お願い、ママ-あらすじ-70話-71話-72話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-お願い、ママ-あらすじ-70話-71話-72話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

お願い、ママ.jpg
弾けんばかりの笑顔が魅力的、アメリカグアム育ちの溌剌とした彼女の名はユジン。
長身で爽やかな笑顔のイ・サンウ共演。
娘(役ユジン)と母(役コ・ドゥシム)は犬猿の仲。愛憎劇を交えながら視聴者の共感を呼ぶホームドラマです!!





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ヒョンギュ達が帰ってきました。
サノクは胸の痛みが治まらず・・・いったいどこに?!
【お願い、ママ】(ネタバレあり)
第70話「大好きな味」
ヒョンギュ達に心配させまいとサノクは胸をおさえて洋服ダンスの中に隠れていた。
ヒョンスンとチェリは仲直り。
もう二度とチェリを離さないと誓うヒョンスンだった。
フンジェの祖母はジネの妊娠を祝ってヨンソンとナンスクに料理を作らせる。
自分は何もしない総監督だった。
ジネとフンジェはサノクの作る料理を食べに行く約束だったが、フンジェの祖母に言われ次回に見送る事に。
ジネの大好きな料理を用意していたサノクは残念がるがそこにチェリが帰って来る。
ヒョンスンと完全に和解したと聞き、サノクは心から安心する。
ジネは妊娠中は実家で暮らすべきだとフンジェの祖母の提案が。
ヨンソンは家事全般を任されることになるため反対するが・・・。
おばあ様、ご自分は何にもしなくて指導係でいい御身分です(^▽^)/
チェリが運転し、サノクの作った料理をジネに届けることに。
ジネが実家で暮らす事を良しとしないサノク。
長男夫婦が同居することになり、ジネを気遣ってやれないからだと理由付け。
自分が病気のため、妊娠中の娘に気苦労させたくないサノクの思いやりですね
帰り道、ヒョンスン運転の車にはチェリとドンチュル。
にぎやかな車の中で楽しそうな三人。
サノクはフンジェの運転する車に。
ジネをよろしく頼むと言うサノク。
ジネの子供を見ることは出来ないと思っているサノクです( ;∀;)
ヒョンギュはサンに妖怪の本を読み聞かせ。
「続きは明日」と言うヒョンギュに、サンは今日から一人で寝ると言う。
やっと二人きりになれたヘジュとヒョンギュ・・・ところがサンが妖怪が怖いとヘジュを呼び出す。
恐がるサンを寝かしつけることにしたサノクとドンチュル。
ヒョンギュとヘジュにはやっと二人きりの時間が訪れる。
サノクが作った今日の朝ご飯は、どうやらいつもと味が違う。
味覚にも病気の影響が出始めるサノクだった・・・。
第71話「知らずにいたなんて」
サノクは味覚を失い始めたと気づき悲しくなる。
サンはサノクにふかしイモを作ってと頼む。
喜んで作るサノクだが、胸の痛みが襲ってくる。
薬を飲みに行ったサノクの元に大泣きするサンの声が!
慌てて戻ったサノク、床には芋の入った鍋が散乱!
サンを負ぶって病院に駆け出すサノクは、片方の靴が脱げた事にも気づかず病院へ急ぐ。
幸いサンは火傷もせず無事だった。
病院に駆けつけて来たヒョンギュはサノクを見るなり責め立てる。
そんなサノクは転んだせいで怪我をしていた。
家に帰って来てサノクは胸の痛みにもがき苦しむ。
ヘジュもサンも出かけている。
ヒョンギュも今日は同窓会、しかし途中でサノクに申し訳ない事をしたと靴を買って帰って来る。
部屋で倒れたサノクを発見、病院まで負ぶって走るヒョンギュだった。
そこでヒョンギュは、サノクが何か大病を患っていることを初めて知った。
チーズケーキをお土産に買って帰って来たドンチュル、サノクがいないことを知り大慌て。
そこにヒョンスンとチェリも帰って来る。
ヒョンギュは母サノクが何の病気かとヒョンスンを問い詰める。
余命6ヶ月の命だと知ったヒョンギュ。
やり場のない悔しさとサノクへの申し訳なさと複雑な思いで飛び出していきます( ;∀;)

ヘジュもサノクの病気を知り涙する。
ドンチュルとチェリに「泣かないで。泣かない約束をしたんだ」と言われるヘジュ。
サノクは家族の反対を押し切って病院から帰って来る。
自分の病気よりもヒョンギュの事が気がかりで仕方ないサノク。
ヒョンギュは家に帰ってからもずっとふさぎこんだままだった・・・。
第72話「知らされた事実」
ヒョンギュは後悔の念と自分を許せない思いが交錯する中、ふさぎこんだままだった。
サノクはヒョンギュを心配して部屋にやって来る。
「あなたは私を幸せにしてくれた、だから謝る必要はない」とサノクが言う。
ヒョンギュは耐えきれず、子供のようにサノクの胸にしがみつき泣く。
小さな子供をあやすかのように、サノクはヒョンギュを抱きしめる。
ヒョンギュ運転の車でテハン病院へ向かうサノクとドンチュル。
道中、子供のようにはしゃぎ喜ぶサノク。
ヒョンギュはサノクをアメリカの有名な医師の元へ連れて行こうと思うと担当医に話す。
サノクの場合、適合する薬が見つかる可能性も低いと言う医師。
「数週間の命を伸ばせるだけにしかならない為無理に動くよりここにいた方がよいのでは」と担当医から言われるヒョンギュだった。
ヒョンギュはあらゆる方法を考えてみた。
何も手立てがなく、サノクをこのまま逝かせることしか出来ないと悔しくてたまらない。
サンがヒョンギュを慰めにやって来る。
「おじさんが笑っていた方がおばあちゃんも元気になる」とサンは言う。
サンを抱きしめ「そうするよ」と約束を交わすヒョンギュだった。
ヒョンスンはマネージャーに昇格。
ヒョンスンのおごりで家族全員集合することに。
ヒョンギュ夫婦とサン、ジネ夫婦、チェリにドンチュル、焼き肉を囲んで久しぶりの再会だった。
サノクはフンジェを呼び出す。
最近味覚を失いつつあるサノクは、フンジェにメモを渡す。
ジネが好きな料理のレシピを書いた物。
サノクはフンジェに一つ頼みごとをする。
「そろそろジネにも話すべきだと思うから、席を設けてくれないか」と。
サノクは料理のレシピを細かくノートに書き記していく。
残された家族がサノクの料理と同じ味で作ることが出来るようにと。
ドンチュルは「サノクのいない生活は何の意味もない、一緒についていきたい」と言う。
泣かないと約束したのに・・・我慢していた涙が止まらなくなるドンチュルです
フンジェはサノクとドンチュルと一緒に温泉旅行を計画する。
チェリのデザインした洋服を持って飛んでくるチェリ。
「これを着て行って」とサノクに着せる。
サノクは温泉から出て、ジネと窓辺で日向ぼっこ。
ジネはサノクの膝枕でくつろいでいる。
サノクはジネに「もうすぐしたら遠いところへ行くことになりそうだ」と言う。
「私は肺がんで余命が6ヶ月ほどしかない」と告白するサノク。
ジネはサノクにしがみ付き大泣きする。
病気の事を隠していたからと、フンジェや家族を恨んではいけないと言うサノクだった。
第70話から第72話の感想
ヒョンギュとジネもサノクの病気を知ることになりました。
ヒョンギュは今までの自分の言動を悔いて後悔しています。
サノクの愛情を兄弟の中で誰よりも受けながら、自分勝手に生きてきたこと、サノクを思いやる気持ちはもちろんヒョンギュにもありました。でもうまくそれを伝えることなく今まで生きて来たヒョンギュ。
誰よりもヒョンギュの心が弱い事をサノクは知っています。
ヒョンギュがサノクの病気を知ると、ヒョンギュが苦しむことも知っていました。だから最後まで言うことが出来なかったサノクの気持ち、痛いほどわかります。
またジネもサノクとはいつも対立していましたが、本当は誰よりも母を好きでジネにとっては大切な存在でした。
サノクの病気と残された時間を、家族全員受け止めようと必死に戦っています。
そんな姿がホントに美しい、家族の愛を感じる回でした。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。