理判事判-あらすじ-11話-12話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-理判事判-あらすじ-11話-12話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

理判事判




ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
物語も進み様々な展開が繰り広げられていますね。
ギョンホの再審を再度求めたジョンジュ。亡くなったギョンホの無念を晴らすためでもあり、兄は犯罪をおかすような人間ではないことを証明するために奮闘するジョンジュ。
ギョンホの無念を晴らせる日は来るのでしょうか??裁判の行方も目が離せません!
引き続き追跡して行きましょう!

【理判事判】ネタバレあり

11話

ジョンジュは裁判を割り当てられます。
その為、週末に行われる裁判に自分が出ると話すと、ウイヒョンは自分がやると積極的に出ます。
しかし、裁判を割り当てたジラクは納得がいかない様子です。

それでも大丈夫だと答えたウイヒョン。
何だか積極的、ウイヒョンカッコいいです(*^▽^*)

大丈夫だと答えたウイヒョンにジラクは、宿直を言い分にして週末なのに出勤したいみたいと話してウイヒョンの心内を察します。

返事をするウイヒョン。

ジラクがジョンジュとウイヒョンに
「二人は気が合うね~。 理判事判は心が通じ合っていていいね」と言ったのでした。
ジラクも何かを察したみたい(*^▽^*)

ジョンジュが、ギョンホの再審の請求を行ったことでジンミョンを窮地に立たせます。

ジンミョンに対して
「ギホを殺害しろとイクチョルを急き立てたのですか?ガヨン殺害の犯人なのですか?」と尋ねます。
しかし、ジンミョンは
「私は証人としてこの場に来た。それなのになぜ犯人扱いをされなければならない?
ガヨンがおじさんと言った言葉のおじさんが、私であると言う証拠は?
それにイクチョルは、人を殺した人間なのにそんな人間を信用するのか!」

その様子を伺っていたウイヒョンはジョンジュに対してアドバイスを出します。
ギョンホは、無罪であると言う証拠を探し始めたジョンジュ。
ジョンジュ突き進みます!

イクチョルは、知らない男に殺すと脅迫を受けます。
その脅迫に、イクチョルは証言を反転させます。

ミョンヒは、ジョンジュにこの裁判の大変さを話します。

慌ててイクチョルの元へ尋ねるジョンジュ。
しかし、イクチョルの姿はなく・・・・。
イクチョルは、集中治療室へと移されたのでした。

ハンジュンもギョンホの無罪を主張します。
裁判に乗り込んでしまいますが、ジョンジュはウイヒョンを証人として申請すると告げたのでした。

12話

「俺の事を犯人だとギョンホは思っていた。
息子が起こした事故を、父親のジンミョンがかばったのだと・・。だが大事なのは、ギョンホとジンミョンの二人が取引をしたことだ」と話すハンジュン。

外されてしまった事実にハンジュンは悔しがります。
その光景をジョンジュは見ていました・・。

ハンジュンは、激怒していました。
「俺がどんな気持ちだったかわかるか?だから、この俺から話をさせるべきだ」と。
少しだけから回っているハンジュンが悲しい

ようやくギョンホの公判日がきます。
証人召喚を受けたジンミョン。

証人の出来にはミョンヒの姿が・・。

ミョンヒは、
「ガヨンが着用していた下着からギョンホのDNAが検出されたがそれは偽造された証拠だったのです」と証言をします。
事件にミョンヒも関わっていたのですね。

そして続けて
「事件の当日にガヨンが着用していた本物の下着はこれです。
この下着から検出されるDNAが本物の証拠なのです」と声を挙げます。
ミョンヒが隠していたのでしょうか??ガヨンの下着

ジョンジュは、
「だれの?誰のDNAが?」と尋ねます

ミョンヒは返答しました。

「ガヨンとジンミョンのです」

感想

ついにギョンホの再審が、認められ公判が行われる日がきましたね。
ジョンジュにとっては、ようやくであって遅すぎるとも思ってしまいますが・・。
ウイヒョンが、ジョンジュに何かと協力してくれるので頼もしいです。出会いは最悪だった二人なのに。ジョンジュが投げた靴がウイヒョンに直撃した日がなつかしいわぁ(笑)
ミョンヒが、提出したDNAの結果によってジンミョンはどうなるのでしょうか。
ワクワク感がとまりませんね。物語もあと4話。引き続き追跡し続けます~。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。