怪しいパートナー-あらすじ-1話-2話-ネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-怪しいパートナー-あらすじ-1話-2話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

怪しいパートナー

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
チ・チャンウク入隊前最後の作品と聞いただけで、期待大なドラマですよね!!
しかも、初挑戦のラブコメ!どんなチ・チャンウクが見られるのか楽しみです♪

今回は1話からお伝えしていきますね♪

【怪しいパートナー】ネタバレあり

1話

ある日、地下鉄に乗っている新人弁護士ウン・ボンヒはお尻を触られている感じがして、隣にいた検事ノ・ジウクに痴漢の疑いを掛ける。
しかし、痴漢などしていないジウクは身の潔白を証明するも、ボンヒに言いくるめられてしまう。
ボンヒ、かなり気の強い女性みたいですねww

ボンヒは匿名のメールを受け取り、指定のホテルに行ってみることに・・そこで恋人ヒジュンが自分とは違う女性と一緒にいるところを見てしまう。
開き直るヒジュンに「私もあんたと同じように、違う男と遊んでやる」と意地を張るボンヒ・・そんな2人を目撃したジウクはボンヒを連れて去っていってしまう。
匿名のメールは一体誰の仕業なんでしょうか?

さっきの痴漢だと気付いたボンヒ・・「痴漢じゃない」と弁解するジウク・・そのまま別れようとするがヒジュンが追ってきたため、2人でタクシーの乗ることに。

その後、お酒を飲みに行く2人・・しかし泥酔したボンヒを一人に出来ず、家に連れて帰るジウク・・そんなジウクを押し倒してしまうボンヒ。
実は、ジウクも昔付き合っていた彼女ユジョンに浮気されたことを思い出し、ボンヒを助けたのだった。
ジウクにもそんな辛い過去があったんですね・・

ある日、司法研修として検察官の元で勉強することになったボンヒ・・その検察官とはあの日、押し倒したジウクだった・・最初からいがみ合う2人。

嫌味のようにたくさんの仕事を振ってくるジウク・・そんな中、ボンヒのお尻を触った痴漢が捕まり、ボンヒの元にやってくる。その痴漢は「いつものように覗きをしていたら、殺人事件を目撃した」と話す・・しかし、相手にしないボンヒ。
これで、ジウクの痴漢疑惑もようやく晴れましたね!

ヒジュンにより「ワンナイト女」と噂を流されているボンヒ・・ヒジュンの新しい彼女ジヘに嫌味を言われていると・・そこにジウクが現れる。
いつも嫌味しか言わないジウクが「会いたかった」「俺がボンヒさんに一目ぼれした」と頭を撫でてきて、戸惑うボンヒ。
ジウクなりにボンヒを守ってあげたんですね!ツンデレ~ww

多忙だったボンヒを気遣い、「今日は家で休め」と話すジウク。
帰宅後、コンビニに行く途中、町全体が停電になる・・帰ってくると、家には元カレ、ヒジュンが倒れていた。
名前を呼ぶも応答がなく、ヒジュンからは血が・・停電中だったため、コンビニではカードが使えず、ボンヒのアリバイを証明するものがない。
ボンヒはその日から殺人容疑者となる・・しかもこの事件の担当検事はジウクだった・・。

2話

コンビニに行く前、窓の外を眺めていたボンヒ・・その先では殺人事件が起きていた!その現場を目撃されたと勘違いした犯人はボンヒの部屋へ向かう・・。(ボンヒはメガネを外していたため、何も見えてはいなかった)
同時に元カレ、ヒジュンも以前と変わらない暗証番号でボンヒの部屋に入ろうとしているところだった・・そこに殺人犯が!!
こんなことってある!?的な展開にびっくりですww

事件の担当検察官としてボンヒの前に現れるジウク。停電により、道路の監視カメラも作動しておらず、コンビニの店員も暗くて顔は分からないと・・アリバイがなく、動機が十分なボンヒはなかなか潔白を証明することがむずかしい。

ジウクは知人の弁護士ウニョクにボンヒの弁護を頼むことに・・一方、ジウクは現場を訪れ、一から調べることに。
現場付近で凶器が見つかる・・と同時にボンヒの部屋からも凶器が発見される・・2つあるはずのない凶器・・。
これは裏で大きな力が動いたとしか考えようがないですよね!

ボンヒの裁判が行われる。ジヘたちの証言をウニョクの反論でかわしていく中、ボンヒの失言により、無実の道は遠くなってしまう。
第2回目の裁判・・ジウクは凶器を証拠として提出し、殺人罪として15年の刑を要求すると最終弁論をするジウク。
ヒジュンの父の圧力により、検事としての居場所を守りたいという気持ちと、父親のような犯罪を許さない検事になりたいという気持ちの狭間で葛藤するジウク・・突然「もう一つの証拠を提出します」と2つ目の凶器を出すジウク。
「2つの凶器があるということは、そのうち1つは作られた証拠だ」と「起訴を取り下げる」と・・。
ジウクかっこいい~♪

裁判所を出たところで聞いたことのある口笛を耳にするボンヒ・・その口笛は事件当日、コンビニの帰りに耳にしたものだった。

ジウクはボンヒを救った代償として、検察官を辞めなければならなくなった・・そこにボンヒが現れる。
「悪運だ・・二度と俺の前に現れるな」と話すジウク・・。

怪しいパートナー 1話・2話感想

とりあえず今の所はラブコメ感はないですが、チ・チャンウクがかっこよすぎる!スーツ姿でバリバリ仕事をこなす姿にときめいてしまいますww
しかも、冷血人間のように振る舞っても、なんだかんだで優しいツンデレタイプで、胸キュンポイントが満載でした♪

それにしてもいきなり殺人容疑者になってしまうとは・・びっくりな展開です。
恋愛模様にも注目ですが、ヒジュンを殺した殺人犯・・ボンヒの周りをうろつく口笛の男・・この事件の真相も、かなり気になるので合わせて注目していきたいと思います!!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください