キレイな男-あらすじ-評価レビュー&ネタバレあり!

韓国ドラマ-キレイな男-評価レビュー&感想
kirei.jpg
韓国ドラマ「キレイな男」の評価レビュー&感想です。
ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。
もちろん、レビュー&感想の中にも作品に関するネタバレがありますのでご注意ください♪


キレイな男
評価レビュー★★★★✩
2013年~14年に放送されたテレビドラマ
チャン・グンソク&IU主演の愛と成長のスーパーラブコメディ
制作を手掛けたのは、「宮〜Love in Palace」「花より男子〜Boys Over Flowers」
「イタズラなKiss〜Playfui Kiss」を生み出した制作プロダクション、グループエイト
人気コミックの映像化
美しいだけじゃない男の人間としての成長物語
————————————————
感想
日本で韓流ブームの火付け役ともなったチャン・グンソク、
グンちゃんの主演ドラマということで結構楽しみにしていました♪
グンちゃん現在は日本での活動はあまりみられないですが、
イケメンですねのインパクトは絶大でしたし、
結構どんな役でもできちゃうイメージでしたし。
一つ心配だったのは、漫画が原作のなおかつラブコメであること!!
日本でもそうですが、そういったものの映像化やドラマ化って、
当たり外れがすごいんですよね…
グンちゃんは君はペットという日本の漫画を映画化したものにも出演していますが、
わたし的にはあんまりだったので、ハラハラしてました(笑)
しかしこれも、製作側が「宮」や「花より男子」を制作していたということで、
うまく作ってくれることを期待していました!
全体的な感想としては、思ったよりよかった!という
感じでしょうか?
どうしても、詰め込んだ感があったり、早足感があったりした部分も
ありますが、まあそれは時間的なところでしょうがないでしょう。
女性をターゲットとしたミッションをクリアしていき、
マテは成長を遂げていくというストーリーも、最後の方はちょっと
軽い仕上がりになってしまってきたものの、
最初の方はうまく描写されていました。
日本みたいに、1話完結でミッションを遂げていくというスタイルでも
悪くなかったんじゃないかな~と思ったりしましたが(笑)
でも出演者それぞれがいい味を出していて、
韓国特有の誰が誰だっけ現象はほかの作品に比べてもかなり
少なく整理して見れたのではないでしょうか?
関係はちょっと混乱することも多かったですけどね(笑)
特にダビデのキャラはとってもドラマにとっていい味を出していたと思います!
あはははは!!という独特の笑い方も聞いててクセになりし、
ダビデの人間性を表しているようでした。
ボトンを一途に好きになり、でもマテへの気持ちを邪魔するわけでなく、
辛い時にそっと手を差し伸べてくれるダビデさん…
ドラマではどうしてもそういう人ほどうまくいかなかったりするんですよね~
現実だったら速攻でダビデに行きますけどね(笑)
さてこれは漫画が原作ということで、
やはり漫画とは相違点がたくさんあります。
あらすじの中でもたまに書いたりしてましたが。
懐中時計もそのひとつで、ドラマの中では重要ポイントでしたが、
原作では出てきません。
また、最終回で、マテがひょっこり姿を消すところがありますが、
原作では、ミッションで関わった女性一人一人に手紙を書いています。
あと、最後本当にボトンが指輪を飲んでしまいます(笑)
絵が結構癖があって独特ですが、よかったら読んでみてください♪
もう少し放送回数が多かったらもっとおもしろい部分もたくさんあったはず!
という気がしますが、
個人的には満足しました♪
もう一度見てみたらなにか新たな発見もありそうですね♪
————————————————