お父さんが変-あらすじ-10話-11話-12話-感想付きでネタバレありで!

韓国ドラマ-お父さんが変-あらすじ-10話-11話-12話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ジュンヒはハンスの息子ではなくハンスの親友の子供のようです。しかし、ハンスはそのことを言わずジュンヒを自分の息子にするつもりです。亡くなった親友との間にいったいどんな過去があったのでしょう。
ヘヨンは家を出てジョンファンと暮らすことになりました。
長男ジュニョンはユジュに嘘がばれて叩かれ、ゴミまで投げつけられてしまいました。お腹の子供はどうするのでしょう。

【お父さんが変】ネタバレあり

【10話】

ハンスを家の中に入れるジュンヒ。
ハンスは忘れ物を持ってきたと言い、ジュンヒが持ってきたウイスキーを置く。
今からでも父親の役割を果たしたいと言うハンス。
自分の人生に介入してほしくない、あの日店に行ったのは酔っ払っていたからで、今まで自分の名前も知らなかったのだろうと言うジュンヒ。
ジュンヒは二度と会いたくないと言いハンスに帰れと言う。

ハンスはジュンヒの部屋の前にお弁当の配達が届くのを見ていた。

ヘヨンはジョンファンに両親が家を出ることを許してくれたと電話をする。
その時、ジョンファンがヨンジと一緒にお酒を飲んでいることを知ったヘヨン。

ヘヨンが家を出るのを寂しく思っているハンスとヨンシル。

ハンスは甥にジュンヒの事を知るにはどうすればいいのかと聞く。
甥がインターネットでジュンヒのことを調べてあげる。
ジュンヒの好物は海老フライ、イイダコ炒め、おこげスープなどだと聞いたハンス。

ユジュはつわりが始まった。
ジュニョンから電話がかかってこないのでイライラするユジュ。
二度と会わないのではなかったのですか?

ヘヨンはジョンファンのためにお弁当を買ってきた。
ヨンジに会い、ジョンファンの番組が廃止になったことを聞いたヘヨン。
ヨンジは、家にいる妻は何も理解できないけれど、一緒に働くオフィスワイフは仕事のことは全て理解してあげられると言う。
ヘヨンはそんな協力者がいるなら安心だと言い、ヨンジにお弁当を渡す。

ジョンファンをカフェに呼び出したヘヨン。
ジョンファンにヨンジの気持ちを知っているなら仕事のとき以外は公私をわきませろと怒るヘヨン。
ヨンジから番組改編の話を聞いたが、今度いいことも悪いことも私に先に言ってくれと言うヘヨン。
ジョンファンはヘヨンに謝る。

ヘヨンを失望させたくなくて番組のことは話せなかったと言うジョンファン。
自分はジョンファンの才能に惚れたわけでないと言うヘヨン。
どこに惚れたのかと聞くジョンファンに顔と答えるヘヨン。
面食いではないのですね?

ヘヨンの引っ越しの日。
ヨンシルとハンスはヘヨンと一緒にジュニョンの家に向かう。
おかずをたくさん持たせたヨンシル。
荷物を部屋まで運ぶと言うハンスに友達が気を使うからと断るヘヨン。
ヘヨンが見えなくなるまで見送るハンスとヨンシル。

家の中に入ると、風船の飾り付けがしてあった。
ジュニョンは急な出張で明後日帰ると言う。

ジュンヒはミヨンに今からジムに行くと連絡する。
ジムのマシーンをきれいに掃除するミヨン。
ジュンヒが運動するのを指導するミヨン。
帰りの運転はミヨンに任せるジュンヒ。

ジュンヒに整形していないのにイケメンだと言うミヨン。
気分を良くしていたジュンヒだが、家族のことを聞かれて、ミヨンを車から降ろしてしまった。

ハンスはジュンヒのためにお弁当を作る。
ジュンヒの家の玄関の前に置いておく。

ジュンヒは帰ってきたが、その弁当を見てもそのままにしておく。

ラヨンはチョルスにアプローチするが、結婚式が終わってから冷たいチョルス。

ラヨンはチョルスに話をしようと言う。
チョルスは自分に告白するつもりなら止めた方がいいと言う。
自分には愛している人がいると言うチョルス。
本当ですか?

