お願い、ママ-あらすじ-61話-62話-63話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-お願い、ママ-あらすじ-61話-62話-63話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

お願い、ママ.jpg
弾けんばかりの笑顔が魅力的、アメリカグアム育ちの溌剌とした彼女の名はユジン。
長身で爽やかな笑顔のイ・サンウ共演。
娘(役ユジン)と母(役コ・ドゥシム)は犬猿の仲。愛憎劇を交えながら視聴者の共感を呼ぶホームドラマです!!





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
サノクは荷物一つ持って家を出て行ったようですが・・・いったいどこへ?!
誰もサノクの命があとわずかだとは知らない中・・・心配です( ;∀;)
【お願い、ママ】(ネタバレあり)
第61話「家を出た理由」
チョルンはヨンソンに一緒に暮らそうと言うが、ヨンソンは若き日のヨンソンではない。
はっきりと嫌なものは嫌だと言う強気なヨンソン。
「皆で暮らす事が母の夢だ」と言うチョルンに、「それなら友達でいましょう」とはっきりと言うヨンソンだった。
ヒョンギュとヘジュが新婚旅行から帰って来る。
サノクが家出をしたと聞かされる二人。
フンジェとジネも心配して駆けつけてくる。
子供が巣立ってうつになっているのでは?と心配しているとサノクと電話がつながる。
「しばらくゆっくりしてくる」と話すサノク。
ヒョンギュが話しかけると電話が切れてしまう。
一斉に皆から攻められるヒョンギュ、少々気の毒です
サノクがいない夕飯、ヘジュが手際よく準備をしたようだ。
口に運んだドンチュル、ジネ、フンジェはびっくり仰天!!
「たくさんどうぞ」とにこやかに言うヘジュに、戸惑い箸の動きが止まる3人だった。
チョルンはチェリと祖母に別居を切り出す。
「ヨンソンの考えだろう」と二人はチョルンを責める。
夜遅く、チョルンの母(チェリの祖母)がヨンソン訪ねてやって来る。
「息子を惑わせて操らないでくれ」と言うチョルン母にヨンソンははっきりと答える。
「婚家暮らしはしたくないとはっきり伝えただけだ、操りも惑わせもしない」と言うヨンソンだった。
チョルンの前で「この結婚は絶対に許さない!」と泣き叫ぶチョルン母。
サノクは気持ちの整理をしに来たのに、一人でじっといることが出来ず、片っ端から掃除したりと動き回っている。
不在着信やメールが家族からたくさん来ていることを知るサノク。
残された時間が少ない事を受け入れようとするサノクだった。
フンジェはサノクに電話、迎えに行くことに。
病がサノクをむしばんでいくようですが・・・( ;∀;)
第62話「誰にも言わないで」
サノクを迎えに来たフンジェ。
一緒にランチをとることに。
そこにチェリが慌ててやって来る。
サノクは体調が悪そうだった。
カバンから薬を取り出しトイレに行くサノク。
フンジェはサノクのカバンの中から診療予約表と薬を見つける。
タクシーで帰るサノクはそのまま病院へ。
フンジェはサノクの診察中、突然診察室へと乗り込んでくる。
「僕も知りたい、許可してください」とサノクに頼む。
サノクがガンの末期である事を医師から説明を受けるフンジェ。
心優しいフンジェはサノクより心を痛めています( ;∀;)
病院の壁に隠れて様子をすべて聞いているチェリだった。
サノクは子供たちがいなくなった家に一人でいると耐えられず、怖くて逃げだしたくて家出したと言う。
一人でじっくり考えてみたかったというサノク。
サノクはフンジェに「誰にも言わないで」と頼み込む。
子供たち、ドンチュルを悲しませたくないと言うサノク。
チェリも大好きなママの病を知り泣き崩れてしまいます( ;∀;)
フンジェとチェリはサノクの治療にすべての手を尽くそうと話し合う。
チェリにもこのことは内緒にするよう伝えるフンジェ。
サノクはドンチュルが何より心配でたまらない。
洗濯一つ回せないドンチュル。
サノクは洗濯機の使い方から教える。
サンはヒョンギュとヘジュが二人で寝ることが嫌で、毎日ママを独占している。
ヒョンギュは悶々とした日々を過ごしている。
ドンチュルはサノクに「ウノクに気をとられて申し訳なかった」と謝る。
お互いになくてはならない存在のサノクとドンチュル。
サノクは自分がいなくなった時の事を考えると胸が痛みます( ;∀;)
何も知らないドンチュルはサノクに「ずっとこうして二人で生きていこう」と抱きしめる。
ヨンソンに断られてもめげないチョルンは、朝から花束持参でデートのお誘いに・・・。
第63話「願いをかなえるために」
ジネとフンジェはサノクと一緒に絵を観に行くことに。
美術館の前ではチェリも待っている。
サノクを見つけて「うちのママ!」と抱きつくチェリ、無邪気で可愛いですね(^▽^)/
ヨンソンとチョルンも美術館デート。
チョルンは荷物をまとめてヨンソンの家に行くと言う。
二人の前に現れたのはフンジェとジネ達だった。
チェリはヨンソンに「祖母に寂しい思いをさせないで」と言う。
美術館の表で、フンジェとジネ達は写真撮影。
サノクは一人で顔をアップに取ってくれと言う。
フンジェとチェリはサノクの想いを理解しているために複雑な面持ちで見守っています
ヘジュは惣菜店でドンチュルと二人店番。
ヘジュが作った総菜の味が非常にまずくて返品にやって来る客達。
サノクはヘジュにきつく叱る。
サノクは自分がいなくなったら店を閉めるしかないと心配でたまらない様子です
チョルンは母を前に「ヨンソンの家に行く」と言う。
猛反対する母だが、チェリはチョルンの意思に従うと言う。
ヨンソンを逃がしたくない一心で、30年前には出来なかった母への反抗心を今あらわにするチョルンでした
サノクは朝早くから「現場を押さえないと」と言って出かけて行く。
行った先はヒョンギュの事務所。
ヒョンギュはヘジュの作る料理がまずくて口に合わない。
毎朝事務所で弁当を買って食べているようだった。
サノクは何もかもお見通しです
そこにヘジュがやって来て弁当を食べているヒョンギュを見てしまう。
サノクはヘジュを一番弟子として教えることにする。
ヒョンスンを迎えにやって来たチェリ。
チェリの人生をこれ以上振り回せないと心を鬼にしてチェリを追い返すが、舞い戻ってくるチェリだった。
ヒョンスンにサノクが余命わずかだと伝える。
「ママの一番の願いはヒョンスンがまともに暮らす事だ」と泣きながら言うチェリ。
ヒョンスンとチェリはソウルへ帰るバスの中。
声を押し殺して泣くヒョンスン。
今日は昼間にスケートで疲れて寝てしまったと言うサン。
ヒョンギュはヘジュとやっと一緒に眠れると喜び勇んでサンを子供部屋へと運ぶが!!
むくっと起きて「ママと寝る」と言うサンだった( ;∀;)
第61話から第63話の感想
サノクは家を出てからいろいろと考えます。
たった一人で病と闘うサノク、周りに当たり散らした時もありました。
家出をして、サノクは命がわずかであることを受け入れようと努力するようになりました。
フンジェとチェリはサノクの病気と命がわずかであることを知っています。
サノクの願いをかなえてあげたい一心で、チェリはヒョンスンを連れてサノクの元に向かいます。
サノクの命が残りわずかだと言うことをヒョンスンにも伝えて・・・。
サノクは子供たちの事もドンチュルの事も何もかもお見通しです。
ヒョンギュがヘジュとユジャの料理が不味すぎて、事務所で毎日弁当の朝食をとっていることもお見通し。
サノクは自分がいなくなってしまってからのことを考えて、ヘジュに料理をたたきこもうと決意したようです。
残された時間でサノクが前向きに生きていく姿、涙無くしては見られません( ;∀;)








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。