アンダンテ-恋する速度-あらすじ-9話-10話-ネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-アンダンテ-あらすじ-9話-10話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

アンダンテ




ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
シギョンとボムの交際もようやく順調に進み始めましたね♪よかった、よかった♪
ガラムとシヨンもお互いに好感を抱いているような感じで、ワクワクします!!
しかし、そんなガラムとシヨンと一緒に図書館を使用しているホスピス患者が倒れてしまい、驚く2人・・。
さぁ、一体何が起きるたのでしょう・・今回は9話からお伝えしていきますね♪

【アンダンテ-恋する速度】ネタバレあり

9話

父親だと思われる人物と電話中に倒れてしまう患者ソンジュン・・ガラムとシヨンはすぐに医師に知らせる・・末期の患者だが勉強ばかりしていることを心配するガラム・・

ある夜、ガラムとシヨンと夜通しで勉強するといって家を抜け出すシギョン。シギョンはボムの父親と夜釣りをするため、待ち合わせ場所に走っていく。
釣りの準備をして、父親がいつも座っていたイスにシギョンを座らせ、「お父さんは来れない・・昔、あのホスピスで亡くなったんだ」と「母親は再婚し、自分の存在をうっとうしく思っている」と話始めたボム。
「父親以外で自分のことを心配してくれたり、温かく手を握ってくれたのも、シギョンは初めてだったから・・こうやって全て話すことにした」とありのままの自分を見せることにしたボム・・そんなボムの手を握り、抱き寄せるシギョン・・
ボムにとってシギョンがそれほど大切な人かが分かった気がします・・

以前勤めていた会社の給料が未払いのため、話をつけにソウルに行く途中で倒れ、危険な状態なソンジュン・・それを知ったガラムは、クラスメイトに協力を頼む。
ソウルに行き、その社長に抗議するシギョンたち。なかなか話を聞いてくれないどころか、高校生相手に脅すような行為をする社長。そこに暴力団が携帯片手に乗り込んでくる・・その携帯に写っていたのは暴力団のトップで今はホスピスの患者が映っていた。
その人のお陰ですぐに入金する手続きをする社長。
みんなが自分のために動いてくれたことを知り、自分も死ぬ前に人のために何かをしたい・・と貰った給料でホスピス患者が一人でも楽にお風呂に入れる機械を導入して欲しいと話すソンジュン。
なんだか、自分の死を受け入れたような穏やかな表情のソンジュン・・

ホスピスでボランティア中のシギョンたち。もう自分の余命が長くないことを悟り、患者ソンジュンは死んだら眼球を提供したいが父親に反対されてしまう・・そこで眼球提供に必要な書類をシギョンに預ける。
純粋なシギョンは色んな人が信頼してしまう何かを持っているようですね♪

ある日、ソンジュンの部屋のゴミ箱から痛み止めの薬が出てくる・・シギョンの母はソンジュンの父に問い詰めると「間違いではなく、わざと捨てた」と話し、薬を使うことを拒
否する父親・・その上、退院させてしまう。
そこにソンジュンからシギョンへ助けを求める暗号が電話に・・

10話

シギョンとボムは、ソンジュンのいる場所を突き止め、急いで向かう。ソンジュンの「最後の願い」だと眼球提供の用紙と感謝の手紙を父親に渡すシギョン・・その時、ソンジュンの容態が急変し、父親はおぶって病院に向かうも間に合わず、亡くなってしまった・・夜空の星を見ながら、幼い頃の父親との記憶を思い出すシギョン・・
父親との思い出はないと思っていただけに嬉しかったでしょうね♪

ソウルの高校に通っている時、シギョンの友達をいじめ、その証人になったシギョン・・その加害者の先輩は罰として、ホスピスでボランティアをすることになり、シギョンのせいだと思っている先輩はシギョンえをこき使う。
そこにシギョンを可愛がっている元暴力団トップの患者が現れ、シギョンを助ける。しかし、その患者の体調が悪くなり、怖いものなしになった先輩はまたシギョンにこき使う。
棺桶の犯人ですよね!!またここで出てくるとは!!

いつものように遅刻の罰として掃除をしているシギョン・・そこに「ボムさんが携帯を忘れたみたいで・・」と病院から連絡が入り、この間の検査結果が出たことを知る・・そこに現れるボム・・ただの貧血だというが眩暈が頻繁に起こる。
しかし、本当は検査結果があまりよくなく、手遅れになる前に再検査を受けるよう言われていた・・。
ボムは何か重い病気にかかっているんでしょうか・・

スミンが母親と旅行に行きたいと言い出し、病気のことを伝えていない母は戸惑う。
ある日、シギョンは母親に放課後ホスピスに寄るよう言われ、スミン母の病室を訪ねる・・しかしそこには誰もおらず、母親の携帯が鳴っていた・・その電話に出るシギョン・・うっかり「ここはホスピスだ」と話してしまう・・なんと電話の相手はスミン本人だった。
そこに容態のよくないスミン母がシギョン母と戻る・・タクシーに乗り、ホスピスにやってくるスミン。
スミンは病室で寝ている母親と対面し、状況を把握できず、ずっと泣いている・・。

その夜、自分の母が取り乱す姿を見て、ショックを受けるスミン・・その状況を聞き、駆けつけるシギョン達。その光景にボムは怖くなり、震えてしまう・・シギョンと別れた後、眩暈がし、吐き気も襲ってくるボム・・

アンダンテ~恋する速度~ 9話・10話感想

ソンジュンにスミン母・・人間の死というものを身近に感じ、シギョンが少しずつ強くなっている気がしますね!!

そんな中、ボムの体調がどうやらよくないみたいで・・一人で抱え込んでしまっています・・。母親に電話しても、そっけない態度だし、本当に可哀そうです・・。
きっとシギョンのことを大切に思っているからこそ、なかなか言い出せないんだろうし・・ボムが一人で病気とたたかうなんてことがないよう願っています。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。