黄金色の私の人生-あらすじ-4話-5話-6話-感想付きで詳しく紹介!

韓国ドラマ-黄金色の私の人生-あらすじ-4話-5話-6話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

黄金色の私の人生




ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
話の冒頭から怒涛の展開を迎えた黄金色の私の人生。
正社員を夢見ていたジアンは、友人だと信じて疑わなかった者からの裏切りで正社員の座ばかりか会社に籍を置くことすらもできなくなり首になってしまったジアン。
おまけに母親だと思っていたミジョンに、自分はジアンの母親ではないと聞かされてしまい動揺を隠せないジアン。波乱万丈人生のスタートです。

【黄金色の私の人生】ネタバレあり

4話

ジアンは、母親に自分が実の母親ではないことを聞かされます。
ショックが隠せないジアン。
そりゃ驚きますわ

そればかりか、実の両親がジアンが先日まで契約社員として勤務していたへソングループにかかわりのある人物だったと知ります。
ショックで茫然としているジアン。
そんなジアンを心配した父親であるジェソンは妻のミョンヒを非難します。
ジアンが、ゆっくり現実を受け止める時間を与えずに動揺させてしまったと。

ジアンは、自分を育ててくれたミジョンらとの生活を望みます。
ですが母親であったミジョンは、ジアンにへソン家に行かせると誓っていました。

茫然としたまま家に帰ったジアン。
ドギュンからの着信がありますが出る気にもなれずに無視します。

夜中になってようやく帰宅したミジョン。
ジアンは、寝ずにミジョンを待っていました。
「25年生きてきたこの家が私の家だし、家族はここにいる皆が私の家族だから、あの家に行くつもりはないの」
「向こうのお宅に行ったら、願っていた留学にも行けて仕事の心配もしなくていいの」
「お母さんは、どうしてそんなにあっさりと向こうのお宅に行けと言えるの?」
「私たち夫婦は、あんたを警察にも連れて行かず人様の子を奪ってしまった。それも経ソンの娘を。」

ジアンの正社員の座をコネで就職して奪ったハジョン。
メンバーの前で、ジアンが作成していたExcelファイルにケチをつけます。
しかし、それはハジョンが理解できずにいるだけでジアンはきちんと作っていました。
そのことで、能力不足をメンバーに知られてしまうハジョン。
自分がしたことは自分に返ってくる。まさしく因果応報です

ジアンは、やっと見つけたデパートのアルバイトもある誤解からすぐに首になってしまします。
落ち込んで帰ると自宅の近所でドギュンに会います。
イベントの日の件を謝りたかったドギュンは電話に出ないジアンに直接会いにきたのです。
ドギュンの話も聞こうとせずにジアンは一方的に腹を立てます。

ジアンに怒鳴られたドギュン。
プライドが高いなら修理費にかかった2070万ウォンを払えとドギョンは言います。
そんなドギュンにジアンは更に腹を立てます。
ジアンの言葉にドギュンも腹を立て
「お金を持っている人らをバカにしているのか?不快だ。二度と会いたくない!」と。

号泣するジアン。

ミョンヒに電話をします。
お金を貸してほしいと頼むジアン。

そしてジアンは、へソン家に行くことを決めました。

5話

ジアンの言葉に驚く兄弟。
ジアンが、実の娘ではないことにも驚きましたがそれがへソングループの娘と知りさらに驚愕する兄弟たち。
ジスは、ジアンが双子の片割れでないことが信じられずにいます。

一方のミョンヒは、娘のために部屋を改装しています。
そこへミジョンから電話があります。
娘が家に戻ってくると知ってジェソンも涙します。

ジアンは、ドギュンに電話します。
話すことなどないとジアンを、突っぱねるドギュンですがジアンの方は用事が残っていると。

ドギュンは、ジアンに会うことにします。
待ち合わせ場所に大金をもって現れたジアンにドギュンは、サラ金から借りてきたのか?と心配するドギュン。
受け取れないと話すドギュンにジアンは、大金を押し付けると去っていきました。
お金持ちの考えることはサラ金のみ??

ミジョンは、悩んでいました。
ミョンヒにウソをついてしまったのです。
それは、ミョンヒの娘のウンソンはジアンだと言ってしまったことでした。
ミョンヒの本当の娘は、ジアンではなくジスのほうだったのです。

テスは、今からでも訂正しようとミジョンを諭しますがミジョンは首を縦にふりません。
ジアンは、向こうの家に行くと言っているしジスが本当の娘だと話せば二人の娘を失うことになる。だから黙っていようと言うミジョンにテスは納得が出来ません。

「ジスに申し訳ないと言う気持ちはないのか?」と尋ねるテスにミジョンは
「ジスは、家にいても幸せな子だから。でもジアンは家にいても不幸せにしかなれない子だから」と話すミジョン。

ジアンから大金を渡されたドギュン。
ジアンがこの大金をどこから捻出してきたのか心配しています。

臓器を売る臓器売買。風俗で働いた??
様々な考えがめぐるドギュン。
臓器売買って・・・・。

ミジョンは、ミョンヒにジアンが以前から留学したいと願っていたシカゴにある美術大学へといかせてくれないか?とお願いしますが断られてしまいます。

ドギュンは、友人にお金を持っていないはずの女性が車の修理代2070万ウォンを現金で返しに来たとの話をします。
ドギュンに相談された友人は、
「これは、復習にちがいない!お前はお金を渡された現場を写真に撮られているはずだ。それをネタに脅してくるか記者に渡すか・・・・・も・・」と。

ジアンの元へドギュンからの着信がありますが無視するジアン。

家具屋の前でジアンを見送るヒョク。
ヒョクはジアンを見送りながら、10年ぶりに再会してもジアンがやはり好きだと考えていました。

ジアンの所へテスがやってきます。
「あの家にいくな」

テスは、ジアンを引き留めました。

6話

へソン家に入ると話すジアンを引き留めるテス。
「財閥になりたくてあの家に行くんじゃないだろ?俺たちを心配してあの家に行くのか?
それとも留学ができるなら行かない?」
テスは、この家が自分の家だと言ってくれるとジアンに期待をしていましたがジアンの口から出た言葉はテスの期待とは違う答えでした。

「私・・。あの家に行きたい。今まで一緒に暮らしてきた家族の皆には悪いと思うけど。
ずっと‥辛かった。毎日死にたいとも思った。努力してもどうにかなるわけではないこのご時世・・。馬鹿にされてみじめで・・友人だと思っていた人が父親のコネを使って入社してきて・・お金をもらいながら語学留学するような子たちにどうやったら勝てると?」

「親が財閥でお金を持っているのにどうして行ってはいけないの?」と泣きじゃくるジアン。
気が強い割には・・

ジアンが自ら財閥の家に行くのだと聞いたテス。
ショックでその場に立ちすくんでいます。

ジアンは、大学時代の友人のユニの結婚式に呼ばれて行きます。
ハジョンは、ジアンが来たことを知りとても気まずくなってしまいました。
友人には、へソンに就職できることを当日知ったと話していたハギョン。

ジアンがやってきたことで気まずさを隠せませんでしたがジアンが友人たちの前で突然、ハジョンに対し示談金を渡します。

そのことで友人たちは、ハギョンがジアンから仕事する場所を奪っただけではなく、お金までせびりハギョンをせめる友人たち。
(*’’ω’’*)

ドギュンは、ジアンの事を考え心配しています。
ニュースを見ているとサラ金でお金を借りた女性が苦しみ自殺してしまったのを見てジアンの事を思い出したのでした。

ミョンヒから渡された契約書にサインをするミジョン。
ジアンは、いよいよミョンヒの家に明日行くことになります。

ミジョンは、ジアンに精一杯の言葉を送ります。
「へソン家に行ったら、すぐに行きたがっていた留学にいかせてもらいなさい。
ずっとあなたは、苦労してきたのだからへソン家では呼吸をして暮らすの」

ドギュンは、明日戻ってくるウンソクの為に内緒でプレゼントを準備します。
自宅に戻ったドギュン。
ミョンヒに連れられてこれから暮らす家にやってきたジアンは今まで自分が暮らしていた住まいとは異なる豪邸に圧倒されています。

そこにドギュンが。
庭を眺めるジアンに気づいたドギュンはジアンに対し怒鳴りつけます。
ドギュンも気が強いし気が短いわね

「君がどうしてウチの家にいる!」

「ウチの家って・・・??」

4話-5話-6話感想

へソン家に行くことを決めたジアン。
今まで暮らしてきた家が、ジアンにとって大事なうちであっても大変な苦労をして生活をしてきたのだなとドラマからよく伝わってきます。
テスやジスは、ジアンがへソングループの家に行ってしまうのが嫌なようですがジアンを引き留めることはできませんでしたね。
ついに、へソン家に行ってしまいました。そこでなぜかドギュンと再会したジアン。
一方のドギュンも驚いていたのがよくわかりました。
今後、ここからどのように展開していくのか次回を待ちましょう♪








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。