お願い、ママ-あらすじ-25話-26話-27話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-お願い、ママ-あらすじ-25話-26話-27話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

お願い、ママ.jpg
弾けんばかりの笑顔が魅力的、アメリカグアム育ちの溌剌とした彼女の名はユジン。
長身で爽やかな笑顔のイ・サンウ共演。
娘(役ユジン)と母(役コ・ドゥシム)は犬猿の仲。愛憎劇を交えながら視聴者の共感を呼ぶホームドラマです!!





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
フンジェとジネ、ヒョンスンとチェリ・・・それぞれに発展があるでしょうか(^▽^)/
ヒョンギュとヘジュもいい感じ(^▽^)/
家族愛にあふれた物語を今日もほっこり楽しみましょう!!
【お願い、ママ】(ネタバレあり)
第25話「息子が暮らす家」
ジネに彼氏がいなければ嫁にしたいと言うヨンソン代表。
息子フンジェの彼女だと知ったらさぞ驚くでしょうね~
公園のベンチで愛の誓いを立てるヒョンスンとチェリ。
今度は本物のイニシャル入りの指輪を手にする二人。
ジェミンはチョルンに呼ばれ会社にいた。
チェリには他に男がいることを耳にするチョルン。
ヒヤヒヤするヒョンスンだった。
ジネとフンジェは一緒に帰宅。
今日は母サノクと喧嘩しないようにと気づかい、たい焼きを持って母サノクの元に向かうジネだが・・・。
今日もまた些細なことで言い争い。
ヒョンギュは家で仕事中、ヘジュから資料が届かず電話をかけるが出ない。
以前ヘジュの家の中が荒らされていた事から心配するヒョンギュ。いてもたってもいられなくなり、ヘジュの家まで駆けつけてくる。
呑気に出てきたヘジュは半身浴の最中だったと言う。
心配したヒョンギュは「今後10秒以内に電話に出る事」と言い残し帰って行く。
ヨンソンは息子フンジェの住んでいるところが気になっている。
会議が無くなり急きょフンジェの住まいに行ってみることに。
そこで目にしたのは、フンジェがジネの母に「お母さん」と呼ぶ姿。
フンジェの後をついていくヨンソン、やって来たのはフンジェの下宿先ジネの家。
住まいに驚くヨンソンに、追い打ちをかけるよう驚愕の事実を目の当たりにしてしまう。
わが息子フンジェの彼女がジネだと言う事。
突然のことで驚きが隠せないヨンソンです(@_@)
会社帰りに毎日やって来るのはサンヒョク、職権乱用でフンジェに嫌がらせ。
ヨンソンは食欲もなく、フンジェが隠していたことが気になって仕方ない。
自分がフンジェの母であることをジネは本当に知らないのかと疑わしくて仕方ない様子。
一人余計な妄想をしてしまうヨンソンだった。
わが息子の事となると冷静ではいられなくなるヨンソン。
自分の出した著書のように、クールな母親にはなれないようですね(^▽^)/
実家に帰って来たフンジェをクールに出迎えるヨンソンだったが・・・。
なんだかかえって怖いですね(≧∇≦)
第26話「息子の彼女は・・・」
実家に帰って来たフンジェ。
母ヨンソンは彼女を紹介してほしいと言うが、少し時間が欲しいと言うフンジェだった。
一方ヒョンスンとチェリもラブラブな様子。
「愛してる」と電話で言われ大はしゃぎのチェリ。
チョルンはヒョンスンに娘チェリの運転手をしばらく頼みたいと言う。
「どんな男と会っているのか調べて欲しい」と言われ困ってしまうヒョンスンだった。
ヒョンギュはフンジェと一緒にヨンソン代表と昼食を。
ヨンソンは意地悪でわざとジネを食事の場所に呼び出す。
焦ったフンジェとヒョンギュ!!
しかしやって来たのはコン代理!
ホッとしたフンジェとヒョンギュでした
チェリはヒョンスンとエステを受ける。そこへやって来たチェリのおばあちゃん。
パックをしたヒョンスンを見ても運転手のヒョンスンだとは気づかないようです
ヨンソン代表は残業をするジネをお茶に誘う。
彼氏とはどこで出会ったのかと聞くヨンソン。
以前工場の排水管工事を頼んだことから始まったと聞き、フンジェが契約破棄をされたのはジネのせいだったのか!と思うヨンソンだった。
ヒョンギュはヘジュに資料の催促で電話をかける。
ヘジュは尾行されているようだと電話で言う、慌てて家に入るヘジュ。
ヒョンギュは心配のあまりヘジュの家まで駆けつけてきた。
ジネの帰りを待つフンジェ、橋の上からサノクがそれを見守る。
ジネが帰って来てフンジェと嬉しそうに笑顔で話す姿を見て、サノクも笑顔になる。
交際には反対しているサノクですがやはり娘の笑顔はうれしいものですよね(^▽^)/
サノクは一晩考えた結果、フンジェを少し認めたようで居間一緒に食事することを許す。
一方ヨンソンはジネと話をしようと家に呼ぶ。
そこにフンジェが帰って来る。
母ヨンソンが、ジネと付き合っていることに気付いたのではないかと思ったからだ。
インターフォンが鳴る・・・ジネがヨンソンに呼ばれてやってきたようだった。
第27話「恋人の正体は・・・」
ヨンソンに「息子だ」と紹介されたのがフンジェで驚くジネ。
ヨンソンは自分とフンジェが親子だと本当に知らなかったのかと質問する。
もちろんジネはたった今知ったばかり、何と言っていいのか困惑する。
フンジェは「代表と親子だと言えばジネが離れてしまいそうで言えなかった」という。
いくら好きでも嘘は許せないと言うジネ、しばらく時間が欲しいと言う。
フンジェは会社でプレゼン。
沢山の案の中から、フンジェの企画案が選ばれることに。
チョルンもフンジェの仕事ぶりは高く評価しているようですね
フンジェはジネに仕事が終わったら会おうとメールをするが断るジネ。
ヨンソン代表と気まずいジネです
コン代理の開くパソコンにジネの兄ヒョンギュが写っている。
「今度会社の顧問弁護士になる人だ」と言うコン代理。
ヒョンギュもフンジェの母がヨンソンであることを知っていたのだと思うジネです
ジネの帰り道を待ち伏せするフンジェ。
話をしたいフンジェだが、ジネはまだ受け入れられないと言う。
「ひねくれた心が傷ついたから辛い」というジネ。
ヒョンギュはヘジュを送り迎え。
防水ケースを渡し、半身浴中にもすぐ電話に出るようにと言う。
ヒョンギュの帰りを一人の男がじっと見ている・・・彼はいったい?!
ジネはヒョンギュにフンジェの母がヨンソン代表だと知っていたのではと問い詰める。
「なにが悪い?」と開き直るヒョンギュと言い合いになるジネ。
ヨンソンはフンジェとジネの仲を知ってから態度が変わってしまう。
秘書のジネに外回りに行ってくれと言うヨンソン。
ヒョンスンはチョルンにチェリの彼氏の事で何かわかったことはないかと聞かれる。
冷や汗のヒョンスンです
その頃チェリはヒョンスンにも内緒で惣菜店の手伝いにやって来る。
ちょっぴり太ったお客を前に、「ダイエットが必要だ!」と客を怒らせるチェリ。
その様子を見ていたサノクはチェリを追い返す。
ヒョンスンとよりを戻したことも許せないサノク。
ヨンソン代表は顧問弁護士となるヒョンギュの資料を見ている。
そこに一本の電話、ヒョンギュがジネの兄であると言う事を知ってしまうヨンソン・・・。
第25話から第27話の感想
とうとうヨンソンの知るところとなってしまいました!
フンジェの彼女が、自分が可愛がっている秘書室のジネであると言うことを!!
しかもフンジェの住む家はジネの実家。ヨンソンはあまりの衝撃に倒れそうになっていましたね。
自分もかつて、チョルンと付き合っているときに反対されてひどい仕打ちを受けてきたようですが・・・わが息子の事となると、やはりヨンソンもジネに対する思いは違ってきたようですね。
あんなに可愛がっていたジネの事が・・・どうやら素直に受け入れられないようです。これも親心なんでしょうね。
フンジェとシネの仲もギクシャクしています。早く元の二人に戻れますように。
ヒョンギュはヘジュの事が心配でたまらないようですね。彼女を付け回す謎の男・・・怖いです!
ヒョンギュがしっかり守ってあげて!と二人の仲を応援したくなります(^▽^)/
ヒョンスンも、チェリの父チョルンにはなかなか本当の事が言えないようです。
お嬢様チェリとヒョンスンも前途多難・・・これから乗り越えなければならない出来事が色々おきそうですね!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。