無法弁護士-あらすじ-13話-14話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-無法弁護士-あらすじ-13話-14話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

無法弁護士

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

チャ裁判官の元にマッサージ師として侵入したヒョンジュ・・かなり危険な行為ではないでしょうか?正体がばれてしまったら、次は本当に命がないかも・・!
デウンと何やら企んでいる様子ですが・・なんだか心配ですね・・。

今回は13話からお伝えしていきますね♪

【無法弁護士】(ネタバレあり)

13話

ジェイの母ヒョンジュの誕生日を祝うジェイとサンピル。
サンピルの気持ちが嬉しいジェイは涙を流す・・。

オジュに呼ばれ、会いに行くデウン。
「穏便に私たちで解決しましょう」と話すオジュに「あんたと裁判長の女の屍を見れば解決する」と挑発するデウン。
するとオジュの合図でグァンドンはデウンの首に薬を打つ・・そのまま気を失うデウン・・。
オジュはデウンに何をする気なのでしょうか?

翌朝、ビルの屋上で目覚めるデウン・・するとそこにはグァンドンがおり「サンピルに最期を見てもらう」と連絡する。
・・グァンドンからの連絡でデウンな状態だと知ったサンピルは、車を走らせる。
まさか殺す気なのかもしれません・・

サンピルが到着すると、デウンは屋上から縄で吊るされていた・・その縄を必死に握るサンピル。
「絶対に死なせない」と必死に手繰り寄せるサンピルに「俺はもうダメだ。離せ」と言うデウン・・その後「いい弁護士になれ」とサンピルの手を剥がし、落ちていくデウン。
・・駆けつけた警察に殺人容疑で逮捕されてしまうサンピル。
親のように自分を育ててくれたデウンを失うことはサンピルにとって、どれだけ辛く、悲しいことか・・

サンピルの事務所にはチョン検事とコン捜査官、カン検事が家宅捜索にやってくる・・状況を知ったジェイはサンピルの無実を信じ、サンピルに面会に行くことに。
・・しかし、そんな中、事務所から麻酔薬が見つかってしまう・・。
全てオジュの仕業でしょう・・

面会に来たジェイに「伯父さんを見送ってあげて欲しい」と頼むサンピル・・しかし「あなたが伯父さんをしっかり見送るのよ。私がそうさせてあげる」とサンピルを抱きしめるジェイ。
サンピルにジェイという存在がいてくれてよかったです!

一方、オジュの勝手な行動に怒り心頭なチャ裁判官は、オジュを呼び出し、叱りつける。するとオジュは「あなたの過去を消そうとしてやっていることを忘れているのでは?」と反論する。
チャ裁判官とオジュの間に不穏な空気が流れ始めましたね・・

翌日、サンピルにデウンの葬儀を行う許可をして欲しいとチャ裁判官に頭を下げに行くジェイ。すると交換条件として「ポン弁護士の無実を証明して、あなたの実力を見せなさい」と話すチャ裁判官。
チャ裁判官の狙いとはなんでしょうか?

・・デウンを天国へ見送るサンピルたち。
するとサンピルの涙を見たコン捜査官は「君が犯人ではないのは分かってる。もしかして、チェ・ジネ弁護士の息子か?」と聞き、サンピルがコン刑事をチョン検事の捜査官になった理由が偶然ではないこと知る・・。
コン捜査官に過去の事件を紐解いてもらうつもりで、推薦したのでしょうね!

その後、サンピルに面会に来るオジュ。
「仲間を守りたければ、塀の中で大人しくしてろ」と話すオジュに「チャ裁判官は俺の無実を望んでいるようだ」と挑発するサンピル・・。

14話

サンピルは拘置所内でデウンの手下で、サンピルも兄のように慕っていたチョンガルと会い、驚きの表情を見せる。
一方、チャ裁判官はカン検事を呼び出し、ジェイに裁判で勝てるのか問いただし、「週末に乗馬でもしましょう」と話す・・その話をマッサージをしながら聞いているヒョンジュ。
ヒョンジュはどんなタイミングで動き出すのでしょうか?

ある日、ギホが事務所にいるジェイを訪ねてくる。
「早くソウルに行け」と話すギホ・・しかし「私は弁護士なの。依頼人が無実だと分かっているから弁護する」と話し「ポン・サンピルは私の愛する人なの」と正直に話すジェイ。
ギホにジェイの気持ちが通じるでしょうか?

デウン殺害事件の初公判が開かれる。
控室で待つサンピルの元に「あなたにはやはり被告人が似合ってるわ」と嫌味を言うチャ裁判官・・しかし「俺の運命は法にのみ委ねられている。そして俺を守ろうしてくれる強い弁護士がいる」と話すサンピル。

裁判が始まる。
殺害の凶器からサンピルの指紋が出ており、デウンの体内から麻酔薬が検出され、サンピルの事務所から同じ麻酔薬が発見されたことで、サンピルの立場が危うい状況。
その上、証人も現れ、サンピルがデウンを突き落とす現場を見たと話す。
何から何まで用意周到に準備されているようですね・・

次にチョン検事がサンピルに「被告人がキソンに行くことをよく思っていなかった被害者(デウン)が、恨んで先に襲ってきたのでは?それで突き落としたのではないか」と話し「被害者が死んで得するのは被告人です」と保険金受取がサンピルになっている書類を証拠として出してくる。
・・完全にサンピルが不利な状況。
チョン検事は検察の立場ですから、サンピルを攻撃するしかないですもんね・・

その夜、ヒョンジュは写真館を訪れ「証明写真がいるから撮って欲しい」とジェイに頼む。
レンズ越しにヒョンジュを見て「母に似ている・・」と呟くジェイ・・そこにギホが帰宅すると慌てて出て行くヒョンジュ・・。
ヒョンジュは一体なにをしに写真館へ?

翌日、事務所を訪れ、ジェイに「私はチャ裁判官の私邸でマッサージを担当してます。亡くなったデウンさんが送り込んだんです」「生前に渡されました」と写真を渡し「私も闘っているんです。あなたのように・・」と話すヒョンジュ。
ヒョンジュが動き出しましたね!

一方、チョンガルはサンピルに「兄貴(デウン)を殺しやがって」と殴りかかる。「俺じゃない」と否定するも、揉み合いになり、流しにあった鋭利物でサンピルを脅す。
すると「信じてもらうにはこうするしかない」とチョンガルの手を握り、自分の腹を刺すサンピル・・流れ出すサンピルの血・・。
サンピルはわざと怪我をしたようです・・外に出るためでしょうか?

その頃、ヒョンジュから受け取った写真を確認しているジェイ。
写真にはチャ裁判官とアン・オジュが写っていた・・そこに「サンピルが病院に運ばれた」とコン捜査官から連絡が入る・・。

無法弁護士~最高のパートナー~ 13話・14話 感想

今までチャ裁判官の指示で動いていたオジュですが、少しずつ、チャ裁判官に不信感を募らせ、デウンを勝手に殺害してしまいましたね。オジュはサンピルの大切な人物から狙っていき、苦しめた後、サンピルを殺害すると企んでいる様子・・なんて最低な人間なんでしょうか!オジュが捕まらないなんておかしな世の中です!
そんなオジュの作戦により、かなりピンチなサンピル・・そんな状況の中、ヒョンジュがついに動き出しました。オジュとチャ裁判官が悪事を働き、繋がっているという証拠をジェイに託し、これからどう動いていくのでしょうか?そして、ジェイに母親だと打ち明けるのはいつなのでしょうか?ジェイの反撃に期待して、裁判を見守っていきたいと思います♪