甘い敵-あらすじ-58話-59話-60話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-甘い敵-あらすじ-58話-59話-60話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

甘い敵


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
新しいラーメンの開発をするダルニムとセナ。セナはソノがダルニムに協力しているのが気に入りません。
ダルニムは塩味が上手く出せずに悩み、人気のラーメン屋に通いました。そこの店主からレシピをもらうことができたダルニム。
いよいよセナとダルニムの対決が始まりそうです。

【甘い敵】(ネタバレあり)

58話

ダルニムのレシピノートを読もうとするセナ。
ダルニムに見つかった。
ダルニムはセナのことを泥棒だと言う。
その言葉に怒ったセナはダルニムに掴みかかる。

ジェウクが止めに入る。
ダルニムに手を出したら許さないと言うジェウク。
セナはジェウクに私たちの問題だから口を出すなと言う。
セナはダルニムに謝れと言う。
謝るのはあなただと言うダルニム。
セナはノートが落ちていたから拾っただけだと言う。

そこにグムスクが来た。
セナの言う通りだと言うグムスク。
拾ったところを見ていたと言う。
ジェウクはセナに誤解をされるような行動はするなと言う。

セナはダルニムに新商品の開発は大変だろうと言う。
誰にでもできることではないと言うセナ。
ダルニムならできるんですよ

ユギョンはグムスクにお礼を言う。
グムスクは雇ってくれたお礼だと言う。
セナとユギョンはグムスクを気に入った。

イランはユギョンを呼ぶ。
イランは子供の話をし始めた。
子供の父親は映画監督で下積み時代に出会ったと言う。
離婚して私と結婚すると言っていたのに音信不通になって、子供が生まれたから家に行ってみたら怒りながら俺の子供とは限らないと言われたのだと言うイラン。
ひどい男だと言うユギョン。
イランは天涯孤独の身だったから一人で育てる自信がなかったと言う。
それでやってはいけないことをしてしまったと涙と流すイラン。

イランは子供も私を捜しているかもしれないと言う。
今までやってあげられなかったことを全てやってあげたいと言うイラン。
イランは黄色い蝶の刺繍がしてある産着を見せ、これが目印だと言う。
ユギョンは、私がひそかに探してみると言う。

その産着と同じものをダルニムが持っていた。

ビョンスがユギョンとセナに金を出せと脅すので、セナも反撃に出た。
フィリピンにいるビョンスの息子の写真を見せ、誘拐や拉致なんて簡単にできると言うセナ。
勝手な真似をしたら息子に会えなくなると言うセナ。
ビョンスはそんな脅しは通用しないと言う。
セナはできないと思っているのかと言う。
あなたが私のことを人間でないと言ったではないかと言う。
私は人間ではないのだから何でもできるのだと言うセナ。
確かに人間の心は持っていないようです

ビョンスは息子だけには手を出さないでくれと言う。
セナは今後軽率な行動をしたら許さないと言う。

ユギョンはビョンスにスニのことは業者に任せて35年前に捨てられた子供を捜してほしいと言う。
セナは児童養護施設のリストを渡す。
ユギョンはその子供は35年前の5月にある市場に捨てられたようだと言う。
産着の写真を見せるユギョン。
セナは全国を探し回れと言う。

セナは新商品の開発がうまくいかず焦る。
何としてもダルニムに勝たなければいけないと言うセナ。
セナはヘリに電話をする。
今度は何をやらせるつもりでしょう

ダルニムはラーメン屋の店主からもらったレシピを参考にスープを完成させた。
ジェウクに味見をしてもらう。
ジェウクは今まで食べた中で一番美味しいと言う。
ダルニムは熟成させればもっと深みが出るはずだと言う。

ジェウクはコーヒーを飲んで休憩しようと言う。
その場を離れる2人。

ヘリはダルニムの作ったスープを盗み、レシピノートも写メした。
それをセナに渡す。
やっぱり泥棒じゃないですか

セナはダルニムのスープを研究室に持っていく。
電話で研究室を離れるセナ。
そこにソノが入って来た。
ソノは置いてあるスープを味見する。
そこにセナが戻ってきた。
ソノはスープが完成したのかと聞く。
ラーメン店のスープより美味しいと言うソノ。
セナはそんなに美味しかったかと聞く。
ソノは明日会長にも味見をしてもらおうと言う。

セナはレシピがあるから同じように作れば問題ないと考える。

ソノはダルニムの様子も見に来た。
ダルニムは完成したと言いソノに味見をさせる。
ソノはセナのスープと同じ味だと気付いた。
ダルニムにレシピを誰かに見せたかと聞くソノ。
ダルニムはシェフにしか見せていないと言う。

翌日ダルニムのレシピ通りにスープを作ったセナ。
ソノがサンプルテストの準備はできたかと入って来た。
スープの味見をするソノ。
昨日のスープと味が違うと言う。
セナも味見をする。
レシピ通りに作ったのに変だと考えるセナ。

ソノはこれではサンプルテストはできないと言う。
ソノはセナに自分に隠していることはないかと聞く。
セナはテストを延期してほしいと言う。

セナはヘリを呼ぶ。
これは本当にダルニムのレシピかと聞く。
ヘリはダルニムのレシピを写メしたのだと言う。
セナはこの通りに作ったのになぜ味が違うのかと聞く。
ヘリは私にはわからないと言う。
無責任だと怒り出すセナ。
ヘリはチーム長の指示に従っただけだと言う。

その話を聞いていたソノ。

部屋に戻ってきたセナに昨日のスープは君が作ったのかと聞く。
そうだと言うセナ。
ソノはレシピを見せてくれと言う。
セナは私を疑っているのかと聞く。
ソノは数日後のサンプルテストで同じものが作れるのかと聞く。
ソノは他人の真似ではなく自分の味を作れと言う。
君のスープも悪くなかったからもう少し改善すればよくなるはずだと言う。

セナは直接レシピを見ようと厨房に入って来た。
自分の味を作れと言われたばかりではないですか

ダルニムのかばんの中を探すセナ。
ダルニムはこれを探しているのかとレシピノートを見せる。
ヘリが渡したのは偽のレシピノートだと言う。
ダルニムは毎回やられてばかりはいられないと言う。

ダルニムはレシピノートを2冊用意していたのだった。
ヘリがレシピを写メするところも見ていたダルニム。

ダルニムはあなたがこんなに実力がないとは思わなかったと言う。
セナはダルニムを叩こうとする。
ダルニムはレシピを盗んだことを公にしてもいいのかと聞く。
本当は公にしたいけれど見逃してあげると言うダルニム。
なぜ~?

ダルニムは卑怯な手は使わず正々堂々と勝負をしろと言う。
セナはダルニムに掴みかかる。
セナを離そうとしたダルニム。
セナはその拍子に転んでしまった。

病院で全治2週間だと診断されたセナ。
ソノはセナが怪我をしたと聞きやってきた。
ユギョンはダルニムに突き飛ばされたのだと言う。
セナはソノに新商品の開発を妨害するためだと言う。
ソノはダルニムがわざと怪我をさせたというのかと聞く。
ユギョンはセナがそう言っているのに信じられないのかと言う。
ソノは新商品の開発は他の人に任せて休めと言う。

ダルニムとジェウクが入って来た。
ダルニムはセナにかなり痛むのかと聞く。
セナは開発の邪魔をしようとしても無駄だと言う。
これで勝てるとは思うなと言うセナ。
盗んだことを黙っていてくれている人に良く言えますよね

ダルニムはわざとではないと言う。
ユギョンは人に怪我をさせて言い訳をするのかと言う。
ジェウクはセナがレシピを盗んだからだろうと言う。
ユギョンは、ダルニムもセナに怪我をさせたからお互い様だと言う。
ジェウクは怪我を口実に口を塞ぐつもりかと言う。

足を痛がるセナ。
ユギョンはダルニムにさっさと仕事に戻れと言う。

ソノはダルニムにわざとではないのはわかっていると言う。
レシピの件は自分が代わりに謝ると言う。
ジェウクはそれで目をつぶれというのかと聞く。
ソノはこの件を公にしたら新商品の開発が遅れると言う。
ダルニムは責任を追及するより今は開発に集中するべきだと言う。

ユギョンはグムスクにセナを家まで送って行ってくれと頼む。
家に着いたグムスクはセナに食事を用意してから帰ると言う。
グムスクはユギョンの部屋に入りスニの形跡を捜すが、セナに呼ばれて断念する。
グムスクが帰りセナは足首の包帯を外す。
じん帯が伸びたと言うのは嘘だった。
レシピを盗んだことを公にされないようにダルニムを悪者にするためだった。

ダルニムはスープを完成させた。
明日のテストまでに一晩置けばいいだけだった。
スープを冷蔵庫の中にしまうダルニム。
何かされないでしょうか

ダルニムはソノとジェウクに作ったスープを分ける。
冷蔵庫で一晩置けば更に美味しくなるから食べてみてくれと言うダルニム。

ジェウクはダルニムに成功したらプレゼントがあると言う。
ダルニムは成功して母も見つけ、プレゼントも貰うと言う。

59話

ジェウクはダルニムにプレゼントを用意していると言う。
何かと聞くダルニム。
今は秘密だと言うジェウク。
ダルニムは必ず成功してプレゼントを貰うと言う。
ジェウクが用意していたのは指輪だった。

家に帰ったソノは母ウンジョンにダルニムの作ったスープを渡す。
知り合いがくれたと言うソノ。
ウンジョンは明日の朝食に出すと言う。

開発がうまくいかないセナは、このままではダルニムに負けてしまうと焦る。

翌朝ダルニムが出勤すると、冷蔵庫が故障していると騒いでいる。
そのためスープの熟成ができなかった。
これもセナの仕業でしょう

ダルニムはジェウクにスープがないから棄権するしかないかと聞く。
ジェウクは昨日ソノにスープを渡しただろうと言う。
ジェウクはソノに電話をする。
ソノは朝食にそのスープを出そうとしていたウンジョンからスープを取り上げ会社に向かう。

サンプルテストの時間になった。
スープがないダルニムを見て笑うセナ。

セナが昨夜ブレーカーを落としたのだった。

セナは食材の管理もまともにできないのかと聞く。
こんな人と争う意味があるのかと言うセナ。
棄権をしたらどうかと言う。
ソノが入って来た。
残っていたとダルニムにスープを渡す。

評価員たちが到着した。
2人の作ったラーメンを試食する評価員。
結果は全一致でダルニムが選ばれた。
当然の結果!

セナはダルニムに勝ったからといってソノはあなたになびかないと言う。
あなたは市場で肉を解体している姿が似合っていると言う。
あなたの居場所は市場か刑務所だと言うセナ。
ダルニムは、あなたは人間ではなく動物だと言う。
人間は動物と違って恥じることを知っていると言う。
ダルニムは修業を積んで人間になる努力をするべきだと言う。

セナは言いたいことはそれだけかと聞く。
ダルニムは、あなたは私より学もあって多くを手にしているのに、なぜ私を引きずりおろしたいのかと聞く。
ダルニムは冷蔵庫が壊れたのは偶然かと言う。
私が勝って母を見つけるのがそんなに怖いのかと言う。
母を見つけたら一つずつあなた達が隠していることを暴いていくと言うダルニム。

さらにダルニムは私とソノの仲を誤解するなと言う。
あなたにとってソノは最高の男でも私の好みではないと言う。
だから変ないいがかりは止めろと言うダルニム。
可哀想なソノ…

ダルニムにおめでとうと言うソノ。
ダルニムは、約束は忘れていないだろうと聞く。
ソノは広告のことなら心配しなくていいと言う。

ソノはボクナム会長がお祝いの意味で君とお弁当デートしたいと言っていると言う。
ダルニムは喜んでと言う。

ソノはセナを慰める。
私に失望していないのかと言うセナ。
ソノは失望したが、それは負けたからではないと言う。
ソノはベストを尽くしたら結果は重要ではないが、君は不正を行って勝とうとしたと言う。
それが残念だと言うソノ。
セナは結果が重要じゃないなんて本心ではないと言う。
みんな結果を求めるのだと言うセナ。
セナはあなたが私を横に置くのは私が必要だからだろうと言う。
必要がなくなれば捨てるはずだと言うセナ。

私はあなたにふさわしい女になるために努力をしたと言う。
この地位を誰にも渡したくないと言うセナ。

セナはソノの家に招待された。
セナはウンジョンたちに勝てなくて失望しただろうと言う。
ルビは足を怪我していなかったら勝っていたと言う。
本当に足を怪我していても開発に影響はないと思いますが…

セナはソノの部屋に入る。
ソノはいなかった。
机の上に置いてあった箱を開ける。
中にはスニーカーが入っていた。
もしかしたら私へのプレゼントかもしれない思うセナ。

ソノが戻ってきた。
セナはソノにウェディングショップのカタログを見せ、指輪はシンプルなものがよさそうだと言う。
好きにしたらいいと言うソノ。
新婚旅行はどこに行くかと聞くセナ。
君の行きたいところでいいと言う。

セナは結婚したくなさそうだと言う。
ダルニムのためにはスープを持って駆けつけるのに私には気のない返事をするのかと怒る。
なぜスープを持ってきたのかと聞く。
ソノはダルニムが家族で飲んでくれとくれたものが冷蔵庫にあったのだと言う。

ソノはなぜ急に冷蔵庫が故障したのか気になると言う。
ヒューズが飛んだようだと言うセナ。
ソノはなぜ君が知っているのかと聞く。
セナは母さんから聞いたと言う。

まさか私を疑っているのかと怒り出す。
ソノは終わったことだからもう止めようと言う。
ソノはスニーカーの入った箱をしまう。
はい! セナのスニーカーではありませんでした

セナは昨日ソノが持ち帰ったスープを温めようとしたウンジョンが脂分を除去していたと聞いた。
ソノはそれをサンプルテストに持っていたのだった。

ジェウクはイランがユギョンと捨てた子供の話をしているのを聞いてしまった。

ジェウクはユギョンを呼び出した。
昨日子供の話をしているのを聞いてしまったと言う。
ユギョンは本当の話だと言う。
お母さんを非難するなと言うユギョン。
ジェウクは非難する気はないが頼みたいことがあると言う。
その子供を見つけてほしいとと言うジェウク。
実の子供なら母も思う存分に愛情を注げるはずだと言う。
僕が知っているとわかったら母が気を使うので内緒にしてくれと言うジェウク。

ダルニムにラーメンスープの契約書を渡すソノ。
これからアッケシソウラーメンは本格的な研究を始めると言うソノ。
君のおかげで発売が早まりそうだと言う。

ソノはプレゼントだと言いスニーカーを渡す。
靴底がすり減るほど頑張ってくれと言うソノ。
ダルニムは激励の意味でありがたくもらうと言う。
そのスニーカーを履いてみるダルニム。
ぴったりだとお礼を言う。

そのスニーカーを履いているダルニムを見つけたセナ。
セナはなぜあなたがそれを履いているのかと聞く。
ダルニムはソノにもらったのだと言う。
セナは脱げと言う。
断ると言うダルニム。
ダルニムの腕を掴み、私に逆らうのかと怒鳴るセナ。

ソノが来て止めろと言う。
ソノはダルニムに行っていいと言う。
セナはソノにひどいと言う。
なぜあの女の味方ばかりするのかと言う。
ソノは君が礼儀を守らないからだと言う。
セナはあなたの心を奪った女に礼儀を守れと言うのかと言う。

あのスニーカーにはあなたの心がこもっていると言う。
ソノは、あれは新商品開発に成功した贈り物だと言う。
それくらいのことで大げさに騒ぐなと言う。
本当にそれだけかと聞くセナ。
ソノはセガンとの関係を一人で耐えていたと思うと胸が痛むと言う。
セナはあなたのことは私が一番よくわかると言う。
あなたは自分の気持ちに気付いていないだけだと言う。
気付かせてしまっていいのでしょうか

ダルニムに宅配便が届いた。
ジェウクからだった。
中には洋服と靴とカバンが入っていた。
手紙には新しい服と靴を履いて来てほしいと書いてあった。

グムスクに化粧をしてもらい出かけるダルニム。

ジェウクはダルニムを待っている。
そこに美しく変身したダルニムがやってきた。
見とれるジェウク。

とても似合っていると言うジェウク。
ダルニムはシンデレラになった気分だと言う。
シンデレラのように元に戻ってしまうのだけれど、今はとても幸せは気分だと言う。
ジェウクはもう一つプレゼントがあると言う。

指輪を差しだすジェウク。
ジェウクはダルニムを思う自分の気持ちだと言う。
受け取ってくれるかと聞くジェウク。

60話

ジェウクはダルニムに指輪を見せる。
受け取ってくれるかと聞くジェウク。

ジェウクは今まで幸せを感じたことがなかったと言う。
しかし君を見ると幸せな気持ちになるのだと言う。
僕の分をすべて君にあげて幸せにしてあげたいと言う。
ダルニムは私には受け取る資格がないと言う。
ジェウクは、今は余裕がないことはわかっていると言う。
ダルニムはよりによってなぜ私なのかと聞く。

ジェウクは昔傷ついていた僕に赤いマフラーをかけてくれた君は、天国の母が送ってくれた太陽のような人だと言う。
ジェウクは、返事はすぐでなくてもいいと言う。
この指輪が君の手に輝くまで待っていると言う。

イランはセナにソノが広告を出すのを阻止しろと言う。

指輪を見ているダルニムにグムスクはプロポーズされたのかと喜ぶ。
ダルニムはシェフが私のせいで後ろ指をさされたら申し訳ないと言う。
無実ではないかと言うグムスク。
ダルニムは終わりのない戦いにシェフを巻き込みたくないと言う。
グムスクは、シェフは心からあなたが好きだから考えてみろと言う。
ダルニムは、今は母のことだけを考えたいと言う。

イランはジェウクが指輪を買ったと知った。
ジェウクの部屋でその指輪を探すイラン。
そこにジェウクが帰ってきた。
イランは、指輪はもう渡したのかと聞く。
母さんには関係ないと言うジェウク。
イランはこの家から出て行けと言う。
ジェウクは母さんとジェヒの思い出のあるこの家からは出て行かないと言う。
イランはあなたもダルニムも許さないと言う。

ダルニムは会長とのお弁当デートに行く。
ダルニムを待つボクナムたち。
なぜセナまでいる?

ダルニムが入って来た。
ダルニムはボクナムを見て驚く。
ボクナムはダルニムに久しぶりだと言う。
ダルニムは掃除のおばあさんが会長だと知って更に驚く。

ボクナムはダルニムに今回は頑張ってくれたと激励する。
ボクナムはみんなにお弁当を食べようと言う。
セナは会議があるからと出て行く。

セナはダルニムのスープは他の人が手を加えたものだと言いふらし始めた。
部下たちはテスト結果を無効にするべきだと言う。
テスト前にチーム長を怪我させたのもフェアプレイではないと言う。
部下たちは真実を明らかにするまで業務をボイコットしようと言う。
セナは私も同じ考えだと言う。

ソノはダルニムにスニ探しの広告を見せる。
ソノはお母さんと君はよく似ていると言う。
ダルニムは周囲からも本当の親子のようだと言われると言う。;
実の親子ではないのだと言うダルニム。
でも母は私を捨てて逃げるような人ではないと言う。
ダルニムは母に会えたらマフラーをあげようと毛糸を買ったと言う。
ソノはマフラーが完成するまでに見つかるはずだと言う。

ソノはボクナムに呼ばれた。
セナの開発チームが業務をボイコットしたのだった。
セナはボクナムに、ダルニムが開発したスープをソノが運んだのだが、それはお母様が脂を除去したものだったと言う。
ソノは厨房の冷蔵庫が壊れたので前日貰ったスープを持っていったのだと言う。
母さんが手を加えたが結果には影響はないと思ったと言う。
ダジョンは、それでは100%ダルニムが作ったとは言えないと言う。
ボクナムはセナにテストの結果を認めないということかと聞く。

セナはテストの結果を取り消すべきだと言う。
ダジョンは、チーム長はダルニムのせいで足も怪我したと言う。
体調が万全でないと味覚も落ちると言う。
正当な措置を取ってくれなければ業務をボイコットすると言う開発チームの社員。

その話を聞いたダルニムとジェウクは本社に向かう。
ダルニムはジェウクに、ここまでされて我慢はできないと言う。
ダルニムはジェウクに頼みたいことがあると言う。
もしかしてセナが歩けることをばらす?

ダルニムはセナに業務をボイコットさせるなんて卑怯だと言う。
フェアに勝負したのだから受け入れろと言うダルニム。
ダルニムは広告がでるのを阻止したいのだろうと聞く。
セナは私に怪我をさせたうえに、スープは他の人が手を加えたと言う。
それを認めないほうが卑怯だと言うセナ。

ダルニムは、あなたはかわいそうな人だと言う。
実力もないからこじつけて人を引きずり降ろそうとする姿は惨めだと言う。
セナは怒ってダルニムを叩こうとする。
ダルニムは私に指一本でも触れたら許さないと言う。

去っていくダルニムにまだ話は終わっていないと言うセナ。
ダルニムはこれから会長のところに行って是非を正してもらうと言う。
セナはダルニムを走って追いかける。
その姿を見ているボクナムやソノ。
セナに足を怪我したのではないのかと聞くボクナム。

ジェウクはボクナムに診断書を見せ、病院に確認したらセナの怪我は軽い捻挫だったと言う。
セナがダルニムを妨害しようとしたのだと言う。
ボクナムはセナにどこでこんな悪事を覚えたのかと怒る。
レシピを盗んだことを隠すために自作自演をするなんてと言う。
セナは申し訳ないと謝る。
ボクナムはダルニムに謝れと言う。

セナはダルニムに私が悪かったと言う。
ダルニムはボクナムにテスト結果を受け入れてくれと言う。
ボクナムは、それは心配ないと言う。
ボクナムはセナに新商品の開発チームから外れろと言う。
その代わりにダルニムをプロジェクトの責任者にすると言うボクナム。

ダルニムは機会を頂けるならやってみると言う。
セナにはダルニムのサポートをしろと言う。
セナにとっては屈辱でしょうね

ソノはセナに以前の君ではないと言う。
セナはソノにこうなったのはあなたのせいだと言う。
ダルニムのことを気にかけていて、ダルニムの話を信じて私のことは信じていないと言う。
セナは、私はあなたのためなら命だって投げ出せると言う。
それなのにあなたは私を疑ってばかりだと言う。

あなたに必要な人間になれば捨てられないと思ったと言う。
ソノは君が駄目になっていく姿を見たくないと言う。
以前のセナに戻って欲しいと言うソノ。
間違いを認めダルニムと協力して新商品を開発してくれと言う。
セナはそうすると言う。

セナはソノの家に来た。
ルビは、セナは演技が上手だと言う。
私よりうまいから女優になれそうだと言う。
ウンジョンはセナに今回はセナがやり過ぎだと言う。
あなたは、式は挙げていないけれど嫁当然だからダルニムのことは気にしなくていいと言う。
ボクナムはうちの嫁になるなら言動に注意しろと言う。
二度とこのようなことはするなと言う。
それが懲りない女なんですよ~

ボクナムはダルニムのことを心の綺麗な女性だと言う。
ジェヒを殺したとは思えないと言う。
ウンジョンはお母義さんが会長だと知ってわざと近づいたのだと言う。
ルビも自分の会社の会長をしらないはずがないと言う。
ボクナムはルビたちに、なぜひねくれた考えをするのだと言う。
ウンジョンはそんな人に総括責任者をまかせるなんて心配だと言う。
ソノは、ダルニムは現場経験や知識もあるからうまくやれると思うと言う。

ダルニムは本社に出勤してきた。
ソノは開発チームに紹介するとダルニムを連れて行く。
ダルニムは挨拶をするが無視するセナ。
ソノはみんなにダルニムに協力して頑張ってくれと言い出て行く。

セナは調理室に行くと言い出て行こうとする。
ダルニムは待てと言う。
私の許可を得ていないと言うダルニム。
セナは、私は開発チームのチーム長だと言う。
ダルニムは新商品の発売まで私が総括責任者だと言う。
それでも私を無視して出て行くのかと言うダルニム。

58~60話感想

ジェウクにプロポーズされたダルニム。自分と結婚したらジェウクに迷惑がかかると返事はしませんでした。今のところダルニムは母を捜すことだけを考えていて、ジェウクもソノも男性として意識はしていないようです。
セナの上司になったダルニム。次回からセナは屈辱の毎日になるのでしょうか。きっと何かしかけてくるはずです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください