甘い敵-あらすじ-40話-41話-42話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-甘い敵-あらすじ-40話-41話-42話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

甘い敵





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ダルニムはまたセナに罠にはめられましたが、ジェウクに助けられました。ジェウクはダルニムを愛していますが、ダルニムはジェウクの気持ちがわかっていないようです。
ソノは家族のみんなからセナとの結婚を勧められています。ソノの家族やイランを味方につけたセナはソノに大胆に迫ってきました。

【甘い敵】(ネタバレあり)

40話

セナはソノの頬にキスをした。
送ってもらえない代わりだと言う。
そんなセナを見送るソノ。

ダルニムはイランに呼ばれた。
イランはあなたのお母さんのことだが、ビラなんて配っても無駄だと言う。
人を捜すにも時間とお金が必要だと言う。
私が協力するというイラン。
その代わりにジェウクのそばから消えろと言う。
ダルニムは仕事を辞めろということかと聞く。
イランはあなたを刑務所に戻すこともできるけれど、そこまでしないのは私の配慮だと言う。
考えておけと言うイラン。

ダルニムは今すぐに返事をすると言う。
私はどこにも行かないと言う。
イランは助かる最後のチャンスだったのに後悔することになると言う。
ダルニムは、母は自分の力で捜すと言う。
イランは実の母でもないのに捜してどうするのかと言う。
あなたは捨てられたのだと言う。

ダルニムは母を悪く言うなと言う。
実の母より大切に育ててくれたと言うダルニム。
あなたがジェヒを思う気持ちと同じだと言う。
イランはジェヒの名前を呼ぶなと言う。
これ以上ジェウクを巻き込むなと言うイラン。

出て行ったダルニムのことを憎らしい娘だとつぶやくイラン。
その言葉は後悔することになるでしょう

店に戻ったダルニムにジェウクは母から何を言われたのかと聞く。
ダルニムはシェフに話していないことがあると言う。
私は実の娘ではないのだと言う。
赤ん坊のときに市場に捨てられた私を母が連れて帰り育ててくれたのだと言う。
実の娘ではないから私を捨てたと言う人もいるけれど、私には信じられないと言うダルニム。

ジェウクはおばさんを捜す理由がもう一つ増えたと言う。
捜して間違って稲ことを証明しようと言うジェウク。

セナは店にスニを捜すチラシが貼ってあるのを見て剥そうとする。
ジェウクはそれを止める。
セナはこの掲示板はダルニムのビラを貼るような場所ではないと言う。
ジェウクは母の許可も取っていると言う。

セナはユギョンにビラを剥せと言う。
ユギョンはイランも許可をしているのに私たちが剥したら疑われると言う。
ビラを貼ったところで見つかる訳でないと言うユギョン。
ダルニムはその会話を聞いていた。

部屋から出てきたユギョンたちはダルニムがいるのを見て、今の話を聞いていたのかと聞く。
ダルニムは聞かれて困るようなことでも話をしていたのかと聞く。
ダルニムはユギョンに、本当に母の捜索願は出したのかと聞く。
出したと言うユギョン。
私が確認した時、届け出は出ていなかったと言うダルニム。
セナはあの時あなたの母親を捜すために私たちがどんなに苦労としたとわかっているのかと言う。
ダルニムはあの時は苦労をしたけれど、今はなぜ剥そうとするのかと言う。
そうだ! そうだ! おかしいじゃないか!

ダルニムは母が見つからないことを願っているように見えると言う。
ユギョンはあなたを捨てたのだから傷が深くなる前にやめさせようと思ったのだと言う。
ダルニムはそう言われると変な想像をすると言う。
セガンがくれたブレスレットと同じものがなぜあの日に別荘に落ちていたのか、なぜ急に母が失踪したのか、誰かが意図的に仕組んだようだと言うダルニム。

ユギョンは私たちがあなたの母親を連れ去ったと言いたいのかと言う。
ダルニムはそんなことは言っていないのになぜそう思うのかと聞く。
セナはダルニムに仕事に戻れと言う。

ユギョンはセガンに電話をして、ダルニムから私たちが母親を隠していると言われたと泣きつく。
怒ったセガンはダルニムに会いに来た。
セガンはあのとき俺たちが何枚ビラを配ったと思っているのかと言う。
ダルニムは疑われるようなことをするからだと言う。

セガンは俺たち流産をしなければ別れるようなことはなかったと言う。
ダルニムは私が流産しなくてもあなたは私と別れてルビと結婚するつもりだったと言う。
私が刑務所にいる間に生まれた子供を奪ったはずだと言う。
セガンはとんでもない想像力だ、小説でも書けと言う。

帰ろうとするダルニムの腕をつかむセガン。
ダルニムはビラを落としてしまう。
そのビラを拾うジェウク。

ジェウクはセガンに2人の関係を知られたくなければ今後、ダルニムには手を出すなと言う。
これは警告だと言う。
ばらせばいいのに!

ダルニムはジェウクにセガンには言わないで欲しかったと言う。
ジェウクは君が傷つくのを見たくないと言う。
ダルニムは、これは私とセガンの問題でシェフには関係ないと言う。
ジェウクは俺の気持ちがわからないのかと聞く。

ダルニムは疲れたから帰ると言う。
ダルニムはまさかシェフが…。
ありえないと思うダルニム。
そのまさかです

ソノはルビにあの日、ドライブレコーダーを警察に提出したが、何も映っていなかったのかと聞く。
ルビは猫しか映っていなかったと言う。
おかしなところはなかったのかと聞くソノ。
セガンの車にはドライブレコーダーがついていなかったから私のだけ提出したと言うルビ。

朝早くセガンはユギョンの家に来た。
ジェウクが俺とダルニムの関係を知っていると言う。
ダルニムに手を出すなと脅かされたと言うセガン。
そのうえソノまでドライブレコーダーの話を聞いてきたと言う。

セナはジェウクが黙っていたのは考えがあるからだと言う。
ユギョンは私たちの弱みを握ってダルニムを守るつもりだと言う。
ジェウクはダルニムのことが好きなのだと言う。
私がジェウクと話すと言うユギョン。

ユギョンはジェウクに何が望みかと聞く。
ジェウクは今までダルニムを追い出そうとしていたのは母への忠誠心かと思っていたが、セガンとの関係がばれるのを防ぐためだったのかと聞く。
ジェウクは黙っているからダルニムには手を出すなと言う。
ユギョンはわかったと言う。

ビラを配りに行くダルニムとジェウク。
店に来たセナに一緒に配るかと聞く。
セナはそんなに暇ではないと言う。
ジェウクは善行を積む機会なのに残念だと言う。
(笑) 善行なんて全くない女ですから

セナはユギョンに一度スニの様子を見てくるべきではないかと言う。
ユギョンは週末に見てくると言う。

事務所でケーキを食べるジェウク。
ダルニムはジェウクの口についたケーキをティッシュで拭いてあげる。
2人の話声が聞こえたイランは事務所に入り、その様子を見て怒り出す。
ダルニムにあなたごときがジェウクに手を出すとはと言い、ダルニムを叩こうとする。
その腕を掴んで止めるジェウク。
ジェウクはダルニムが何の悪いことをしたのかと言う。

イランは怒って出て行く。
追いかけるジェウク。
イランは店に貼ってあるスニのちらしを破り捨てる。
ジェウクは誤解だと言う。
イランは誤解だと言うならダルニムの前で特別な感情はないと言えと言う。
ダルニムはシェフは昔の恩を返そうとしてくれているだけだと言う。
イランはあなたに聞いていないと言う。
黙っているジェウク。

41話

ジェウクはダルニムに恋愛感情はないと言う。
ダルニムのお母さんに世話になったから手伝っているだけだと言う。
イランはダルニムに高望みをすると痛い目にあうと言い帰っていく。

セナはダルニムにジェウクは昔から女遊びで有名なのだと言う。
ジェウクに泣かされた女性も沢山いると言う。
女性にプレゼントはしても心は開かないから誤解するなと言う。
ダルニムは母への恩で、よくしてくれているだけだと言う。
セナはあなたがジェウクに夢中なのかと思っていたと言う。

セナはこれ以上私たちを苦しめるなと言う。
ここで働きたいなら行動を慎めと言う。

店に食材が届かない。
今日からプンニョン農場へと納品業者が変わったのだった。
ダルニムにプンニョン商会のおじいさんから電話がかかってきた。
あわてて出て行くダルニム。

市場に行くとおじいさんの店はめちゃくちゃに荒らされていた。
おじいさんは、ヒョンフードの連中が店に来て大暴れしたのだと言う。

ソノはダルニムから話を聞いて食材は倉庫の物を届けると言う。
ダルニムにおじいさんを連れて本社に来るようにと言うソノ。
そしてジェウクに電話をするソノ。

新聞にはチェゴ食品に一方的に契約をされたと言う記事が出た。

会社の外では契約破棄をしたヒョンフードがデモを始めた。
プンニョン商会のおじいさんは本社の前でデモをしている男たちを見て、ダルニムに、あいつらが俺の店おめちゃくちゃにしたのだと言う。
男たちに掴みかかっていくおじいさん。
おじいさんは男に突き飛ばされる。

ソノが到着した。
男はソノに契約破棄の指示をしたのはお前だろうと言う。
男の一人がソノに生卵を投げつけた。
それに気付いたセナはソノをかばって生卵を浴びてしまう。
点数稼ぎだ!

男は契約破棄を取り消すまでここから動かないと言う。
ソノはそれなら法律に従い解決をすると言う。
封筒を出し、この中にはあなた達がやっていた不正の証拠が入っていると言う。
契約破棄が不当だと思うならデモを続ければいいと言うソノ。
ただし、裁判所で裁きを受ける覚悟をしろと言う。
この場からすぐに去るなら法的責任は問わないと言う。

ソノは言い忘れていたと言う。
ヒョン理事と弟のヒョンフードの代表には辞めてもらうと言う。

ソノはおじいさんに店を荒らされた弁償は会社ですると言う。
セガンを紹介するソノ。
謝るソノに君は悪くないと言うおじいさん。

ユギョンはセナが卵をぶつけられたと聞いて会社にやってきた。
ソノは自分をかばったせいだと謝る。
ユギョンはセナがあなたをかばうのは2度目だと言う。
セナは、ソノは悪くないと言う。

ソノはセナに薬を持ってきた。
卵をぶつけられたところに薬を塗ってあげるソノ。
ソノは、今後は俺の代わりに犠牲になったりするなと言う。
同じことが起きてもまたあなたを守ると言うセナ。
セナはあなたのためなら火の中にでも飛び込んでいけると言う。
火の中より刑務所に飛び込みなさい!

ユギョンはイランにセナがソノをかばって怪我をしたのはこれで2回目だと言う。
以前も身をていして助けたのにソノはセナの気持ちに気付かなかったと言う。
イランは、セナはジェヒが他界してからソノを好きになったのではないのかと聞く。
ユギョンは話を誤魔化す。

ヒョン理事はボクナム会長に呼ばれ会長室に行く。
中にいたのはソノだった。
ヒョン理事は君には話がないと出て行こうとする。
ソノは今出て行ったら警察に行くことになると言う。

封筒の中身を見るヒョン理事。
ソノは公金横領、株価操作などあばけばいくらでも出てくると言う。
USBを見せ、これに証拠が入っていると言う。
自分から辞めるなら名誉を汚さず出て行けるように協力すると言うソノ。
それが会長の最後の配慮だと言う。

会長室に戻ったボクナムにヒョン理事は私を追い出してただですむと思っているのかと言う。
あのことがなければチェゴ食品は大企業になっていなかったと言う。
ボクナムはヒョン理事に落ち着けと言う。
ヒョン理事は一人で地獄に落ちるわけにはいかないと言う。
ボクナムは意外と悪い奴かもしれません

イランは部下にダルニムの母を捜すように指示をする。

ダルニムはソノが本部長になって本社に戻ると聞いた。

本社に戻るために理事たちの前でプレゼンをするソノ。
満場一致でソノの本部長復帰が決まった。
ソノはボクナムたちに復帰できたのはみんなのおかげだが、もう一人刺激を与えてくれた人がいると言う。
誰かと聞くゴボン。
ソノは今度話すと言う。
ダルニムしかいません!

ソノはダルニムに会いに来た。
ソノはダルニムの顔を見て4年前にあんなことをしなければ君を憎むことはなかったと思う。
ソノはここに来るのは今日が最後だと言う。
君を見るたびにジェヒを思い出しつらかったと言う。
しかし4年前の記憶からもジェヒからも抜け出すと言う。
だからといって君を許すわけではないが、これからは私情を挟まず、従業員として接すると言う。
君も4年前のことは忘れて再出発することを願うと言うソノ。

42話

再出発すると言うソノの言葉を聞いて喜ぶダルニム。
ダルニムはソノの心の傷が癒えて心が満たさせるようにと心の中で思う。

ボクナムはゴミの分別をする。
それを見たセナは清掃員にやらせると言う。
ボクナムはこれくらいのことで呼ぶなと言う。
セナはわが社のトップの会長がやるべきことではないと言う。
ボクナムは時間のある人間がやればいいのだと言う。
セナにも手伝わせるボクナム。

ソノの本部長復帰を祝う家族。
セナも招待された。
ゴボンはセナのことを、ソノを守ってくれる守護天使だと言う。

食後にウンジョンはセナに指輪を渡す。
この指輪はこの家の嫁が引き継いできたものだと言う。
嫁当然だから渡してもいい時期だと思ったと言う。
まだ早いと思いますよ

ルビが新しい事業を始めようとしているのに反対するセガン。
ルビは、昔は私のことを応援してくれたのに今は変わってしまったと言う。
いつも疲れてしか言わないのなら一人で寝ろと言う。
ベッドから追い出すルビ。

セナはソノの母からもらった指輪を見ている。
この指輪は以前ジェヒがもらったものだった。
セナは、私はもうあなたの影ではない、私の隣にはソノがいると言う。

ソノは本部長に戻り、以前使っていた部屋に戻ることになった。
セナはソノに自分とのツーショット写真を渡し机の上に飾ってくれと言う。
ソノが人の目があると言うと、セナはそれなら家に飾ってくれと言う。

食堂に本部長就任の挨拶に行くソノ。
ソノはダルニムたちがスプーンと箸を布巾拭いているのを見て、セナに殺菌機能付きの箸箱に交換しろと言う。
そうすれば従業員は他のことをする時間ができるし、衛生的にもなると言う。

ダルニムは棚から大きな鍋を下ろそうとする。
それを手伝うソノ。
ソノはダルニムにしょうが茶、食材ノート、プンニョン農場のことなどお礼を言う。
正社員になれるように頑張れと言うソノ。
ダルニムの良さがわかってきたようです

ソノは帰るときにダルニムの母スニ捜しのチラシを見つける。
そして電話がかかってきたダルニムの携帯電話についていたストラップに目が止まった。

ダルニムは食材担当のため、明日から本社で研修を受けることになった。

家に帰ったソノは自分の部屋からジェヒの絵や写真がなくなっていたので驚く。
母ウンジョンが片付けたのだった。
ウンジョンは少しずつ整理していけと言う。
机の上には代わりにセナとのツーショット写真が置かれていた。
似合わない2人ですね~

ソノはダルニムの携帯についていたストラップを思い出した。
机の引き出しからそのストラップと似ているものを取り出した。

翌日セナにストラップを見せこれを見たことがあるかと聞く。
見たことはないと言うセナ。
ソノは4年前、セナの家の近くでダルニムの母を見かけ、その時に拾ったのだと言う。
セナは人違いだろうと言う。
私が捨てておくとストラップを受け取ろうとするセナに、ソノは自分が捨てると言う。

ダルニムは研修のために本社にやってきた。
会長のボクナムがゴミの缶を片付けるのを手伝うダルニム。
昼食を食べ損ねてお腹がすいていたボクナムに自分のもっていたパンをあげるダルニム。
ダルニムはボクナムにここの清掃員かと聞く。
ボクナムなんとなくうなずく。

食堂に戻るダルニムはソノに会った。
ソノはダルニムの携帯についているストラップに気づいた。
急いで机の引き出しからストラップを取り出し、ダルニムを追いかける。

ダルニムは母のチラシを貼っていた。
ソノはダルニムに拾ったストラップを見せる。
それを見て驚くダルニム。
これは母のものだと言い、涙ぐむダルニム。

40~42話感想

セナはだんだんと図々しくなってきました。ソノはセナを受け入れるつもりなのでしょうか。
ダルニムの良さがわかり、ジェヒの事件とは切り離してダルニムを見るようになったソノですが、セナが許さないでしょうね。
個人的な意見ですが、セナには花がないです。いくら着飾っても似合いません。母親のユギョンやセガンも同じでこの3人は花やオーラがまったくない家族です。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。