰したユジュのことを性格がきついと噂話をする社員たち。
ミヨンはその話を聞いて、裏でこそこそ悪口を言うことはやめろと注意をする。
それを見ていたユジュ。

ユジュの母親がきた。
ジュニョンはカフェに連れて行く。
母親はさっそくジュニョンにお金が必要だから融通してくれと頼む。

ヨンシクたちの働いているピザ屋で新メニューの公募が始まった。
選ばれたら開店資金を支援してくれるとわかり挑戦するヨンシク夫婦。

ラヨンに会いにきたチョルス。
ラヨンを驚かそうとしているチョルスを痴漢と勘違いしたジュニョンは持っていたカバンでチョルスを叩く。
鼻血を出してしまったチョルス。
チョルスにいろいろと質問をするジュニョン。
ジュニョンのことをお兄さんと呼ぶチョルス。

ハンスの留守中、ジュンヒが送ったDNA鑑定書を受け取ったヨンシル。
その内容を見て座り込んでしまうヨンシル。
ハンスに電話をするがでない。

へヨンたちはギュテクから家族会議を開くと言われた。

ギュテクはボクニョと卒婚をすると言い出した。
38年間家長としての役割をつとめてきたからもう自由になりたいと言うギュテク。
退職金をくれないから自分名義のマンションを担保に融資を受けて、家を契約したと言う。
今後は自分の年金も自分で管理すると言うギュテク。

ジョンファンはひどいと言うが、ギュテクはお前の話は聞きたくないという。
家を出ても家族の集まりには時々来るという。

ボクニョは、卒婚は嫌だと言う。

ヘヨンはお義父さんが家を出たらただの別居だという。
卒婚とは双方が合意の上ですることでお義母さんが反対しているのでこれはただの別居だと言う。
ヘヨンはボクニョにお義母さんの同意なくお義父さんが家を出たら、直ちに慰謝料と離婚を請求できると言う。

ギュテクはヘヨンに生意気だと言う。
離婚でも慰謝料でも請求すればいいと言うギュテク。
汚い言葉を使い出したギュテクにボクニョは嫁の前でみっともないと言う。
今まで言われていたことを言い返しました

ヨンシルはジュンヒのマンションにやってきた。
ジュンヒはヨンシルにここに来たということはすべて知って来たのかと聞く。

ヨンシルは大罪を犯したと言う。
ジュンヒは家族全員で自分のことを騙していたのかと聞く。
子供たちは何も知らないと言うヨンシル。

ジュンヒは本当の父はどこにいるのか、殺したのかと聞く。
ヨンシルは泣きながら事故で亡くなったのだと言う。

ヨンシルは夫の本当の名前はイ・ユンソクだと言う。
ヨンシルは泣きながら全てを告白し始めた。

亡くなったあなたの父親とユンソクは幼馴染だった。
無実の罪で殺人者となったユンソクは刑務所で3年を過ごし、出て来てからユンソクの人生は変わってしまった。
母親の臨終にも立ち会えず、ずっと暗黒と苦痛の生活を送っていた。
そんなときハンスからアメリカで一緒に事業をしようと誘われた。
アメリカに行った後に一緒に飲みに行ったクラブで爆発事故が起こり、ユンソクが目を覚ましたときにはハンスは亡くなっていた。
そのとき身分が入れ替わってしまった。

みんなユンソクのことをハンスだと勘違いしていたというヨンシル。

ジュンヒは今の話が本当だとしても自分はハンスではないと言う機会があっただろうと言う。
ヨンシルは自分が頼んだのだと言う。
その時ジュニョンがお腹にいて、生まれて来る子供を殺人者の子供にしたくなかったのだと言うヨンシル。
ヨンシルは神が私たちに再起する機会を与えてくれたと思ったと言う。

ジュンヒは黙れと言う。
ヨンシルは許してくれとは言わないが、このまま見逃してくれないかと言う。
子供達のために一度だけ許してほしいと泣くヨンシル。

ジュンヒは見逃すことはできない、出て行けと言う。
父親が死んでいた事実だけでもショックを受けていると言う。

ヨンシルはふらふらになりマンションを出る。

ジュンヒは家の中で暴れる。

その頃ハンスは本当のハンスの墓に来ていた。
ハンスは世の中と戦う勇気のない自分をあの世に行ったら叱ってくれと言う。

ジュンヒはアメリカの友人からピョン・ハンスは亡くなっていると聞き、ヨンシルの話が事実だとわかった。

ヨンシルは、これからは安心して眠れるとつぶやく。
嵐が来る前に家族で食事をしようとメールをする。
食事中にいつもと違う様子のヨンシルを心配する子供たち。
ヨンシルは近いうちに話すと言う。

ギュテクはマンションの契約にきた。
しかし契約は詐欺だった。
大変だ!家に帰るしかない

何も知らないハンスはジュンヒのマンションに来た。
部屋の中の荒れている様子を見て驚くハンス。

ジュンヒはハンスにイ・ユンソクさんと声をかける。

39話

ギュテクは不動産詐欺にあってしまった。
ヘヨンとジョンファンはそのことを知った。

ギュテクは自分でなんとかするから大丈夫だと言う。
ジョンファンはなぜ軽率なことをするのだと怒る。
詐欺にあったお金は1000万ウォンではなく1億ウォンだと言うジョンファン。
ギュテクは取り戻すと言う。
だから法律事務所に依頼したのだと言う。
お前には迷惑はかけないから口を出すなと言うギュテク。

ヘヨンはギュテクに家に帰ろうと言う。
チコも慣れないホテル暮らしは可哀想だと言う。
今さら帰れないと言うギュテク。

ヘヨンはお義母さんへの配慮だと思えばいいと言う。
まだ卒婚の準備ができていないお義母さんのために戻ったと思えばいいと言うヘヨン。
ギュテクはそうするかと言う。
さすが弁護士!説得の方法が上手い

ギュテクは帰ってもいいが、自分からボクニョに話すまで何も言うなと言う。
ジョンファンは、自分はすぐにお母さんに話そうとしたがヘヨンに止められたのだと言う。

ボクニョはギュテクが出て行って泣いていた。
そこにジョンファンがギュテクを連れて帰ってきた。

ギュテクは突然卒婚宣言をするのは38年間一緒に暮らした妻への配慮がなかったと言う。
ヘヨンから一方的に出て行くのは別居だと言われてそれも一理あると思ったと言う。
とにかくお前が卒婚を受け入れる期間を設けると言うギュテク。

ボクニョはヘヨンがギュテクを連れ戻してくれたと思っている。
感謝しなさい!

ハンスがジュンヒのマンションに来た。
部屋の中が荒れているのを見て驚くハンス。

ジュンヒはハンスをユンソクと呼び、一生ばれないと思ったのかと言う。
自分の父親の友達だったらしいが、よく平然と4か月も騙していたと言う。
最初から受け入れなければ良かったのに、同居させてすごい芝居を続けて来たのかと言うジュンヒ。
自分が気付いて通報したときのために対応していたのかと言うジュンヒ。

ジュンヒはなぜ父親の振りをして自分を騙したのか答えてくれと言う。
ハンスの持ってきた食材を床に叩きつけ、泣きだすジュンヒ。

ジュンヒは顔も見たくないから帰れと言う。

ハンスは出て行った。
ドアの外で泣くハンス。

ヨンシルはハンスの帰りを待っていた。
雨の中ずぶ濡れになって帰ってきたハンス。

ヨンシルはジュンヒがうちにDNA鑑定書を送ってきたと言う。
ヨンシルは35年間必死に隠してきたけれど、今後はあなたが悪夢を見ることもないと真っ先に思ったと言う。
ハンスは35年間名前を使わせてもらったハンスに名前を返さなければならないと言う。
明日警察署に行くと言うハンス。
ヨンシルは行く前に子供たちに話をしようと言う。
ジュンヒが一番心配なのはわかるが、子供たちにも話さなければならないと言うヨンシル。

明後日があなたの誕生日でみんな集まるから、そこで話をしてそれから警察に行ってくれと言うヨンシル。
ハンスはそうしようと言う。
私にも罪があるから一緒に行くと言うヨンシル。
ハンスは、お前は悪くない、自分が決めた事だと言う。
ハンスはお腹にいる子供を守るために決心したのだと言う。
お前は手伝っただけだから自分を責めるなと言うハンス。
警察署には一人で行くと言うハンス。

ボクニョの作った食事をせっかく作ったから仕方ないと言い食べるギュテク。
ボクニョはギュテクに暑さがキツいから漢方薬でも頼もうかと話す。
ギュテクは卒婚を諦めたわけではなく、お前が対応できる期間を設けただけだと言う。

ボクニョはヘヨンに相談があるから外で会えないかと聞く。
ヘヨンはスケジュールを調整して連絡をすると言う。

出勤前にストレスを感じたヘヨンはリフレッシュするために楽しい音楽をかけて踊る。
それを見たジョンファンも一緒に踊る。
ヘヨン!最高(笑)

ユジュはタンスの中からジュニョンが隠してあった赤ちゃんの靴やグッズを見つけた。
ジュニョンが来たので慌てて隠すユジュ。

ジュンヒはインタビューを受ける。
演技を褒められるジュンヒ。
ジュンヒは自分でも上手いと思うと生意気な態度で答える。
父親との仲を聞かれ、人の私生活を暴くのかと言うジュンヒ。

ジュンヒの態度が悪いので、本部長はジュンヒは熱があって体調が悪いのだとかばう。
しかしジュンヒは記者たちを怒らせてしまった。

ミヨンはそれを聞いてジュンヒを追いかけるが車で行ってしまうジュンヒ。
それを見ていたソンジュン。
ソンジュンはミヨンに自分を避けているだろうと聞く。
ミヨンは自分を好きになってくれたのはとても幸運だと思うが、同じ気持ちにはなれなくてごめんなさいと謝る。
ソンジュンはジュンヒのせいかと聞く。
ジュンヒが好きなのかと聞くソンジュンにありえないと言いかけて黙ってしまうミヨン。
ソンジュンはミヨンの気持ちはわかったと出て行く。

ミヨンはジュンヒのことが好きだという自分の気持ちに気付いた。
兄弟ではないから心配しないで!

ラヨンの職場で試飲会が行われる。
そこでノルマが与えられた。
会長からの指示で他の人は10個なのにラヨンだけ15個だった。

試飲会の途中に会長が取引先の人を連れて通りかかった。
ラヨンはさっそく取引先の人たちに試飲をさせる。
気に入ったと言う人たちに会長が1箱ずつプレゼントをすると言う。
みんなに配るラヨン。

配り終わって行こうとする会長に会計をしてくれと言うラヨン。
自分にお金を払えと言うのかと言う会長。
ラヨンは会長が自腹で買ってこそ、この製品は価値があるとお客様が納得すると言う。
取引先の人は会長も自腹で買う製品は説得力があると言う。
ラヨンの営業力を褒める取引先の人。

会長はラヨンにカードを渡した。
ラヨンは社員割引を適用すると言い会計した。

チョルスと打ち合わせをしている会長。
そこにラヨンが6箱も買ってくれたのにサンプルを渡すのを忘れたと入ってきた。
会長に最近疲れているようで顔がむくんでいるようだからむくみを取る製品を持ってきたと言うラヨン。
会長はむくれているかと鏡を見る。
チョルスは元から膨れ面なのにラヨンが勘違いをしていると笑う。

ユジュの後輩のチーム長が妊娠したので休暇を取りたいと言って来た。
ユジュはおめでとうと言う。
ユジュは休んだら職場に復帰できないかもしれないがそれでも平気かと聞く。
後輩は今を乗り越えれば昇進できそうだからかなり悩んだけれど、子供に対して責任を取りたいと言う。
責任を取れなかったユジュにはきつい言葉です

家に帰ってきたユジュはジュニョンが隠していた赤ちゃんグッズの入った箱を取り出した。
その中にはジュニョンからの手紙が入っていた。
ジュニョンは仕事の忙しいユジュを気づかい、子供が生まれたら自分が世話をすると書いてあった。

ユジュは今まで子供のことより仕事を優先していた自分を反省し始めた。
泣きだすユジュ。
超音波写真を見ながら子供に悪かったと謝るユジュ。

帰ってきたジュニョンはユジュが泣いているので驚く。
ユジュはジュニョンに自分のせいだと言う。
ジュニョンが胎名を付けようと言った時に付けてあげれば良かったと言う。
子供の名前を一度でも呼んであげたかったと泣くユジュ。

ジュニョンは自分を責めるなと言う。
赤ちゃんは自分達の元に来る気がなかったのだと言う。
大泣きするユジュ。
(泣)(泣)(泣)

ハンスはジュンヒのマンションに来た。
ハンスはジュンヒに明日子供たちに話してから自首をすると言う。
今までの罪を償うと言うハンス。
お前の傷が癒えるわけではないが、お前の父親の名前を返さなければいけないと言う。
お前は俺を告発するなり提訴するなり好きにしろと言うハンス。

ハンスはジュンヒに悪かったと言い、帰っていく。

ヨンシルはハンスに今日は食事が終わってから話してくれと言う。

ヨンシクのお金を持って逃げたジョンテが現れた。
最近、お金ができたから何を始めようか悩んでいるときにテレビでお母さんを見たと言う。
預かったお金の半分だが、ミナの学費の足しにしてくれと言うジョンテ。
3500万ウォンが戻ってきた。

これでミナを科学高校に行かせることができると喜ぶヨンシクの妻。
ミナが帰ってきた。
そこにピザ屋の本社から電話がかかってきた。
メニュー開発の公募にヨンソク達のメニューが選ばれたのだった。
賞金と開業支援を受けられることになった。
しかし開業資金には3000万ウォンがかかると言う。
先ほどもらった3500万ウォンを見つめるヨンシクたち。
賞金はいくらなのでしょう

ヘヨンはボクニョとカフェで待ち合わせをした。
ヘヨンはさっそく新しい契約書を作ろうと言う。
ボクニョが提案をしてきた内容は、①1日1階電話をする ②一緒にお風呂に行く ③一緒に旅行をする ④月に1回ショッピングに行く ⑤週に1回市場に行く。
この5つだった。
ボクニョは娘がいないから嫁が来たら一緒にやりたいことがたくさんあるのだと言う。
ヘヨンは、嫁は娘にはなれないと言う。
ボクニョは本当の娘だと思っていると言う。

ヘヨンは、娘は母親の作った食事に文句を言っても怒られないが、嫁が同じことをしたら親にそんな教育を受けたのかと嫌味を言われると言う。

ヘヨンはボクニョの要求を検討し始めた。
電話の件は、息子でもやらないことを嫁に要求をするのはやり過ぎだと言う。
ジョンファンに電話をするように言っておくと言うヘヨン。
風呂は姉妹とも一緒に風呂に入らないので無理だと断る。
旅行は1年に1回2泊3日程度ならいいと言う。
ショッピングは2時間で済ませ、お互いの趣味には口を出さないと言う。

そこまでヘヨンが話すと、ボクニョはヘヨンみたいに話上手になりたいと言う。
自分はいつも感情が先に出てしまって涙がでてきてギュテクと上手く話ができないと言う。
ボクニョはギュテクと卒婚しなくて済むように協力してくれと言う。

ハンスの誕生日なので祝いの食事を作る子供たち。
ジョンファンも手伝っている。
ヘヨンは、ジュンヒは来ないのかと聞く。
忙しくてもお父さんの還暦祝いだから来ないといけないとラヨンはジュンヒにメールを送る。

家族みんなでハンスの祝いをする。
そこにジュンヒが来た。
子供たちは歓迎するが、ハンスとヨンシルは黙ってしまった。
ジュンヒはハンスに誕生日おめでとうお父さんと声をかける。

37~39話感想

今回は泣けました。ハンスやヨンシルは辛いでしょう。ジュンヒも苦しいとは思いますが、ハンスたちの気持ちを理解してあげてほしいです。
ユジュはやっといい人になったようです。赤ちゃんに悪いことをしたと泣くユジュの姿に見ているこちらも泣いてしまいました。ユジュを慰めるジュニョンは優しいです。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。