ママ-最後の贈り物-評価レビュー&ネタバレあり!

韓国ドラマ-ママ-最後の贈り物-評価レビュー&感想
ママ.jpg>
韓国ドラマ「ママ~最後の贈り物~」の評価レビュー&感想です。
ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。
もちろん、レビュー&感想の中にも作品に関するネタバレがありますのでご注意ください♪


ママ~最後の贈り物~
評価レビュー★★★☆☆
2014年に韓国で放送されたテレビドラマ
余命半年を宣告されたシングルマザーを演じるのは、
ソン・ユナ。2014年演技大賞、最優秀演技賞を受賞!
作家賞と子役賞も獲得した超話題作!
母と個の絆を描いた作品に、涙が止まらない視聴者が続出!
—————————————————
感想
全体の感想としては結果、よかった!という感じでしょうか。
母親であればきっとスンヒの気持ちは痛いほどわかるし、
そうでなくても、感動の涙が出ること間違いなしの
作品だったと思います。
この作品は、上にも書きましたが、
2014年の演技大賞の最優秀主演賞を獲得した話題作です。
スンヒの演技が世間の涙を誘い、
堂々の受賞でした。
これは、納得いくものですよね。
途中、何度も涙を流すスンヒに、私自身も
心苦しくなったことが何度もありました。
でも、実は、私この作品、最初のうちはあまりハマっていませんでした。
なんというか・・・引き込まれるものが少なくて。
韓国ドラマはスピードが遅いのが特徴ですが、
こういったホームドラマは特にゆっくりとしたペースで、
必要か必要じゃないか不明な要素をたくさん含みながら
最後へと進んでいくのです。
このドラマも最初そんなような感じがしたからです。
でも、それが変わったのが、何を隠そう、グルの急成長からです。
最初はスンヒに対してとても生意気で、
お世辞にも素直と言えない男の子でしたが、
話が進むにつれてどんどん精神的に成長し、
スンヒを支えようと頑張るのです。
その姿にまずほろり。
そしてそれによってスンヒの心が解かされ、
分かり合う二人に、またほろり。
そんな感じで最後まで見ることができました。
もちろん、わたし的には必要のない要素がかなり多かった(笑)ですが、
最後の終わり方としてはまずまずといったところだと思います。
スンヒは結局、病気には勝てずに亡くなってしまいます。
でも、中学生になったグルを見届けることが出来るなんて、
とっても長く生きていましたよね。
最初は半年と言われていたはずだったのに。
あえてなのか、ここでスンヒが新薬とかで助からなかったからこそ、
この演出やこれまでのスンヒの涙が光ったのだと思います。
ここで結局助かりました、ちゃんちゃんじゃ、
ちょっとドラマとしては面白くないですもんね。
タイトル通り、スンヒはグルに最後の贈り物として
新しい家族をプレゼントしました。
それも父親は本当の父親、母親も本当の息子のように
思ってくれている最高の家族です。
これを最後の贈り物と捉えるのもよし、
最後にグルが乗って走り去っていくバイクをもうひとつの
贈り物と考えてもよしという感じでしょうかね。
母親なら誰でも分かる、苦悩や葛藤をうまく演じたスンヒに、
私の涙腺は崩壊しました。
皆さんはどんな感想でしたか?
ぜひ他のドラマもチェックしてみてくださいね♪
—————————————————

好きな歴史物のドラマのアンケートをしています!良かったら協力お願いします!!
アンケートはこちらから


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください