甘い敵-あらすじ-34話-35話-36話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-甘い敵-あらすじ-34話-35話-36話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

甘い敵


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ダルニムのアイディアが採用され、賞金をもらったダルニム。家を借りるためのお金はセガンが出したものだと知り、お金を返しました。
セナはソノに告白をしましたが、ソノにはその気はないようです。するとソノの母親を味方につけるセナ。
しかしイランにも気持ちがばれてしまいました。イランはセナに対してどう出てくるでしょうか。

【甘い敵】(ネタバレあり)

34話

イランにソノが好きなことを知られてしまったセナ。
イランはセナにいつからかと聞く。
ソノも同じ気持ちなのかと聞く。
セナはソノの気持ちは知っているでしょうと言う。
私が一方的にソノのことが好きなのだと言う。

セナはジェヒのことでソノを慰めているうちに惹かれたのだと言う。
騙すつもりではなかったと言うセナ。
イランは何も話したくないから帰れと言う。

ダルニムのアイディアのコーヒーは客には大好評だった。

セガンはセナに、ダルニムがドライブレコーダーやブレスレットのことを調べていると言う。
セナはルビにしっかり口止めをしておけと言うセナ。
ダルニムは兄さんの好きなカルビ煮を渡してルビに近づいているようだと言う。
セガンはあのカルビ煮はダルニムが作ったものだったのかと言う。
どうりでなじみのある味だったと言うセガン。
美味しかったのでしょう!

ジェウクはダルニムにラーメンを食べようとカップ麺を持ってきた。
お湯を注ぐダルニムは間違ってジェウクの手にお湯をかけてしまった。
急いで冷やすダルニム。
ジェウクは手が使えなくなったら責任を取ってくれと言う。
手が使えなくなったら料理ができなくなって、お金も稼げない、お金がないと結婚もできなくなると言う。
そうなったら一生世話をしてくれと言うジェウク。
ダルニムは責任を取ると言う。
家には炊飯器もあるから一生ご飯を食べさせてあげると言う。

ボクナムたち家族はダルニムの提案したコーヒーを試してみる。
すっきりして美味しいと言うボクナム。
ゴボンは、ダルニムは事業の邪魔をするために入社したのかと思ったらそうでもないようだと言う。
ミステリアスな女性だと言うゴボン。
ボクナムはゴボンにお前の方がミステリアスだと言う。
会社での存在感のなさは透明人間のようだと言う。
(爆笑)

ソノの母やルビはセナのことを褒める。
セガンは子供の頃ジャージャー麺を食べる時も、セナは自分は具合が悪い振りをして俺と母に食べろと言ってくれた優しい妹だと言う。
絶対に嘘!

明後日セナを読んでジャージャー麺パーティをしようと言うゴボン。
母はソノも参加できるだろうと聞く。
ソノは、明後日はジェヒの命日だと言う。

ジェヒのコラムをまとめた本が出版された。
ソノは本をイランに届ける。
イランは今まで言えなかったけれど、もうジェヒを忘れて新しい人生を歩めと言う。
ソノはジェヒの代わりはいないと言う。

イランが家に帰るとセナが来ていた。
セナは、家政婦は帰して私が夕食を作ったと言う。
イランは誰が食事を作れといったのかと言う。
帰れと言うイラン。

セナは土下座をする。
私のせいで嫌な思いをするならソノのことは諦めると泣くセナ。

そこにユギョンがやってきた。
土下座をしているセナを立たせるユギョン。
ユギョンはイランにひどいと言う。
イランは私が見合いを勧めたときになぜソノが好きだと言わなかったのかと言う。
ユギョンはイランの気持ちを知っているから言えなかったと言う。

イランはセナにソノを諦めると言うのは本心かと聞く。
セナは本心だと言う。
ユギョンはなぜセナが諦めなければいけないのかと怒り出す。
ユギョンは、セナは母親の私よりあなたに尽くしてきたのだと言う。
ソノへの思いも言えずに苦しんだのだと言う。
イランはそんな話は聞きたくないと言う。
明日の命日も来るなと言うイラン。
ジェヒを殺したのだから当然です

イランは朝早く一人で納骨堂に行った。
ジェヒの本を持っていく。
イランはジェヒにソノを送り出すつもりだと言う。

ダルニムは父と一緒に働いていたジョンスおじさんの居場所がわかった。
チェゴ食品で働いているようだ。

イランはダルニムに会いに来た。
イランはダルニムに何事もなかったように暮らしていて天罰が怖くないかと聞く。
今日が何の日がわかっているだろうと言うイラン。
今すぐにジェヒの元に行きたいけれどあなたが生きている限り死ねないと言うイラン。
ダルニムは私はやることがあるので生きるのだと言う。
イランに死ねない理由が私だとしても生き続けてくれと言うダルニム。

