甘い敵-あらすじ-25話-26話-27話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-甘い敵-あらすじ-25話-26話-27話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

甘い敵


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ダルニムはジェウクの食堂で働くことになりました。しかしその店の社長はユギョン。ユギョンはダルニムに店を辞めるようにと言いますが、ダルニムは辞めるつもりはありません。
ソノも会社に復帰しましたが、配属先は物流倉庫です。そのうえダルニムの店の担当になりました。

【甘い敵】(ネタバレあり)

25話

ダルニムはユギョンが社長だと知り驚く。
ユギョンは店を辞めてほしいと言う。
ダルニムは辞めるつもりはないと言う。

ダルニムはセガンとルビの関係を答えてくれと言う。
あなたと別れてから付き合い始めたのだと言うユギョン。
ダルニムは事故の日にセガンが別荘にいたのはどういうことかと聞く。
ユギョンはおかしなことを言うと言う。
ダルニムはこれから調べてみると言う。

イランはセナにこのままでいるとダルニムにジェウクが惑わされていくと言う。
私が投資をした店であの女が働いているなんて許せないと言う。
セナは、実権は私たちにあり、あの女はただの従業員に過ぎないと言う。
私が必ず辞めさせるから信じてくれと言うセナ。

セナはイランに甲殻類のアレルギーがあることを知った。

セナはユギョンに明日のオープニングパーティで面白いことが起こると言う。
またダルニムを罠にはめようとしているのですね

オープニングパーティに現れたソノの家族とセナの家族。
ルビはユギョンに社長就任のお祝いを言う。
ルビはユギョンに会社はセナとセガン、店はお義母さんが仕切って、チェゴ食品はホン家の物のようだと言う。
それを聞いていたソノの母は面白くない。

パーティに出す食事の準備に追われるダルニムやジェウク。
ソノが食材を運んできた。
届いたのが遅かったのでダルニムから怒られるソノ。

セナはジェウクたちの様子を見に来た。
イラン用のソースをすり替えるセナ。

ルビはお気に入りの服にジュースをこぼされ洗面所で洗う。
そこに入って来たダルニムを見て驚く。
どうしてあなたがここにいるのかと聞くルビ。
ダルニムは水では落ちないが酢を使えば落とせると言う。
ルビはダルニムに服を渡し、落としてもらった。

ルビは綺麗になった服を見て、どこで習ったのか、刑務所かと聞く。
言ってしまったあとでごめんなさいと謝るルビ。
ルビは、あなたは私のことを知らないかもしれないが私は知っているのだと言う。
ダルニムは私もあなたを知っていると言う。
夫婦でテレビ出演していた番組を見たと言うダルニム。
テレビを見ていてあなたのファンになったと言う。
同性から見ても美しいと言うダルニム。
ダルニムのほうが綺麗では…

ダルニムは仕事に戻った。
ルビはダルニムのことを怖い人かと思っていたがそうではなかったとつぶやく。

パーティが終わり家に帰ったイランは体調が悪くなった。
アレルギー症状が出ていると言うセナ。
セナはパーティの食事が原因ではないかと言う。
ユギョンはアレルギーリストを渡してあったのにおかしいと言う。
もしかしてダルニムの仕業ではないかと言うユギョン。

ダルニムの仕業だと騒ぎ出したユギョンに、セナは明日会社に行って調査をしてくると言う。
イランは調べなくても絶対にあの女の仕業ということは明らかだと言う。
室長を呼べと言うイラン。

ジェウクは従業員たちとオープニングパーティの成功を祝って乾杯する。

そこにイランの体調が悪くなったと聞きジェウクは家に帰った。
セナはアレルギーリストに書いてあった他の人は何ともないのにイランだけアレルギーが出るのはおかしいと言う。
イランはダルニムのせいだろうと言う。

ソノは夜中に食材を取りに行くために家を出ていく。

ダルニムはサウナから追い出された。
オーナーはダルニムが前科者だと知らなかったと言う。
イランがのせいで追い出された!

