ビューティーインサイド-あらすじ-9話-10話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-ビューティーインサイド-あらすじ-9話-10話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ビューティーインサイド

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
セゲとドジェはようやく、お互いの気持ちを確かめ合い秘密の恋人になりました。偽の恋愛契約を破棄し、本当の恋愛が始まったのですが変身するのは待ってくれません。今度は小さい少年の姿になってしまいました。
こうしてみるとセゲの変身は国際色豊かですね。でもなぜセゲは変身してしまうようになったのでしょうか?
その部分が次第に解明されていくのでしょうか?気になって仕方ありません。
そして気に成るといえば新婦になりたいウノと、ドジェの義理の妹のセラとの恋愛への発展の行方でしょうか?では先へと進んでいきましょう。

【ビューティーインサイド】ネタバレあり

9話

映画で自分の出演シーンを早く終わらせたセゲ。
セゲは撮影中も自分の姿が変わる、周期がすぐそばまで来ていることを感じていました。
毎月やってくる予兆みたいなものですよね

最後の出演シーンを終えたセゲは急いで車にとび乗ります。
飛び乗ったと同時に別の姿に変わるセゲ。

セゲが姿を変えたのは小学生でした。

家にこもって一週間をやり過ごすことにしたセゲ。
しかし突然、母親が自宅へやってきてしまいます。

慌てるセゲとウミ。
セゲは遠くに撮影に行ったことにし、なんとかその場をごまかすことにして母親を返そうとしますが、逆に少年を心配した母親は居座ってしまうことに。

少年の世話をしなきゃと申し出た母親。

少年の姿のセゲは、ドジェからメッセージをもらいます。
会いたいとメールしたドジェ。

セゲは理由をつけて断ります。
男の姿に変わったのでドジェに見せたくないのかなと感じます

眠っていたセゲは掃除機の音で目がさめると、ドジェに急いでSOSのメッセージを送ります。

ドジェに助けてもらい母親を何とか、自宅からカフェに連れ出すと急いで自宅の一室を片付けたセゲ。
あの写真質ですね

その後どうにかやりくりをしたセゲ。
一週間が過ぎ少年の姿から、元の自分の姿に戻る時が近づきます。

そのことをドジェにはなすセゲですが、ドジェの目に写っていたのはいつだって女性のセゲの姿でした。

元に戻ったセゲはドジェと一緒に、ドジェの家の食事会へと向かいます。
そこへやってきて毒づくセラ。
セラはみんなが自分の誕生日をお祝いしてくれると、期待していたのに誰も覚えていなかったのでかわいそうです

セラの前にプレゼントを差し出すドジェ。
少し驚いた顔のセラ
ドジェがセラに贈ったのは、一冊の本でした・・・・・。

10話

セラに贈ったのは一冊の本。
驚いたセラですが、ありがく頂戴したセラでした。

セゲの母親はセゲの自宅に行くと、ドジェとばったり会います。
このあいだの一件以来、ドジェのことを気に入っている母親は、ドジェがセゲと結婚してくれることを願います。
セゲに結婚を急かしてしまうんだよね・・お母さん

ドジェト結婚するよう急かされるセゲ。
セゲは結婚を急かす母親にイラつきます。
お母さんの気持ちもわかるけど、セゲの気持ちもよくわかる

ウミとウノとセゲは、いつものように3人で楽しい時間を過ごします。
そこにかかってきたのは1本の電話。

何気なく出たセゲでしたが、電話の相手は病院。
それも母親の急変を知らせるものでした・・・。

急いで病院に向かったセゲに突きつけられた現実は・・・
母親の命の期限が残り少ないこと。

末期癌で手の施しようがありません。
母親の前で号泣するセゲ。

セゲは母親がドジェと結婚を急かしていた理由を知ったのでした。
涙が溢れて止まらないセゲ。

日に日に弱っていく母親。
セゲは母親との思い出を残そうと記録を続けます。

荷物を取りに戻ったセゲは、不意にあの感覚に襲われてしまいます。
愕然とするセゲ。どうか今は姿が変わらないでと願いますが、神はセゲに非常な選択をします。
中年のおばさんに姿が変わってしまったセゲ・・・・。
どうして時に神様は残酷なのでしょう・・

姿を変えたセゲ。
母親の元へ行くこともできず、日々弱り果てていく母親にも会えず、泣きながらこの姿が元に戻ることを願いますが、その時がやってきてしまいます・・。

危篤を迎えた母親の元へ泣きながら走るセゲ。

病室に飛び込んだセゲを、母親はセゲだとわかりました。
ごめんねと謝りながら母親は息を引き取ってしまいます。

人の目もはばからず涙するセゲ。
姿を変えたまま涙するセゲに気づいたのはドジェでした・・・。

感想

涙無くしては見ることができない回になりました。
いつもは口うるさい母親を疎ましくも思ってみたりしていたのに、悲しみは或る日突然として音も立てずにやってくる。
子供よりも親は先に死んでしまうけれど、こんなに悲しい別れはないなと思いました。親孝行しなきゃと本当に思いました。セゲが人目もはばからず泣く姿に心がとても痛かったです。もらい泣きしてしまうほど・・。
ドラマの最後で気になる展開がありましたね。母親のお葬式に来ていたユリに怪しまれてしまうことが、起きてしまったのですが大丈夫なのでしょうか?