ペントハウス2-最終回(13話)-結末は!?

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ユニの復讐が終わった。
最愛の娘も、心から慕っていたスリョンも生きていた。
ロナは母にメールを送ったけれど、返信が来ない。
ユニはどこへ行ってしまったのか。
部屋にはスリョンに宛てた手紙が残されていた。
そこにはスリョンの娘を殺してしまったという内容が記されていた。

スポンサーリンク

【ペントハウス2】(ネタバレあり)

13話(最終話)

ユニは、自ら命を絶つのではなく自首してケジメをつける事を選んだ。

「ミン・ソラ殺人の犯人は私です」

すべてを話、逮捕される。
警察にはロナが姿を現した、そこで初めてロナが生きている事をユニは知る。
ダンテに殺されそうになった時、スリョンが買収した医者がロナを仮死状態にして病院から運び出し蘇生をした。

裁判所に集められたヘラパレスのメンバー達。
ついこの前まで、ペントハウスで豪華絢爛なパーティーを毎晩のように開いていた面々なのに、
今は裁かれる立場になっていた。

スポンサーリンク

裁判ではこの期に及んで無罪を主張する。
しかし、ユニが自らの罪を認める事によりすべての罪が明るみに出た。

ユニの証言を否定するソジン達だったが、ユンチョルがその通りだと証言をする。
ソジンは懲役7年、ユンチョルは懲役2年、そしてダンテは無期懲役と重い刑を言い渡される。

ユニは、スリョンの発言で「私はすでに彼女を許しています」という情状もあり懲役3年になった。

ペントハウスはスリョンの物となり、ソクフンとソッキョンも穏やかに暮らし始めた。
ウンビョルだけは行方が分かっていない。
ジェニの父親も刑務所から刑期を終えて出てきた。そのお迎えは、ダンテの側近だ。
ローガン・リーは、離れていた韓国に戻ってきていた。
スリョンにプロポーズをする為に、飛行機で会ったミスター・ペクに会うという人を車に乗せスリョンの元に向かう。
クルマを停めた時、その男が鞄を置いて社外に煙草を吸いに行くそのちょっと後、車が爆発しローガン・リーも巻き込まれた、スリョンの目の前で。

スポンサーリンク

ペントハウス2 13話(最終話)

ペントハウス2はこれで最終話ですが、終わってないです!!
前作と同じように、続きがすごーく観たい状態での最終回。というかもはや最終回ではありませんよ(笑)
裁判で前作の罪が全て暴かれて関わった全員が懲役を受けるという結末でした。
親が罪を犯し、処罰される裁判を高校生とはいえ裁判所で見ている子供達は一体どんな気持ちだったのでしょうか。
ペントハウス3では完璧にすべてが明らかになり、すっきりとドラマを観終わりたいと思います。

第3シーズンの概要はこちら

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください