伝説の魔女-評価レビュー&ネタバレあり!

韓国ドラマ-伝説の魔女-感想
伝説の魔女.jpg
韓国ドラマ「伝説の魔女」の評価レビュー&感想です。
ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。
もちろん、レビュー&感想の中にも作品に関するネタバレがありますのでご注意ください♪





伝説の魔女
評価レビュー★★★★★
2015年MBC演技大賞でジョン・イナさんキムスミさんオヒョンギョンさんが賞を頂いた作品です。
夫を不慮の事故で亡くしたムン・スインが義理の父(マ・テサン)の勧めで社長に就任したものの
義理の父に嵌められ横領の罪で刑務所へ…そこで製パン技術を習い資格を取り、刑務所の仲間と共に世間の偏見にも負けずに、逞しく生きていく女性達の涙と愛と友情と復讐をコミカルに描いた作品です。2015年MBC演技大賞でジョン・イナ(チャ・エンラン役)さんキムスミ(キム・ヨンオク役)さんオヒョンギョン(ソン・プングン役)さんが賞を頂いた作品です。
—————————————————
感想
★5つです。イヤー楽しませていただきました。
1時間があっという間に経ってしまうそんなコミカルなドラマでした。
先ず、シン・ボクニョ(コ・ドゥシム)とナム・ウソク(ハ・ソクジン)の親子の
マ・テサン(パク・グンヒョン)への復讐がメインの物語なのに
サブであるムン・スイン(ハン・ジエ)をメインに持ってくることにより
復讐の暗さや重さをあまり感じさせない
爽やかなドラマになった感じがします。
そこに4人の魔女(ヨンオクさんを入れて5人)の魔女を入れて更に賑やかに
また、四人の魔女の存在もそうですが
このドラマ、悪役キャラを丁寧に描いていていて(特にマジュランさん)
滅茶苦茶憎い、でも憎めないそんなキャラに仕上がっているように思いました。
スインの夫が生きていてウソクとスインの三角関係になってしまった所は、何かありがちな三流ドラマのような感じで残念でしたが、最後にマ・テサンの尻拭いをするのを見ると設定上仕方が無かったのかなと思えました。
ただ、最初の部分はスインが余りにも可哀想で見るのを止めようかなと思ったくらいです。でも、回を重ねる毎に段々面白くなり、そして役者さん達の息がピッタリしてるからか最後まで楽しめました。
何か終ってしまったのが残念な位です。
またウソク役のハ・ソクジンさんは役作りにかなり投入するタイプの人で
役を壊さないように、私生活でも役になりきって生活をしているそうです。
それもあってかハ・ソクジンさんのウソクは本当に違和感を感じなく
本当に居る人みたいでした。演技臭さを感じさせない所が凄いですね。
このハ・ソクジンさんは韓国の工大の出身でかなり成績優秀だったみたいですよ~
でも学問とやりたい事は違ったのかな~そのまま普通の会社に就職していたら
私達は一生お目に掛かれなかった人かも知れませんね~
俳優になってファンの私達にとっては嬉しい限りです~
マ・テサンは人を踏み台にし、私利私欲で手段を選ばず多くの物を手に入れ
築き上げていきますが、結局何もかも自分の大切な息子まで失ってやっと初めて大切な物に気付く…
そんな悪役なのに、家では娘思いの良いパパだったりしますね。
何か日本の悪役とはちょっと違う感じがしました。
後、マ・ジュランの役割をしていたビョン・チョンスさんですが
本当に演技が上手くてこの人も憎めない人ですよね~
そして毎回何を仕出かすか分からない面白さがありました~
ドラマが終って早速、保険会社のコマーシャルに出てます。
この人の悪役の演技を見たさに、ドラマ見てた人も多かったんじゃないでしょうか?
後、子役のビョルちゃん、イ・ハンソちゃんあんなに可愛くて口達者な子は始めて見ました。
よく台詞覚えられますね~
役をされている皆さんが無理なくそれぞれの役を違和感無くこなせているのも
このドラマの魅力なのかも知れません。
どんなにいいドラマでも役を演じる人が冷めてたら
見てるこっちも冷めちゃいますもんね~
ドジンの母親チャエンランの役割をしていたジョン・イナさんも魅力が引き立っていました~
もう、早速他のドラマにも出演されてます~本当にに凛とした美しさがありますね~
このドラマ韓国では30%を越えると言うかなりの高視聴率でした~
ぜひ見てみて下さいね~^^
—————————————————








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。