仕事に向かうダルニム。
イランは運転席に乗り、ダルニムに向かって車を走らせる。
ダルニムは車に気付いたが逃げようとしない。
イランは急ブレーキを踏み、ダルニムの寸前で停まる。
ダルニムはそのまま行ってしまった。
今日のことを思い切り後悔する日がくるでしょう

ダルニムはチェゴ食品にやってきた。
ジョンス伯父さんを見つけたダルニム。
私を覚えているかと聞くダルニム。
ジョンスはもちろん覚えていると言う。
ダルニムは母と音信不通になってしまったのだが何か知らないかと聞く。
ジョンスは知らないと答える。

ダルニムはジョンスが理事になったと知り、父と事業に失敗したから苦労しているかと心配していたけれど良かったと言う。
ジョンスは会議があるからとそそくさと言ってしまう。
この慌て様は何かある!

ジェヒの墓参りから戻ってきたソノとジェウク。
ソノは熱を出していた。

セナはジェウクからソノが熱を出していると聞き慌てて店に向かう。

ダルニムはジェウクの事務室で熱を出して苦しんでいるソノを見つけた。
ソノはジェヒの名前を呼んでうなされている。
近付いたダルニムをジェヒと勘違いしておもわず手を掴んでしまった。

目を覚ましたソノはふらふらと立ち上がる。
ダルニムはソノを支えようとするがほっといてくれと言うソノ。
ダルニムは、ジェヒは死んだのだと言う。
いくら呼んでも戻ってこないのだと言うダルニム。

あなたの人生が私のせいで変わったのは知っていると言う。
しかしもうその暗闇から抜け出すべきだと言う。
それが無理ならばかみたいに一生死んだ人を求めてさまよっていればいいと言うダルニム。

35話

ダルニムはソノにもう暗闇から抜け出せと言う。
それがいやなら一生暗闇のなかをさまよっていればいいというダルニム。

ジェウクが戻ってきた。
ジェウクはダルニムにおしぼりを持ってきてくれと言う。

セナが急いで駆けつけた。
セナはソノに病院に行こうと言うが、ソノは家で休めば大丈夫だと言う。
セナはソノを家まで送って行く。

ダルニムはジェウクにジェヒの納骨堂に行ってきたのかと聞く。
今日はお母さんに気を使ってあげてくれと言うダルニム。
殺されかけたのに優しすぎる

セナはソノを部屋に寝かす。
ソノの部屋にあるたくさんのジェヒの写真を見て、まだこの部屋に居座っているのかと言う。
これからここは私とソノの部屋だと言う。

ソノの母親の手伝いをしようとするセナ。
ボクナムはセナがソノの母親をお母さんと呼ぶのを聞いて、いつからそんな仲になったのかと聞く。
もう遅いから家に帰れと言うボクナム。

家に帰ったセナはユギョンに、ボクナム会長は私のことを賛成していないようだと言う。
ユギョンはボクナムに反対されたら結婚は諦めるしかないと言う。
セナは死んでもジェヒはソノを独占していると言う。
どうして私はダメなのだろうと落ち込む。
ジェヒを死なせたことの罰をうけているのだろうか、そうだとしたらどうしたらいいのだろうと言うセナ。
罪をつぐなうしかないです

ボクナムはソノの両親に勝手に話を進めるなと言う。
ソノの気持ちが最優先だと言うボクナム。

ジェウクはダルニムが落とした超音波写真を見て、今まで聞けなかったが、父親はどうしているのかと聞く。
ダルニムは流産したあと自分が送り出したと言う。

ソノはダルニムにいつまで暗闇の中にいるのだと言われた言葉を思い出し、再び仕事を始めた。
風邪をひいているソノのためにしょうが茶を作ってきたダルニム。
ジェウクに自分からだと受け取らないからソノに渡してくれと頼む。

ソノは納品業者について調べた。
上司に上位3社は同じ名前で、住所も同じだと報告するソノ。
上司は俺は働きアリのようにここで働いて子供を大学に行かせ、妻を楽にさせてあげたいのだと言う。
内部告発をして何が変わると言う上司。
ソノは知っていたのかと聞く。
上司は最後まで責任を取れないなら首をつっこむなと言う。
会長の孫だから責任は取れますよ

セナはその話を聞いていた。

ソノはセナに昨日看病をしてくれたお礼を言う。
セナはもっとそばにいたかったけれど会長に帰れと言われたのだと言う。
会長は私のことが気に入らないようだと言う。
あなたのそばにいたいだけなのにと言うセナ。

ユギョンはジェウクに、イランにセナのことを口添えしてくれないかと頼む。

ダルニムは店の前に停まっているルビの車を覗き込む。
ルビが戻ってきた。
ダルニムはルビにコーヒーで作った芳香剤を渡す。
車につけてあげるダルニム。

ダルニムは4年前ドライブレコーダーを提出した時、旦那さんはなぜ出さなかったのかと聞く。
ルビは夫の車にはドライブレコーダーがついていなかったからだと言う。

ジェウクはイランに、ソノの家族はみんなセナのことを気にいているようだと言う。
会長が反対しているけれど、母さんがソノとの結婚を望めば許してくれるはずだと言う。
イランは私にも考えていることがあるから任せてくれと言う。

ダルニムはセガンの車にドライブレコーダーが付いているのを知っていた。
それもつけたばかりだった。

セナはイランに呼ばれた。
イランはセナに最初はなぜソノなのかと恨みもしたし、裏切られたと思ったと言う。
責めるつもりはないと言うイラン。
ジェヒだったらソノを送り出し、幸せを願ったはずだと言う。
セナと結婚することは絶対に願っていません

セナはイランにダメだとわかっていたが心はどうしようもできなかったと言う。
イランはソノの家族があなたのことを歓迎しているなら私は邪魔はできないと言う。
ボクナム会長には私から話しておくと言う。

ソノが入ってきた。
セナがいるので驚くソノ。
イランは_ソノに、これはジェヒがくれたプレゼントだと思ってくれと言う。
2人にはジェヒのぶんまで幸せになってほしいと言う。
あとは2人で話せと言い出て行くイラン。

2人になったソノとセナ。
ソノは帰ろうとするが、セナは私たちのために設けてくれた席だと言う。
そのまま帰ったらイランに失礼とだと言う。

イランはボクナムに会いにきた。
ソノにはセナが必要だと言うイラン。
最初はソノにはいつまでもジェヒのそばにいてほしいと思ったが、よく考えてみたら私の身勝手だったと言う。
イランはボクナムに2人が結ばれるように力添えをしてほしいと頼む。
ボクナムは私がソノに話をしてみると言う。

セナはソノにあなたの心の中には私がいるはずだと言う。
いつもジェヒの隣に私がいたからあなたが思う以上にたくさん私がいるはずだと言う。
脇役としています

ソノはそれを捜すつもりはないと言う。
セナは私にはたくさんの味方がいるからあなたは不利だと言う。
私のことを無視したら告げ口してやると言うセナ。

会社の前に立っていたダルニムにセガンはお前に話があったと言う。
セガンはダルニムを連れて行く。
その姿を見ていたジェウク。

セガンはダルニムにルビに近づいて何をするつもりかと聞く。
ダルニムは先に質問があると言う。
ドライブレコーダーを提出しなかったのはなぜかと聞くはダルニム。
ダルニムはつけていないと言ったそうだが、何かが写っていたのだろうと聞く。
セガンは故障していたのだと言う。
ダルニムはつけたばかりで故障したのかと聞く。
セガンは俺が嘘をつくと思っているのかと怒り出す。

セガンはダルニムにもうやめようと言う。
俺たち、一度は愛し合った仲だろうと言う。
大切な思い出を汚したくないと言うセガン。

ダルニムは悔しいのだと言う。
隠していることがあるならなんでもいいから教えてくれと言うダルニム。
セガンは今さら騒いでもお前の言葉は誰も信じないと言う。

ダルニムは私がなぜ自首したのかと思っているのかと言う。
母がいなくなって信じられるのはあなただけだったのだと言う。
セガンは自首したのは俺のせいだと言いたいのかと言う。
お前が罪を犯したからだろうと言う。
また同じ話をしたら黙ってはいないと怒って帰って行くセガン。

ダルニムはその場に泣き崩れる。
ジェウクがやってきた。

36話

ジェウクはダルニムたちの話を聞いていた。
俺の見間違いかと聞くジェウク。
ダルニムは私が結婚をしようとしていたのはセガンだと言う。

家に帰ってきたソノにボクナムはイランの気持ちに応えてあげろと言う。
ソノは心の準備ができていないと言う。
セナが嫌いなのかと聞くボクナム。
嫌いではないと言うソノ。
ボクナムは努力をすれば気持ちは動くものだと言う。
ソノの気持ちが最優先だと言っていたのに…

セナはユギョンにイランが許してくれたと言う。
それを聞いたユギョンは、これからは花道を歩いていけると喜ぶ。
セナは、ソノはチェゴ食品の頂点に立つ人だと言う。
私がその座につかせてみせると言う。
そのとなりには私がいると言うセナ。

ダルニムはジェウクにセガンと付き合っていたことを話す。
ジェウクはなぜ黙っていたのかと聞く。
ダルニムは、セガンは結婚して幸せに暮らしているのだから私との関係を知られたらルビが傷つくから黙っていたと言う。
人がいいにも程がある

ジェウクはブレスレットがセガンからもらったものと同じと言うのは偶然だとは思えないと言う。
家からブレスレットがなくなったのもセガンの仕業かもしれないと言うジェウク。
彼なら簡単に家に入れるはずだと言う。
ダルニムは信じていた人だからどこまでが真実でどこまでか嘘かわからないと泣き出す。

ジェウクは僕の前なら泣いてもいいと言う。
他の人の前では泣かないでほしいと言うジェウク。
今日は何も考えずにゆっくり寝ろと言う。
ダルニムは寝ても何も変わらないと言う。
いつも寝て起きたら夢だと思いたかったと言う。
しかし起きても何も変わらず私のそばには誰もいなかったと泣き出す。

ジェウクはダルニムにこれからは俺が涙と拭いてあげると言う。
ジェウクはダルニムに手をさし伸べる。
その手を握るダルニム。
これは告白でしょう

セガンはソノにセナのことをどう思うかと聞く。
ソノは女性として見たことはないと言う。
セガンは妹に諦めろと言ったのだが、聞く耳を持たないと言う。
ジェヒより先にお前のことを好きになったのだが、ジェヒが好きになったからセナは何も言えなかったのだと言う。
セガンは、お前はジェヒしか見ていなかったから知らなかっただろうと言う。

翌朝セガンは机の上に置いてあるダルニムが作った芳香剤を見てなぜ捨てないのかと怒り出す。
ルビはダルニムのことになるとなぜ過剰に怒り出すのかと聞く。
私の知らない理由があるのかと言うルビ。
たくさんありますよ~

イランはジェウクにあなたも結婚しろと言う。
机の上にあった芳香剤を見て、こんな安物は捨てろと取り上げるイラン。
ジェウクは友達にもらったのものだからダメだと言う。

ユギョンはイランに会いにきた。
この前は怒ったりしてごめんなさいと謝るユギョン。
イランはセナとソノが並んで座っている姿を見たらまるで夫婦のようだったと言う。
イランはユギョンにダイヤの指輪をプレゼントする。
ユギョンはこんなことは初めてだと泣き出す。

ユギョンは夫にさえもらったことのない指輪だと言う。
生活に困っている時に助けてくれてあなたに感謝していると言うユギョン。
イランは私もあなたとセナがいないと困るのだと言う。
ユギョンは助け合って生きていこうと言う。

ソノは納品業者が不正を働いていることがわかった。
不正を暴くと言うソノに、セナは何年も続いている不正だから簡単に解決できないかもしれないと言う。
ソノは早めに手を打たないといけないと言う。
セナは私も協力すると言う。
この仕事ってセガンのやるべき仕事ではないのでしょうか

イランはジェウクが捨てるなと言った芳香剤はダルニムが作ったものだと知った。
ユギョンはジェウクとダルニムは普通の関係ではないと言う。
ジェウクはダルニムを守ろうと必死だと言うユギョン。
イランは深入りする前に手を打たなければならないと言う。

以前ダルニムの入社審査の時に入ってきたホームレスの男が食堂にやってきた。
お腹が空いていると言う。
ダルニムは男に座ってくれと言う。

そこに来たセナは男を帰せと言う。
ジェウクはこの男性は俺の客だと言う。
セナは客には見えないと言う。
ジェウクはユギョンに、社長も同じ考えかと聞く。
ユギョンはセナに他の客が見ているから騒ぐなと言う。

ジェウクは男を座らせ、帰りの弁当まで用意させる。

セナはユギョンに指輪を貸してくれと言う。
また、悪いことを企み出した

ホームレスの男は食後、ジェウクにお礼と言うために事務所の前をふらふらと歩いている。
セナは男の前に指輪を落とし、姿を隠す。
男は指輪を見つけてポケットにしまった。

ユギョンが、指輪がなくなったと騒ぎ出した。
セナは先ほどの男が怪しいと言う。
男を探しに行く従業員。

すぐに男は見つかり指輪を持っていたので、セナとユギョンは男を警察に連れていった。
ヘリはダルニムにあなたが男を店に入れたからだと言う。
そこに警察がやって来た。
ダルニムを窃盗罪の疑いで連行すると言う警官。

34~36話感想

セナはソノの家族をみんな自分の味方につけ、安心しています。肝心のソノの気持ちがまだですが、ボクナムからもセナを勧められタソノはどうするのでしょう。
ジェウクは本当に優しいですね。ジェウクと結婚したら一緒幸せになれますね。ドラマ的には最後はソノと結ばれるのかもしれませんが、ジェウクの方が絶対におすすめですよ~。


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください