星になって輝く-あらすじ-19話-20話-21話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-星になって輝く-あらすじ-19話-20話-21話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
サラ・パクがミスンだと知ったエスク。
ミスンとエスク、憎しみ合う二人。
この先どんな手段でお互いを蹴落とし合うのでしょうか・・・。

【星になって輝く】ネタバレあり

第19話「働く場所」

ミスンが有名なデザイナーのサラ・パクだと知ったエスク。
夫ドンピルにサラ・パクの正体が知られてはいけないと思うのだった。

モランはジョンヒョン宅へと手料理を持って出かけて行く。
ジョンヒョンに振り向いてもらいたいモランは、まずは母親に取り入る。

ミスンはファギョンを呼び、もっと大きな酒場を経営すればいいとお金を渡す。
ファギョンを連れてやって来たのは高利貸しのイム社長のところ。

ソングクは店のボディーガードとしてミスンの店に雇われる。
表向きはファギョンの店で、裏で操るはミスン。

ユン会長はドンピルが工場で何を作っているのかを探る。
どうやらナイロンでスカートを作っているようだと報告を受けるユン会長。
実はこのスカートのデザインはボンヒが作ったもの。ドンピルが盗んできたものです!

ユン会長の元にジョンヒョンも「ナイロンでスカートを作ればよいのではないか」と試作品を持ってやって来る。
ボンヒが作ったものだと言うジョンヒョン。

エスクはミスンを陥れるためサラ・パク(ミスン)が売春婦だったと言う噂を流す。

エスクはジョンレの元にやって来て、「ボンヒをうちの店で働かせてくれないか」と頼む。
帰り際、縁側に座るマンボクを見て驚くエスク!
ジェギュン殺しの証人として警察にも呼ばれたあのおじいさんが座っていたのですからびっくりです!!

エスクは慌ててドンピルの会社へ。
マンボク(証言したおじいさん)を「自分たちの手でどうにかしなければいけない」と話す二人の会話を盗み聞くチャンソクだった。

チャンソクはマンボクの元を訪れ問いただすと、ドンピルに言われてチャンソクを陥れるような証言をしたことを正直に話すのだった。

ソングクはイム社長の事務所で、ボンヒの姉ボンソンがソウルにいるとの話を耳にする。
ボンヒに明日場所を調べて一緒に行こうと言うソングクだった・・・。

第20話「つらい現実」
ボンヒは食堂の開店準備に精をだす母ジョンレの所へ走って来る。
「姉さんがソウルにいるらしい!」と息せき切って言うボンヒ。
ジョンレは「明日まで待てない今すぐ行こう」とソングクとボンヒの3人で店を後にした。

ボンソンがいると言う家を訪ねてやって来るソングクとボンヒ達。
出てきた女性はボンソンではなかった。

ジョンレとギョンジャの食堂の開店祝いをしている最中、店に飛び込んできたのは何とチャンソクだった!
10年の刑を終えたにもかかわらず、ジェギュンを殺していないと無実を訴えに来たチャンソクを見て、ギョンジャは本当に殺していないのかも?!と思い始めるのだった。

ソングクとファギョンは、オープンする最高級クラブの営業でテヨン紡績へとやって来る。
ジョンヒョンに会ったソングクは「自分のせいでテバン染色をつぶしてしまったから責任をとる」と言い張る。

ジョンヒョンはドンピルに、テヨンで生産しているナイロンのスカートはボンヒのデザインではないかと問い詰める。
「これは妻の作品だ」とあくまでしらを切るドンピル。

オードリー洋装店の店を閉め帰るボンヒを待ち伏せするジョンヒョン。
「スカートの件がダメになった」と報告すると「一人で帰る」と走って行くボンヒ。
後を追うジョンヒョン。
ボンヒがジョンヒョンにわざと冷たい態度をとった事を後悔し泣いているところに出くわすのだった。

ドンピルはエスクの誕生日をモランと家族3人で祝う。
そこにやって来たチャンソク。
「証言をしたおじいさんを見つけた、今日新たな犯人につながる証拠を持ってやって来る」とドンピルに言う。
エスクとドンピルは震えあがります!!

エスクはドンピルに睡眠薬を飲ませ寝かせてしまう。
そして一人黒いキャップに黒い衣装でチャンソクの言う場所へと足を運ぶと、証言したマンボクが!
マンボクはジェギュンが殺された日にも目撃したのがエスクだと気づいたようだった。
顔がばれてしまったエスクはマンボクを殺そうとする!

そこに現れたチャンソク!
「ドンピルではなくお前だったのか!」とエスクの手をつかみあげるチャンソクだった。

第21話「事件の真犯人」

朝目覚めたドンピルは「なぜ起こさなかったのか!」とエスクを責め立てる。

会社に行ってみると例のおじいさんマンボクが。
チャンソクはマンボクを「雑用係として雇ってほしい」と頼む。
「実はマンボクが何の証拠も持っていなかった」とわざとドンピルに打ち明けるのだった。

チャンソクはエスクの店にも脅しにやって来る。
お金で解決しようとするエスク。
「全財産を渡す」と言うエスクに、笑いながら帰って行くチャンソクだった。

一方街中でチャンソクとすれ違ったボンヒは、彼が父親を殺したと言うチャンソクだと気づき慌てて後をつける。
エスクの店に走り込み、チャンソクを責め立てるボンヒ。
エスクはうまく言いなだめ、ボンヒを落ち着かせるのだった。
エスクは自分がジェギュンを殺したと言われてはたまりませんものね(≧∇≦)

ドンピルとユン会長、紡績会社の集まりでクラブダイアモンドに集合する。
ジョンヒョンはそこでソングクと会う。
「辞めた方がいい」とソングクを親友として心配するジョンヒョンンだった。

モランはエスクにサラ・パクがアメリカの大学を出たと言うが名前が無いと噂がある事を教える。
ほくそ笑むエスクでした

ジョンヒョンとソングクは二人で飲む。
ボンヒの事で語り合う二人。

ソングクはビールを一気に飲み干しジョンヒョンに言う。
「ボンヒに対する気持ちをこれ以上隠し通す自信がない」と・・・。

第19話から第21話の感想

有名なデザイナーサラ・パクの正体はミスンでしね。
ドンピルもエスクも、悪事を重ねる似たもの夫婦ですよね(≧∇≦)
ドンピルはボンヒの作ったナイロンスカートを勝手に持ち出し生産します。
一方エスクもミスンを陥れるために姑息な噂を流したり・・・。
こんなに悪事を働くと絶対自分に帰ってきますよね!
そしてジェギュン殺しの真犯人・・・どうやらエスクのようですが?!
あの日マンボクが慌てて飛び出してくるエスクを見かけ、マンボクが近くにいることを異常に恐れているエスクです。
ボンヒ一家が知る事となったらホントに許せないでしょう!!
ミスンが裏で糸を引く高級クラブダイアモンド。
ドンピルが出入りするようになりそうですね、こちらも見ものです!!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。