名不虚伝-ミョンブルホジョン-あらすじ-13話-14話-ネタバレでご紹介!

韓国ドラマ-名不虚伝-ミョンブルホジョン-あらすじ-13話-14話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

名不虚伝





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
タイムスリップし、ヨンギョンはイムを。イムはヨンギョンを好きなのだということがハッキリしましたね。同時にヨンギョンの幼馴染のジェハもヨンギョンが好きなのかなと・・。ジェハにタイムスリップの事が、バレてしまい、チョンスルはとぼけていましたが・・
ジェハがどういう出方をするのか心配です。そして、病院を辞めヨンギョンの祖父の経営する恵民署へ帰って行ったイムをソンテがどう出るのか?では13話へ行きましょう

【名不虚伝-ミョンブルホジョン】(ネタバレあり)

13話

イムは富と財力を捨てヨンギョンとチョンスルのいる恵民署韓医院に戻ってきました。
あっけにとられながらも嬉しいヨンギョンですが、内心不雑な心境でもありました。

イムはチョンスルに恵民署においてほしいとお願いします。
「自分がいるべき場所に戻ってきた」と。
チョンスルはイムに恵民署にいる許可をあげました。
ヨンギョンのそばにいたいのね

翌朝、イムは早起きすると仕事に行くヨンギョンの為にお弁当をつくっていました。
料理作れるのでしょうか・・?
「空腹では体に良くない」
そういうイムに「毎朝、作ってくれる?」とヨンギョン。
「毎朝作る!」とイム。
そしてイムはヨンギョンにキスをしました。
あんまりキスが上手くないイムにヨンギョンは、不服そうです。
それを感じたイムももう一度ヨンギョンにキスをしようとしましたが、出勤してきたヘビョンジェスクが見ていたので逃げるように逃げていくヨンギョン。

イムが診察を終え、おばあさんたちを送り出した後、ソンテがやってきます。
イムを見るなりソンテは「おんぼろのこの恵民署がお前の望む場所か?私が、お前が医師免許を偽造し、だまされたと警察に願い出たらどうなるかな」と言い残すと帰っていきます。
極悪人ソンテめ ( `―´)ノ

ヨンギョンは手術を担当した、大動脈剥離の患者が目を覚ましホッとしています。
患者の家族に抱きつかれるヨンギョン。
何度も何度もお礼を言い続ける家族にヨンギョンは
「私は、ただ命を救うお手伝いをしたまでです。患者さんを救ったのは、本人の生きたいと思う意志と、家族の方の愛以外何もありません」

ヨンギョンは、数日間の休みをもらい自宅に帰ります。
帰るといるはずのイムがいないことに胸騒ぎを覚え探してまわります。
家中を探し回り見つけたイムに安堵します
ブッ。犬と戯れてるイム

ヨンギョンが帰っていることに気づいたイムは、ヨンギョンの元に走り寄ろうとしましたがイムの履いていたスリッパが脱げてしまい、転びそうになるイムを抱きとめたヨンギョン。

「危ないじゃない!」とヨンギョン

イムがヨンギョンを見るとヨンギョンは泣いていました。
ヨンギョンを抱きしめるイム。
「一人にはしない。約束したから。もしまた朝鮮時代に行ったとしても必ず戻ってくる」
ヨンギョンにそう話します。
心配性すぎません?転びそうなだけで

翌日、ヨンギョンとイムはホームレスの人たちのいる駅のたまり場に行くと、診察して回り、怪我をしている人にはケガの手当てをして回ります。
それが済むと、二人は普通の恋人のようにデートをします。
カップルで撮る写真を撮ってみたり、アイスクリームを食べたり、普通の恋人がすることをたくさんして楽しみました。
海岸沿いを仲良く手をつないで歩くイムとヨンギョン。

波が届くか届かないかの波際の砂の上に、ハートが書かれているのを発見したイム。
イムはハートが持つ意味をヨンギョンに教えます。
「生きている者たちの心臓。愛することの二つがハートの持つ意味なんだ」と。

そしてイムは、落ちていた木の枝を拾うと、大きな大きなハートを書いて見せます。

「それはキューピッドの矢って意味?」とヨンギョン
「キューピッドって?聞いたことないけど何?あれは鍼だよ。僕の心に君が鍼を指したから」
楽しい一日を過ごしたヨンギョンとイム。
ズッキューン!!キュン♡

次の日、ホームレス生活のキム。が同じくホームレスのパクとチョンスルを訪ねてきます。
「昨日から腹の調子が悪い」とキム。
イムは診察してみますが特に変わったところはありません。
「治療の必要はない」と言うイムに対し
「どうしても鍼で治療をしてほしい」と言うキム。
イムはキムに鍼を・・・。
キムはチョンスルに打って欲しいとお願いします。

チョンスルは仕方なく、キムに鍼を打ち、二人は帰宅の途につくのですが、
突然、庭でキムが倒れます。
急いで診察するイムは、打ってもいない腹部に鍼があるのを見つけ・・・
チョンスルは逮捕され連行されてしまいます!

14話

チョンスルが逮捕連行されてしまい、イムは無罪を主張しますがキムと一緒にいたパクが、なぜかチョンスルが鍼を打ったと主張し続けます。

留置所に入れられたチョンスルの元に行くイム。

キムの緊急手術を済ませたヨンギョン。
ヨンギョンはキムの倒れた原因は、キムが持っていたアスピリンが原因だと刑事に説明しますがに刑事は信用しません。
キムのレントゲンを刑事に見せヨンギョンは「50年鍼で治療してきたのに、こんな鍼を上向きに指すなんて失敗するはずはありえない。近くで見てきた私が証言する」と。

しかし・・・
目を覚ましたキムもパクと同じ証言をします。
イムが違うと言ってもキムはチョンスルがやったと嘘を言い続けました。
キムさん。嘘はいけません。

そこでイムはソンテの仕業ではないかと疑い始めます。
ソンテがイムに口走った言葉。そしてイムが鍼の治療をしようとしたにもかかわらずそれを拒否し、チョンスルを指名したこと。
すべてがつながった気がしました。

イムはソンテの元に乗り込みます。
ソンテは不敵な笑みを浮かべイムを見ています。

「チョンスルは一生を刑務所で生活することになる」というソンテ。
「医療でお金儲けはすればいい!だが、あんたのやっていることは医者としてはやってはいけないことじゃないか!」とイム。
ソンテ。刑務所にいくのはあんたの方が似合ってる

「あんたは朝鮮に帰ればいい。チョンスルは何もかもを失う」

ソンテはチョンスルのいる留置場にやってきます。
チョンスルはソンテを憐れむような眼でみています。
「同じだな。20年前の事と。お前は人を使い、金、富、力を得て、老いぼれた年になったというのにそれでもまた同じ過ちをくりかえすのか?」とチョンスルはソンテに言いました。
ソンテは気にする様子などなく、「執行猶予ではすまないだろうな」と言い残し笑っていました。

警察署を出たソンテは「名前を世に残すのはチョンスル。お前ではなくこの私。マ・ソンテ以外におるまい」とつぶやきました。

ヨンギョンはキムの病室を訪ねると、アスピリンの話をします。
「アスピリンは血液を止まりにくくする作用があるから、アスピリンを服用する患者がけがをしたりしてしまうと血がとまりにくいので死ぬ可能性が高いの」と。

キムは驚きを隠せずにいます。

キムの表情を見たヨンギョンは、「キムさんにウソの証言をさせた人間は、アスピリンの危険性は説明しなかったみたいですね。私はチョンスルおじいさんの孫です」とキムに話した。

イムは警察に掛け合い、チョンスルがそんなことをする人間ではないと必死に説明します。
警察は、チョンスルを釈放するので出頭要請には必ず応じるよう話しました。

自宅にチョンスルを連れて帰ったイム。

チョンスルはキムの元にお粥をもって会いに行きました。

チョンスルはキムを責めることはなくただ「息子のために元気になれ」そうキムを元気づけました。
キムは真実を警察に明かす決心をします。

イムは朝鮮に残してきた自分の宿題をもう一度、やり直すために朝鮮にもどってくることを決めます。そしてそれが終われば帰ってくるからと。

ヨンギョンはイムの宿題をやり直す許可を出してイムを見送りました。
イムを見送ったヨンギョン。

朝鮮時代にタイムスリップしたイムが見たものは軍の兵士たちが占領し荒れ果てた後の村でした。
人の姿はなく静寂だけが村を包んでいます。
ホジュンの屋敷を尋ねますが、同じく人の気配が感じられません。
遺体がそのまま放置され、家も庭も荒れ果てていました。
その光景に胸が締め付けられる思いのイムでした・・。

13-14話感想

チョンスルが罠にはめられ、逮捕された時はどうなるの?と思いました。
おまけにホームレスのおじさんたちを利用して、チョンスルおじいさんを罠にはめてソンテは顔も悪人ですが、性格も悪人じゃないですか。冤罪は晴れたからよかったものの・・。でもチョンスルおじいさんは何だかどこかが悪いみたい・・・。
それにイムは朝鮮に残した宿題をやってくるって朝鮮にいっちゃうし・・・。
ちゃんと帰ってくるのか心配です。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。