星になって輝く-あらすじ-52話-53話-54話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-星になって輝く-あらすじ-52話-53話-54話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ボンヒ、ついにイ・チャンソクを見つけました!
彼の意識が戻れば真相を解くカギとなりそうなのですが・・・。

【星になって輝く】ネタバレあり

第52話「生きていたあの人」

ソングクはミン・ソンチャンに罠にはめられた。
彼より上の人間で解決するしかないと言うユン会長。

ジョンヒョンはサラ・パク(ミスン)にソングクを助けて欲しいと頼みにやって来る。

ボンヒは警察署を訪れる。
ドンピルはその様子を見て盗み聞きする。
「イ・チャンソクを見つけた。ソウルの病院へ移送できるよう手配してほしい」と刑事に頼むボンヒ。

ボンヒのデザインコンテスト1次審査合格のお祝いに花束を持ってやって来たボンソン。
モランも合格していたと言う話から、ボンヒと同じところにほくろがあると言うボンソン。ボンソンはモランが生まれた日に見たと言う。
エスクの子供だと聞くボンヒは愕然とする。

ミスンの所に駆けつけてきたボンヒは、自分の生みの親かとミスンに尋ねる。
そして実父はドンピルだと知ってしまうボンヒ。
憎きドンピルが自分の父親だと知ってしまったボンヒの苦しみは耐え難いものがあります

エスクはイ・チャンソクが生きていることをドンピルから聞き尋常ではいられない。
意識不明だと聞いてはいても、自分のしてきたことが明るみに出はしないかと、いてもたってもいられないエスクだった。

ジョンレは、ボンヒが本当の母親が誰かを知ってしまったことに気付くのだった。
ボンヒはドンピルが父親だと知り、ジョンレやジェギュンに「申し訳ない」と言う。
ジョンレは何があってもジェギュンと自分の娘だとボンヒを抱き寄せる。

ボンヒのお店に娘の洋服を頼みに来た男性。
持ち合わせのお金がないようだが、娘に今まで洋服を買ってやったことが無いと言う。
公務員試験が受かった娘に贈りたいと言う男性に、ボンヒは快く引き受けるのだった。

ボンヒとミスンは会って話す。
ミスンは「モランを娘だと思っていたため、ボンヒにひどい事をしたから母親だと名乗れなかった」と言う。
「ユン会長が犯人だと言ったのは嘘だ」と言うミスン。
泣きながらボンヒの前で話すミスン、そこにドンピルがやって来て「何を嗅ぎまわっていいるんだ!」と声を荒げる。

第53話「拭えぬ真実」

ジョンヒョンは新しく開発した記事を持ってミスンの所へやって来る。
部屋から聞こえてきたのはジョンレとミスンの会話だった。
「ボンヒの実の父親がソ・ドンピルだと言うこと・・・」と。
ジョンヒョンはショックで店を後にする。
追いかけてくるモラン。

エスクはイ・チャンソクの入院する病院へ。
生きていた現実を目の当たりにしたエスクは、首を絞めて再び殺そうとするもドンピルがやって来る。
エスクのピンクのショールをぎゅっと握って離さないチャンソク。

直後に部屋へ入って来たのはチェ刑事とボンヒ。
ソウルの病院へ移そうとやって来た。
手に握るショールを見て、ボンヒはエスクの物だと気付く。

チェ刑事とボンヒに問い詰められるエスク。
そそくさと病院から帰ろうとするエスクとドンピルに、「チャンソクに何かあれば1番に二人を疑う」と言うチェ刑事だった。

ボンヒはジョンヒョンがすべてを知っていると悟った。
ドンピルがボンヒの実の父親であることを。
ユン会長が無実でも、もう元には戻れないと言うボンヒです。ジョンヒョンもボンヒを気遣います

ユン会長は今まで自分が賄賂を渡した相手を帳簿につけていた。
ミン議員の名前も載っていると言う。
これでソングクを助けろと差し出すユン会長だった。

ミン議員に帳簿を突きつけ取り引きするジョンヒョン。
ソングクは解放される。

ドンピルは資金繰りが苦しいようだった。
下請け会社から工賃の支払いを迫られる。
そこで高利貸しをミスンから紹介される。

モランは相変わらず卑怯な手を使おうとしていた。
ミスンのデザインを盗もうとしていた時、ボンヒがやって来て手を掴む。

第54話「証拠写真」

ボンヒはミスンからもらったデザイン帳を返すためにやって来ていた。
スギョンに預けて帰るが、モランがすかさずスギョンから奪い取る。

ミョンソン紡績には電話注文が殺到していた。
ジョンヒョンが開発した新しい生地は大盛況のようである。

ソングクは、自分の密輸を密告したドンピルの所にやって来る。
「金が必要だから来週中に返してくれ」と返済を迫るソングク。

ドンピルは資金調達のためだと言って、エスクに離婚届を持ってくる。
「家族の幸せのためだ」と言うドンピルに激情するエスク。

ドンピルは資金繰りに困っていた。
ミスンが紹介した高利貸しと会う約束をする。
テヨンの権利書を持ってやって来たドンピル。
現金と引き換えに権利書を渡すのだった。
権利書はミスンが手にします(≧∇≦)

ボンヒとモランはデザインコンテストの2次試験にドレスを提出する。
選ばれるのは3名だけ。
審査員にはミスンの名前もある。

ドンピルのテヨン紡績では、ミスンがデザインした洋服の生産にかかろうとしていた。
エスクは「こんな服は売れない!」と断固拒否するがドンピルは聞く耳を持たない。
ミスンの紹介で借金をし、ミスンのデザインで洋服を生産するドンピルですが、すでに復讐は始まっています・・・恐ろしや~

ボンソンはジョンレとボンヒの話を聞いてしまう。
ボンヒの実父がドンピルであると言うことを。
ボンヒを想うと・・・ボンソンも心が痛みます( ;∀;)

デザインコンテストの合格者発表の日。
最終戦に残った3人はそれぞれ自分のドレスを紹介する。

キム大臣の娘ジンスクは真っ赤なイブニングドレスを。
モランは真っ白のウエディングドレスを。
ボンヒはボンソンを想って作ったピンクのドレス。
動きやすさと美しさを兼ね備えたと言う、パンツスタイルになった一風変わった世界に1着だけのドレスだった。

3位はジンスクのイブニングドレス。
そして優勝者は・・・。

第52話から第54話の感想

エスクに河原で殴られ、既に死んでしまったのかと思っていたら・・・無事助けられ入院していたことには驚きですね!
意識がないため、チャンソクから真実を聞くことが出来ない現在です。
ボンヒの思いが通じてチャンソクも回復し、真犯人が公になればいいですね!
ボンヒはデザインコンテストも最終審査まで残ることが出来ました。
憎っくきモランも残っていますが・・・モランのデザインはどうやらミスンのデザインを盗用したようですが・・・。
いつになっても反省しないモラン。
おまけにエスクもチャンソクを見つけ、この期に及んでまだ首を絞めようとしていました。
ドンピルと言い、エスクと言い、モランと言い・・・悪事ばかりを働く3人にいつしか制裁が下る事でしょう!!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください