愛と笑いの大林洞-ビッグフォレスト-あらすじ-15話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-愛と笑いの大林洞-ビッグフォレスト-あらすじ-15話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

愛と笑いの大林洞

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
順調に愛を育むサンフンとチョンアに元妻ヒヨンの登場!そして芸能界復帰の道が開けてきたドンヨプには、ミソという女性に変身したヨンラクが!
この2人の運命はどこへ向かうのでしょうか?

今回は15話をお伝えしていきますね♪

【愛と笑いの大林洞-ビッグフォレスト】(ネタバレあり)

15話

自分の事を“ミソ”と呼んでくれないことへの寂しさから、殴り合いの喧嘩になってしまうミソとドンヨプ。
すると、その光景を通行人が撮影していた・・。
これはまた大ごとになりそうな予感です!

その動画が流出し、瞬く間に広がってしまう。
その結果「ドンヨプが女性を殴った」とネットで叩かれ、マスコミに取り上げられ、イメージが悪化してしまうドンヨプ。
せっかく芸能界復帰できそうだという時に・・

そこでマスコミに弁解しようと会社を訪れるドンヨプ。
しかしミソが本当は男性だと話すことが出来ないドンヨプは、困ってしまう・・。
すると、そこにミソがやってくる・・驚くドンヨプ。
ミソは何をしにきたのでしょうか?

ミソは記者に、自分は元々男で、性転換した事を正直に話し、ドンヨプの疑いを晴らすことに成功。高校時代、いつもドンヨプを助けてくれていたヨンラク・・ミソになった今でも、ドンヨプを変わらず助けてくれる姿に感動するドンヨプ。
ミソはドンヨプの事が大切だし、自分が女性だということを正直に告白し、堂々と生きたかったのでしょう

ミソとドンヨプは仲直りすることに。
・・ドンヨプはミソの初恋の相手だった様子。その事をドンヨプは気付かないまま。ミソの片思いは終わりを迎える。

一方、元妻ヒヨンがいることに驚くサンフン。
どうやら父親が7年ぶりに意識を取り戻したが、ショックを与えないよう離婚のことを伝えておらず、一緒に会いに行って欲しいと頼むヒヨン。
その頼みを受け入れ、一緒に病院へ行くことにしたサンフン。
義父のためなら、顔出しくらいは・・と思ってしまいますよね

その病院には手を怪我してしまい、治療に来ていたチョンアがいた・・サンフンとヒヨンが腕を組み歩いている所を目撃してしまうチョンア。
弁解するサンフン・・しかし、ボベが実の母親を恋しがっていることを知っていたチョンアの胸中は複雑な様子。
こんな偶然ありますか?ww

そんなサンフンとチョンアの姿を目撃してしまうヒヨン父・・その結果、サンフンとヒヨンが離婚していることを知ってしまう父。

その頃、ドンヨプは後輩セユンのトークショー番組に出演することが決定する。
そんなドンヨプの芸能界復帰を応援し、バックアップするためにダニエルは部下に「ドンヨプを監視しろ」と断酒と体力作りを手伝うよう指示する。
ドンヨプとダニエルはいつの間にやら、信頼し合う関係に!

番組収録当日。
セユンを司会から降板させ、ドンヨプに変更するというプロデューサーの話を聞いてしまったセユンは、収録の中で嫌がらせをする。
ドンヨプにとって聞かれたくない質問ばかりをし、ドンヨプのイメージダウンを狙っている様子。
そんな中、「一発芸をしろ」という無理難題を突き付けたセユン・・そこでドンヨプは大林洞のライブカフェで鍛えた腕を披露し、笑いをとることに成功する。
ドンヨプの大林洞での経験が無駄ではなかったということが証明されましたね♪

一方、ボベがいなくなったと保育園から連絡をもらうサンフン・・。

愛と笑いの大林洞~ビッグ・フォレスト~ 15話 感想

ドンヨプの芸能界復帰の道がまたしても閉ざされるのでは!と思っていましたが、ミソによってまたも助けられましたね!ミソの初恋は叶わなかったけれど、ドンヨプにとってミソもヨンラクも大事な存在のはずです。
後輩セユンの嫌がらせも乗り越え、芸能界復帰を見事に果たしたドンヨプ!これからまた新たな人生は始まりそうな予感です♪
一方、サンフンはボベが突然いなくなるという大事件が!ボベは一体どこへ行ってしまったのでしょうか?

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください