ハイクラス-私の1円の愛-あらすじ-22話-23話-24話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-ハイクラス-私の1円の愛-あらすじ-22話-23話-24話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ハイクラス

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
イギョンの配下にあるテジュン。
かつてない屈辱を味わいながらイギョンと手を組むテジュンですが・・・。

【ハイクラス】ネタバレあり

第22話

ジオ建設の入札で脅されているムサム。
ゴヌはジオの入札は除外する。

セジンは急に思い立つ。
イギョンが諦めるはずが無いと。

入札は延期にする。
イギョンはムジンのハッキングを命じ、次への作戦を講じる。

防疫作業を行うと言って、ソン会長の救出に出向くゴヌとセジン。
セジンの仕業だと思っていたイギョン。
タクにあらかじめ指示し、セジンとゴヌをわざと逃がすのだった。

イギョンに借りが出来たと思わせ、セジンをだますと言うイギョン。

いよいよセジンとイギョンの真っ向からの対立です

タクは解雇された。

もちろんイギョンとタクは結託してセジンを騙すためです

ソン会長はソン社長を懐柔しようと言う策のようであった。
しかしイギョンから電話を受けたソン社長は、父ソン会長の意図を知り腹を立てる。

タクがクビになったことを知るセジンは自分達と一緒に働かないかと誘う。
1度は断るタク。
しかし翌日。
セジンとゴヌの前に顔を出す。

でもこれって。タクはイギョンを裏切っていないんですよね本当は。
 セジンを騙しているんですよね( ;∀;)

ムサムはイギョンと冷戦中。
そこでカン・ジェヒョンを呼び、自分を守って欲しいと頼む。
ムジンが技術開発を断念するためジェヒョンの利益となるよう取り計らうと言う。

第23話

ソン会長とナム理事が密談しているところを写真で納めるイギョンの部下。
それをもってテジュンの所にやって来たイギョンは。
ナム理事を解雇に追い込んだ。

タクはイギョンの指示で動いていた。
そんなことは全く疑っていないセジン。

タクは心の中でセジンが気の毒だと思っていますが・・・

イギョンはソン社長を思うがままに動かしていた。
会社を分社化すると言うソン社長の言葉に怒りを露わにするソン会長。
イギョンはすべての先まで見越しているようであった。

ムン室長はタクが2つの携帯を使い分けていることに疑問を持った。
セジンはタクを疑いたくなかった。
タクの携帯の確認をするゴヌとセジン達。

証拠は出なかったが、タクは気分を害したと出て行った。

ある日。
イギョンにしてやられた3人の男たちが集まった。

ソン会長にムサムにナム理事の3人。
テジュンに忠誠を尽くすと言うナム理事は、「自分と手を組みイギョンに痛手を負わせてやろう」と提案する。

タクはゴヌの元を去る時、ファイルを仕組んでいた。
ジェヒョンの会社の技術を盗もうとしていたとして、ゴヌは連れて行かれる。

セジンはタクを疑いたくなかったが、状況が状況だけにタクが犯人だと確信する。
連絡の取れないタク。

タクは東京行きのチケットを破り捨て、セジンの元に。
セジンはタクの気持ちもわかっていた。

「君は勝てない」と言うタクの言葉。
しかしセジンは「諦めない」と言う。

セジンはイギョンに会いに行く。
イギョンはセジンに向かって「あなたは絶対私のようになる」と言い切る。

その言葉を聞いたセジンは。
「社長と同じようにしたらいい事がわかった。地獄で会いましょう」とセジンに言う。

ナム理事はソン会長と集合していた。
ムサムはイギョンと戦う勇気がないのか現れなかった。

そこにもう1人現れたのは何とセジンだった・・・。

第24話

イギョンはタクに、セジンを尾行させる。
チョナ金融から出てきたセジン。
ナム理事が一緒でなかったことを疑問に思ったイギョンだった。

セジンを尾行するタク。
ソン会長はナム理事からイギョンの方に寝返るかもしれないぞと忠告する。

その頃イギョンはソン会長が自分と手を組まなければならない状況を作り出していた。
ムサムにイギョンは言う。

「コリアワークスをムジンに吸収合併させよう」と。

ゴヌは釈放になった。
そしてセジンの元へ。

「イギョンは今最も勢いづいている。自分たちは体力を温存する時だ」と提案するゴヌ。
水面下で動こうと言うゴヌだった。

セジンはカフェでキム作家と会う。
「社長の計画を邪魔するのは辞めた方がいい」と言うキム作家。

長年の計画で、親子の縁を切る覚悟で韓国へとやって来たイギョンだと聞かされる。
しかしセジンは、「それでも社長の所へ行かなければならない」と答えるのだった。

孤独なイギョン、大好きなイギョンを怪物から変えたいセジンです

イギョンはコリアワークスのカン・ジェヒョン、会社の売却を支持する。
しかしジェヒョンは「会社は売らない」と言う。

ソン会長はイギョンに脅され、結局イギョンの言いなりになるしかなかった。
セジンには、「病院から助け出してくれた恩は必ず帰す」と言うソン会長。

ジェヒョンはゴヌと会う。

コリアワークスの後任CEOはシリコンバレー支社長だと言う。
後任発表当日に韓国入りをしてもらおうと言うゴヌ。

そんなゴヌの元にムサムから、「コリアワークスを吸収合併する」と聞かされる。
頭を悩ますゴヌだった。

第22話から第24話の感想

イギョンは本当に孤独な人ですね。
女でありながら男性よりも度胸があり、いま最も勢いづいているのが手に取るようにわかるイギョンですが。
ゴヌの言う様にこの勢い、いつまでも続かないですよね。
セジンはイギョンの事が好きだからこそ、危険な目にも合ってほしくないし怪物にならないで欲しいと思っています。
イギョンもセジンにとても冷たい言葉を投げかけたりしていますが、心の奥底ではセジンの事が好きで憎めないようです。
とても不思議な関係の2人ですよね。
タクも。
イギョンの指示に忠実に動いていますが、一方でセジンを思いやる心が垣間見えます。
お互いを陥れながら権力を握り、大金が動く世界。
息つく暇もないですよね。
政界のトップに立っていた城北洞のテジュンまでも自分の配下に置き、指示するイギョン。
末恐ろしいイギョンの勢い、いつまで続くのでしょうか・・・。


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください