お願い、ママ-あらすじ-31話-32話-33話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-お願い、ママ-あらすじ-31話-32話-33話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

お願い、ママ.jpg
弾けんばかりの笑顔が魅力的、アメリカグアム育ちの溌剌とした彼女の名はユジン。
長身で爽やかな笑顔のイ・サンウ共演。
娘(役ユジン)と母(役コ・ドゥシム)は犬猿の仲。愛憎劇を交えながら視聴者の共感を呼ぶホームドラマです!!





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ヒョンスン、チェリと付き合っていることがチョルン(父)にばれてしまいました!!
さ~どうなるのでしょうか(≧∇≦)
そしてヘジュはサンの父親に付け回されているようですが・・・。
【お願い、ママ】(ネタバレあり)
第31話「大切に育ててきた娘」
チョルンはヒョンスンを問い詰める。
「いつからチェリと付き合っていた!」と言うチョルン。
ヒョンスンは正直に、ジェミンの代役で見合いの席に行ったことを話す。
「今後どうする!」と聞かれたヒョンスンは「チェリが好きです。別れたくありません」と答える。
「二度と会うな!運転手もクビだ!」と激怒するチョルン。
激怒する父親の横で泣きじゃくるチェリです( ;∀;)
フンジェはジネをデートに誘う。
朝からピクニック、フンジェ手作りのサンドウィッチを一緒に食べる。
サンヒョクは日課のようにジネのお迎えにやって来る。
ところがジネは既にフンジェと出かけている。
サンヒョクはフンジェがヨンソン代表の息子だとヒョンギュから聞かされる。
ジネは秘書課から企画課へと移動となる。
フンジェから花かごが届くヨンソン、同じくジネにもフンジェから花束が届く。
息子からの気遣いに喜んでいましたが、ジネにも届いたことを知り嫉妬するヨンソンです
ヒョンギュの事務所。
ヘジュが裁判所に出かけたのを見計らってサンがやって来る。
チョコパンの賄賂をヒョンギュに渡す。
学校の面談に行って欲しいと頼み込むサン。
面談の帰り、サンと一緒に歩くヒョンギュを車からじっと見つめるのはキム・グァンニョル(ヘジュの元夫)だ。
ヒョンスンはチョルンにサインを強要される、チェリに会わないと言う約束事の。
ヒョンスンが断ると、「チェリとは全くレベルの合わない相手だ!」と声を荒げるチョルンだった。
サノクの惣菜店に買い物にやって来たチェリの祖母。
ヒョンスンが帰宅したのを見てサノクの息子だったと知り激怒する。
拍子が悪いことに、そこに家を抜け出したチェリがやって来る。
ヒョンスンはチェリに「必ず迎えに行く、諦めない」と言う。
祖母に連れられ泣きながら帰って行くチェリ。
ユジャはその様子を見て、自分が想いを寄せるドンチュルの娘がチェリなのかと気になる様子・・・。
第32話「忘れられた約束」
ヒョンスンはチェリを見送り涙を流す。
父ドンチュルはチェリの家族に全て知られたことをヒョンスンから聞く。
昔の自分と同じだとヒョンスンをかわいそうに思うドンチュルです( ;∀;)
サンは父親であるグァンニョルに連れられジャージャー麺を食べに行くが、何やら怯えた様子のサン。
ヘジュの元に母ユジャから電話、サンがいなくなったと言う。
慌ててヒョンギュも一緒に駆けつける。
近所を探し回るヘジュとヒョンギュ、サンの母親は自分だと打ち明けたヘジュ。
フンジェはジネに言われて母ヨンソンとデートをする約束を取り付けた。
何の魂胆?!と言いながらも喜んでいる母ヨンソンです
フンジェがヨンソンとの約束に出かけようとしたとき、仕事から帰って来たドンチュル。
急に倒れて病院へ。
過労による貧血、病院で眠り続けるドンチュルだった。
その頃ヨンソンはフンジェが待ち合わせに来なくて何度も連絡をするがつながらない。
ジネの父が倒れて連絡が取れなかったと知り腹を立てるヨンソン。
待ち合わせ場所に到着したフンジェ、ヨンソンは既にいなかった。
結局行くところのないヨンソン、会社にやって来る。
フンジェが探してやって来たが(ジネが教えたようだ)機嫌が直らない母ヨンソン。
ジネやジネの家族に嫉妬しているようですね
ジネは諦めないでとフンジェに言う。
そこで母の好物のサラダを買って持っていくがヨンソンはジネの助言だったと知り苛立っている。
ヒョンギュは事務所に書類を取りにやって来ると、休日なのに出勤しているヘジュがいた。
ヘジュに、サンの担任と話をした方がよいと進めるヒョンギュ。
ヒョンギュはヘジュの事が心配で自分も事務所で仕事をしようと帰るのをやめてしまいます(*´∀`*)
ヘジュを送って来たヒョンギュ。
自分の家の惣菜店の目の前までやって来る。
母の同級生ユジャの娘がヘジュだったことを知りびっくりするヒョンギュだった。
ヨンソンは一人カウンターで飲んでいる。
少し離れたところにチョルンも。
お互い息子娘に悩まされていますよね
チョルンは合ったら話そうと思っていたと切り出す。
「昔私に電話してきただろ?」と・・・。
第33話「あなたは誰の子?」
昔ヨンソンが電話をかけたがチョルンはすぐに切ってしまった。
「あの時は妻が危篤状態だった」というチョルン。
余裕が無く、すまなかったと謝るチョルン。
ヨンソンも「あの時の事はいい形で解決した」と言う。
寒くなって来たのでヨンソンはフンジェの布団を届けることに。
サノクとフンジェがふざけている所にヨンソンがやって来る。
母の前で見せる様子と違うフンジェ、ヨンソンは嫉妬しちゃいますよね
ヒョンスンはチェリに会いたくて仕方ない。
偶然チョルンと祖母が出かけたのを機に、隙を見て屋敷に忍び込む。
庭からチェリを呼ぶヒョンスン。
出て来たチェリもヒョンスンと近くで話したくて仕方ない様子。
「必ず迎えに来るから」とヒョンスンは言う。
ヒョンギュの事務所にサンがチョコパンを沢山持ってやって来る。
お礼にヒョンギュはジャージャー麵をサンにご馳走する。
そこにサンの父グァンニョルがやって来る、それを見たサンは凍り付く。
様子を察したヒョンギュは出かけるからとグァンニョルを帰す。
恐怖でお漏らしをしてしまうサン、優しく抱きしめるヒョンギュだった。
フンジェはチョルンの自宅の扉を治すように頼まれやって来る。
フンジェを見て「ヒョンスンに合わせて欲しい」と言うチェリ。
ずっと自宅に監禁状態のチェリは、フンジェから暗証番号を教わり外に抜け出す。
ヒョンスンと会ったチェリ、久しぶりの逢瀬を心から喜ぶ二人だった。
その頃自宅ではチェリがいなくなったと大騒ぎ!
「警察に届ける、ヒョンスンの拉致だ!」と騒ぐチョルンに、フンジェは自分がチェリの暗証番号を教えたと正直に話す。
チョルンはフンジェを怒鳴りつける。
「ヒョンスンは必ずチェリを帰すはずだからもう少し待って欲しい」とフンジェ。
企画課の会議で新しく来た課長のユヒから散々バカにされ、屈辱を感じるジネ。
ユヒの言葉にも、ヨンソンは素知らぬ顔。
ヨンソンはどうしてもジネが憎いようです( ;∀;)息子フンジェをとられたように感じているのでしょうか・・・
チョルンはサノクの惣菜店に現れる。
「ヒョンスンが何をしたか知っているか?」と言う。
チェリを大切に育てたと言うチョルン。
サノクとドンチュルも貧しいけれど同じようにヒョンスンを大切に育てたと言う。
チョルンも頭では人に貴賤があるわけではないとわかっているけれど、お嬢様として育ったチェリの相手に、ヒョンスンはふさわしくないと思っているようですね
頭を悩ますチョルンだった・・・。
第31話から第33話の感想
チェリとヒョンスン、愛し合う二人ですが引き離されてしまいます。
お嬢様として蝶よ花よと何不自由なく育てられたチェリに、かたや裕福ではない家庭で育ったヒョンスンは不釣り合いだと思っているチョルンです。
運転手として一緒に仕事をしているときにはいい青年だ!と褒めちぎっていたのですが、いざ我が娘の彼氏となると、どうやら素直に受け入れることは出来ないようです。
同じくヨンソンの態度も( ;∀;)
ジネに対してずっと意地悪な部分が垣間見れますね。頭ではわかっているクールなヨンソンですが、こちらもどうやら心が許さないようです。
フンジェとジネもようやく素直になりお互いを想いあっているのですが前途多難、ヨンソンが心を許す日は来るのでしょうか。
ヒョンギュもヘジュの事が気になっているようですね。
クールで他人の事など気にかけない正確に思われがちなヒョンギュですが、とっても優しい彼の態度にドキッとします(*´∀`*)








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。