初対面で愛します-あらすじ-全話一覧-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-初対面で愛します-あらすじ-全話一覧
初対面で愛します

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
キム・ヨングァンがまたドラマに戻って来ました!「初対面で愛します」
キム・ヨングァンといえば、甘いマスクに高身長。あの甘いマスクがまたまたドラマで見ることができるなんて最高ですよね。
今回の作品【初対面で愛します】は、甘酸っぱいロマンチックラブコメディ。甘酸っぱい中にも爽やかさを200%プラスしているようで、さらにトキメキが満載の内容になっている模様。劇中でキム・ヨングァンは、T&Tモバイルの1チームの本部長役。冷血なボス役を演じます。頭脳明晰で優秀な男であるものの、秘書を困らせることにかけては一流。四六時中、ことあるごとにチン・ギジュ演じる秘書のガルヒを呼び出しては、幼稚な行動を行う日々。秘書にとっては問題児の冷血ボス。
そして秘書役にはチン・ギジュ。数々のドラマに出演を果たしているチン・ギジュですが、実は異色の経歴の持ち主。女優としてデビューする以前は、大企業サムスンSDSの社員として生活していたそうで、そのほかには記者として短期間ではあったものの職についていた経歴を持っています。
そして今回ついに主演!優れた演技力に持ち合わせる存在感で、ミンイクの秘書役をどのように演じて行くのかとても気になります。
キム・ヨングァンとチン・ギジュのタッグを組んだ【初対面で愛します】。とびきりの甘酸っぱいラブコメディの開幕です!

ここでは韓国ドラマ『初対面で愛します』のあらすじやネタバレ、感想に見どころといった話題を紹介しながら作品の面白さに迫って行きます。
どうぞお楽しみに~!!

初対面で愛します あらすじ

いつも何事にも一生懸命なガルヒ。ガルヒの家の家訓は、「何事も耐えれば死さえも免れる」。
家訓を信じて守り抜くガルヒだが、母親は交通事故にあい帰らぬ人になってしまう。母親は死に際に家訓について、耐えても死は免れないと言いたかったものの、ガルヒには伝わらずなくなってしまう。それから時は過ぎ、一年更新の秘書ではありながらもミンイクの秘書として全てをこなしています。勤務時間なんてあってもないものと同じ。ミンイクが来いといえば行かなければならない。ある時は靴を履くための寄りかかりにされ、ある時は・・・・。そんなガルヒですが更新間近で、ミンイクが更新してくれることを願い日々奮闘します。しかし肝心のミンイクは以前信じていた、秘書にされた酷い仕打ちのせいで秘書は1年で取り替えることをモットーにしています。
それでも自分さえ頑張れば、更新してもらえると思っていたガルヒ。ミンイクはいともあっさりと、ガルヒの首を宣言します。
ミンイクはガルヒの代わりに新しい秘書を雇おうとしますが、何者かに襲われてしまい怪我をします。偶然通りかかったガルヒによって、軽い怪我で済んだもののなぜか人の顔が認識できなくなってしまっていて・・・・。それでもガルヒの顔だけは認識できて・・・・。

初対面で愛します-各話あらすじ」はこちらから

ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。

初対面で愛します-1話-2話

初対面で愛します-3話-4話

初対面で愛します-5話-6話

初対面で愛します-7話-8話

初対面で愛します-9話-10話

初対面で愛します-11話-12話

初対面で愛します-13話-14話

初対面で愛します-15話

初対面で愛します-最終回(16話)

見どころポイント

ラブコメディ作品でありながら、ほんの少しだけサスペンス的な要素も含まれています。
ミンイクが秘書に対してどのようなトラウマを抱えているのか?そして顔面認識障害は治せるのか?どうしてガルヒだけは顔が判別できるのか?様々な謎的要素を楽しみつつ、想像していただけたら面白いのではないかなと思います。
顔面認識障害を患ってしまったミンイクが、どう立ち直り成長していくのかに期待。

気分の良い日 評価・レビュー

韓国ドラマ「気分の良い日」の評価レビュー&感想です。
ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。
もちろん、レビュー&感想の中にも作品に関するネタバレがありますのでご注意ください♪

↓ネタバレ防止のため感想は非表示にしてあります!↓

ネタバレ感想はこちらをクリック!
豪華キャストに囲まれた「初対面で愛します」
ドラマの内容は冷たくて全然秘書思いじゃないボスと、正規雇用を目指して毎日必死にボスに尽くしてきた秘書。
秘書であるガルヒはボスであるミンイクに尽くしたものの、ミンイクは秘書を1年で変える意思を変えず、あっさりとガルヒにクビ宣言。容赦ない冷たさにガルヒは腹を立てます。腹を立てて腹の虫が治らないガルヒは、持っていた豚足でミンイクを殺してやろうかと考えます。
豚足で殺せる訳ないし、本気で殺すつもりなんか全然ないんですけど(笑)。そして逆にミンイクを助ける羽目に。暴漢に襲われたミンイク。
ミンイクが暴漢に襲われてみたり、ミンイクの親友であるテジュが暴漢と密かにあっているような映像が出てきたときは、ラブコメディでありつつもサスペンス要素もあり?と思っていました。
回数を増すごとにテジュの本心がつかめず、やっぱりテジュは悪い人間??なんて空想・・。会社の代表争いで身内同士の争い?などいろいろな要素を想像しましたが、ミンイクを襲った暴漢の理由。
ミンイクの会社の隠れ財団基金の存在を守るため・・・・。ミンイクの父親は従業員を従業員とも思わないような人間で、大事にしていなかったばかりか人間として扱わなかった。そして今度はミンイクの叔父が、運転手を運転手とも思わず人間らしい扱いをせず、叔父のせいで運転手は大怪我を負い休職を余儀なくされたにも関わらず、労災さえ認めてもらえなかった。そのため会社内にある秘密の財団が、密かに作った資金から労災を支払った。
その秘密を隠すためといった感じ・・・。
正直、少し肩透かし感をくらってしまった感じがしました。そしてあんなに代表理事のままでい続けたかったはずのへヨン。へヨンはミンイクの叔父であり、現在の代表理事で次の代表も、自分がと代表理事選挙に固執していた割には、なれなかったとわかった瞬間、海外へ遊びに行こうかとあっさり・・・。
ここでも少し肩透かしをくらった感じがしました。
ロマンスの部分については、ミンイクとガルヒ。ベロニカとテジュ。それぞれハッピーエンドではありましたが、ミンイクの目が最後まで完全に治らなかったこと。ベロニカの母親のはっきりとした許しが最後までなかったこと。この点が個人的には残念でした。
俳優陣の演技は個性的でとても良かったです。特にガルヒのお兄ちゃんは良かった!目が見えない役柄なのですが、とても個性的で演技が上手かったです。

初対面で愛します キャスト・登場人物

韓国ドラマ「初対面で愛します」のキャスト&主な登場人物一覧です。
主人公(ヒロイン)から脇役まで、登場人物の詳細をリスト表示。
主演俳優・女優および共演者情報など、出演者プロフィールが一目でわかります。

ド・ミンイク役 (キム・ヨングァン)

T&Tモバイルメディア1チーム本部長。
一度見たことは忘れない。なんでもわかってしまう凄腕。ミンイクの親友であり2チームの本部長でもあるテジュに、秘書の更新時期が迫っているのだから今の秘書であるガルヒを更新してあげたら?と言われるものの、1年で秘書を交換することが当たり前のミンイク。
耳を貸すようなことはしない。秘書を1年で変えるようになったのには、ある理由があったからだ。信じていた、自分のことを何もかも知っていた、秘書にされた仕打ちが今も忘れられないのだ・・。
そのため更新を願うガルヒも1年で切り捨てる予定だ。それが自分のモットーだ。そしてガルヒにきっぱりと秘書は誰でも構わないと、あっさりとクビだと発言をする。しかしその後、何者かに襲われてしまう。なんとか助かり目を覚ますものの、人の顔が判別できなくなってしまっていた??パニックに陥ったミンイクだったが、なぜかガルヒの顔だけは認識できて・・・。

チョン・ガルヒ役 (チン・ギジュ)

ミンイクのただ一人だけいる契約秘書。
更新されることを願い、ただひたすら秘書として務めを果たす。更新されて正社員になりたいのだ。正社員になりたい理由はただ一つ。
妹に不自由な暮らしはさせたくない。学費を稼ぐため。家訓は『耐えれば死さえも逃れることができる』母親を失ってからもそう信じて必死で生きて来た。
秘書としてというよりも、本部長のミンイクのためならなんでもする。周りにはパシリとまであだ名をつけられてしまう。リップを塗ってあげて見たり、靴を履かせるときの靴べらの代わりになって見たりと忙しい。本部長に正社員にしてほしいガルヒは、さらなる忠誠を尽くすものの本部長にはあっさりと「秘書はお前ではなくても構わない」と暴言を吐かれ・・・・ガルヒは頭にきますが・・・。

キ・テジュ役 (ク・ジャソン)

T&Tモバイルメディア2チームの本部長。ミノイクの友人でもある

ベロニカ・パク役 (キム・ジェギョン)

映画製作会社シネパーク代表理事。性格はおっちょこちょいな性格でもあり愉快な女性でもある。

イ・ウルワン役 (チャン・ソヨン)

T&Tメディア2チーム本部長の秘書

モ・ハニ役 (ハン・ジソン)

代表取締役秘書

シム・へヨン役 (キム・ミンサン)

ミンイクの叔父(母方)であり、T&Tモバイル代表取締役

初対面で愛します 基本情報

韓国放送局  SBS
韓国放送日  2019/5
日本放送予定 未定
キャスト  キム・ヨングァン チン・ギジュ キム・ジェギョン ク・ジャソンほか
演出  イ・グァンヨン
脚本  キム・ムアジョン