怪しいパートナー-あらすじ-15話-16話-ネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-怪しいパートナー-あらすじ-15話-16話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

怪しいパートナー

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
やっと結ばれたジウクとボンヒ。これから甘いひとときを~♪と思っていたのですが、なにやら不吉な予感・・。
ボンヒの写真に写る男性とジウクの過去に関わっている男性が同一人物・・これは一体何を意味しているのでしょうか?

今回は15話からお伝えしていきますね♪

【怪しいパートナー】ネタバレあり

15話

以前ボンヒが「火事で父親を亡くした」という話を聞いていたジウク・・しかもその男性は自分の両親を殺し恨み続けていた相手だった・・気になるもボンヒにはなかなか話すことが出来ない。
こんな悲しい運命があるなんて・・!!

ジウクはウンホを呼び出し、「自分の父親の事件の犯人を調査して欲しい」とお願いするも、結果を聞くのが怖いジウクは「急がず、ゆっくりでかまわない」と依頼する。
余計な考えを失くしたいジウクはウニョクの担当している放火事件を手伝うと提案する・・そこへ「私も手伝います」とボンヒがあらわれる。
真実を知りたい気持ちと知りたくない気持ちの間で葛藤しているんでしょうね・・

ウンホが茶封筒を持ってくる・・その中身を確認するジウク・・写真にはボンヒの部屋で見た男性が・・調書には「娘:ウン・ボンヒ」と・・写真の男性、ジウクの両親を殺した男性・・その人物はボンヒの父親だったのだ。
強がるように「ボンヒには関係ない・・そうですよね?」とウンホに強がるように話すジウク。
決定的になってしまいましたね・・

その夜、うなされるジウク・・心配したボンヒはジウクの傍で寝ることに・・そこでボンヒの父親の話を聞くジウク。
翌朝、キスを思わず拒むジウク・・ショックを受けるボンヒ。

放火事件の証人が「自分で放火し、通報し、ヒーロー気取りなのでは?」と推測したウニョクたちは、証拠を見つけるために調査を開始する。
一緒に調査する中でジウクの行動がおかしいと感じたボンヒは「何か私がミスでもした?何か話があるんじゃないの?」とジウクに聞く・・しかしジウクは「何もないし、自分で解決すべき問題だ」と戸惑った表情で答え、ボンヒはさらに疑ってしまう・・。
何も知らないボンヒからすれば、ジウクの行動を不安に思ってしまいますよね・・

その夜、ウンホに呼び出され、酔っ払ったジウクとウニョク・・そんなジウクを迎えに行くボンヒ。
帰宅し、水を用意しに行こうとするボンヒを抱き寄せ「俺たち、ずっと一緒にいよう」と話すジウク。

ウニョクは放火事件の裁判中・・ユジョンから真犯人の証拠を入手し、容疑者の無罪が認められる・・しかし、その裁判を傍聴しながら何かに気付くボンヒ・・。
自分の父親が冤罪で捕まり、何度もその事件についての記事を読んでいたボンヒ・・そこで呼んだ被害者についての記事、今まで聞いたジウクの過去の事件の話・・色んなことが合致し、ジウクが両親を殺した犯人がボンヒの父親だと思っていることに気付いたボンヒ・・。
あーーーついにボンヒも気付いてしまうとは・・

ボンヒはジウクを外に呼び出し、一緒に仲良く昼食を食べたり、普通のカップルの様にデートを楽しむ2人・・しかし、突然、止まり、繋いでいた手を離すボンヒ・・そして「私たち、別れましょう」と話すボンヒ・・。

16話

「別れましょう」というボンヒの言葉に「いつから気付いてた?」と話すジウク。
「大丈夫だ」と話すジウクに「あなたが苦しむのは、私がつらい」「しかも、私のお父さんはあなたが考えているような人物じゃない・・でもそれを証明できない」と話すボンヒ。
ボンヒと離れたくないジウク・・しかし、そんなジウクの話も聞かず、「よくやった」と自分に言い聞かせ、強がり去っていくボンヒ。
ボンヒは父親の無実を信じている・・複雑な感情ですよね・・

行く当てのないボンヒは犬猿の仲ジヘの元へ。
その夜、ジウクとの幸せだった日々を思い出し、涙を流すボンヒ・・。

翌朝、ジウクと顔を合わせたくないジウクだが、ジヘに説得され、仕事に向かうボンヒ。
会社につくとジウクに呼び出されるボンヒ・・そこでボンヒは「退職願」を手渡す・・「公私混同せず、仕事をしてほしい」と話すジウク・・それでも父親のことを理由に辞めたいと話すボンヒにしばらく休むように伝え、退職願を破るジウク。

ジウクは両親の事件の件で担当検事だったヒジュンの父チャン・ムヨンに会いに行く。事件当時、ボンヒの父が犯人だという十分な証拠がなかったにも関わらず、犯人として裁きを受けた理由を聞くジウク。
すると「君が彼が犯人だと言った」と話すムヨン・・その言葉に愕然とするジウク。
なんだか、ムヨンが怪しいと思っているのは私だけでしょうか?

調子が悪く、ずっと寝込んでいるボンヒ・・そんなボンヒを心配して病院に連れていくジヘ・・そこへ駆けつけるジウクとウニョク。
意識が朦朧としているボンヒの元は駆けつけたジウクにキスをする・・

ある日、警察に呼ばれるボンヒ・・そこにはかつてテコンドーの教え子ジェホンがいた。仕方なく会社に連れていくボンヒ・・買い物をしている時に偶然、殺人現場を目撃してしまったというジェホン。
ジェホンは親戚の叔父伯母に育てられているが、彼に関心がなく、泊まるところがない・・そこでジウクの家に泊めることに。

その夜、殺人犯が迫ってくる夢を見て、一人では寝れず、ジウクの部屋で一緒に寝るジェホン・・自分が証人にならないと、犯人は捕まらないのかと聞いてくるジェホンの言葉にかつて自分も「犯人を捕まえるために証言しないと」「もし、捕まえられなったらお前のせいだ」とムヨンに言われたことを思い出すジウク。
幼かったジウクを責めて、追い詰めたムヨンが腹立たしい!!

小学校前でジェホンを待っているボンヒ・・しかし見当たらない・・必死で逃げているジェホン・・そこである人物とぶつかってしまう・・その人物を警戒しているジェホン。

その夜、また悪夢を見て「犯人が僕を殺しにきたらどうしよう」と話すジェホン・・そんなジェホンを抱きしめ「大丈夫。何があっても守るから」と話すジウク・・翌朝「証人になる」と決意するジェホン。
ジェホンが自分の幼い頃と重なって見えたんでしょうね・・

ジウクと一緒に警察署を訪れるジェホン。そこで「スーパーで見たのはあのおじさんだ」と指をさした先にいたのは警察の人物だった・・事件当日、鳴っていた着信音、そしてジェホンが見た靴を履いており、連行される犯人・・。

ヒョンスの病室を訪れるボンヒ。そこでウンホと電話をし終え、振り向くとそこに立っていたのは・・なんと意識不明で眠っているはずのヒョンスだった・・。

怪しいパートナー 15話・16話 感想

せっかく恋人同士らしく、ラブラブば時間が~と思っていたのに、ジウクの両親が亡くなった事件の容疑者がボンヒの父親だったなんて・・思いもよらぬ展開にびっくりです!!
しかし、当時の担当検事ムヨンが仕組んだことなのか、なにか秘密がありそうな気がします・・。
またジウクとボンヒはこのまま本当に別れてしまうのでしょうか?そして、ついに目覚めたヒョンス・・彼はどうなってしまうのでしょうか?気になります!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください