理判事判-あらすじ-13話-14話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-理判事判-あらすじ-13話-14話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

理判事判




ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
展開が展開を呼び、目が離せない時間が続いています。ギョンホの再審が、認められようやく始まった公判。法廷にやってきたジンミョン議員。
さらには、その法廷の証人席にはミョンヒの姿が。
そしてガヨンの下着のDNA鑑定の結果が偽装されたものだと声を張り上げ、本物のDNAの結果を提示したミョンヒ。
それには、ガヨンとジンミョンのDNAが・・・。目が離せない展開が続きます。この先の展開にも目を離さずに見ていきましょう♪

【理判事判】ネタバレあり

13話

ハンジュンにジョンジュは
「ハンジュンが、今一番会いにくい人間はわたしでしょう?だからサ判事が私をサポートしてほしいのです」

ウイヒョンは、ジョンジュにこう言います。
「僕が知っているハンジュンなら、今、最高に会いたい人間はイ判事にではないでしょうか」と。
ウイヒョン。ナイスな言葉です(*^▽^*)

ジョンジュを見て微笑むウイヒョン。
優しい笑顔ですね。ウイヒョンがジョンジュを想うのがわかります

ミョンヒは、ガヨン事件の証拠を提出しました。

判事がなぜ、この証拠をあなたが持っているのですか?とミョンヒに尋ねると
自分が隠していたからだとジンミョンが回答します。

「事件当日は、酒を飲んで泥酔していたために記憶がない」と話すジンミョン。

しかし、事件が起きた日。
ジンミョンが、この証拠を隠したのではなく‥本当はミョンヒが隠していました。

裁判の後。
全ての罪を認める覚悟を決めたジンミョン。
「私が、責任を負わなければなりません。」
「記憶に残っていない場合であっても、私がすべての責任を取らなければならないと考えます」と。
ジンミョンもついに罪を認めました!

14話

ミョンヒは、ジョンジュにすべての事実を話しました。
驚きをかくすことができないジョンジュ。
「10年前にガヨンの下着を持ってきたのは私なの。ギョンホは真犯人ではないとわかっていながら・・間違っている判決をした」
ミョンヒが事件に加担していたなんてハンジュンがかわいそうすぎます。

続けてジニョンと、ハンジュンにもミョンヒは本当の事を打ち明けます。
ミョンヒはジニョンに、自分が殺害したのだと話します。
ガヨンの首を絞めて殺してしまったと。
その話にハンジュンは激しく動揺します。
ハンジュンが苦悩する姿が痛々しいです

ハンジュンにミョンヒは
「目に見える物が、すべてではないとお母さんは話したわよね?
これから先は、見なければならない」と話します。

ウイヒョンは、ジョンジュとハンジュンを訪問します。
ウイヒョンに真実を告げられたジョンジュはショックを受けます。
どうして教授は、自分に判事になるようにと話したのか不可思議でした。

落ち着いて現状を把握することに努めようと話すウイヒョン。

ジョンジュは、ミョンヒに疑問をぶつけます。
それに誠実に答えるミョンヒ

そしてハンジュンにも。

「私は、許されないことをしてしまった。でもジョンジュが私に変わってくれたらと思っていたの。止めてくれると期待していた」

拘束されたミョンヒ。

ジョンドにミョンヒは初めに、ジョンジュがこの法服をはおったとき。私は法服を脱ぐことはないと思っていた」と話したのです。

ジョンジュとウイヒョンは、ミョンヒの裁判を担うことになります。
ジョンジュもやりにくいよなぁと思います。でも真実に突き進みます

そしてミョンヒは始まった裁判で
全ての罪と証拠を認めますと自分が、殺人犯であることを証明したのでした。

そして毒入りの水を飲んだミョンヒ。

自らに罪を与えました。
そして大きな声を上げ叫びました。

「被告人である私、ミョンヒは死刑に処する」
自分で自分をミョンヒは裁きます。そして毒の入った・・・

感想

証人としてミョンヒが裁判で話し、ジンミョンはついにすべての罪を認めましたね。
そして大統領の候補を退き、ミョンヒはロースクールに辞表を提出しました。
全ての真実を話し、認めたミョンヒ。
ミョンヒは自分自身が、殺人犯であったことを自らが立証したのでした。
ハンジュンの苦しみを想うと計り知れません。
ハンジュンだけでなく、同じようにジョンジュやウイヒョンも辛かったのではないかと思います。いよいよ残りもあと2話。最後までしっかりと追い続けます。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。