星になって輝く-あらすじ-7話-8話-9話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-星になって輝く-あらすじ-7話-8話-9話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
夫ドンピルとミスンの仲を疑ってやまないエスク。
ミスンが憎くてたまらないエスクはミスンの家に殴り込み・・・。
ジェギュン殺しの犯人も見つかるのでしょうか・・・。

【星になって輝く】ネタバレあり

第7話「目撃者」

夫ドンピルを誘惑したと言っていちゃもんをつけるエスク。
あきれるミスンが席を離れた後、机の上の手帳を盗み見るエスク。
そこには最先端の洋服デザインが書き記されていた。
エスクはこっそり手帳を持ち帰る。

ミスンからボンヒにと預かったワンピースをジョンレに渡すギョンジャ。
数日後にはアメリカへ立つミスンからの置き土産だと言われ、ボンヒに渡す。
今思えば、裁縫上手な母ジョンレが作った洋服はボンソンのものばかりでした( ;∀;)

ボンヒはシケモクづくりのために街の中を歩き回る。
ジョンヒョンはボンヒの為に煙草の吸殻を行く先々に置いて行く。
おかげでたくさんの吸殻を集めることが出来たボンヒだった。

ドンピルはジェギュン殺害事件の取り調べ中のキム刑事に、そっとお金を渡し犯人捜しをよろしくと頼み込む。

テヨン紡績の入り口では相変わらず高利貸しのイム社長の手下が犯人捜し。
ジェギュン殺しの目撃者を見つけたと話すのを聞き、気になって仕方がないドンピル。

目の悪い目撃者の男にうまく取り入り、目撃したのは工員のチャンソクだと思い込ませようとするドンピル。

ドンピルの計らいで、目撃者の目の悪い男をかくまっていたエスクだが逃げられてしまう。
その直後、ドンピルは警察署に呼ばれる。

テヨン紡績の工員とドンピルは、一人ずつ目撃者から確認された。
違った者から解放され、最後に残ったドンピルとチャンソク。

目撃者の男は迷った挙句、チャンソクを指さした。
ドンピルの計画通り、全くの無実のチャンソクが犯人に仕立てられてしまいます!

ジョンレに犯人はチャンソクだったと報告するドンピル。
慌てて警察署に飛んでいくジョンレとボンソン!
同じ頃ユン会長も息子の前で自分の身の潔白が証明できたと警察署を訪れていた。
犯人として捕まったチャンソクよりも、にこやかに署長と話すユン会長を一番疑っているジョンレでした!

目撃者の男が孫と息子を探していることに目を付けたドンピル。
ジョンレがこの目撃者と接触することを恐れ、遠い釜山へと行かせることに。
ミスンはドンピルが目撃者の男を見送るところに遭遇。
追いかけようとするミスンを抱きしめて行かせないドンピルだった・・・。

第8話「会えない人」

ミスンはチャンソクが犯人だと聞き、自分達のせいでジェギュンが殺されたのではないかと思ってしまう。

その昔、ミスンの父に恨みを抱いていたチャンソク。
ミスン父に殴る蹴るの暴行を加えていたところをジェギュンが助けたからだ。

清渓川で煙草の吸殻を売ってお金に替えるボンヒ。
そこで大好きなジョンヒョンを見かける。
ボンヒ一家と敵対する家族だと言われているため近寄ることを我慢するボンヒです( ;∀;)

思わず後をついてきたボンヒ。
モランの家の近くでドンピルと鉢合わせ。
モランの所へやって来たのだと思ったドンピルは家の中にボンヒをあげる。

モランは汚らしい格好のボンヒをさげすむ。
「綺麗な洋服が一枚もないのか」とバカにされたボンヒは、「綺麗な洋服を着ていくから明日会おう」とモランと約束。

ボンソンは食堂の従業員募集を見て店の中に。
すぐに働いて欲しいと言われるが・・・客の男性に手を掴まれどうしていいかわからないボンソン。
そこで助けてくれたのはキャバレーにいたミスンの知り合いの男性。

ボンソンが見たかった映画を見せてくれ、女優になりたいなら明後日10時にソウル駅でと言われる。
そう簡単には行けそうもない・・・断るボンソン。

ボンヒはモランとの約束の日。
ミスンからもらった洋服と、ジョンヒョンがそっと置いて行ってくれた新しい靴を履いて出かけて行く。
そこはエスクの店の前、ミスンとエスクは言い争っている。
エスクは遠目に警察官を見つける。憎らしいミスンをどうにかしてやろうと警察の目前で挑発する。

ボンヒは慌ててミスンの手を取り連れていく。
とっても機転が利くボンヒです!

ボンソンは自分が女優になってお金を稼ごうと決心。
先日の男性との約束の時間にソウル駅へと向かうことに。
家族が寝ている間に手紙を置いて家を出る。

ジョンレはボンヒがボンソンからもらった時計を盗んだと決めつける。
ボンヒを愛人の子だとずっと思っているジョンレは憎くて仕方がない様子。

第9話「母の後悔」

ジョンレはボンソンの家出がボンヒのせいだと責め立てる。
借金取りを連れてきたのも、売春婦だと言われているミスンを連れてきたのもボンヒ。

「あなたも出ていけば!」とジョンレに言われるボンヒだが、ボンソンとの約束だから絶対に出ていかないと泣きながら部屋を後にする。

ジョンレはギョンジャから一緒に手芸の工房をしようと誘われる。
資金の元手はすべてミスンです!

ドンピルはジョンレに「解放村から離れた方がよい」と話すも断るジョンレ。
ボンソンが家出をしたから戻るまでここで待つと言う。

そこでドンピルは高利貸しのイム社長にお金を払い、解放村のジョンレ一家を追い出して欲しいと頼み込む。

ユン会長はドンピルを訪ねてくる。
テヨン紡績を下請け会社にするという契約書と安物のツボを携えて。

弟を背中に負ぶって、ボンヒは一日中アイスを売る。
背中の弟が泣き止まず、吐いてしまう。

慌てて病院に連れていくボンヒ。
大きな病院へ行った方がよいと言われ、頼るあてのないボンヒはミスンに電話。
ミスンが大きな病院へと連れて行ってくれた。

その頃仕入れから帰って来たギョンジャとジョンレ。
ボンヒョンが吐いて病院へ行ったことを聞いたジョンレは、帰って来たボンヒにビンタをくらわす。

ボンヒに冷たく当たるジョンレに「ボンヒョンを助けたのはボンヒだから」というミスン。
ボンソンの家出以来、ボンヒには今まで以上に辛く当たるジョンレ母さん( ;∀;)

ジョンヒョンはお弁当を詰めてボンヒの所へやって来る。
「1時間でもいいから遠足に行こう」とボンヒを連れ出すジョンヒョン。

ドンピルの依頼でジョンレ一家を解放村から追い出しにかかるイム社長の手下達。
借金取りだとやって来て部屋をめちゃくちゃにする。
助けに入ったジョンヒョンは突き飛ばされてちゃぶ台に頭を打ち付け病院へ。

ジョンレは駆けつけてきたジョンヒョンの母親にどういうことだと掴みかかられる。

病院から帰って来たジョンレとボンヒョンとボンヒ。
そこにミスンがやって来て「一緒にアメリカに行かないか」とボンヒを誘う。

「お願いだから私の前から消えて」とボンヒに言うジョンレだった・・・。

第7話から第9話の感想

ドンピルの妻エスクは、キレイでお洒落なミスンが憎くてたまらないようですね。
夫ドンピルは今でもミスンに未練があると思っている様子。
才能あるミスンの洋裁のセンスも妬ましいエスクです。
ミスンから盗んだデザインでモランに洋服を作るも、やっぱりミスンにはかないません。
我が子モランも、ミスンの作った洋服が欲しくて売って欲しいとボンヒを訪ねる程です。
ドンピルは相変わらずでした!
とにかく目障りなジョンレ一家を遠ざけようとまたまた悪事を働きます。
たくましいのはボンヒですね!
どんなに貧しくても、どんなに母ジョンレにいじめられても、いつも前向きで一生懸命。
そんなボンヒをずっと陰から支えるジョンヒョンも素敵ですね(^▽^)/








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。