鬼-トッケビ-あらすじ-全話一覧-最終回までネタバレありで!

韓国ドラマ-鬼-トッケビ-あらすじ-全話一覧

鬼<トッケビ>役に4年ぶりのドラマ復帰となるコン・ユ。
死神役に日本でも人気俳優のイ・ドンウク。
そして財閥役にBTOBのユク・ソクジェ。
鬼<トッケビ>が助けた事によって鬼の花嫁になる役に「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」で人気女優のキム・ゴウン。

鬼-トッケビ-各話あらすじ」はこちらから

鬼-トッケビ-1話-2話

鬼-トッケビ-3話-4話

鬼-トッケビ-5話-6話

鬼-トッケビ-7話-8話

鬼-トッケビ-9話-10話

鬼-トッケビ-11話-12話

鬼-トッケビ-13話-14話

鬼-トッケビ-15話

鬼-トッケビ-最終回(16話)

感想レビュー評価

鬼<トッケビ>は本当にすばらしい感動するドラマでした。
まず、トッケビは花嫁を自ら選んだんだなっと思いました。本当は人間の事に干渉してはいけないのに
その日は心が弱かったから、ウンタク母娘を助けてしまった。その事で、ウンタクの首には痣が出来、
本来、見えなくて当然である幽霊を小さいころから見ていた。
その事で、高校生活も友達がいないまま3年間を過ごす。

でも、本当は生まれる前に死んでいるはずのウンタクが生きていれば、必ず死神が来て連れて行こうとしますよね。
連れて行こうとしても、神や鬼に邪魔をされてしまっては死神は仕事が増えて仕方ないですね。
ウンタクは名簿もきていないのに死ぬ場所へ引き込まれてしまう、それを鬼が助け、
大勢が死ぬところが変わってしまう。これを奇跡と言うけども、死神からしたら
徹夜作業が増えただけ。

その死神もワン・ヨ本人だった。これにはびっくりしました。
そして、ワン・ヨ自身の死に方にも・・・
王妃も生まれ変わっていた。どうやって記憶を取り戻すのだと思っていたらあの方法だった。

鬼に仕える4代目。トクファの役回りもすごくよかったですね。
時には神様が来てしまうトクファは純真な心を持っているのだなと思います。
そして、あの何が起きても動じないトクファ。本当なら暴れても仕方がないような鬼たちの横暴についていくトクファ君は偉いです。

最後は、ウンタクが死んで鬼の落ち込みは半端ないですね。
でも、ウンタクは約束を守りました。
それも、女子高生として鬼の前に現れて花嫁となった。

感動と悲劇と笑いもたくさん味わえる良いドラマでした。

登場人物キャスト

キム・シン役(コン・ユ)
高麗時代の将軍・武臣。
呪いによって永遠に生きる鬼となった。その呪いを解くために
鬼の花嫁を900年探し続けている

チ・ウンタク役(キム・ゴウン)
生まれる前に鬼によって助けられた女子高校生。
助けられたことで鬼の花嫁となる。
幼いころから人には見えないものが見えた。

死神キム・チャサ/ワン・ヨ役(イ・ドンウク)
生の最後に迎えに来る死神。そして、仕事場に連れて行き
忘却の茶を飲ませ見送る。
鬼と一緒に暮らし始め、ウンタクとも一緒に暮らす。
そして、橋で出会うサニーと何か関係がある。

サニー/キム・ソン役(ユ・インナ)
チキン店の店主。
鬼と死神の両方と縁がある。

ユ・トクファ役(ユク・ソクジェ)
財閥三世。鬼に仕える4代目。
そして、途中で神にもなる。

キム・ドヨン秘書役(チョ・ウジン)
ユ会長、トクファの秘書。
少年時代に鬼から援助を受け高校認定、大学と行かせてもらう。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.