今日、妻やめます-あらすじ-34話-35話-36話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-今日、妻やめます-あらすじ-34話-35話-36話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

今日、妻やめます

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
離婚しないと言い続けているシンモ。ヨンヘはシンモにもう自分を自由にして欲しいと涙と流しながら頼みました。
エリはルリとテヤンを別れさせるために、わざとルリがケビンを悪く行っている言葉を録音しました。自分のせいでテヤンまでクビになるかもしれないと聞いたルリ。

【今日、妻やめます】ネタバレあり

34話

シンモとチュノクは偶然食堂で会った。
顔色の悪いシンモを心配するチュノク。
シンモはもう他人だから気にしなくていいと店を出ていく。

食事を終えたチュノクは車の中で苦しんでしるシンモを見つけた。
シンモは身体中の激痛で苦しんでいた。
チュノクはシンモをヨンジュの店の2階にある病院に連れていく。
チュノクはその病院がソウォンの病院だと知らなかった。

その時病院にはハンギョルがヨンジュを連れて来ていた。
ハンギョルからチュノクが来たと聞いたソウォンはヨンジュと一緒に隠れた。

病院に連れてこられたシンモはソウォンを呼んでくれと言うが、チュノクはこの病院にはいないと言う。
ソウォンの代わりに出て来た理学療法士はここはは内科ではなく整形外科だと言う。
結局苦しんでいるシンモの原因がわかったのはチュノクだった。
ソンモは胃もたれだった。
胃もたれってそんなに苦しむものなのでしょうか

テヤンに会いに来たソニョン。
ソニョンは気持ちは決まったのかと聞く。
テヤンはソニョンに断ると言う。
ソニョンは母親に捕まる準備をするように伝えろと言う。

テヤンは何が望みかと聞く。
ソニョンは会社を辞めてケビンにも近づくなと言う。
テヤンは言う通りにしたら母親の過去は口外しないかと聞く。
ソニョンは当然だと答える。

ソニョンはテヤンに飛行機のチケットを渡し、退社したら大阪に行けと言う。
職場は見つけておいたからそこでずっと働けと言う。
国際的に活動できるのだからあなたにとっては悪い話ではないと言う。

すれ違ってばかりいたルリとテヤン。
やっと会えたとたん2人はキスをする。

テヤンはルリに父親に怒られたろうと聞く。
ルリは初めて父親に逆らったと言う。
テヤンは日本に行ったことはあるかと聞く。
ルリはミョンランと何度か行ったと言う。
ツアーで何度も来ています(笑)

テヤンは一緒に大阪に行かないかと聞く。
大阪のレストランに誘われていると言う。
ルリは考えてみると言う。
テヤンは君と一緒ならどこでも幸せになれると言う。

パク本部長はルリとテヤンを別れさせるためにソニョンの秘書を呼んだ。
秘書はソニョンはSC食品を手に入れるために準備をしていると言う。
しかしケビン会長が辞めても時期後継者がいるとなると話が変わって来ると言う。
ソニョンはテヤンを始末するはずだと言う秘書。

秘書はパク本部長とエリに自分が力になると言う。
エリはソニョンを裏切るのかと聞く。
秘書は自分は有利な方に着く能力があると言う。
確かにソニョンに一緒にいたら嫌になりますよね

ヨンヘは家族のために料理を作った。
しかし、シンモはコンビニで買って来た弁当を食べる。
ルリは最後の晩餐のようだと言う。
ヨンヘは家族で食事をするのも最後かもしれないと言う。

ハンギョルはヨンヘに家を出るのかと聞く。
そうだと言うヨンヘ。
ソウォンはもう一度考え直せないのかと聞く。
シンモはバカなことを言うなと怒って席を立つ。

シンモはそんなに嫌なら別れてやると呟く。
シンモは弁護士に電話をして明日離婚届にハンコを押すと言う。
なんだかかわいそう…

ジョンドはテヤンに考えてくれたかと聞く。
テヤンはソニョンの要求に従うしかないだろうと言う。
テヤンはあの女に大阪に行くと伝えろと言う。

ジョンドはテヤンにお礼を言い、なるべく早く会社を辞めてくれと言う。
テヤンは母親を守ると約束しろと言う。
約束してくれたらSC食品には近づかないと言う。
ジョンドは約束すると言う。

その会話を聞いていたファヨン。
ファヨンはケビンに電話をし、息子のことで話があると言う。

35話

ファヨンはジョンド親子が共謀してテヤンを追い出そうとしていることを知った。
ケビンに電話をするファヨン。
息子のことで話があるから家に来てくれと言う。

ルリはテヤンに一緒に大阪に行くと言う。
テヤンは最初からになるけどいいのかと聞く。
ルリはテヤンに抱きつく。

ジョンドに呼ばれて家に来たソニョン。
ジョンドはテヤンが大阪に行くかわりにファヨンの犯罪歴のことを二度と蒸し返すなと言う。
ソニョンはファヨンを捕まえておけと言う。
私はSC食品が手に入り、お互いに欲しいものが手に入ると言うソニョン。

そうはいかないと入ってきたファヨン。
ジョンドは出勤したのではないかと聞く。
ファヨンは私には聞かれてはまずいのかと聞く。

ジョンドは説明させてくれと言うが、ファヨンは血は争えないものだと言う。
同感です

ファヨンはソニョンに息子に指一本でも触れたら容赦しないと言ったはずだと言う。
テヤンの父親に知られてもいいのかと聞くファヨン。
ソニョンはケビンに話すつもりかと聞く。

ファヨンはソニョンにテヤンを何度も危険な目に合わせただろうと言う。
階段から突き落とし、冷凍庫に閉じ込め、ついには遠くに追いやろうとするなんて、あなたは金に目がくらんだ人間のクズだという。
再び、同感です

テヤンの父親が知ったらSC食品どころかこの業界から追放されるというファヨン。
ソニョンはファヨンを叩く。
ソニョンはケビンに話をしたら二度と息子に会えなくなるという。
私は自分の息子も殺した人間だからなんだってできるという。

ソニョンはあなたが犯罪者だという証拠を持っていることを忘れるなという。
息子が大切ならよく考えて行動しろと言う。
テヤンは辞表を受け取り次第大阪に行かせると言うソニョン。

すべて話を聞いていたケビン。
ケビンに気づいたソニョンは今の話は家族のいざこざだと言う。
ケビンは何も言わずに出ていく。
この女を追放してください

ソウォンのことが気に入った女が現れた。
子持ちでもイケメンだから落としてみせると電話で話をしているの聞いたヨンジュ。
女はソウォンを飲みに誘う。

ヨンジュはソウォンに話があると言う。
他の女と付き合うなと言うヨンジュ。
ソウォンはなぜかと聞く。
ヨンジュはまだ心の整理がついていないと涙を流す。
忘れようとしても忘れられないと言う。

ヨンジュは私を愛していないと言っのは嘘だろうと聞く。
ソウォンは何度も同じことを言わせるなと言う。
ヨンジュは嘘だと言う。
私に苦労をさせたくなくて嘘をついたのだろうと聞く。

ヨンジュはソウォンに愛していると言う。
別れたのは間違いだったと言う。
ソウォンは君が苦しむ姿は見たくないと言う。

そこにチュノクが入って来た。
チュノクは2人が一緒にいるのを見て、ヨンジュに連絡するなと言ったのに何をしているのかという。
ヨンジュを叩くチュノクに、ソウォンが止めに入る。
ソウォンは僕が呼び出したのだという。
二度と会わないから許して欲しいと言う。

チュノクはソウォンを叩く。
あなたを信じたのによくも裏切ったと言う。
今度ヨンジュをそそのかしたらあなたを破滅させてやると言う。
チュノクはもう一度ソウォンを叩き、ヨンジュを連れて出て行く。

チュノクはヨンジュに今まで何回会ったのかと聞く。
ヨンジュは今日が初めてだと嘘をつく。
チュノクはこの世にあの男しかいなくなってもあの男だけはダメだと言う。

家を出るために荷物をまとめているヨンヘ。
昔、シンモが海外土産で買ってきてくれた砂時計を手に取った。

砂時計を渡したときシンモはこれには深い意味があると説明した。
シンモは砂時計をひっくり返しながら、こうすれば永遠に時が流れると言う。
私が君を永遠に愛し続けるという意味があるのだと言う。
それでも砂時計より腕時計の土産が嬉しいかも

シンモは弁護士事務所でヨンヘを待っていた。
遅れてきたヨンヘ。
弁護士の出した書類にサインをしようとするシンモ。

ヨンヘはシンモの手を掴み考えが変わったと言う。
離婚でなく卒婚にしようと言うヨンヘ。
ヨンヘは弁護士に離婚の代わりに卒婚契約書を作ってくれと頼む。

契約書を作成する弁護士は異性関係についてはどうするのかと聞く。
シンモは俺はまだまだ現役だと言う。
遊びまっくってやると言うシンモ。
弁護士に相手の異性関係に干渉しないことと明記しろと言う。
後で後悔することになりそうですが

卒婚は成立した。

ケビンはソニョンに会社を辞めてくれと言う。
ソニョンは私が辞めたら会社の基盤が揺らぐと言う。
ケビンはあとは私の息子が引き継ぐと言う。

ケビンは秘書に金の亡者だから退職金は奮発してやれと言う。
ソニョンはまた会いましょうと言い出て行く。
二度と会いたくありません!

向こうから歩いてきたテヤンにソニョンはいい父親を持って良かったと言う。
テヤンは父親とは何のことかと聞く。
ソニョンは母親に聞けと言う。

テヤンはソニョンを追いかけ駐車場に走って行く。
テヤンはなぜ家に行ったのかと聞く。
ソニョンは母親に聞けと言っただろう言う。

ソニョンの秘書は離せと言いテヤンを突き飛ばした。
倒れてしまうテヤン。
そのとき一台の車がテヤンに向かって走ってきた。

エリはテヤンを助けて自分に向いてもらう計画だったが、走って来る車を見て怖気付いてしまった。

その時ケビンが駐車場にやってきた。
車に轢かれそうなテヤンを見て、飛び出して行く。
テヤンを突き飛ばし、代わりに車にはねられるケビン。
ケビンは頭から血を流し動かなくなってしまった。

救急車で運ばれるケビン。

エリはテヤンにあなたのせいだと言う。
自分が計画しておいてよく言いますね

本部長はテヤンも被害者だと言う。
エリはいくら婿にしたいからって実の息子でもないのに命がけで助けるなんて信じられないと言う。

パク本部長はファヨンに電話をし、テヤンが怪我をしたから病院に来るように言う。
それを聞いていたエリはなぜ呼んだのかと怒る。
パク本部長が会長はこのまま助からないかもしれないのに会いたいだろうと言う。
エリは母親が来たらテヤンが実の息子だと気づいてしまうかもしれないと言う。
パク本部長は会長が危篤なのに何を言っているのかと驚く。
エリはテヤンには事実を隠せと言う。

36話

ヨンジュはハンギョルにプレゼントを持って来た。
しかし隠れるハンギョル。
ヨンジュは私のことが嫌いかと聞く。
ハンギョルは好きだけど会ったらパパがおばあさんに怒られると言う。
パパが怒られるのは嫌だと泣くハンギョル。

ソウォンが戻って来て、ヨンジュに何をしに来たのかと聞く。
ヨンジュは渡したいものがあって来たと言う。
ソウォンは昼間のことを忘れたのかと聞く。
明日やっと開業できるのに邪魔されたくないと言う。

ヨンジュは去年のクリスマスの約束を忘れたのかと聞く。
約束を守りに来たと言う。

去年のクリスマスに外出した2人。
ソウォンはいつか子供と一緒にクリスマスツリーを飾って家族のために1年間頑張ったと自画自賛したいと言う。
ヨンジュは来年のクリスマスにその夢をかなえてあげると言う。

ソウォンはそれでクリスマスツリーを持って来たのかと聞く。
ヨンジュは一緒に飾り付ける私たちの子供もできたと言う。

ヨンジュは以前はハンギョルのママになりたいと言う。
私なりに頑張って見たいと言う。
ハンギョルはヨンジュに抱きつく。

ソウォンは君には無理だとう。
ヨンジュは大変だってあなたと一緒なら構わないと言う。
ソウォンはお義母さんが許さないと言う。
ヨンジュはママは私が幸せならきっと許してくれると言う。
簡単にはいかないと思いますが

ケビンの手術は終わったが、臓器がかなり損傷しているので危篤状態だった。

ファヨンはケビンがテヤンをかばって車に轢かれたことを聞いた。
パク本部長は危篤状態だからもしもの場合は息子さんの手を握らせてあげたくて呼んだと言う。
ファヨンは彼がそこまでテヤンのことを思っていたとはわからなかったと言う。
ジョンドよりケビンがいいと思います

卒婚を祝ってルリとお祝いをするヨンヘ。
これからは誰かの妻や誰かの母親ではなく一人の女として生きると言う。
好きなことをができるからワクワクしていると言う。

それを聞いたシンモはソウォンに口うるさい女房がいなくなって清々したと言う。
これからは遊びまくって恋愛すると言う。
私の青春はこれからだと言う。

ヨンヘはシンモに34年間気に入らない妻と暮らしてお疲れ様と言う。
もう一緒に暮らすこともないから酌をさせてくれと言う。
シンモは子育てや家事に追われてできなかったことをすればいいと言う。

シンモはヨンヘにお金を渡す。
部屋を借りるのにお金を使い果たしたのだろうから、いざというときに使えと言う。
明日出て行くところは見たくないから朝は起きないと言うシンモ。
優しい夫ではないですか

ファヨンはテヤンに話したいことがあると言う。
会長に命がけで助けてもらったのだろうと聞くファヨン。
テヤンはまさか会長が父親なのかと聞く。
うなずくファヨン。

ファヨンは酒を止めて仕事で成功したそうだと言う。
あなたに恥ずかしくない姿を見せようとして頑張って来たようだと言う。
私にとってはひどい夫だったけれどあなたにとっては父親だと言う。

もしかしたら最後になるかもしれないから父さんと呼んであげて欲しいと言う。
テヤンはわからないと言い部屋を出て行く。

テヤンは今までケビンが自分にしてくれたことを思い出して涙を流す。

テヤンはルリに会いに来た。

34~36話感想

エリたちのたてた計画は実にお粗末でした。テヤンを助けるためにエリが飛び出したとしてもテヤンの気持ちは変わらないはずです。
ソニョンの秘書は急に態度が変わりましたね。あのソニョンと一緒にいるよりはエリの方がましかもしれません。
ようやく卒婚したシンモとヨンヘ。なんだか家族のために頑張って来たシンモがかわいそうな気がします。きっとまた戻る日が来ることを期待したいです。