星になって輝く-あらすじ-61話-62話-63話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-星になって輝く-あらすじ-61話-62話-63話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ボンヒとソングクは「テヨン紡績を返してもらう」とドンピルを訪ねましたが・・・。
焦るドンピルです、いったいどうなるのでしょうか。

【星になって輝く】ネタバレあり

第61話「最新の時」

第1工場は引き渡してもらうと言うボンヒ。
モランは半狂乱で入って来て、「ボンヒに何もあげてはいけない!」とドンピルに言う。
ドンピルは今まで自分がしてきたことを振り返り、情けなくなる。
しかしまだ終わったわけではないと大臣から融資をしてもらう考えのドンピルだった。

ミン・ソンチャンの運転手が裏帳簿を刑事に提出したとソングクに連絡があった。
チャンソクの再審の日も決まったと言う。

ドンピルは会社の帳簿を持ってキム副大臣の所へ。
しかし大臣もそれどころではなかった。
ミン・ソンチャンが起訴されたとの記事を見て大変なことになったと思っていた矢先、キム議員も連行されるのだった。
そしてドンピルの帳簿も一緒に持って行かれてしまった。

すぐにドンピルの会社にも捜索の手が・・・。
ドンピルも一緒に連行されるのだった。

エスクはドンピルの道連れはごめんだと、金庫から現金と株券を先に拝借していたようだ。

チャンソクの再審の日。
チャンソクの主張が認められ、無罪が確定した。
安心したチャンソクは、そのまま息を引き取った。

エスクはチャンソクを殺害しようとした件で警察署に連行される。
無実を主張するエスク・・・。

ジョンヒョンはボンヒに結婚してほしいとプロポーズする。
ジョンレも結婚を許してくれる。

ボンヒはジョンヒョンの家族の元へとやって来る。
そして自分がドンピルの娘だと言い、そのドンピルがジェギュンの殺害犯かもしれないことを正直に話す。
批判を浴びるかもしれないとジョンヒョンを想っての告白だった。
ユン会長もジョンヒョンの母もボンヒを受け入れてくれようとしていました

ドンピルからテヨンを頼むと言われたボンヒ。
テヨンを守ると約束する。

そしてドンピルはその足でエスクを訪ねる。
モランと一緒に逃げるよう勧めるドンピル。
代わりに自分が罪を被ると言う。
エスクが初めて見せた、切ない涙でした・・・

ボンヒとジョンヒョン一家が顔合わせの食事会。
そこにやって来て、ジョンヒョンにいまだしがみつくモラン。
モランは二人の幸せを絶対に許せないと言う。
「ずっと二人の側から離れない!!」と言って部屋を出て行った。

エスクはモランが大量の薬を飲み倒れているところを発見。
慌てふためくドンピルとエスクだった・・・。

第62話「悔やみきれない罪」

モランは危篤だった。
ドンピルはジョンレに謝罪する。
そしてボンヒを育ててくれたことにも感謝するのだった。

ジェギュンの墓に来たドンピルは、ボンヒを愛してくれたことに感謝する。

警察に全ての罪は自分がしたことだと白状したドンピル。
エスクとモランを守るために。

モランの部屋から出てきた幼き日のボンヒとモランの写真を眺める。
自分のしてきたことの罪深さを今になり思い知るドンピルだった。

ボンヒはエスクに自分の罪を認めるように話に行くが、モランに何かあれば許さないと興奮状態のエスクだった。

モランは呼吸困難に陥る。
病院からボンヒを追い出したエスクだが、これもボンヒのせいだとすぐに追いかける。
そこにドンピルが車でやって来た。
ドンピルの車に乗り込み、ボンヒをはねてやろうと急発進。
それに気づいたドンピルはボンヒをかばってエスクの運転する車に跳ねられる。

自分をかばって怪我をしたドンピルに「父さん」と呼び涙を流すボンヒ。
ドンピルは心を入れ替え、自分の罪を償うとボンヒに約束する。

一方未だ懲りずに逃げ延びようとするエスク。
ドンピルの病室にやって来て、お金はどこだと聞くエスクだった。

ソングク、エスクがチャンソクを殺害しようとしたことを知る証人を見つけ出す。
そして刑事がエスクを逮捕。

ドンピルは危険な状態が続いていた。
ボンヒに最後の言葉を残し息を引き取る。
「傷つけてばかりですまなかった・・・」と言って。

第63話「悲しみの中で」

警察で取り調べを受けるエスクの前にボンヒが現れる。
ドンピルが死んだことを告げ、殺人罪だと言うボンヒ。

エスクはドンピルを愛し、モランとドンピルを命がけで守ろうとして化け物となった。
悲しいかな・・・深すぎる愛情がエスクを豹変させてしまったのかもしれません( ;∀;)

ミスンはドンピルを憎んではいたが、かつては愛した事のある男性。
ボンヒと言う子供も生まれた。
生きている間にもつれた糸は最後までほどくことは出来なかったが、この世を去った今、彼を思うと涙があふれて止まらないミスンだった。

モランの母親は逮捕され父親は母親に殺され、残された物は借金だった。
葬儀の場所まで取り立てに来る。

殺人犯だと言われても、ボンヒの実の父親だったドンピル。
ボンヒも最後はモランと一緒に見送ることにした。

エスクの裁判の日。
エスクは罪を認め謝罪するどころか、罪を償って生きるので善処してほしいと訴える。
無期懲役を言い渡されるエスク。

モランの家からは、借金の肩に全ての物が運び出されてしまう。
残ったのは1台のミシンだけ。

そこにやって来たミスンは、モランを引き取りに来たと言う。
一緒にアメリカで1からやり直そうと言うミスン。
ドンピルは死ぬ前に、モランを頼むとミスンに頼み込んでいたようです

ソングクはドンピルが隠しておいたお金でテヨンの借金を返済してほしいと言う。
そしてユン会長はテヨンとミョンソンの共同経営を提案する。

ボンヒとジョンヒョンは結婚式の日取りが決まる。
ミスンにも招待状を持ってやって来るボンヒ。
「アメリカに発つ前でよかった」とミスン。
ボンヒは、「どうしても行くのか」と聞くが・・・。

サラ・パクとしてやるべきことが残っていると話すミスンに、初めてボンヒは「お母さん」と呼びかける。

モランは刑務所にいるエスクの面会に行く。
刑務所から出ることが出来ないエスクに、「自分がそっちへ行くから待ってて」と言い残し出ていくモラン。

夜、GBブティックへとやって来たモランの手には灯油のタンクが。
洋服に油をまき散らし、ライターで火をつけようとするモラン。

部屋から出て来たボンヒに「一緒に死んで!」と言うモランだが・・・。

第61話から第63話の感想

エスクとドンピルの罪も明らかになりました。
エスクの罪深さは言うまでもありませんが、彼女なりの愛し方だったのでしょうか。
ドンピルを深く深く愛しすぎたため、そして我が子モランへの愛情も深く、エスクは二人を守るために自分が犠牲となったのです。
化け物とかしてしまったのは、二人への愛情の裏返しとも言えるでしょう。
かといって、犯罪に手を染めてもいいとはもちろん言えませんよね。
尋常じゃない愛し方のエスク。
激しい生き方が印象的なエスクでした。
モランはと言うと・・・。
父を亡くし、母は逮捕され、一人ぼっちになってしまいました。
少しは反省したのかと思いきや、全く反省の色が見えません。
「ボンヒが幸せになる事が許せない」と、GBブティックに火をつけようとしています!
ボンヒはやっと幸せが目の前に見え始めたと言うのに・・・。
無事明日を迎えられるでしょうか(≧∇≦)
いよいよクライマックスが・・・結末が気になります!!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。