W-君と僕の世界-評価 レビュー&感想ネタバレあり!評判は!?

韓国ドラマ-W-君と僕の世界-感想

韓国ドラマ「W-君と僕の世界」の評価レビュー&感想です。
ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。
もちろん、レビュー&感想の中にも作品に関するネタバレがありますのでご注意ください♪

スポンサードリンク

W-君と僕の世界

評価レビュー★★★★☆
初めはオ・ヨンジュとカン・チョルのラブストーリーが中心ですが、作家にとってはカン・チョルは自分の言う事を聞かず、勝手に動き回ってストーリーを変えて行く、傍迷惑なキャラで恐怖の対象だったと言う所がアイロニーで面白いですね。だんだん均衡が崩れる事によって起こる副作用により、真犯人の登場など、ホラーに変わる所なんかは女性でも男性でも関係なく楽しめる内容になってますね。オ・ヨンジュが眠っている隙にカンチョルに現れたり、特に真犯人が飛行機まで追いかけてきてトイレ中で揉み合いになる場面は手に汗を握りましたね。
中盤で崩れた「W」の均衡を保つ為に、カンチョル自ら屋上の上から飛び降りて、絵を描き全てをリセットするやり方なんかはとてもビックリしました。
失恋したオ・ヨンジュが、カン・チョルと出会いを、漫画を切り取り窓に貼り付け、思い出に浸る所なんかは涙が出そうでしたね。
オ・ヨンジュが「W」の本を置き忘れて、その本を切っ掛けにカン・チョルの記憶が戻って本当に良かったです。
只の漫画の世界とは言ってもきちんと法則があり、初めは法則振り回される二人でしたが、主人公が法則を利用し、一矢報いる所も面白いですね。
只、最後のところで普通のドラマでは苦難の末には必ずパッピーエンドになるのですが、そうはならない所にこの作品の苦味を感じます。作品自体は凄く良く出来ているのですが、ハッピーエンドがオ・ヨンジュとカン・チョルの二人だけなのが悲しいですね。
なので、個人的な意見で言わせて貰うと、もう少し良い終わり方は出来なかったのかなと思います。
やっぱり連続物はそれぞれのキャラに思い入れが出来ますから・・・

カン・チョル役のイ・ジョンソクさんやオヨンジュ役のハン・ヒョジュさんも輝いていましたが、なんと言っても真犯人のハン・サンホンと、オ・ヨンジュの父のオ・ソンムの一人二役をこなした、キム・ウィソンさんの演技は凄かったですね。役者さんって役割によって、本当に180度変わるんですね。

あとこのドラマで見逃せないのが「W」の漫画の絵です。本当に上手く描けてますよね~特に銃とか医療品とか人物がとか、やっぱり写真を基にして描かれているんでしょうか。
絵で表したり実写で表したりとてもキメ細かく表現されたドラマだと思いました。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。