トロットの恋人-評価レビュー&ネタバレあり!

韓国ドラマ-トロットの恋人-感想
トロットの恋人.jpg
韓国ドラマ「トロットの恋人」の評価レビュー&感想です。
ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。
もちろん、レビュー&感想の中にも作品に関するネタバレがありますのでご注意ください♪





トロットの恋人
評価レビュー★★★★☆
除隊後約2年ぶりのドラマ復帰作チ・ヒョヌ主演「トロットの恋人」がKBS World初登場♪
さらにヒロインApinkチョン・ウンジが歌うトロット(演歌)もドラマに花を添えます!
新人演歌歌手チュニ×自分勝手なトップミュージシャンのジニョンが繰り広げる笑って泣けるラブコメディ!
2人の恋の展開はどうなるのか…。
—————————————————
感想
こちらの作品を見終えて、ラブコメディという事でしたが、ヒューマンドラマの要素もあり、とても見応えのある作品でしたね!
気になるドラマの序盤は、ラブコメディ要素たっぷりでしたね。
ヒロインチュニを演じる、Apinkのウンジとその相手役ジニョンを演じるヒョヌの、
最悪な出会いからドラマは始まります。
マラソン選手を夢見ていたチュニは、夢なかばコーチからマラソン部を退部するように言われた時は、本当に可哀想でしたよね?
ただそれがなければ、トロット歌手として表舞台で活躍することはありませんでしたもんね。
そしてひょんな事から、‘音楽の神’として脚光を浴びているジニョンが、チャリティーマラソンでチュニと衝撃的な出会いをします。
ただこの出会いは、お互いに取って印象が悪い出会いとなりましたよね?
私もチュニの立場でしたら、例え有名なアーティストだとしても、自分のイメージの為にズルをしてまでもゴールするなんて許せませんよね!
この時からチュニは正義感が強く、一度決めたらやり切るそんな姿が、周囲の人たちを巻き込み、どんな困難でも乗り越えていけたのでしょうね〜
ただドラマの序盤は、チュニにとっては最悪な事しか起きなく、反面ジニョンにとっては、良い事しか起きなかったので、この2人はどうやって恋愛に発展していくのかな?とも思いました。
なんせ、ジニョンは初恋相手のスインの為にお世話になっていたウガプ社長のもとを離れ、シャインスターに電撃移籍したんですもんね!
当時のジニョンはスインに惚れ込んでいた為、スインの為に作曲したりしていたのもあり、このままジニョンとスインが一緒になるのかな?なんて思いました。
ですがまさかのドラマの中盤頃になりますと、ジニョンが信頼していた人たちから次々と裏切られ、まさかの一文無しになってしまうのです。そこで現れた救世主が、このドラマの陰のキーマンとなるシャインスター社長のグヌの父にあたる、ヒムンなのです!
もともとヒムンがシャインスターの社長をしていたのですが、息子であるグヌに仕事を譲りヒムン自身は、休暇に入るのです。今思えばこの休暇をきっかけに、ヒムン自身はチュニ達を探し出し、恩を返そうとしていたのですね。
ヒムンは以前、亡くなったチュニの母親であるソンジュに対し、借りがあったみたいなのです。その事もあり、わざわざ休暇をとり、ジニョンにチュニを探し出し、歌手としてプロデュースさせたのでしょうね。
ドラマの中では、ジニョンは‘音楽の神’と言われながらも、あまり歌っている姿がありませんでしたもんね。そこに関しては、少しばかり残念でしたね〜
そしてチュニはなんだかんだ信用しきれないまま、ジニョンと手を組むことになりました。ここでようやくお互いの勘違いなどがあり解消されましたよね!
ジニョンはチュニをプロデュースすると決意した途端、ナイトクラブで働かされていたチュニを助ける為、自分のプライドを捨て、客の前で弾き語りもしましたよね?
そんな男気がある一面を見ることが出来、ようやくジニョンは良い人なんだなと感じることが出来ました!それまでのジニョンは、チュニの契約金を盗んだりと、人として自分の欲のために生きていましたからね。
きっとジニョン自身、何事にも真っ直ぐなチュニと関わることで、自分勝手な性格が変わっていきましたよね?
そんな中チュニは歌手として活躍し始めるのですが、やはり演じるのがウンジという事もあり、歌唱シーンがとても見応えのあるものになりましたよね?
本当に韓国のアーティストさんは歌が上手い人が多いと評判ですが、ウンジも歌が上手いので、見いってしまいました!
次第にドラマは、ジニョンとチュニの恋愛模様だけではなく、チュニの亡き母であるソンジュについて多くある謎が解明されていきます。
そこでようやく何故ヒムンが、チュニやビョルを気にかけるかといった、謎が紐解いていき、ドラマがより一層面白くなっていきます。
どんどん回を増すごとに、内容に引き込まれていき、あっという間に最終回を迎えてしまいました。
ドラマのストーリーも笑いあり、涙ありで良かったですよね!
冒頭でもお伝えしましたが、ドラマの序盤はコメディ要素満載なのですが、次第にヒューマンドラマのようなほっこりとしたドラマになっております。
自分の母の死の真相を知ってしまったチュニは、悩みに悩んでおりましたよね?
既にチュニはジニョンと結婚することを決意してたのもあり、そんな時にまさかのジニョンの母であるファスンがソンジュの死に関わっていたなんて、驚きを隠せませんでした。
ですがそんな中チュニと敵対視していた、スインと母ヤン理事が色々と悪事を働き、と同時にソンジュの本当の死の真相を知っているヤン理事が、自分の権力の為に、娘スインがどんどん悪事にはまっていくのです。
その強い権力に立ち向かうチュニやジニョン達一行は、妨害されながらも、互いを信じ抜き続けた結果、最後には最高の幸せを手にすることが出来たのです。
このドラマを通し、チュニの正義を貫く姿勢、ジニョンの自らのプライドを捨て、愛する人を守り抜く姿は、とても感慨深いものですよね。
全てを失っても、信じれる人がいるかいないかでこんなにも立場ガラリと変わるなんて、驚くと同時に、最後は努力している人は報われるんだなと感じるドラマでした!
最後はスインも自らの罪を償う為自首し、母ヤン理事も逮捕されましたよね。
そのような姿を通しとても心温まりかつ、スッキリするドラマでしたよね!
このドラマのタイトル通り、演歌歌謡がドラマの中でもちょくちょく出てくるのですが、大事な場面でチュニが歌を披露している姿もとても、良かったですよね!
特に私的には、楽譜が読めないチュニに対しジニョンが口伝えで曲を教えるシーンが、とてもジーンときました。出来ればもう少し、ジニョンの歌唱シーンも欲しかったですね〜
歌唱シーン映像は特に綺麗な映像で、生のライブを観ているかのような臨場感を感じることが出来、最高でした!
—————————————————








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。