星になって輝く-あらすじ-22話-23話-24話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-星になって輝く-あらすじ-22話-23話-24話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
とうとう隠し続けてきたソングクのボンヒへの想いをジョンヒョンに打ち明けます!
複雑な思いのジョンヒョン・・・ソングクとジョンヒョンとボンヒのこれからの関係にも注目です!

【星になって輝く】ネタバレあり

第22話「ライバル宣言」

「ボンヒが苦しむからこの気持ちは秘密にする」と言うソングク。
「聞かなかったことにする」と店を後にするジョンヒョンだった。

ソングクはジョンヒョンと別れて帰って来る。
縁側でいるボンヒに、昼間店で買ったおしろいを「化粧くらいしろ」とプレゼントする。
無骨に渡すソングク、ドキッとしますね(^▽^)/

一方、いても立ってもいられないのはジョンヒョン。
いつもボンヒの近くにいるソングクの気持ちを聞いてしまっては不安で仕方ありません

ボンヒはチャンソクに合わせて欲しいとドンピルの会社へと行く。
ドンピルはここでもボンヒをうまくなだめすかし帰すのだった。

ジョンレはボンヒにお弁当を届けるためにオードリー洋装店へとやって来る。
そこでモランとエスクに馬鹿にされ侮辱されるボンヒが我慢ならないジョンレだった。

ミスンはエスクに話がありオードリー洋装店を訪れる。
ところがいそいそと出かけるエスク。
後をつけると簡易宿泊所へと入って行くエスクだった。
続いてイ・チャンソクが入って行く様子を見たミスン。
エスクはチャンソクにお金を渡して宿泊所から飛び出してきます

飛び出して来たエスクを捕まえ問いただすミスン。
ミスンが納得するような答えが返せないエスクは焦る。
これを機にミスンとドンピルが接点を持つことも心配でたまらないエスクです

エスクはミスンを調べ上げるため、過去の写真を手に入れる。
そしてクラブダイアモンドにある男を送り込む。
ところがボディーガードのソングクが解決。
送り込まれた男を脅し帰すのだった。

ミスンは米軍の酒場で働いていた時何もかも嫌になり自殺しようと手を切ったことがある。
その傷跡を見ると辛い思い出がよみがえり、エスクのよこした男から取り上げたミスンの過去の写真は、彼女の傷をさらにえぐるのだった。

ミスンはソングクにボンヒの父親が殺された事件の真相究明を頼む。
早速ソングクはイム社長の手下をうまく手なずけ、イ・チャンソクを監視するよう頼む。

エスクが大金をチャンソクに渡した翌日、朝早くドンピルの家にやって来るチャンソク。
牛肉を買ってきたと言い、一緒に朝ご飯まで食べて帰るチャンソク。
生きた心地がしないエスクですが・・・そんなことはつゆ知らずのドンピルです

ジョンヒョンの元に社員から報告がある。
テヨン紡績に貸している第1工場で事故があり、テヨンは事故の隠匿に駆け回っていると言う情報だった。

すぐさまテヨン紡績へと向かうジョンヒョン。
人為的ミスにより、機械も故障。
「契約書の通り、契約は終了する」と告げるジョンヒョンだった。

ドンピルは一人クラブダイアモンドで飲みつぶれる。
ファギョンから連絡を受けたミスン。

千鳥足で歩くドンピルの前に現れた美しいミスン・・・。
ドンピルの心はどうなるのでしょう?!

第23話「女の執念」

ミスンはドンピルに思わせぶりに昔を語る。
ドンピルはまんまと騙されそうです(≧∇≦)

エスクはサラ・パクことミスンが学歴詐称をしていたと言う記者からの連絡を受ける。
企むエスクはまだ記事にはしないで欲しいと記者に言いう。

モランはジョンヒョンをどうしても手に入れたい。
気に入られるよう必死の策を講じている。
そしてジョンヒョンが用意している夜学の手伝いをすることに。

エスクの店に突然やって来て脅しをかけるチャンソク。
「店の権利書を持って来週俺のところへやって来い」と言う。

ジョンヒョンは「ボンヒの夢に自分が導く」とソングクに伝える。
ソングクは10年間ベトナムにいたその時を、「ボンヒの事は妹だ」と自分に言い聞かせ耐えてきたことを明かす。
ボンヒにはひた隠しにしてきた深い愛情を感じます

エスクはミスンの学歴詐称をネタにお金を脅し取ろうとやって来る。
チャンソクに追い詰められているエスクの悪知恵でしょうか!!

ミスンはドンピルを食事に誘う。
そして事前にエスクを呼び出しドンピルと共に店へと向かう。
学歴詐称で脅され金の無心をしてきたエスクをドンピルに教えるのだった。

実は学歴詐称ではなく、海外では夫の名前を語っていた為、サラ・ジョンソンとして卒業したようだった。

イム社長はソングクがジェギュン殺しを調べていると知り、どうすれば一番金になるかを計算していた。

オードリー洋装店に「洋服を届けて欲しい」と客から電話が。
ボンヒが届けることに、向かった先はジョンヒョンの家だった。

そそくさと帰ろうとしたボンヒを「お直しが必要かもしれないでしょ?」と引き留めるジョンヒョンの母。

ボンヒは思わずジョンヒョンの2階の部屋へと上がってしまう。
そこに帰宅したジョンヒョン。

会いたい気持ちを押し殺していた二人の再会だった・・・。

第24話「目の前の君」

ジョンヒョンとボンヒ。
お互い会いたかった二人の久しぶりの逢瀬だった。

ミスンはギョンジャとジョンレの経営する食堂へと足を運ぶ。
温かい食事とギョンジャの温かい人柄に触れ、ミスンは孤独で寂しい自分が耐えられなくなり泣き出すのだった。
貧しくてもギョンジャさんはとっても温かい人です、癒されます(^▽^)/

ジョンヒョンは最近始めた夜学をボンヒにも進める。
ジョンレはぜひ勉強してほしいとボンヒに言う。

酔っぱらったドンピルを送って来たソングク。
ドンピルの家で家政婦をしていると言うチュンジャに偶然会うこととなる。

ミスンはずっと断り続けていた取材を受けると言い、店に記者を集める。
学歴詐称や売春婦の噂を一掃するため、ミスンは記者達からの取材に真摯に応じる。

一方その頃女優キム・ウンヒが着る映画の衣裳を頼まれるエスク。
有名になるチャンスと意気込む。
先日ミスンのお店GB洋装店ヨングのいる裁断室から黙って失敬してきた型紙を取り出すのであった。
エスクはボンヒに型紙を渡し裁断させることに。
どこまでも卑劣なエスクです(# ゚Д゚)

エスクは自分の店を担保にして借り入れしようと銀行へ行くと、既に店はドンピルが担保に借り入れされていた。
ドンピルを問いただしに行くエスク。
ところが反対になぜそんな大金が必要なのかとドンピルが怪しむ羽目に・・・

エスクは困りはて、金の工面をするためにイム社長を訪れる。
大金を借りたエスク、返済できないときはモランから返済してもらうと脅すイム社長。
テヨン紡績社長夫人がなぜイム社長に会うのか、たまたま居合わせたソングクは不審に思うのだった。

ユン会長はジョンヒョンから下請け会社はミョンイル紡績がよいと提案を受ける。
社員を大切にする社長だから、きっと裏切らないと推薦するジョンヒョン。

早速ユン会長はミョンイル紡績にナイロンスカートの生産を依頼する。

ボンヒは夜学に通うことをソングクにも相談。
講師はジョンヒョンだと言うことも。

夜学から帰って来たボンヒに、ソングクはついに告白する。
戸惑うボンヒですが・・・(≧∇≦)

第22話から第24話の感想

拳一つで生きてきた硬派なソングク。
ついについに、ボンヒに自分の想いを告白しますね!
ボンヒの心にはずっとジョンヒョンが潜んでいるようですが・・・。
ユン会長との約束もあり、ジョンヒョンとはあえて距離をとろうと努力しているボンヒ。
とっても切なくけなげなボンヒです( ;∀;)
ソングクは、ずっと近くでボンヒを見てきました。ボンヒが辛いときもうれしいときもずっと一緒だったソングク。
自分の気持ちを押し殺し、兄として接してきたこと、とても出来る事ではないですよね。
ジョンヒョンもソングクもお互いボンヒを好きで親友でもありライバルです。
二人の間でボンヒはこれからどう生きていくのでしょうか。
エスクもどんどんドツボにはまっていますね~チャンソクに脅され、とうとう店を担保にするほどの大金が必要になって来ました。
この幸せを守ろうと必死のエスク・・・果たしてどうなるのでしょう(≧∇≦)








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。