理判事判-あらすじ-5話-6話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-理判事判-あらすじ-5話-6話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

理判事判




ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
突然、ハンジュンがギョンホは真犯人ではないと言い出しました。
ハンジュンは何を知って、何を隠しているのでしょうか?謎過ぎます。
ジョンジュも兄のギョンホを事件の犯人でクズだと思っていましたが・・。もしかすると兄のギョンホは、無罪なのかもしれないと感じ始めます。
話がどんどん面白くなってきました。見逃せませんね♪

【理判事判】ネタバレあり

5話

ジョンジュの兄であるキョンホの裁判が法廷で開かれています。

裁判官のユンは、キョンホの妹のジョンジュがこの法廷の中にいるのかとの質問に困惑します。
本当に困惑している顔

ジョンジュは、ハンジュンを疑いまた疑われているハンジュン。
逆にジョンジュの事を心配していました。
ハンジュンは、ジョンジュに一言だけ話します。

「君のお兄さんのチェ・キョンホは犯人じゃない。僕も違う」と。
ハンジュンはいったい何を知っているのかな。キョンホが犯人ではない真実を知っているようですが

ジョンジュに、お兄さんのキョンホの声が録音されたテープを聞かせるウィヒョン。
ジョンジュは兄が話すテープを静かに聞いていましたが涙が溢れ出ます。
キョンホのテープを聞いたジョンジュ。
兄のキョンホが収監されている刑務所へ会いに行きます。

ジョンジュはキョンホに今までのキョンホに対する疑念をぶつけますがキョンホは答えませんでした。

自分が刑務所へと送られることになった経緯を話すキョンホにジョンジュはまた、涙が溢れ出ます。
ジョンジュはキョンホに泣きながら謝りました。
これまでのこと。キョンホを事件を起こした容疑者だと思い込み、無罪だと考えもしなかった事を申し訳なくて

ジョンジュが刑務所を出た後。
キム・ジュヒョンがキョンホを刺激し、キョンホはジュヒョンともみ合い大けがをしてしまいます。
( ;´Д`)大丈夫かな。瀕死の状態です
ハンジュンは、キム・ジュヒョンのもとを訪ね取引を提案しますが・・・。

6話

ジョンジュの兄のキョンホは亡くなってしまいます。
ジュヒョンに刑務所の中で殺害されてしまったのです。
許せない( `―´)ノ

キョンホの死を知ったジョンジュは見ていられないほど悲しみにくれました。
ギョンホの遺品の中には、ジョンジュの写真が残されていました。

納骨堂にいるジョンジュ。
ウィヒョンは泣き疲れ果てたジョンジュを自宅まで送っていきます。
眠ってしまったジョンジュ。

眠ってしまったジョンジュを、ウィヒョンはそのままにして起こすことなく自分もジョンジュのそばにそのまま寄り添います。
キュン(*´Д`)
眠りから覚めたジョンジュ。
傍にいてくれたウィヒョンにお礼を言います。
「ありがとう」

心からの言葉でした。
ジョンジュのお礼に対してウィヒョンは明るく答えます。

「裁判所でまた逢おう。法服を着ている方が君には似合っている」と。
ウィヒョンは、ジョンジュを慰めたつもりなんです。ウィヒョンなりのジョンジュへの言葉だったんですね

ギョンホが、亡くなってしまったことでハンジュンも苦悩します。

そしてハンジュンは、ジュヒョンを訴えます。
しかし、ジュヒョンの弁護人が正当防衛でおきたにすぎないと主張します。
しかもその主張が有利に動いていってしまいます。

現場を検証しに行くウィヒョン。
ハンジュンは、ジュヒョンを殺人罪で訴えることに訴状を変更します。
勝算が見えてきたのでしょうか?

ウイヒョンはハンジュンと協力をし、ハンジュンもウィヒョンと協力し合い二人は互いに協力しあいギョンホに着せられていた犯罪者という濡れ衣を晴らすことにせいこうしたのです。
天国のギョンホが間違いなく喜ぶと思いますね(*^▽^*)

ギョンホの、汚名を晴らしたウィヒョンにジョンジュは感謝の言葉を伝えます。
そして、ハンジュンが自分を犯人だとジョンジュに思われつつも、真実を話すことが出来ずにいたのはジョンジュに危険が及ぶかもしれなかったからだとウィヒョンはジョンジュに話をしました。

5-6話感想

ジョンジュのお兄さんが、刑務所で無実を晴らすことなくジュヒョンの手によって殺害されてしまってとても残念でした。
出来る事ならば、生きたまま汚名を晴らし刑務所を出てほしかったと思います。
ジョンジュの憔悴しきったのがいたたまれないくらいでした。
ですが、最後はハンジュンとウィヒョンが協力し合いギョンホの汚名を晴らすことができて本当に良かったです。ギョンホはもう戻ってきませんが、天国で妹のジョンジュを見守り続けているはず。ジョンジュをこれからも応援したいです!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。