ジュニョンはユジュに会いにきた。
お腹が痛くて苦しがっているユジュ。
ユジュを背負って病院に運ぶジュニョン。

病院で苦しがっているユジュ。
医師が来るまで待ってくれと言う看護師に早く医師を呼んでくれと泣いて頼むジュニョン。
ユジュは胃けいれんだった。
傷みが治まり家に送っていくジュニョン。

ジュニョンはユジュに謝る。
ユジュは今日も来なかったら殺すつもりだったと言う。
ユジュのしたいようにすると言うジュニョン。
ユジュは公務員試験が終わったら両親に話して、お腹が目立つ前に結婚式を挙げたいと言う。
ジュニョンはそうすると答える。
そう上手くいきますかね。両親よりも3姉妹が怖いです

ジュニョンは必死に勉強する。

ハンスはジュンヒにお弁当を届けるが、前日の弁当がそのまま置きっぱなしになっていた。

3姉妹は明日試験を控えたジュニョンに贈り物をする。
明日は頑張れと言う3姉妹。

試験当日、ジュニョンを送っていくヨンシル。
ジュニョンはヨンシルに試験が終わったら話があると言う。

ジュンヒに毎日食べてもらえない弁当を届けるハンス。
マネージャーが玄関に置いてあった弁当に気付き部屋に持っていく。
ハンスが作ったものだと知らないジュンヒは美味しいと言って食べ始める。
ハンスが作ったものだと知ったとたん、食べるのを止めようとするが、結局食べることにしたジュンヒ。
美味しいからでしょう?

試験が終わったジュニョンをねぎらって焼肉パーティをするハンスの家族。
ジュニョンは結局ユジュの話はできなかった。

ユジュからの電話にもでないジュニョン。

翌朝、ユジュはハンスの店にやってきた。
ハンスに挨拶するユジュ。
ハンスはヨンシルも呼んだ。

ユジュは、自分はジュニョンの彼女だと言う。
ジュニョンに彼女がいることは知らなかったと言うハンス。
ジュニョンが言いだせないようなので自分が話をするために来たと言うユジュ。

ユジュは妊娠していると告白した。

【11話】

ユジュはジュニョンの子供を妊娠していると言う。
黙ったままのハンスとヨンシル。
今日はこのまま帰って欲しいと言う。

家に戻ったハンスはジュニョンを何度も叩く。
止めようとする姉妹に、ジュニョンの彼女が妊娠したことを教えるヨンシル。
家族全員から責められるジュニョン。

ヘヨンはジュニョンに妊娠したことを彼女のほうから言わせるなんてありえないと怒る。
ミヨンも自分から告白するべきだったと言う。
自分の問題だから構うなと言うジュニョン。

ヘヨン、ミヨン、ラヨンたちは、これはジュニョンの裏切りだと言いビールを飲む。
ヘヨンは公務員試験に5年間も挑戦している男と結婚したがる女って、どんな女だろうと話をする。
1人で店に乗り込んで来るくらいだから強いキャラクターだろうと言うヘヨン。
自分の両親を苦しめるなんて許さないと言うラヨン。
ユジュだと知ったらミヨンがかわいそうですね

ハンスとヨンシルも焼酎を飲む。
ハンスはジュニョンのことをもう息子ではないと言う。
ジュニョンを守るために大きな決心をしたのに、生き方を間違えたと言うハンス。
ハンスはジュニョンに期待したのが間違いだったと言う。
ヨンシルもジュニョンのことを親不孝な子供だと言う。

酔っ払ったラヨンはチョルスに電話をする。
告白もしていないのにこの自分を振るなんて許さないと泣くラヨン。
泣きながら眠ってしまった。

ジュニョンが作った朝ごはんを食べるハンス家族。
ハンスは手を付けずに席を立った。
ヨンシルはハンスに前向きに考えようと言う。
いずれは結婚するのだから順番が逆になったと考えようと言うが、ハンスは考えられないと言う。

ジュンヒはミヨンに長編ドラマに出演するべきかどうか考えを聞く。
ミヨンは柔道をやってきたときを考えると小さな大会にいくつも出るより大きな大会に1回でるほうがいいと言う。
結局どっちですか?

本部長から長編ドラマに出演するのか聞かれたジュンヒは出ないと答えた。
役柄を選んでいる場合かと言われたジュンヒ。
本部長はこのままだと契約は更新できないと言う。
ジュンヒは更新できないならそれでいいと言う。

ジョンファンはヘヨンに今夜は来るのか聞くが、ヘヨンは行けないと言う。

ハンスは食事もせずに仕事ばかりしている。
ヨンシルはジュニョンを一度だけ許してあげようと言う。

ヨンシルはジュニョンに、父が許してくれるまで謝るしかないと言う。
ジュニョンは両親を失望させるなんて生まれてこなければよかったと言う。
もう取り返しはできないから、とにかく父の気持ちをなだめるしかないと言うヨンシル。

ジュニョンは父に謝る。
気のすむまで殴ってくれと言う。
ハンスはこれからどうするつもりかと聞く。
許してくれるなら結婚したいと思っていると言うジュニョン。

ハンスは週末にユジュを連れて来いと言う。
ジュニョンは泣きながら失望させてばかりでごめんなさいと謝る。
とりあえず落着!

ボクニョはヨンシルに電話をした。
カフェのオープンの日だから手伝いに来いと言うボクニョ。

手伝いに来たヨンシル。
ヨンシルにお茶をいれさせるボクニョ。

ギュテクはカフェのオープン記念に植木をもってやってきた。
夫が来たので喜ぶボクニョ。
ギュテクはカフェのインテリアをけなして帰る。

ミヨンが衣装を並べているところにユジュが入ってきた。
やり直しをさせるユジュ。
今週インターンの評価が決める、自分も評価に参加するのだと言うユジュ。
ユジュは自分への態度が生意気だとミヨンを指で小突く。
ミヨンはそのユジュの指を掴み、好きなように評価をすればいいと言うミヨン。

ヘヨンはジョンファンの家に帰った。
ジョンファンは今日が同居の第1日目だと言う。

ボクニョの指輪がなくなった。
洗い場で外したはずだと思い、探すが見つからない。
ヨンシルに見ていないかと聞くボクニョ。
見ていないと言うヨンシルに洗い場に入ったのはあなただけだと言う。

ヨンシルは警察を呼べと言う。

ヘヨンはヨンシルからの電話で警察に駆けつける。
警察に行くと、ヨンシルと一緒にボクニョがいた。
そこに駆けつけてきたジョンファン。

【13話】

ヘヨンとジョンファンは初対面の振りをした。

ボクニョは自分の指輪をヨンシルが盗んだと騒ぐ。
警察官がボクニョの背中についてあった指輪を見つけ、これですかと言う。

指輪が見つかり、あわてるボクニョ。
ヨンシルはボクニョに謝れと言うが、ボクニョは謝らず、代わりにジョンファンが謝ろうとする。
ヘヨンは証拠もなしに犯人よばわりにして、これは名誉棄損だと言う。
早く謝れと言うヘヨン。
ミスしたくらいで名誉棄損はないと言うボクニョ。
訴えられる前に謝れと叫ぶヘヨン。
告訴したかったらすればいいと言うボクニョ。
ヨンシルはヘヨンに告訴しようと言う。
謝ることもできないのですかね

ハンスがヨンシルを迎えにきた。
ハンスに支えられて帰るヨンシルを見ているボクニョ。
ボクニョはヘヨンのことをきつい娘だと言う。

家に帰ったヨンシルはあの時は頭にきたけれど、告訴はやり過ぎだと思うと言う。
ヘヨンは告訴しなくても、せめて謝罪をさせるべきだと言う。

ボクニョは警察からギュテクに何度も電話をしたのに出なかったことを怒る。
指輪の事件を聞いたギュテクはボクニョに人を陥れるなんて軽率だと言う。
妻が警察にいたら軽率だという前に妻を心配するべきでなないかと言うボクニョ。

3姉妹を車で送るジュニョン。
ユジュのことを聞く3人。
美人で性格がいいと言うジュニョン。
ありえません!

ジュンヒは本部長から電話をもらった。
監督が来ていて、ジュンヒにドラマに出てほしいと言っていると言う本部長。
事務所に急ぐジュンヒ。
監督の誘いにじらしなからも出演することを引き受けたジュンヒ。

ラヨンはチョルスのサッカーに見ている最中に飛んできたボールが頭に当たってしまった。
保健室で休むラヨン。
チョルスが見舞いにも来ないので怒っている。
センター長がやってきてセンターで寝泊まりしている人がいるようだから今夜見回りをすると話したのを聞いたラヨン。

ジュニョンはユジュに会いにきた。
両親がユジュに会いたいと言っていると言うジュニョン。
ユジュは今週末に行くことにした。

ジュニョンは3人の妹のことを説明する。
次女のミヨンは自分に似ていて優しい妹だと話すジュニョン。
ユジュは自分には両親はいないと言う。
ジュニョンは自分の両親はユジュを娘のように可愛がってくれるはずだと言う。

ラヨンはセンター長が見回りするのでチョルスが見つかってしまうのではないかと心配する。
チョルスが電話にでないのでセンターにやってきたラヨン。
ちょうどセンター長が見回りを始めていた。

ラヨンのメールに気付いたチョルスは急いでセンターに戻る。

センター長が宿直室の前に来た。
ラヨンはセンター長が宿直室の中に入る前に、自分が泊まり込んでいたと告白した。
センター長はラヨンに次回の契約更新は難しくなると警告した。

ジュンヒは台本を読み、セリフの練習をするが、お父さんと言う呼び方が上手く表現できない。
最近ハンスがお弁当を持ってこなくなったと考えるジュンヒ。
寂しいのでしょう

今夜ハンスの家にユジュが来ることになった。

ヘヨンはボクニョのカフェにやってきた。
母に謝罪をしろと言うヘヨン。
ボクニョはもう終わった話だと言う。
ヘヨンは母に正式に謝れと言う。
出来ないというボクニョに、それでは裁判所で会いましょうと言い告訴状を渡す。
脅迫しているのかと言うボクニョに教えてあげているのだと言うヘヨン。
誤解だとしても指輪が出てきたら謝るのが道理だと言うヘヨン。
それでもできないと言うボクニョに、それなら法廷で会おうと言うヘヨン。

帰り際にヘヨンはこの建物に違法は増改築が見つかったと言う。
そして値上げする予定だった50万ウォンは今後、自分が払うから建物の管理と掃除はオーナーがやってくれと言うヘヨン。
二度と母を管理人扱いするなと叫んで出ていくヘヨン。

ヘヨンはヨンシルに建物の掃除はもうしなくていいと伝えた。

ヘヨンは昔のことを思い出していた。
ジョンファンと付き合っていたころ、ボクニョに呼び出されて息子と別れろと言われたのだった。
家庭の状況が違い過ぎる、あなたに釣り合う人は他にいるはずだと言うボクニョ。
ジョンファンが可哀想ですが、あんな姑では絶対に嫌ですよね~

ジョンファンはヘヨンを呼び出した。
母のことは本当に悪いと思っていると言うジョンファン。
悪いと思うならお母さんを説得して自分の母に謝罪させろと言うヘヨン。
説得してみるというジョンファン。

ジョンファンはヘヨンに、俺の母を告訴するというのはやり過ぎだと言う。
今度会うことになるかも知れないだろうと言う。
いつ会うのかわからないと言うヘヨン。
ヘヨンは今ジョンファンの母を告訴するか悩んでいるから、正式に謝ってくれればいいと言うヘヨン。
自分の母親にそこまでやるのかと言うジョンファン。

そのとこ場を聞いたヘヨンは私たち別れようと言う。

ジョンファンは8年前と同じだ、それなら告訴しろと言う。

ジョンファンは今回別れるのは母親のせいだとしても8年前に別れた理由を教えろと言う。
黙って去っていくヘヨン。

ユジュに呼ばれたミヨン。
ユジュはミヨンに怪力を利用して仕事をしろと言う。
ミヨンは重い荷物をいくつも運ばされる。
ミヨンが大きな箱を持ち上げるとユジュはさらにその上に荷物を乗せる。
耐えられなくなったミヨンは荷物を落としてしまった。
そのとき置いてあったジュースがユジュのスカートにかかってしまった。

ユジュはミヨンにこのスカートはがいくらするかわかっているのかと怒る。
今日は時間がないからインターン評価を含めて明日話そうと言うユジュ。
今夜ミヨンにあった時のユジュの顔が楽しみですね~

ハンス家にやってきたユジュ。
ハンスとヨンシルにお土産を渡すユジュ。
ハンスはユジュに家族を紹介する。
そこに帰ってきたミヨン。

驚きで見つめあうミヨンとユジュ。

10~12話感想

ボクニョ、最低ですね。最初はギュテクに冷たくされて可哀想だと思っていましたが、愛想をつかされるのがよくわかります。常識がないくせに見栄っ張りで、自尊心だけが強くて最低です。あんな女が姑になったら大変ですよ。
ヘヨンは8年前に別れた理由もジョンファンに話せばいいと思うのですが、なぜ言わないのでしょう。
虐め続けていたミヨンが愛するジュニョンの妹だとしったユジュ。次回からが楽しみですね。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。