泊まるところのないダルニムは食堂にやってきた。
1人でジャガイモの皮むきをするダルニム。

そこにソノが食材を持って入って来た。
ダルニムは物音を聞いた。
男の姿を見つけたダルニムはフライパンを持って出て行く。
荷物を抱えて入って来たソノをフライパンで叩く。

ダルニムはソノの顔を見て驚く。
なぜここにいるのかと聞くダルニムは。
ソノも自分も同じことが聞きたいと言う。

転んで足を怪我したソノ。
ダルニムは大丈夫かと聞く。
ソノはお前を見るとジェヒを思い出して苦しくなると言う。
なぜ堂々としていられるのかと聞く。
ダルニムは潔白だからだと言う。
ジェヒを殺していないからだと言うダルニム。

26話

ダルニムはジェヒを殺していないと言う。
ソノは自供までしたくせに嘘をつくなと言う。
ソノはお前の話は聞きたくないと言い、ゴミを蹴飛ばして帰っていく。
その中からソースを入れる容器を見つけたダルニム。

ジェウクはイランがダルニムをサウナから追い出したことを知った。

ジェウクはイランにパーティの前に何か食べたかと聞く。
いつものサンドイッチだと言うイラン。
イランは今回のことはきちんと調査をしろと言う。

店がオープンした。
初日からたくさんのお客が入ってきて喜ぶダルニム。

セナはダルニムを呼ぶ。
昨日事故が起きたと言うセナ。
アレルギーのお客がここで食べた後、病院に行ったと言う。
原因はサラダのソースだったと言うセナ。
ソースを作る段階でも問題が見つからなかった、ソースを器に入れる段階で問題が起こったのかもしれないと言う。
ソースを容器に入れたのはダルニムだろうと聞くジェウク。
ダルニムはきちんと何度も確認して入れたと言う。

セナは確認したのになぜイランに問題が起きたのかと言う。
ダルニムはアレルギーを起こしたのがイランだと知り驚く。
ダルニムは何度も確認したからありえないと言う。
ジェウクはソースを入れる段階でなければ運ぶ段階かも知れないと言う。

誰が運んだか聞くジェウク。
ダルニムはソースを運んだのはヘリだと言う。
セナは仕事に戻っていいと言われる。

今度はヘリが呼ばれた。
ヘリはソースはそのまま運んだと言う。
ヘリはセナにダルニムが私のミスだと言ったのかと聞く。
そうは言っていないと言うセナ。

仕事に戻ったヘリはダルニムに私に文句があるのかと言う。
なぜ関係のない私を巻き込むのかと聞く。
私のミスだと話をしたのではないかと言うヘリ。
そうは言っていないと言っていたでしょう!

セナはヘリに最初から犯人はあなたではないと思っていたと言う。
セナはダルニムが遠まわしにあなたのせいだと言っていたのだと言う。
ソースを入れるときダルニムのそばにいたのかと聞くセナ。
ダルニムに不審な動きはなかったかと聞く。
ヘリは今思い出したと言う。

ルビはジヘが留学から帰ってきたのでパーティに出かけようとする。
ソノの母に一緒に行こうと言うルビ。
ジヘはソノのことが好きだったのに結婚すると聞いて留学したのだと言うルビ。
ジヘはテソングループの一人娘だからソノが結婚したらチェゴ食品の本部長なんて目ではないと言う。
一緒に行くと言うソノの母。
セナのライバル出現!

