ジキルとハイドに恋した私-あらすじ-7話-8話-キャスト情報ネタバレありで♪

韓国ドラマ-ジキルとハイドに恋した私-あらすじ-7話-8話-の感想をネタバレありで最終回までお届け!
ジキルとハイドに恋した私.jpg
一人の男が2人の人格を持ち、同じ女性を愛したとき、
その三角関係にはどんなストーリーが待ち受けるのか!
日本でも大人気の俳優、ヒョンビンと人気女優ハン・ジミンが送る、
切なくも甘い、ラブコメディ!





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
これまでは話の展開というよりは、
ロビンとソジンの人物像や、
周囲の人との関係性が主に現れていましたね!
特に、いとこのスンヨン!
あれは、何か怪しい!!
そしてテジュの存在!!
ソジン、ロビンにプラスしてテジュまで入ってきたら、
いやどんだけモテるねーんハナ!と
嫉妬してしまいそうです(笑)
それでは参りましょう!
【ジキルとハイドに恋した私】(ネタバレあり)
7話
ソジンはロビンに勝ち誇った顔をしていた。
失恋した女性に必要なものは、仕事だと聞いたソジンは、
ハナにバレンタインの企画で、
サーカスの公演をするように指示を出した。
急にそんなことを言い出したソジンに、
ハナは疑問でしかなかった。
そしてソジンは毎日公演を見に行くと言い出した。
会長はそれを聞きつけてご立腹だった。
ワンダーグループは私のものだという会長に対して、
自分はも愛を持ってワンダーランドを作りたいと言い出したソジン。
2人の意見は真っ向から対立していた。
ハナに、カン博士を見つける機会を作ってくれてありがたいという
ソジンに対して、秘書は、ロビンみたいだといったのだった。
ソジンは、暖かい心をなんとなく取り戻している気が?
サーカスの公演は無事成功し、喜ぶ団員たち。
ハナは、ソジンに団員を喜ばせて、また落とすようなことは
しないで欲しいと言った。
ソジンは、補填でやったが、今は補填や気分でやってほしいと
言ったわけではないと認めたのであった。
夜になりロビンは、ハナが家から出てくるのを伺っていた。
コンビニで見ているのがばれたロビン。
ハナと歩きながら道路を渡るが、赤信号で渡ってしまい、
警察に呼び止められてしまう。
ソジンの住民票しか持っていなかったロビンは、
ハナの前でそれを出すことができず、秘書にヘルプを頼んだ。
なるほどね
ハナが先に外にでて待っていると、秘書とロビンが
話しているのが聞こえた。
ソジンがハナからのメールを消したのだというロビンに、
ハナは激怒した。
そして、ソジンのところに行き、謝ってもらおうと帰っていった。
もちろん家にソジンはいない。
ロビンは人形を使って、ハナに理解を求めた。
ハナもそれに人形で対応する。
2人の人形が近づく。そして、二人はキスをしたのだった。
なんじゃそれ!!(笑)
翌朝、アンがカウンセリングにより犯行の供述を
始めたと連絡があり、ソジンとハナは駆けつけた。
すると、アンは、ソジンに話しかけ始めた。
昔の記憶が蘇り、ソジンはまたもや呼吸困難に。
逃げるソジンをハナが追いかけると、
ソジンはハナに抱きついた。
過去が凄まじいようです
8話 
アンの本名はイ・スヒョンといい、
昔ソジンと事件に巻き込まれた過去を持っていた。
ソジンは冷静を取り戻し、スヒョンとのことを証言していた。
昔、誘拐された、ソジンとスヒョンだったが、
会長は誘拐犯からの金銭の要求に応えなかった。
スヒョンの父親は会長のお金を盗んで持って行くとき、
交通事故で亡くなったとソジンは記憶しているようだった。
なぜ、スヒョンはソジンにではなく、カン博士に?という質問に、
ソジンの治療法を持っていることが、
ソジンにとって重要であることをスヒョンが知っていたからだと答えた。
そんな過去が
今日の仕事を済ませ、ソジンは帰宅した。
ハナも心配して様子を見てみると、ソジンはひどい熱が出ていた。
看病するハナだったが、ソジンは冷たく振り切る。
それでもしつこく看病をしようとするハナに、
ソジンは存在が迷惑だと言う。
ハナはショックで涙が出てきてしまうのだった。
ハナも少しずつソジンを理解しようとしているのです
スンヨンが自分にならスジョンが話してくれるといい、
警察にやっていた。
面会をして話をしてみると、アンはスジョンではなかった。
アン・ソングンという名前だった。
しかし何度聞いてもアンは自分はスジョンであると話した。
テジュは、嘘を本当のように信じてしまう、
メンタルハッキングではないかと言い始めた。
そしてそれができるのは、カン博士ただ一人だという。
テジュが部屋に入るとそこにはカン博士が囚われていた。
本当のイ・スヒョンは、テジュだったのだ。
テジュはメンタルハッキングをして、アンに
自分の記憶をすり込んだ。
そしてソジンに復習しようと考えていたのだった。
お前だったのかー!
テジュはハナを治療のために呼んだ。
そこに到着したハナ、後ろにはロビンが一緒について来ていた。
7-8話の感想
なんと!!!!!
黒幕はユン・テジュという名前で生きている
イ・スヒョンでした!!
昔ソジンとスヒョン(テジュ)の二人は誘拐された。
しかし逃げる際に、何かしらの恨みが発生してしまったようですね。
そしてソジンはそれを覚えていないと言った。
本当か嘘かはわかりませんが。
それがテジュにとってゆるしがたいことだったようです。
少しづつ見えてきていますが、
まだ何かありそうですね!
まだまだ続きます!
次回に期待しましょう♪








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。