大丈夫、愛だ-あらすじ-15話-キャスト情報ネタバレありで!

韓国ドラマ-大丈夫、愛だ-あらすじ-15話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

大丈夫、愛だ.jpg
様々な心の傷を抱えた患者と接する精神科医のヘスと
何やらワケアリのイケメン小説家兼DJのジェヨル
同時間帯視聴率1位を獲得した最強のラブコメドラマ。
大人も楽しめる、そして癒されること間違いなしの作品です!!





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
あー、ほんとに前のシーンは泣いた。
一番出してあげたいけど、治して欲しいからこそ
心を鬼にして出て行くヘス、かっこよすぎ。
あと2話だけどジェヨルはちゃんと治療ができるかな。
ジェボムと母親との話も一応まだ決着はついてないし。
それでは早速参りましょう!
【大丈夫、愛だ】(ネタバレあり)
15話
入院中は会えないといわれていたが、
ヘスはジェヨルに会いに行ってしまった。
その結果ヘスは謹慎処分になってしまった。
ドンミンは家族にあわせるべきだと考え、ジェボムと面会をさせた。
案の定大暴れするジェボムだったが、
ジェボムへの罪悪感から病気になったらジェヨルは、
殴られたことでむしろ気持ちが晴れたように見えた。
外に誰か待機してなきゃ!
ジェヨルは母親にもうガンウは見えていないと嘘をつき、
退院することにした。ヘスは行かないで、と止めるが、
ジェヨルはそのまま行ってしまった。そしてそのまま親子3人で暮らすことになった。
大丈夫なんかな?
ヘスはジェヨルのことをどうしても忘れることができず、電話をかける。
ガンウがいまだに存在すると思っているジェヨル。
ヘスは幻には矛盾があると言い、もしガンウを次に見かけたら
頭の先から足の先までしっかり見て、矛盾を見つけ出して。
そして、混乱したら自分と愛し合ったことを思い出して、
それが現実だ。と願いを託す。
この電話でのヘス、好きだなあ
ジェヨルのところにガンウが現れる。
ガンウは自分自身だと言われるもそれを信じることはできない。
そのときヘスの話していたことを思い出して、ガンウのことをじっと見てみるジェヨル。
すると、ガンウは常に傷を負った裸足で歩いていることに気がついた。
それが矛盾であり、違和感だった。そしてガンウは存在しないものなのだ、
と初めて認知することができた。
ジェヨルはヘスの元へ急ぎ、助けて欲しい、と治療することを求めた。
ジェヨルはまた入院して今度こそ治療をすることを決意した。
ジェヨルが入院部屋に戻るとそこにはガンウがいた。またもや裸足だった。
ジェヨルはガンウの足を洗ってやり、
ヘスが買っておいてくれたプレゼントの靴を履かせてやった。
ガンウは「もう現れないほうがいいですよね?」という。
ジェヨルは涙を流しながらそれを見ていた。
ガンウとの別れを決意できたのかな
15話の感想
本当に統合失調症の治療はこんな感じなのかな?
幻覚には矛盾があるのかしら。
ジェボムもお母さんと暮らせて、どんどん良くなっていっています。
やっぱりジェヨルはヘスがいないとダメなんだよ。
ヘスも同じようにジェヨルがいないとダメになっていると思う。
あと最後1話でどう終わるのかしら!
次回に期待しましょう♪








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。