ソノはパーティの時、イランのソースにアレルギー成分が入っていたと聞いた。
ダルニムの仕業だと言うイラン。
イランはソノに、ソースを容器に入れたのがダルニムなのだと言う。
ソノはセナが容器をゴミの中に捨てるところを見ていたのだった。
それを思い出したソノ。

セナとジェウクは、またダルニムを呼んだ。
セナはイランに復讐するためにソースを入れ替えたのかと聞く。
ダルニムは追い出されるようなことはしていないと言う。
ソースを入れるところをヘリが見ていると言うダルニム。

ジェウクはヘリを呼ぶ。
ヘリはソースを入れるのは見ていたが、どのソースを入れたかは見ていないと言う。
ダルニムは見ていたでしょうと言う。
ヘリはその時ダルニムの様子がおかしかったと言う。
急いでいたから他のソースを入れた可能性もあると言う。
ジェウクは、それは憶測だと言う。
セナはヘリの話を聞くとダルニムが怪しく思えると言う。

仕事に戻っていいと言われるダルニム。
セナはジェウクに4年前と同じだと言う。
最初は違うと言っていたのに結局は自白したではないかと言うセナ。

ダルニムはゴミの中に入っていた容器を思い出した。
それをジェウクに話すダルニム。
ジェウクは容器がゴミの中に入っているのはおかしいと言う。
ダルニムはその容器を捜してみようと言う。
それを捨てた人が犯人かも知れないと言うダルニム。

その会話を聞いていたセナは慌てて走って行く。
ゴミをあさるセナ。
そこにダルニムとジェウクが来た。
ここで何をしているのかと聞く。

セナは社長が誤って捨てた会議の書類を捜していると言う。
苦し紛れの嘘!

2人こそ何をしに来たのかと聞くセナ。
ジェウクはダルニムがソースの入っていた容器がゴミの中に入っていたと言うから捜しに来たと言う。
セナは言い逃れの嘘ではないかと言う。
言い逃れの嘘を言っているのはセナでしょう

ダルニムは嘘ではないと言う。
今思い出したが、あの日厨房には従業員以外にもう一人いたと言う。
ダルニムはジェウクに厨房に出入りしていた人を全員疑うべきではないかと聞く。
ホンチーム長はワインのアイスペールを持っていたからその中に別なものが入っていたかもしれないと言う。
ジェウクは容器を見つければすむことだと言う。

捜し始めようとする2人の前に立ち、セナはいいかげんにしろと言う。
ジェウクに無駄な事はするな、ダルニムに騙されていると言う。
ジェウクは騙しているのはダルニムか君か確認してみようと言う。

ゴミの中を捜し始めるジェウク。
ゴミの袋は見つかったがソースの容器は入っていなかった。
もしかしてソノが先に?

ダルニムは防犯カメラの映像を確認してみようと言う。
設置していないと言うジェウク。
セナはジェウクに誰が嘘をついているかわかったでしょうと言い戻っていく。

ジェウクはダルニムに君が嘘をついていないのはわかっていると言う。

セナはユギョンに容器がなくなったと言う。
ユギョンは今回のことはやり過ぎだと言う。
イランが重症になっていたら大問題だったと言う。
ソースに危険がないことは確認したと言うセナ。

ユギョンはダルニムを犯人に出来るのかと聞く。
セナは4年前もできたから大丈夫だと言う。

容器はソノが持っていた。

ジェウクはダルニムにサウナから追い出されたのは自分の母のせいだと謝る。
宿が見つかるまで事務所のソファで寝てもいいと言うジェウク。
カップ麺などの場所も教える。
ダルニムはたくさん入ったカップ麺を見て、シェフもインスタントも食べるのかと聞く。
ジェウクは、ラーメンはどれだけおしいいことかと言う。
同感です!

2人はラーメンを作って食べる。
ダルニムは、容器はどこにいったのだろうと言う。
ジェウクは他の原因も考えられるから待っていてと言う。
この食堂のせいではないかもしれないと言う。

ソノの父親は結婚して4年もたつのにルビたちに子供ができないのはセガンのせいではないかと言う。
それを聞いてセガンは自分のせいではないと怒り出す。
父はなぜ自信をもって言えるのかと聞く。
言葉を飲み込むセガン。
子供ができたことがあるとは言えないですよね~

ソノの母はソノにジヘの演奏会に行こうと言う。
ジヘはあなたのことが好きだと言う。
ソノは自分の心の中ではジェヒが生きていると言う。
母はこのまま結婚もしないで暮らしていくつもりかと言う。
ソノは疲れたから出ていってくれと言う。

セナはイランにダルニムのしたことをボクナム会長に話そうと言う。
その話を聞いたボクナムはなぜ報告をしなかったと怒る。
セナは真相がわかってから報告するつもりだったと言う。
ボクナムは会社の不始末だと言い、イランに謝る。
イランは会社のせいではなく、不純な動機を持つ者のせいだと言う。

セナは厨房で働くダルニムが怪しいと言う。
イランはジェヒを殺した女だと言う。
セナはイランを逆恨みしたのだと言う。
しかし証拠がないと言うセナ。

ボクナムは見逃せない問題だと言う。
セナに調査をして報告するようにと言うボクナム。

ダルニムは警察から母親に似た人を見つけたと連絡が来た。
すぐに行くと言うダルニム。

27話

警察に向かうダルニム。
母親が見つかったと聞いてジェウクも一緒についていく。

それを聞いていたユギョンはビョンスに電話をするが出ない。

警察に来たダルニムは母親が見つかったのかと聞く。
警官は記憶喪失だが自分の名前をカン・スニだと言う人が保護されたと言う。
しかし、それは全く別人だった。
気を落とすダルニム。

ジェウクはダルニムにお母さんが残したメッセージがずっと気になっているのだと言う。
そのメッセージを聞かせてもらうダルニム。
ジェウクの名前を呼ぶスニの声を聞き、涙を流すダルニム。
ジェウクはこれを聞いて家に駆けつけたが、もういなかったと言う。
娘を捨てるような人ではないからずっと気になっていたと言う。
僕に何を伝えたかったのだろうと言う。
ダルニムは母さんが見つかったら真相がわかるだろうと言う。

ジェウクは一緒に捜そうと言う。
ソースの件も疑いがはれるだろうと言う。

ソノはソースの件でダルニムが疑われていると知った。
なぜ容器を隠している?

ビョンスがユギョンの店に食事に来た。
セナとユギョンは驚く。
ユギョンはビョンスを連れて行く。
ビョンスは社長になったと聞いてじっとしていられなかったと言う。
金を入金してくれないから来たのだと言う。
入院費がどれだけかかると思っているのかと言うビョンス。
ユギョンはお金を渡し、こっちから連絡するまでは来るなと言う。

ビョンスがスニとダルニムをあわせるのではないかと心配するセナとユギョン。
ソースの件だけではダルニムを店から追い出せないかもしれないと言う。
セナはヘリを見て、いい方法があると言う。
ダルニムを嫌っている女がいると言うセナ。

セナはヘリを呼び出す。
ヘリは今回の件でダルニムは処分されないのかと聞く。
証拠がないのだと言うセナ。
ヘリは高卒のダルニムに重要な仕事を任せるのは納得がいかないと言う。
ユギョンは、それはダルニムとシェフが親しいからだと言う。
合格させたのもシェフの権限だったと言う。
この話はここだけの話だと言う。
セナは広めてもいい話もあると言う。
わざと言わせようとしているのでしょう?

ソノが納品してきた白菜の半分を返品しろと言うダルニム。
いい白菜と悪い白菜をソノに説明するダルニム。
ソノは新しい物を持ってくると言う。

ダルニムの採用過程に問題があったと言う投書があった。

それを聞いたイランは採用したジェウクの顔にダルニムが泥を塗ったと怒る。
セナはこの問題は会社で処理をすると言う。

ソノはジェウクに採用過程に問題があったのかと聞く。
ジェウクは私的な感情はなしで審査したと言う。
それよりも誰が投書したのか、そちらが問題だと言う。
敗者復活の連絡をしなかったのも、ソースの件も偶然の一致だとは思えないと言うジェウク。
ソノは誰かが意図的にやったのかと聞く。
そうだと言うジェウク。
そろそろ容器を出す時ですよ

ボクナム会長はジェウクの採用に問題はないように見えると言う。
セナは投書には縁故採用だと書かれていると言う。
不正採用が外部に漏れたら会社のイメージダウンになると言う。
社長のゴボンはソースの件もあるからダルニムを処理するべきだと言う。
ボクナムは直接ジェウクに聞いてみると言う。

ダルニムはジェウクがボクナム会長に呼ばれていくと聞き、心配でジェウクに会いに来た。
ジェウクはやましいところはないから安心していいと言う。

ユギョンはダルニムにこんな状況で働いていても迷惑をかけるだけだと言う。
辞めるなら悪いようにしないと言う。
ダルニムは私を追い出すためにシェフまで利用するのかと言う。
ソースの件はあなたたちが仕組んだことだろうと言う。
ユギョンは証拠があるのかと怒り出す。
ダルニムは私を追い出す機会を捜しているのだろ言う。

そこにルビが入って来た。
ユギョンはダルニムに出て行っていいと言う。

ダルニムはセナにシェフまで巻き込んだのは間違いだったと言う。
勘違いしているようだが、主導権を握っているのは私だと言う。
私が行動を起こせばあなた達も痛い目にあうと言う。
セナは何を言っているのかと聞く。
私がルビにセガンとの関係を言ったらどうなるかと言う。

セナは言ったところで何も変わらないと言う。
あなたの過去が汚れるだけだと言う。
兄のことを愛していたなら足を引っ張るのは止めろと言う。

ルビはユギョンにセガンは結婚前に付き合っていた女性はいるのかと聞く。
1人もいないと言うユギョン。

ジェウクはボクナムにダルニムを優遇して採用はしていないと言う。
ボクナムは私情を挟まずに実力で採用したのかと聞く。
ジェウクは過去に問題があったことは知っているが、それを理由に不採用にするわけにはいかないと言う。
ボクナムはジェウクが道理に反したとは思っていないが、投書があったから確認しただけだと言う。
この会長には偏見の目で見ないでほしいです

今度はジャガイモを持ってきたソノに、いいジャガイモと悪いジャガイモを教えるダルニム。
ダルニムはこれではお客様に出せないと言う。
ダルニムは納品業者の選び方について細かく書いたノートを渡す。
ソノは人の心配をする前に今にも追い出されそうな自分の心配をしたらどうだと言う。
ダルニムはいい食材を持って来てもらうためだと言う。

ダルニムは地方の食堂に送られることになりそうだ。

ソノはダルニムから預かったノートを読む。
細かく書かれていて感心するソノ。
まだ容器を出さないの?

ジェウクはセナに母さんのアレルギーは朝食に食べたサンドイッチだと言う証明を見せた。
しかし、セナは状況から見てダルニムの疑いは晴れないと言う。
ゴミの中に容器が入っていたと嘘までつくのだから人に罪を着せようとしている行動は見過ごせないと言う。
それはあなたのこと!

セナは今日の会議でダルニムの処分が決まると言う。
おそらく地方に行くことになると言うセナ。

ソノはセナに会いに来た。
ソノはこのまま知らない振りをしようとも思ったがセナのためにもよくないと思ったと言う。
セナはよくわかるように説明してくれと言う。
ソノはポケットの中からソースの容器を出した。
驚くセナ。

25~27話感想

セナは本当に悪人です。自分が罪を着せておきながらダルニムを責めるなんてよくできますね。人に罪を着せるのが病みつきになってしまったようです。
ルビは、頭は良くないかもしれませんが、性格は悪くなさそうです。本能のまま生きているようです。セガンのどこがいいのか不思議です。
ソノはほんの少しだけダルニムの見方が変わって来たかもしれません。