お願い、ママ-あらすじ-67話-68話-69話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-お願い、ママ-あらすじ-67話-68話-69話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

お願い、ママ.jpg
弾けんばかりの笑顔が魅力的、アメリカグアム育ちの溌剌とした彼女の名はユジン。
長身で爽やかな笑顔のイ・サンウ共演。
娘(役ユジン)と母(役コ・ドゥシム)は犬猿の仲。愛憎劇を交えながら視聴者の共感を呼ぶホームドラマです!!





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
とうとうドンチュルもサノクの病を知ることに。
現実を受け止められず、家に帰ることが出来なくなるドンチュルでした。
サノクなしでこの先、生きて行けるのか心配なドンチュルさんです( ;∀;)
【お願い、ママ】(ネタバレあり)
第67話「残された時間」
チェリはアイデアが認められデザインが商品化に。
ヒョンスンはそれを聞き、チェリを本当に放してやらなければと思うのであった。
ヨンソンに呼ばれチェリはジネと3人で話す事に。
突然チェリの祖母がヨンソンの家に押し掛けてきたことを「一言相談してほしかった」と言われるチェリ。
ヒョンスンはサウナにドンチュルを迎えに行く。
二人で一緒に風呂につかる。
「思い切り泣いても人に気付かれないのはこの風呂の中だ」と涙を流すドンチュル。
サノクのおかれた現実をまだ受け止めきれないようだった。
ドンチュルはサノクに残された時間があと少ししかないのに、こうしていてはいけないと思い立つ。
門の外で入ることをためらうドンチュル。
しらふでは会えないと酒を飲む。
ヨンソンとジネ、フンジェとチョルンはそれぞれ一緒に帰宅する。
早速食事の手伝いが待っているジネ、チェリ祖母に口うるさく指図され大忙し。
ヨンソンはチョルンからウエディングドレスのプレゼント。
式場も予約してきたと言う。
ところが試着したウエディングドレスのファスナーが下りなくなったヨンソン。
ドレスのまま夕飯を食べることに。
思わず吹き出してしまうナンスクだった。
ドンチュルはチェリと一緒にサノクのいる家に帰って来る。
酔っぱらったふりをしたドンチュル、サノクの手を取り踊ろうと言う。
ホントにこの時間が止まればいいですね
ヒョンギュはサンとうまく行かない。
ヒョンギュはサンに「自分の家に帰ってほしい」と言われ荷造りをする。
ヘジュに「結婚したことを後悔しているのでは?」と聞かれるヒョンギュ・・・。
第68話「笑って暮らしたい」
ヒョンスンはチェリに自分の道を生きるように言う。
チェリは「あなたには私が必要じゃないの?」と問う。
何も答えないヒョンスンに、「心の準備が出来たら出ていく」とチェリ。
本心じゃないですよね・・・お互い( ;∀;)
夜中にヒョンギュは実家の自分の部屋に帰って来る。
ベッドにはヒョンスンが!!
朝まで二人一緒に寝ることに。
目覚めたときにはサノクが仁王立ち。
ヒョンギュがサンに追い出されたこともお見通しのサノクだった。
ジネとヨンソン、朝早くから朝食も取らずに出勤する二人。
二人ともそれぞれ弁当を買ってのご出勤だった。
二人とも家で食べるのが嫌だったようですね~おばあ様のせいかしら
ドンチュルは今まで覚えようとしなかった洗濯機の使い方も一生懸命覚えようと努力する。
床拭き掃除も率先してするドンチュル。
サノクがいる前では決して涙を見せず、明るく振る舞うドンチュル。
サノクが店に行った途端崩れ落ち泣き出すドンチュル、そこにサノクが帰って来る。
ドンチュルの事は何でもお見通しのサノク、気付いたようですね( ;∀;)
二人は抱き合って涙を流す。
「もう絶対泣かないと約束して」と言うサノク。
ヘジュはヒョンギュの実家で同居することをユジャに話す。
反対するユジャに、「本当にヒョンギュを愛しているから、彼が結婚を後悔することは耐えられない」と心優しいヘジュの言葉。
フンジェとヨンソン、そしてジネの元にチョルンから緊急招集のメールがやって来る。
議題は・・・祖母の今後について。
チョルンはヨンソンと二人マンションで新婚生活を送ると言う。
祖母はフンジェと一緒に暮らしたいとも(@_@)
ところがフンジェ、ジネの実家で1年ほど暮らすと言う。
もちろん、サノクの命が短い事を知っているからです
猛反対のヨンソン。
結局話は決裂となる。
ヒョンギュと同居出来ると思っているサノクに、別に住むところを探すと言うヒョンギュ。
それを聞いたドンチュル、とにかくヒョンギュが実家に住むことを勧める。
「なぜ別居がいけないのか!」とむきになるヒョンギュ。
「なぜだか教えようか!」とドンチュルもむきになる。
止めに入るヒョンスンとサノクだった・・・。
第69話「うれしい出来事」
ヒョンギュはドンチュルがまたお金をだまし取られたか、何かやらかしたのではないかと思い込む。
ドンチュルを責め立てるヒョンギュ。
ドンチュルは内緒にすると言うサノクとの約束を守ります
サノクは真っ赤な下着をドンチュルからプレゼントされる。
いつも古い肌着を着ているサノクに、ドンチュルからの心のこもったプレゼント。
ヒョンスンとチェリはヘジュに言われたにんにくの皮むき中。
サノクがやって来て「もう夫婦のふりはやめなさい」と言う。
サノクはチェリに「実家に帰って好きなことをしなさい」と言う。
これ以上夫婦のふりをしているチェリを見るのは心が痛いサノク。
チェリは小さい時に母親と死別。
今度は自分と別れることになれば、これ以上残酷なことはないとサノクはチェリを心配し耐えられない様子だった。
ドンチュルはサノクをどんなことをしても直してやろうと、あちこち電話をしていろいろと調べていた。
サノクはその紙を破り捨てる。
「どこへ行っても駄目だった。だから無駄なことはせず受け入れて」と言う。
「逝くまでは楽しく過ごしましょう」と言うサノクに、ドンチュルは涙が止まらない。
フンジェとジネは待ち合わせ。
ジネの方から話があると言う。
妊娠5週目に入ったと言うジネ。
大喜びのフンジェ、ジネはサノクにも喜びの報告を。
チェリはヒョンスンの家から出ていくことに。
後姿を見かけたドンチュルは追いかけようとするがサノクに止められる。
チェリには自分の道を歩ませたい、サノクの思いやりです
ドンチュルはヒョンスンの元に飛んでくる。
「このままで本当にいいのか?好きなら追いかけろ!」とドンチュル。
ヒョンスンは走って出て行った。
タクシーに乗ったチェリを必死で追いかけるヒョンスン。
チェリも気づいて降りてくる。
抱き合う二人はやっとお互い素直になれました(^▽^)/
ヒョンギュ一家が帰って来る日。
サノクは突然胸の痛みに襲われる。
慌てて薬を飲んだサノクは・・・。
第67話から第69話の感想
ドンチュルはサノクを失うという現実をなかなか受け止めることが出来ません。
かえってサノクの方が落ち着いていて、残りの時間は笑顔で暮らそうと約束を交わします。
チェリとヒョンスン、本当に素直な気持ちで向き合う事が出来るようになり一安心ですね。
サノクには残された時間が後わずかしかありません。
ジネも妊娠、ヒョンギュ一家もサノクの元に帰ってきます。
こうした幸せな時間が本当にずっと続いて欲しい・・・とても貴重な時間です。
サノクの周りの家族、みんな本当に優しい思いやりのある人ばかりで羨ましい~(^▽^)/
家族に恵まれているサノクですね。
近いうち、きっと知ることになるサノクの病。
ジネとヒョンギュがそれを知る日がとても心配です( ;∀;)








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。