星になって輝く-あらすじ-28話-29話-30話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-星になって輝く-あらすじ-28話-29話-30話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ボンソン姉さんソウルに戻ってきました(^▽^)/
ジョンレ母さん、そしてボンヒは涙の再会を果たします!!
エスクの積み重なる悪事は一体いつまで続くのでしょうか・・・・。

【星になって輝く】ネタバレあり

第28話「夢への扉」

10年ぶりに4人で食事をするジョンレ達。
幸せなこの瞬間をずっと味わっていたくてボンソンを見つめる3人だった。

ボンヒはエスクの店をクビになり、仕事を探していた。
そこにGBブティックでの募集を見て、経歴学歴を問わないチラシにボンヒは店に飛びこんで行く。

ジョンヒョンは父親に連れられ副大臣の娘ジンスクとお見合いをさせられる。
大学構内をジンスクと歩くジョンヒョン、モランは嫉妬する。

ジェニス・チョとしてクラブダイアモンドで歌手をするボンソン。
VIPルームのドンピルと顔を合わせる。
ボンソンは「家族には内緒にしてくれ」とドンピルに頼む。

ドンピルはミスンに「一緒に手を組まないか」と提案する。
サラ・パクの名前を使って商売をしたいドンピル、「考えてみる」と答えるミスンだった。

GBブティックに履歴書とデザインを提出するボンヒ。
店から出てきたボンヒと鉢合わせのモラン。
モランはボンヒの履歴書を持ち帰り、デザイン帳の名前を破って持って帰る。
なんて卑怯なモラン!!必ず天罰が下るはず(# ゚Д゚)

エスクはチャンソクともみ合った時コートのボタンを無くしたようだった。
河原に探しにやって来たエスク、そこにジョンヒョンも何かを探しにやってきたようだ。
そしてボタンを見つけたジョンヒョン、エスクはよろけて音を立ててしまった。
ジョンヒョンは誰かの気配に気づいた様子・・・。

第29話「選考の裏で」

エスクが見つかりそうになったその時、ソングクがやって来てジョンヒョンに声を掛ける。
エスクは慌ててバス停に、その道中釣り人にすれ違った。
ジョンヒョンとソングクは釣り人から「たった今女性にすれ違った」と聞き、慌ててバス停へと向かう。
エスクは生きた心地がしませんよね

ボンソンがクラブダイアモンドで働いていることがボンヒにも知られることに。
ジョンヒョンもまた、父親ユン会長がクラブダイアモンドへ行ったことを聞き慌てて店に向かった。

店をやめるよう説得するボンヒ。ボンソンは成功すると言って出て言った以上弱音を吐けないようだった。

ジョンヒョンはソングクと酒を飲む。
チャンソクを捜すのは、「一日も早くボンヒと堂々と会うためだ」と言うジョンヒョン。
ジョンヒョンと同じくボンヒを想うソングクには辛い言葉ですよね( ;∀;)

エスクはチャンソクと会う日、河原に着て行ったあのコートをチュンジャに捨てるように頼んでいた。
ところがチュンジャは痩せたら着ようと取っているようでした

GBブティックに、モランとボンヒが呼ばれる。
二人のデザイン帳には同じデザインが3つ書かれていることをミスンから指摘される。
どちらかが盗作ではないかと疑われる。
ボンヒはミスンに名前を聞かれ、チョ・ボンヒだと答える・・・。
ミスンはあのボンヒだと気づいたことでしょう・・・

第30話「新たな課題」

二人には、新たな課題が出される。
「明日までに、女性らしく動きやすいボトムスを作って」と言われる。

ソングクは時計の密輸に手を出そうか考えていた。
イム社長に、「密輸で大金が手に入る。業者の手配をしてくれ」と頼むソングクだった。
密輸をやるには税関職員に知り合いが必要だと言うイム社長。
ソングクは職員にクラブダイアモンドの名刺を渡し営業する。

課題提出の日、GBブティックへとやって来たモランとボンヒ。
モランはボンヒに「着替えるから外に出ていて」と裁断室から追い出す。
そしてボンヒの作った課題にはさみを入れるモランだった。
どこまでも卑怯なモラン!!見ていても怒り心頭です(# ゚Д゚)

ボンヒは10分だけ時間をもらい、ミニスカートに変身させる。
結果は二人とも採用になる。

モランが採用になったと聞いたエスクは心配でたまらない。
ミスンにいったい何をされるかと不安でいっぱいの様だった。

一方ボンヒも採用されたことを報告する。
ジョンレやギョンジャ、ソングクも皆が大喜び。
ボンヒの食べたいものでお祝いしようと皆大はしゃぎだった。

ジョンヒョンにも公衆電話から報告するボンヒ。
会社の前からだと知ったジョンヒョンは電話まで駆けつけて来る。
お祝いの代わりにボンヒの額にキスするジョンヒョンだった。

ドンピルはGBブティックへとやって来る。
裁断室でミシンを走らせるミスンに、大きなダイアモンドの指輪を渡そうとやって来た。
その時エスクもミスンを訪ねてやって来る・・・。

第28話から第30話の感想

エスクはチャンソクともみ合った時にコートのボタンを落としていました。
エスクは自分の悪事がバレるのではないかと毎日びくびく過ごしているようですね。
そのうえボタンはジョンヒョンの手に渡ってしまいました!
エスクは捨てたと思っているコートも、実はチュンジャが持っているとも知らず・・・。
ジェギュンに始まり、チャンソク、そしてミスンのデザインを盗作と、果てしなく罪が大きくなるエスクです。
エスクに似たモランもまた、ボンヒのデザインを盗んだり作品にはさみを入れたりと卑怯な真似が続いています。
ボンヒには父ジェギュンと交わした約束の実現に向けて、ミスンの元でその才能を開花させてほしいものです(^▽^)/
ドンピルもホントに嫌な男です(# ゚Д゚)
ミスンがお金、名声共に手に入れた今、また気のある素振りで近寄るなんて・・・。
まだまだこの泥試合は続くのでしょうか(≧∇≦)







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください