怪しいパートナー-あらすじ-3話-4話-ネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-怪しいパートナー-あらすじ-3話-4話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

怪しいパートナー

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
弁護士がいきなり殺人の容疑者に・・展開が早く、次は何が起きるのかドキドキしながら見てしまいますねww
ジウクのお陰でボンヒの容疑も晴れましたが、そのせいでジウクからは距離を置かれてしまう結果に・・。この2人はこのまま関わることがないのでしょうか?

今回は3話からお伝えしていきますね♪

【怪しいパートナー】ネタバレあり

3話

ジウクのことが気になり、告白しに行くボンヒ・・しかしジウクは「もう俺の前に現れないで欲しい」と話す。
そんなジウクの発言に驚きながらも「不眠症に効く薬です」とジウクを気遣うボンヒ・・「ありがとうございました。あなたは私のヒーローです」と話すも「好き」だと伝えることが出来ず、「犯人に会った」ことを話す。
「自分でなんとかする」「迷惑はかけられない」と話すボンヒがなぜか気になるジウク。

検事をクビになったジウクはウニョクと一緒の事務所で弁護士として働くことに。
「何もなかったように振る舞ってるが、何もなったことにしたわけじゃない」とウニョクに話すジウク。
ジウクに冷たくされてもめげないウニョク・・一体この2人はどんな関係なんでしょう?

一方ボンヒのは真犯人を自らの手で探すことに。犯人が凶器を捨てたであろう場所に行くと、背後から人の気配が・・犯人だと思ったボンヒが構えていると現れたのはジウクだった。
ボンヒのことを心配しているジウクだが「これ以上はない」とボンヒとの出会いを「悪縁」だと言い、去っていく。
ジウクもボンヒのことが気になっている気がするんですが・・

それからボンヒは、辛いことがあっても、ジウクを遠くから見つめ、一生懸命に勉強をし、弁護士として頑張っていた。
一方、ジウクは弁護士として仕事に励んでいるが、検事への未練が捨てられずにいた。

ある日、依頼人を待つボンヒ・・そこに手を怪我した依頼主ソンホがやってくる・・付き合っていた女性に付きまとっていたストーカーだと・・しかし、そのストーカーもやめ、偶然会った彼女に挨拶だけでもしようとしたところ、突き飛ばされ、怪我をした・・と話す。
一方、ジウクの元にはソンホの元彼女ナウンが弁護の依頼にやってきていた。
裁判所でお互い「原告」「被告」の弁護人として、再会するジウクとボンヒ。

ソンホはナウンからの謝罪を受ければ、全ての訴えを取り下げると約束し、ジウクとボンヒを入れた4人で会うことに。
同意書にもサインし、無事に終わるかと思ったが・・ソンホの行動の異変に気付き、ジウクと一緒にソンホの元へと急いで向かうことに。
その頃、ジウクはナウンが乗っているタクシーを追いかけ、ナウンの自宅まで追いかけてきていた。

ソンホがナウンの自宅に侵入し、部屋をこじ開けようとした時、ボンヒが駆けつける・・暴れるソンホはボンヒに襲いかかろうとする・・その時、ジウクがボンヒを守るため、掛けつける。
まっすぐなボンヒを放っておけないんでしょうね♪

事件も解決し、事務所に送ってもらうボンヒ・・今回のストーカー事件を通し、自分のジウクへの気持ちがジウクを困らせているのではないかと、「仕事以外では距離を置く」ことを決めるボンヒ。
好きな人が近くにいるのに、気持ちを我慢しなきゃいけないのは辛いですね・・

事務所に戻ると「もし君が私を探し続ければ、私も君を探す」と言ったメッセージとともに、靴が送られてくる・・。

4話

ジウクの車に忘れ物をしたボンヒ。そこで電話するジヌクは「事務所にヒジュンを殺した犯人が来たみたいだ・・いや、まだここにいる」という話をボンヒから聞き、急いで事務所に向かう。
ボンヒは犯人を追いかけるも見失ってしまう・・そこに駆けつけるジウク。
犯人もボンヒの存在を知っているんですね・・こわい・・

「距離を置く」と決めたものの、事務所と自宅が一緒のボンヒを危険だと、自分の自宅に泊まらせることにしたジウク。
翌朝、不眠症のジウクがぐっすり寝ている姿を見とれてしまうボンヒ。

鑑識班員チャンホがボンヒの事務所にやってきて、指紋の採取をする・・しかし様子のおかしいチャンホは何かをポケットに隠し、去っていく・・。
チャンホは犯人と何か関係があるのでしょうか?

水道代などが払えず、ジウクの家に行くボンヒ・・そこに酔っ払って帰ってくるジウク。いきなり現れたジウクにびっくりし、足をくじくボンヒ・・そんなボンヒの手当をしながら、寝てしまうジウク。
幼い頃の記憶なのか、家事の中、父親が倒れている・・そこに一人の男性が近付いてくるという夢で目が覚める・・。
ジウクの不眠症の原因の一つなのでしょうか・・

ある日、ボンヒはユジョンという検事に出会う。悪者は放っておけない性格でお互いに好印象で名刺交換をする。

自分のせいで足をくじいたと申し訳なく思っているジウクはボンヒに尽くし、優しく接する・・そんなジウクにときめきそうになるが、自分の思いを必死に押し殺すボンヒ。

弁護士仲間に嫌われているジウクを気にかけ、飲み会を開くウニョク。その店に現れるボンヒ・・崖っぷちのボンヒに友人が弁護士事務所の事前面接だと連れてこられていたのだ。そんなボンヒが気になって仕方ないジウク・・一方、ボンヒは自分の弁護士としての能力をかわれたのではないことを知る・・そこへジウクが現れ、ボンヒを連れ出す。
かっこいいジウク・・やっぱりボンヒのこと・・?

そんなボンヒに「もう一度、俺の仲間になれ」と言って、そのまま酔っ払ってもたれかかるジウク。
翌朝、全裸でベッドで寝ている自分に驚くジウク・・昨晩何が起きたか覚えていないジウクをからかうボンヒ。

出掛けるボンヒとジウク・・家を出るとそこにユジョンが立っていた・・。

怪しいパートナー 3話・4話感想

あっという間にジウクに恋をするボンヒ・・展開の速さにびっくりですが、辛い状況の中、いつも気にかけ、自分のために検事という職をかけ、戦ってくれたジウクを好きになってしまう気持ち、わかる気がしますよね♪

また、ボンヒとの出会いを悪運だという割に、ボンヒのことが気になって仕方ない様子のジウク。冷たい態度ををとったと思えば、足をくじいたボンヒに尽くす姿・・ツンデレすぎてそのギャップに胸キュンしてしまいますww
いい感じの2人・・そこにユジョンという女性が現れ・・この女性は一体ジウクとどんな関係なのでしょうか?







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください