星になって輝く-あらすじ-25話-26話-27話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-星になって輝く-あらすじ-25話-26話-27話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ある日夜学から帰って来たボンヒに遂に告白するソングク!!
いつも助けてくれた心強い兄のようなソングクからの告白にボンヒは・・・

【星になって輝く】ネタバレあり

第25話「俺の秘密」

ソングクの告白に戸惑うボンヒ。
「俺って演技が上手だろ?」とはぐらかすソングク。
え~(≧∇≦)本気の告白でしょう~もどかしい(≧∇≦)

母ジョンレとギョンジャの食堂にやって来るボンヒ。
手作りのエプロンを二人に手渡す。
そこにやって来た記者がおいしいと絶賛、記事を書く。

ミスンのGBブティックへと足を運ぶドンピルは、テヨン紡績に投資しないかと言う。
担保は、まだミスンを愛している自分自身だと。
ドンピルの自信満々な言動、図々しいにもほどがありますね(# ゚Д゚)

チャンソクはエスクの店にやって来て、エスクを揺さぶり動揺させる。
エスクは生きた心地がしません、チャンソクに自分がジェギュン殺しの犯人だと知られているのですから!!

ミスンはソングクにジェギュン殺しの真犯人を見つけ出す事を手伝ってほしいと頼む。
そしてその真犯人を見つけ出すためにも、今日からクラブダイアモンドの社長はソングクだと言う。
権力でもお金でも、望み通りになるよう協力すると言うミスンだった。

ドンピルは早くミスンから投資を受けたいが一心で、クラブダイアモンドで一緒に飲もうと誘いだす。
二人が店に入るのを見たチャンソクは、追って店に入って来る。

「今日は真犯人が誰かの情報を持ってきた」と言うチャンソク。
もったいぶって教えないチャンソクをドンピルは店の外へと引きずり出す。
「明日になったらはっきりさせてやる!」と笑みを浮かべるチャンソクだった。

ジョンヒョンはソングクに「真犯人がわかればボンヒと付き合う!」と公言する。
ソングクも「譲るつもりはない!」と強気な発言をするのだった。

チャンソクは真実を明かすと言った日、簡易宿所を後にしエスクに電話。
ドンピルに尾行されていることを告げ、誰にも見つからない場所で会う約束を取り付ける。
そして途中ジョンレ宛の手紙をポストに投函する。

河原で待ち合わせをしたエスクとチャンソク。
イム社長から借りたお金を渡し最後にしようとするエスクに、「モランを嫁にくれ」と言われ激怒するエスク。
エスクに馬乗りになり首を絞めるチャンソク、エスクは近くにあった石でチャンソクの頭を殴りその場を慌てて離れようとする。
そこにやって来たモラン!!

第26話「身を守る罪」

「このことは忘れて欲しい」とはモランに言うエスク。
家に帰ってから話すと言ってその場をそそくさと離れるエスク。
エスクの衣服の汚れ、落ち着かない母を見て何かを隠していると実感するモランだった。

ミスンは「真犯人がわかれば復讐が遂げられる」とソングクに言う。

エスクは家に帰りモランに嘘の話をする。
「チャンソクがドンピルに危害を加えると言うため、お金を渡すため会いに行った」と。
衣服の汚れは怖くなり走って帰る途中転んだためだと、もっともらしい嘘をつく。

イム社長に借りたお金を返しに行こうとしたその時、ドンピルが帰って来る。
そして大金に気付くドンピル。
またもやエスクは嘘をつく。
「資金繰りに困っていたドンピルを助けるため、高利貸しから借りたお金だ」と。
ドンピルは簡単に騙されてしまいます(≧∇≦)

クラブダイアモンドではステージで歌う歌手を探す事に。
ファギョンの知り合いの店であるオーディションをのぞいてみることにするソングク。
そこに借金取りに追われたボンソンらしき女性が!!

エスクはマンボクにもお金を渡し、口をつぐむよう脅迫する。
そして「チャンソクはもう現れない」と言う。

チュンシクは食堂の配達をする。
その簡易宿所の一室に泊まる女性に見覚えが。
ボンヒの姉、ボンソンだと気づいたチュンシクはジョンレに知らせに行く。

ボンソンがいたと聞いたソングクはすぐに店を飛び出して行った。
しかし相手は大人数、ソングク危機一髪に駆けつけてきたジョンヒョン、二人で応戦。
ところがボンソンを守ろうとして頭を殴られるジョンヒョンだった・・・。

第27話「姉の居場所」

ジョンヒョンの怪我も大したことはなく、ソングクは礼を言う。
ボンソンは「成功して帰ると言った以上今は帰りたくない」と言う。

百貨店の式典にエスクが作ったコートを着ていく女優のウンヒ。
実はこのコートのデザインは、エスクがGBブランドの裁断室から拝借してきた物でした

そこにGBブティックで世界に一着だてと言われたセレブな夫人も同じデザインのコートを着ていく。婦人は怒ってミスンの店へ。
「店をつぶしてやる!!」と激怒し帰って行った。

ミスンはエスクの店へやって来て、コートのデザインを盗んだことを責め立てる。
エスクはボンヒが盗んだと白を切る。

ボンヒは無実の罪を着せられ、父親までも侮辱するエスクとモランに我慢ならず、店をやめて出て行った。

ボンソンはクラブダイアモンドで歌を歌うと客席は拍手喝さい。
ソングクにお金を返すまで、ここで働くと言うボンソンだった。

ジョンレはボンソンが気がかりで仕方ない。
朝から食事もとらず疲れ果てていた。

家に帰って来たジョンレはチャンソクからの手紙を受け取るがそのまま倒れてしまう。
そこにマンボク、チャンソクの手紙を見つけて中を読んでみると事件の全てが明かされていたようだ。
証人である自分も身の危険を感じたマンボクは、手紙を隠してしまう。

ボンソンはソングクから、「母ジョンレが怪我をした」と聞き慌てて病院へと駆けつける。
そこで何年振りかの家族の再会を果たすボンソンとジョンレ達だった・・・。

第25話から第27話の感想

ソングクついにボンヒに告白したと思いきや!!上手くはぐらかしてしまいましたね。
ずっとボンヒの前では兄として接してきたソングクの忍ぶ恋・・・応援したいものです。
母ジョンレの怪我を心配し駆けつけて来たボンソン。なかなか家に帰ることが出来なかったボンソンにとっては、母の怪我は心配ですが帰る良い機会となりました。
それにしても悪事を積み重ねているエスク。
負の連鎖のごとく、次々とエスクの周りにはよくない問題が起きていきますね。
チャンソクも結局エスクが殺してしまったのでしょうか・・・。
ミスンのデザインを盗むエスクも本当に憎らしいです(# ゚Д゚)
チャンソクを捜しまわるドンピルとソングク達。
真犯人のカギを握るチャンソクが行方不明では、真実が闇に葬られてしまいそうですね。
ジョンレに出した手紙がジョンレの元に届かなかったことも悔しいです!
近いうちきっと出会うことになるでしょうミスンとボンヒ。その出会いは希望の光ですね!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください