星になって輝く-あらすじ-4話-5話-6話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-星になって輝く-あらすじ-4話-5話-6話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ジェギュンの息の根を止めたお謎の男はいったい誰なのか?
ドンピルが金庫からこっそりお金と資料を持ち出すところを目撃したボンヒ・・・
大好きなお父さんを亡くしたボンヒのこれからはいかに?!

【星になって輝く】ネタバレあり

第4話「強欲な男」

ボンヒはお父さんが作った「魔法の靴下」を思い出し、社長室へとやって来た。
そこで金庫からお金を持ち出そうとしていたドンピルに会う。

ドンピルはジェギュンの机の引き出しの中から「魔法の靴下」が入った茶封筒を取り出しボンヒに渡して帰らせる。

社長にのし上がったドンピル。
ジェギュンが借りたお金の返済を取り立てに来る高利貸しの男達。
ドンピルはジェギュンの土地家屋を差し押さえればよいと追い返す。

家を追い出され逃げてきたジョンレ一家はエスクの家に。
夕飯を食べていない三人は、エスクからビビンバを出され3人で分けることに。
目の前のモランが食べるおいしそうなおかずに手を伸ばしたボンヒの手を払い「食べるな」と合図するジョンレだった。

紡績会社の社長の集まりに参加していたドンピル。
そこにやって来た高利貸しのイム社長に声を掛けられるドンピル。
後ろから来る女性を見てびっくりする!
アメリカで成功して帰って来たミスンだった!
ミスンはイム社長にペニシリンの密輸の仕事を持ちかけていたのです

ジョンレ一家は、ギョンジャの家に住まわせてもらうことに。

借金取りはジョンレ一家の隠れ住むギョンジャの家を見つけてやって来る。
なけなしの金品も持っていかれてしまうジョンレだった。

解放村の同じ敷地内に住むチュンシク(チョルボクの父)は、いけないと思いつつ、悪友のもうけ話にいつも乗ってしまう。

チュンシクは、怪しい仕事を引き受け見張り役にボンヒを抜擢。
弟の飲む粉ミルクをもらえるとうまく言いくるめられたボンヒは何も知らずに米兵の見張り役をさせられる。

ミスンの指示で米兵からの物資を横取りしていたチュンシクらは米兵に見つかってしまう。
ジープに乗ったチュンシクらはボンヒを置いて走り去ってしまった。

米兵に銃口を向けられ、「お母さん助けて」と言うボンヒ。
そこに女性の声で救いの手が!!
いったい誰が?!

第5話「見えない真実」

銃口に怯えるボンヒの前に立ちはだかる救いの主はミスンだった。
怯えるボンヒをジープで家まで送り届けるミスン。

ジョンヒョンは、自分の父親(ユン会長)がジェギュン(ボンヒの父親)を殺めたのではないかと疑っていた。

ボンヒはチュンシクから約束の粉ミルクの缶をもらった。
そこにボンヒの母ジョンレが。
チュンシクに「二度とうちの家族に近寄るな」とくぎを刺す。

「何不自由なく暮らしてきたジョンレ一家が、解放村で暮らす事には気苦労が多いのではないか」とギョンジャがドンピルに相談するも、全く知らん顔のドンピルだった。

ジョンレはジェギュンの着ていた洋服を質屋に持っていく。
それを見たボンヒ、道端のタバコの吸い殻を拾って(チュンシクからシケモクと言って儲けになると聞いていた)手に握りしめる。
たくましい心のボンヒです

ジェギュンの殺人事件の捜査が打ち切りになると聞き、ユン会長は警察署へ。
息子ジョンヒョンに身の潔白を証明したいユン会長は再捜査の依頼を頼む。

ミスンはボンヒの家を訪ねてくる。
かつて自分も助けてもらったジェギュンが殺され、ジョンレ一家が借金取りに追われていることを知り、一家の力になりたいと言う。

高利貸しのイム社長は、ミスンに頼まれたジェギュン殺害事件の容疑者を探していた。
ドンピルはそんなミスンに苛立ちを覚える。

ジョンレはギョンジャからジェギュンの事件が迷宮入りしそうだと聞きドンピルを訪ねる。ドンピルは警察署でユン会長を見かけたとけしかける。
ユン会長が捜査の打ち切りを示唆したと思わせるドンピルでした。どこまでもセコイ!

ドンピルにけしかけられたジョンレはユン会長の家の前までやって来る。
ユン会長に夫を殺したと詰め寄るジョンレ。
潔白であるユン会長は、ジョンレを冷たくあしらい家の中へ。

エスクはジョンレが一文無しにもかかわらず上品で落ちついている態度に苛立ちを覚える。

たんすの整理をしていたエスクは、箱の中に大切にしまってあるドンピルとミスンの写真を見つけてしまった。

ミスンを絶対に許さない!と激しく憎むエスク・・・!!

第6話「疑いの目」

エスクはドンピルに嫉妬の怒りをぶつける。
ドンピルはそれどころではありません。ジェギュン殺しの捜査の行方が気になっています!

ボンヒは「学校には行かずお金を稼ぐ」と言い、朝から姉ボンソンと言い争い。

ボンヒはチュンシクを訪ねる。
以前約束した欲しいものをもらうためにやって来たボンヒ、シケモクが欲しいとチュンシクに言う。
心入れ替え盗みを辞めて、シケモクでお金を稼ぐと息子チョルボクに宣言したばかりでした

ドンピルはジェギュン殺しの疑いが自分に向かないように必死。
刑事を呼び、一人怪しい人物がいたとイ・チャンソクの名を口にするのであった。

警察に連行されるチャンソク、ドンピルは自分が疑われないようにと彼を見捨てる。

ユン会長はドンピルに仕事の話があると呼び出す。
「日本から輸入したナイロンを譲ってもらいたい」と言うユン会長。
大金の入ったアタッシュケースを机に置くと、それを確認するドンピル。
欲深いドンピルは「うちのテヨン紡績をミョンソン紡績の下請け会社にしてほしい」との提案をする。

同じく料亭で食事をしていたミスンとアメリカ兵サムを見かけたドンピル。
ミスンに「よりを戻そう」と詰め寄るドンピル。
拳銃を突き付け「出て行け」と言うミスンだった。
かつて恋人同士だった時のドンピルの態度、赤ちゃんまでも失ったあの屈辱が許せないミスンです

ミスンはアメリカ兵サムから結婚しようとプロポーズされる。
それを受け入れるミスンだった。

ギョンジャはドンピルから解雇だと言われる。
器の小さいドンピルに吐き捨てるように言うギョンジャ。
「受けた恩は返し、罪は償え」と。

ソングクとチョルボクの秘密基地。
米兵からもらったチョコレートなどを隠している彼らの秘密基地に、ボンヒがやって来る。
仲間に入れて欲しいと言うボンヒを受け入れるソングクだった。

ミスンは数日後にアメリカに行く為、ボンヒやギョンジャに別れの挨拶にやって来る。
自分の娘を想って作った洋服をボンヒにと持って来たミスンは、ギョンジャに渡して欲しいと頼む。

その頃エスクはミスンの家を突き止めようとしていた。
ジョンレ一家を訪れるミスンを解放村で待ち受ける。
後をつけるエスク、ミスンの家に殴りこむが・・・。

第3話から第6話の感想

器の小さなドンピル。
この言葉がぴったりのドンピルの生きざまがとても浮き彫りになっていましたね。 
自分がジェギュン殺しの犯人だと疑われないために、工員のチュンシクを刑事に差し出しました。
おまけにギョンジャを解雇すると言います。
貧しくても、その昔社長のジェギュンに受けた恩があるとジョンレ一家を住まわせることにしたギョンジャとは大違いのドンピルですね(≧∇≦)
自分の欲のため、自分の保身のためにしか動かないドンピルの人間性が前面に見受けられる回でした。
貧しくても品の良さが漂うジョンレ、一方下働きから今やドンピルの妻で社長夫人にのし上がったエスク。
品のなさがジョンレと対照的で彼女たちのこれからもどうなって行くのか見ものです!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。