オー!マイベイビー-最終回(16話)-結末は!?

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

イサンがハリの為に距離を取ることを選択した。
それはすなわち別れをさしているのだろうか。
子供が欲しいハリ、子供が作りにくい体質のイサン。
自ら身を引くことによりハリの幸せを願う、それがイサンの愛し方だった。
胸が張り裂けそうなこの気持ち、どうしたらいいのだろうか・・・

【オー!マイベイビー】ネタバレあり

16話(最終話)

会わないと決めたのにイサンは室長に苦しい胸の内を相談する。

「ハリさんを思うのは立派だし、分かるけどそれでいいのか」

そうたしなめられて何も言う事が出来ない。
その時、室長にハリから電話が入る不妊治療をしていた夫婦が
出産を迎えるというのだ。
そこで、室長はイサンに行くように促す。
室長、ナイスです!!

しかし、一度すれ違った二人の気持ちは中々うまく動き出さなかった。
落ち込んで家に帰るハリをイサンが追いかける。

「もし、俺のせいで君が不幸になったらと心配で・・」

ハリは自分の為に無理して笑っていたのだろうと言う。
それに対してハリは弱気なイサンに「何も変わっていない」と言う。

その言葉にイサンの心が決まる。

「例え不幸になっても、君と一緒にいたい。いい?」

何が不幸なの、辛いことだって不幸だと思う事だってある。
でも私は変わらないとハリはイサンを見つめて
優しく歩み寄るのだった。
恋はまた動き出したけれど、
ハリが編集長を務めるTHE BABYの廃刊が決まる。
でも、まだやれることはあるとメンバー全員徹夜で
プレゼン資料を作成する。
頑張ったけれど、重役たちの気持ちが動かずに
廃刊という事実を変える事が出来なかった。
すべてを注いだ仕事がなくなるなんて

THE BABYをたたんでハリは40歳の誕生日をむかえる。
ハリは親友のウニョンとTHE BABYを立ち上げていた。
イサンとは結婚はせずに一緒に暮らしている。
そんなハリを心配した母に「私は今幸せだから」と自信を持って答えた。

ハリの顔は明るく希望に満ちていた。

16話(最終話) まとめ

ハッピーエンドで良かったです。
最後の終わり方がハリの妊娠を想像させる終わり方だったのも
ちょっと嬉しいです。
ハリの事を思って離れていったイサンが苦しんでいる様子は
とても辛そうでハリはそれを望んでいないのにと早く教えてあげてと
思ってしまうぐらいでした。
コミカルな部分もあって声を出して笑ってしまう時もありました。
可愛らしいハリとイサンのカップルがとても素敵でした。

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください