ハイクラス-私の1円の愛-あらすじ-10話-11話-12話-感想付きネタバレでありで!


韓国ドラマ-ハイクラス-私の1円の愛-あらすじ-10話-11話-12話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ハイクラス

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
いきなり言い放たれたセジンの解雇。
突然の事にあっけにとられるセジンですが・・・。

【ハイクラス】ネタバレあり

第10話

「あなたは私みたいになれるはずがない。覚悟がないもの」とセジンに言うイギョン。
セジンはタクが止めるのを聞かず帰って行く。

イギョンはセジンに自分の欲望について気付かせようとしているのだった。
「これはセジンへの最後のテストだ」と言うイギョン

イギョンとムサムはゴヌの父ムイルの病院へ。
病状が悪化したため釈放となっていたムイル。

一足先にやって来たゴヌは、病室に入れてもらえない。
後からやって来たムサムは病室へ。

若きリーダーの集まりで「セジンに会った」と言うゴヌの言葉。
「肝心な時に良心が芽生える。金銭的価値がない彼女はクビにした」と言うイギョン。

それを聞いたゴヌは、セジンの身辺調査をすぐに開始する。

病室に見舞いにやって来たイギョンとムサム。
イギョンは「父が親友から奪い取られた富と権力を自分の力で掴みたい」と言うイギョン。

ゴヌは解雇されたセジンが働くコンビニへと足を運ぶ。
そして「後で僕と話をしよう」と言うゴヌ。

「イギョンを止めたい」と言うゴヌ。
「このままではイギョンが潰れてしまう」と。

セジンに報酬を払うから、イギョンの言動を報告するスパイとなって欲しいと言うゴヌからの依頼だった。

その頃イギョンのS画廊には、贋作の件でソウル地検からの家宅捜査が。
チャン・テジュンが送った地検の者のようである。

ゴヌはイギョンの事を心配しているようですね。手出しをして欲しくないようです

それぞれの私利私欲のため、ゴヌはセジンを利用しイギョンもセジンを利用しようとしていたのだった。
そこでセジンも反対に、それを利用しようと心に決めた。
そしてイギョンの元を訪れ、復職する。

「ゴヌの心を盗みます」と言うセジンに「絶対に人に本心を見せてはいけない」と言うイギョンだった。

セジンに頼みごとをするゴヌは。
ゴヌが望むものを捜し出し持ってきたセジンに高額の報酬を手渡す。

イギョンは最初から全てをお見通し。
 ゴヌが何を欲しがり、どう動くのかを全て考えているようです

第11話

イギョンの助けになる為、セジンはゴヌを陥れようとしていた。
潔癖症だと言うゴヌは。

「人が違反をしても自分はルールを守る、そんな人だ」とイギョンはゴヌの事を話す。
セジンはイギョンの為に尽くすことを誓った。

ゴヌはチャン・テジュンとは決別し、父の元へ許しを請いに来る。

その頃テジュンはイギョンが自分に歯向かった事が許せず、検察を送りつけてきた次はイギョンを収監させようと企んでいた。
検察に連れて行かれるイギョン。

セジンは早速ゴヌに相談する。
イギョンが収賄の容疑で連れて行かれたことを。

ゴヌはイギョンが賄賂にお金を使わない事、足が着くようなことはしないことを話しセジンを安心させるのだった。

ふと見せるゴヌの優しい表情が彼の魅力ですね(^▽^)/

イギョンを立件するのは難しいと報告を受けるテジュン。

その頃イギョンは検察から執拗な取り調べを受け続けていた。
しかし物証がなく釈放される。

その足でテジュンの元へと向かったイギョンは。
テジュンに謝罪を求める。
同じくテジュンもイギョンに謝罪を求めるが、両者とも一歩も引かない。

手を取ることなく決別したまま、イギョンはテジュンの家を後にする。

セジンはゴヌの心を盗もうと考えていた。
そこでゴヌが父親ムイルの入院先にいることを確認したセジン。

薄着のままで病院へ。
偶然を装ってゴヌに会い、ゴヌの車で送ってもらうことに成功する。

そしてゴヌの車にイヤリングをわざと落として帰るのだった。

車を降りたセジンの元にタクが。
「ゴヌと交際しているのか?」とセジンに聞く。

セジンが「社長の指示だ」と答えるとビックリするタク。

タクはセジンが気になっているようですね(^▽^)/

イギョンがゴヌに近づいていることがイギョンの指示だと知ったタクは。
イギョンに異議を唱えるのだった。

セジンの事が好きなんですものね、タク

イギョンはそんなタクに「私のやり方が気に入らないのなら辞めて」と冷たく言い放つ。

荷物をまとめて出て行くタク。

テジュンが大切にしているペクソン財団の良からぬ記事が世間に出てしまう。
ムサムの差し金であることを知ったテジュンは、ムジンに刃を向けるのだった。

第12話

イギョンはテジュンに交渉する。
「一生分の富と権力を与えるかわりに、名前ばかりの摂政となって欲しい事」を。

イギョンの頭脳とテジュンの権力で、ムイルから全てを取り戻す事で握手を交わすテジュンとイギョンだった。

一体誰と誰が味方で敵なのか、本当にわからない世界となって来ました(≧∇≦)
 イギョンとムサムは手を携えているはずですが・・・怖い世界です

イギョンとムサムが手を組み、テジュンと会っていたことを知るムイル。
会長の座を狙っているムサムに苛立つムイルだった。

イギョンは自分の計画を潰されたくなかった。
次期会長に押し上げられようとしているムサム。

お互いに裏切らないよう約束し合う。

セジンはゴヌと会っていた。
「尊敬する社長が傷つく姿を見たくない」と言うセジン。
イギョンとゴヌのこの戦いを早く終わらせると言うセジンにお礼を言うゴヌ。

ゴヌに1本の電話が。
セジンは鞄の中の携帯を録音状態に、
そして自分はその場を離れ化粧室へと向かったのだ。

「急用ができた」と言って帰って行くゴヌ。
会社に戻ったセジンは録音した内容をイギョンに聞かせるのだった。

どうやら理事長を脅迫している内容だった。

第10話から第12話の感想

美人でカッコイイ、仕事もバリバリできるイギョンに憧れを抱くセジン。
お金の為に始めたイギョンの元での仕事ですが。
元々心は温かいイギョン。
人を騙してまでする仕事には、少し違和感を感じているようです。
イギョンはセジンのその程度の覚悟では自分のようになれるはずがないと言い切ります。
確かに、すごい人物ですイギョン(≧∇≦)
堂々たる風格に、どんなことにも動じた所を決して見せないその姿。
なかなかマネできることではないですよね。
誰にも心を見せないイギョンですが、セジンには自分の心を見せている瞬間がありますね。
元々恋人同士だったイギョンとゴヌが、真っ向から対立し合う形となってしまった今。
セジンはこの戦いをどうにかして避けたいと思っているようです。
イギョンを心配するセジンは、同時にゴヌの事も気になります。
2人の間でこれからイギョンはどうなるのでしょうか。





クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください