太陽の季節-あらすじ-100話-101話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-太陽の季節-あらすじ-100話-101話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

太陽の季節

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
自殺をしようとしたグァンイルは反対にシウォルを撃ってしましました。グァンイルは外国に逃げようとしましたが、シウォルがこの事件を誤った事故だと届け出たと聞き、グァンイルは自首しました。
テジュンは密航する前にウツボ汁を食べに行きました。そのウツボ汁はミランが作ったものでミランはその汁に薬を入れたようです。

【太陽の季節】(ネタバレあり)

100話

ウツボ汁を食べて気を失ったテジュン。
目を覚ますと目の前にユウォルが座っていた。

ユウォルはもう船は出航したと言う。
テジュンは私に何をしたのかと聞く。
ユウォルは大好きなウツボ汁と睡眠薬を食べた感想はどうかと聞く。

テジュンはどうするつもりかと聞く。
ユウォルはこの手で殺して地獄に送りたいと言う。
テジュンはお前を殺人者にするのも悪くないと言う。
私のおかげでお前は強くなったと言う。

ユウォルは礼でも言ってほしいのかと言う。
テジュンは頼むから逃がしてくれと言う。
奪われたのはすべて取り戻しただろうと言う。

ユウォルはできないと言う。
エクアドルでまた人を食い物にするつもりだろうと言う。
俺に謝罪をしろと言うユウォル。

テジュンは冗談だろうと言う。
死んでもできないと言う。
殺すか助けるかどちらかにしろと言う。

ユウォルはお前のために手は汚したくないと言う。
残りの人生で罪を償えと言うユウォル。
テジュンは部屋を飛び出し逃げて行く。

しかし店の前にはパトカーや警官が出て来るのを待っていた。
その場で手錠をかけられるテジュン。
やっと捕まりました

留置場に入れられたテジュンは中にいるグァンイルを見つけた。
テジュンはなぜお前がここにいるのかと聞く。
グァンイルは自首したと言う。
父さんのようになりたくなかったと言う。
よく決心しました!

ジョンヒはチャン会長にユウォルとシウォルの結婚はどうするつもりかと聞く、
ジミンをユウォルの戸籍に入れるには2人を結婚させなければいけないと言う。
チャン会長はそれは難しいと言う。
10年以上グァンイルの妻だったシウォルをユウォルの妻にするなんて通用しないと言う。

退院するシウォル。
ユウォルはシウォルに結婚してくれと言う。
シウォルはまだ早いと言う。
ユウォルは何があっても君とジミンと暮らしたいと言う。

シウォルはチャン会長に退院の報告をする。
ユウォルが話をしようとすると、チャン会長はシウォルに疲れただろうから部屋で休めと言う。
シウォルだけ部屋に戻った。

ユウォルは会長にジミンを籍に入れシウォルと結婚すると言う。
会長はお前はヤンジグループを背負っていると言う。
世間の噂が収まるまで待てと言う。
ユウォルは待てないと言う。

ジミンはシウォルにアメリカで暮らせないかと聞く。
友達に刑務所にいるのが父親か、会社にいるのが父親かからかわれると泣き出すジミン。
シウォルはママが悪いと言い、ジミンを抱きしめる。
ジミンをいじめる奴は私が懲らしめます

スクヒ家族はヤン室長の甥の父親はチョン道人ではないかと考えた。
チョン道人の髪の毛を抜きに来たミンジェ。
そしてDNA検査に出す。
その結果、ヤン室長の甥の父親はチョン道人だった。

会社ではグァンイルと離婚したシウォルが今度はユウォルと再婚すると言う噂が広がった。
そのせいで会社でもいたたまれない状況になってしまったシウォル。

ユウォルは理事たちに自分のもっているヤンジグループの持ち株でを財団にすると言う。
そして自分は経営から手を引くと言う。

それを聞いたチャン会長は怒り出す。
チャン会長はユウォルにヤンジからオーナーを排してお前は経営から手を引くのはなぜなのかと聞く。
ユウォルは帝王の座を消したかったと言う。
もう悲劇はごめんだと言う。

101話

ユウォルはチャン会長にヤンジの利益は個人ではなく社会的弱者に還元したいと言う。
チャン会長はそれはお前の人生をだいなしにした私への復讐かと聞く。
ユウォルはヤンジを恥ずかしくない企業にしたいだけだと言う。

会長は私が反対したらどうするかと聞く。
ユウォルはそれでもやると言う。
そのために会長になったと言う。
会長はお前がヤンジの筆頭株主で最高経営者だから好きにすればいいと言う。

その代わりお前と二度と顔をあわせるつもりはないと言う。
私の孫ではなく再び孤児になれと言うチャン会長。

ドクシルはチョン道人をセッピョルだと思い込み、髪を整える。
とうとうここまで来てしまいましたか

チョン道人はユウォルにドクシルを病院に連れていけと言う。
ユウォルは僕を困らせるための演技だと言う。
チョン道人は以前とは違う、重症になる前に病院に行けと言う。

シウォルはユウォルにジミンと先にアメリカに行きたいと言う。
3人で暮らすのはしばらくは無理だという。
あなたにはヤンジを立て直さなければならないと言う。

ユウォルは僕が今まで耐えられたのは君がいたからだと言う。
つらいだろうが僕のために耐えてくれと言う。
ジミンがかわいそうです

ミランが帰って来た。
ミランはドクシルに母さんと旅行に行こうと言う。

ミランはユウォルにドクシルは私が連れて行くと言う。
私たちのことは忘れて自分の人生を生きてくれと言う。
ドクシルはユウォルに母さんと旅行すると言う。

ドクシルが出て行く日、ユウォルはいつも通りに出勤する。
ドクシルはセッピョルになっていた。
ユウォルのことをパパと呼び、見送りするドクシル。

ヤン室長の甥は韓国で暮らすのはやめて、アメリカに帰ることにした。
散歩をしているチョン道人にそのことを話すヤン室長。

シウォルはグァンイルの面会に行き、ジミンとアメリカに行くことを告げる。
グァンイルはあの時、なぜ事故だと言ったのかと聞く。
シウォルは気持ちを楽にして、あなたのそばを離れたかったと言う。

グァンイルは意外とここに順応しているから心配せずに行けと言う。
君のことは忘れると言うグァンイル。
本来は優しい人です

ジミンはアメリカに行く前にチャン会長に挨拶をする。
チャン会長はシウォルにジミンのことを頼むと言う。

ユウォルは空港には行かずに2人を送り出した。

3年後。

チャン会長は体調を崩し、入院している。

ヤンジグループは新しい社長が決まり、ユウォルは経営から引くことにした。
ヤンジは誰もが賞賛する人気の国民的大企業になっていた。
会長に報告するジョンヒはユウォルが誇らしいだろうと聞く。

シウォルとジミンは帰国した。
入院しているチャン会長に会いに行く2人。

ジミンは会長に元気でいると言っていたのに寝ていたらダメだと言う。
会長はシウォルにユウォルを呼んでくれと言う。

シウォルはユウォルに会いに行く。
シウォルは会長に会いに行こうと言う。
あなたを連れて来いと言われたのだと言う。

100~101話感想

3年経ったのにジミンはほとんど変わりませんでした。別な子役に変わるかと思ったのですがあのジミンのままで良かったです。
ドクシルはかなり悪化してしましいましたが、以前のようなトゲがなくりました。治療していぜのドクシルに戻ることを祈ります。
逮捕されたテジュンは反省するのでしょうか。グァンイルが自殺しよううとしたことを聞いても反省しなかったのですから期待はできそうにありません。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください