私に乾杯-ヨジュの酒-あらすじ-最終回(10話)-感想付きをネタバレありで!

韓国ドラマ-私に乾杯-ヨジュの酒-あらすじ-最終回(10話)-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

私に乾杯~ヨジュの酒.jpg
女だって、ひとりで呑みたい!!
日本で累計100万部突破の人気グルメコミック「ワカコ酒」…ドラマ化すればシーズン2に突入!アニメにもなりました。
日本のヒット作は見逃さない韓国ドラマ界が早速リメイク♪
主役は「匂いを見る少女」「相続者たち」などに出演している演技派のユン・ジンソ。私生活でもフェミニストの彼女にぴったりの役柄です。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
テーマである料理とお酒、充分、堪能されましたか?調理するシーンも、楽しく美しく描かれていたと、思うのですが…
いよいよ最終話、ラストを飾るのはどんな料理でしょうか?
そして、もう一つのテーマである人生について、ヨジュはどんな結論を出すのでしょうか?こちらも見逃せません!
では、どうぞ、ごゆっくりお召し上がりください。
【私に乾杯-ヨジュの酒】(ネタバレあり)
第10話(最終話)「最も幸せな今日のために」
今日も深夜まで残業し、帰路につくヨジュ。
電車を待っている時、ふと目に留まった男性がいた。本を読んでいる男性に、昔の自分の姿が重なったヨジュだが、電車の到着と共に、淡い思いは消え去るのだった。
新踏(シンダプ)駅:近くには梅の名所があります。ヨジュは乗り換えるだけみたいですけど(*^_^*)
翌朝、いつものように出社したヨジュ。
セリムがヨジュにはコーヒーを、二日酔いのジヒョクには蜂蜜水を差しだすが、チョ次長に蜂蜜水を奪われてしまい、せっかくのセリムの気配りはジヒョクに伝わらぬまま。
セリムは可愛いなあ!恋してるせいか、おしゃれにも一段と気合が入ってます。報われそうにないけど(^_^;)
突然、部長に退職願いを提出したヨジュ。理由を問いただす部長に、ヨジュはただ、ゆっくり考える時間が欲しくなったと答えるのだった。
びっくりの展開!忙しいけれど、充実しているように見えましたが…
その年で無職に?という部長の説得も届かず、退職することに…
いつもの場所(歩道橋)でジヒョクにも退職することを告げるヨジュ。
計画はあるのか?と聞くジヒョクに、何もないが、この辺で一度立ち止まりたくなったと答えるヨジュだった。
ジヒョクの新しいブームは炭酸水!! ヨジュは頑張りすぎたのかな?
驚いたチョ次長やセリムたちからも質問攻めにあうヨジュだが、笑って受け流す。
会社での10年間が数冊のファイル収まり、引き継がれる。
失敗したこと、初めて出版した本…思い出が走馬灯のように流れていくが、笑顔で去っていくヨジュだった。
猫のジュリーを母に預けて旅立ったヨジュ。どうやら世界各地を巡っているようだ。
羨ましい~韓国では独身の間はお金に余裕があるけど、結婚すると教育費などが高くて苦しい生活になると、以前、韓国のガイドさんに聞きました。
会社をやめて、セリムに勧められて始めたSNSに旅先の画像を投稿するヨジュ。それを楽しみにしている元同僚たち…それぞれが笑顔で、自分の人生を生きている。
チョ次長のお見合い、部長のロト~「当たる」といいですね(*^_^*)
新しい仕事を始め、キリリとしたスーツ姿で、堂々とプレゼンをするヨジュ。
たっぷり充電をし、新しい仕事も順調そうです。さすがヨジュ(*^_^*)
さあ、今夜の、そしてこのドラマの最後の「女ひとり酒」の舞台はステーキ・ゴリラ。
メニューはもちろん、ステーキとレッドワインだ。
旅行から帰っても「私の人生の写真一枚」は見つからなかったヨジュだが、まずは自分にできる幸せな選択を重ね、私らしい今日を生きようと決意する。それはもちろん、常に寄り添ってくれる一杯の酒と共に…
ヨジュが、ふとキッチンをみると、以前、駅で気にかかった男性がシェフとして働いている~かすかに恋の予感が漂う。
恋もしなくてはねっ!!(*^_^*)
「酒は幸せな者にとってのみ甘い」―ジョン・キーツ
ジョン・キーツ:イギリスのロマン主義の詩人
退屈な仕事も人生も、酒があれば生きて行ける~私に乾杯!!そっとつぶやくヨジュ。
―終わりー
※ステーキ・ゴリラ
韓国にもアウトバックやウルフギャングが上陸し、ステーキブーム到来。ゴリラもそのひとつで、ワインやステーキの味はもちろん、リッチな雰囲気が自慢のお店。
※스테이크(ステーキ) 레드와인(レッドワイン)
最終回 感想
このドラマは韓国ドラマの王道の激しい展開はなく、普通のキャリアウーマンのヨジュの日々を、淡々と追っているドラマですが、癒しという点にかけては一級品です。誰にもある疲れた時、このドラマを観て癒されてもらいたい!そう思いました。
めでたくハッピーエンド…というわけでもなく、韓国ドラマお得意のオープンエンドなのですが、自分もなんだか、がんばる力が沸いてきます~ありがとう!ヨジュと仲間たち(*^_^*)
そして、メインの料理とお酒は、期待以上でした。韓国に、こんな良いお店があったことを初めて知り、今後ぜひ訪ねたいと思っています。その時は、もちろん、かっこよくひとり酒といきたいものです。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。