星になって輝く-あらすじ-49話-50話-51話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-星になって輝く-あらすじ-49話-50話-51話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
モランとジョンヒョンが結婚すると思っていたボンヒ。
ジョンヒョンを諦めようと心に決めていました。ところがジョンヒョンの指にはめられていた指輪が自分とお揃いのペアリングであることを知ったボンヒは、ジョンヒョンへの思いが頭をもたげるようです・・・。
それと同時にソングクへの申し訳ない気持ちがボンヒを悩ませているようです・・・。

【星になって輝く】ネタバレあり

第49話「突然の輸入禁止」

ボンヒはソングクと同じ気持ちになれないことを申し訳なく思う。

モランはジョンヒョンが全く自分に見向きもしないことに腹を立て、ソングクの所にやって来て告げ口をする。
「ジョンヒョンとボンヒが抱き合っていた」と。

逆上するソングクは、ジョンヒョンに再度警告しにやって来る。

ドンピルの意地悪でアクリル原糸の輸入が禁止になり困っていたジョンヒョン。
その話をボンヒから聞いたオクソンは、アメリカ大使の養父に頼み便宜を図る。
大使から、「ジョンヒョンに合わせて欲しい」と連絡が来る。

ソングクはボンヒに「結婚しよう」と指輪を用意しやって来る。
素直に受け取ることが出来ないボンヒ。
そこにやって来たジョンヒョンは「その指輪を受け取るな」と言う。
ボンヒは二人の間で苦しみ、ジョンヒョンを想う気持ちにふたをします( ;∀;)

ジェギュン殺しの再捜査は今日で打ち切られると言う。
証人を連れて行かない限り再捜査はないと言う。
ボンヒはチャンソクの行方が気になっていた。
彼さえいれば再捜査できるのにと・・・。

ボンヒはソングクの下で働くイム社長に見覚えがあった。
子供の頃、父ジェギュンが亡くなってすぐに土地と家を取りに来た高利貸しだと気づく。
「土地と家を取り上げろ」とのドンピルからの指示を受けたと聞き、父の会社をドンピルがどうやって手に入れたかを知ったボンヒ。

「私がテヨンを必ず取り返す!」とドンピルに宣戦布告するボンヒだった。

第50話「余命半年の母」

ミスンはエスクとドンピルの離婚を迫る。
そしてエスクとドンピルの目の前で倒れる。

病院に運ばれるミスン。
モランは看護師に娘だと言って病状を聞き出すと、ミスンは余命半年の胃がんの末期だと知らされる。
モランはあと半年の辛抱だと考えます。とても非情なモランが怖い(≧∇≦)

ソングクはジョンヒョンの仕事の邪魔をし始めたようだ。
取り引き先に圧力をかけたり、借金返済の担保に生地を勝手に取り上げたりとひどい仕打ちのソングクだった。
原因はボンヒが絡んでいるのは一目瞭然。男気のあるソングクはどこへやら・・・( ;∀;)
ボンヒを取られそうで怖いんでしょうね(≧∇≦)

マンボクが見つかり家族の元に帰って来る。
マンボクがジェギュン殺しの証人だったことをマンボクの家族も知ることになる。

自宅に帰って療養するミスン。
実は事前に看護師を買収し、重病で余命がわずかだと嘘をついて欲しいと頼んでいた様だ。
エスクから全てを奪い取ってやろうとミスンの逆襲は始まっています!!

ジョンヒョンの所に、アクリル原糸の輸入許可が下りたとの連絡が。
ドンピルには原価の3分の1で原糸を買い取ってもいいと言うジョンヒョン。
そして輸入許可が下りた事を告げ、帰ろうとするドンピルの土産話にするのだった。

ソングクがボンヒの店を訪れる。
ボンヒはソングクに別れを切り出す。
ソングクはボンヒの思いをくみ、「ボンヒがすべて解決する日まで待っている」と言い店を後にする。

同じ頃、ジョンヒョンもモランにはっきり別れを告げる。
ところがあきらめないモランは、ドンピルに良からぬ入れ知恵をする。

アクリル原糸をジョンヒョンに3分の1の値段で売る代わり、原糸に細工しミョンソンを破滅させればいいと。

ボンヒはミスンから勉強のためにともらったデザイン集(ミスンが今まで書き溜めてきたデザイン)を見ていた。
覗き込むヨングは、デザインはデザイナーにとって命のようなものだとボンヒに教える。
慌ててミスンの所へやって来たボンヒだが出掛けたと言う。

その時ミスンは、ジョンレと一緒に死んだ子供の供養に出かけるところだった・・・。

第51話「汚い手口」

ボンヒは父ジェギュン殺しの再捜査を警察署に申請する。
「父は何の罪もないのに殺されて、無実の罪で一人の男性が10年も服役した」と必死に訴えるボンヒ。

ジョンレとミスンは、ジョンレの死産した赤ん坊のお参りにやって来る。
ジョンレは赤ちゃんに、やっとお別れを言うことが出来た。

ドンピルは、原糸に薬品をかけ売り物にならないものをジョンヒョンに売りつけようと納品にやって来た。
ユン会長は長年の感から、原糸に薬品がかけられていることに気付くのだった。
ジョンヒョン、契約寸前で危ないところでしたね!

エスクはマンボクが自分の事を覚えていないのかが気になって仕方ない。
チュンジャの出産祝いにかこつけて、マンボクの様子を見に来るエスク。

エスクに突然掴みかかるマンボク!
「この女が自分を釜山へ追いやった!この女にレンガで殴られたこともある!」
焦るエスク!

モランはエスクに「ジョンヒョンと結婚する」と改めて言う。
結婚するためには、「ママがパパと離婚してくれたら結婚できそうだ」と言うモラン。
「ミスンがミョンソン紡績に投資してくれる。ミスンの命もあと半年だから」とモランはドンピルにも話すのだった。

コンテストに応募するボンヒ。
モランが横やりを入れる。
「ごみを送りつけて恥をかく気?」とボンヒに言う。
「審査員長は私のママだ」と勝ち誇ったように言うモラン。
「私は自分の力でのし上がってやる!」と闘志をあらわにするボンヒだった。

ジェギュン殺しの再捜査が始まることに。
新しく担当になったチェ刑事はドンピルの所へ挨拶にやって来る。
事件の捜査を早く終わらせようとお金で買収しようとしたドンピル。
チェ刑事は受け取らず突き返すのだった。
今度の刑事さんは違いますね~!!

モランはミスンとエスクのどちらを選ぶか迫られていた。
実の母親エスクの前で、モランはミスンの手を取り部屋を出て行った。
何とも言えない悲しい気持ちになるのはエスクです( ;∀;)

デザインコンテストの1次審査に合格したモランとボンヒ。
大喜びするボンヒに1本の電話が。
以前お世話になっていたキム社長からの電話だった。
社長が入院している西海病院に、1年前から身元不明で入院している男がいると言う連絡だった。
病室に入って確認するボンヒ、ベッドに横たわるのは確かにイ・チャンソクだった!!

第49話から第51話の感想

ジョンヒョンの気持ちとボンヒの気持ちは変わっていませんね。
お互いを忘れることが出来ないまま月日は流れていきました。
とうとうそれぞれがソングクとモランに別れを切り出します。
ボンヒは本当に誠実で優しい性格のため、ソングクを適当な気持ちで受け入れることが出来なかったようです。
ずっと昔から変わらずボンヒに一途なソングク。
こんなにボンヒは想われて幸せですね!
本当は男気のあるソングクとうまく行けば万々歳なのですが・・・ボンヒの気持ちはそうもいかず、ソングク押しの一個人としてはとても残念です( ;∀;)
ミスンの逆襲もなかなか堂に入っていますね!
末期のガンだと偽って、エスクとドンピルを追い詰めていく様子がこれからも気になるところです。
とうとう見つかったチャンソク!
再捜査も始まったばかり、これで真犯人が早く見つかりますように!!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください