甘い敵-あらすじ-64話-65話-66話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-甘い敵-あらすじ-64話-65話-66話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

甘い敵


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
セナはダルニムの開発した無添加ラーメンのレシピをライバル会社に渡しました。その罪をヘリに着せるセナ。
ライバル会社から発売された新ラーメンは飛ぶように売れ始めました。ソノはレシピを流出した犯人を明らかすると言っていますが、会長はラーメンの発売を中止にする決断をしました。

【甘い敵】(ネタバレあり)

64話

セナは新商品の発売は中止だと言う。
あり合えないと言うダルニムに会長の決定を無視するのかというセナ。
セナはダルニムにプロジェクトは中止だから明日から食堂に戻れと言う。

ソノはボクナムにもう少しでレシピを盗んだ犯人を見つけるから待ってくれと言う。
ボクナムは長引くと会社の損失が大きくなると言う。
納得いかないだろうがどうどうしようもできないと言うボクナム。
ダルニムは新商品の開発はできなくても犯人は捜すと言う。
ソノも諦めるつもりはないと言う。
ボクナムは犯人を捜すのは止めるつもりはないと言う。

ダルニムは荷物を持って食堂に戻る。
セナはダルニムにあなたは食堂の方が似合っていると言う。
ダルニムは誰がレシピを流出させたのか必ず明らかにすると言う。

ダルニムは戻る前に電算室に行き、復元された画像を見せてほしいと頼む。
電算室の社員は契約解除になったのなら部外者だから見せられないと言う。
それでも見せてほしいと頼むダルニム。
社員はしかたなく見せるがほとんど復元できていなかった。

ダルニムは壊れたハードディスクを貸してほしいと頼む。
社員は問題になったら困るから駄目だと言う。
出て行ってくれと言う社員。
追い出させたダルニムを待っていたソノ。
ソノは、ハードディスクは僕が手に入れると言う。
本部長なら問題はないでしょう

食堂に戻ったダルニム。
ヘリは解雇されていた。

ソノは家族やセナの前でレシピを流出させた犯人を見つけると言う。
セナはレシピが流出したことを理事たちが知ったら反対に責任を問われるかもしれないから詮索しないほうがいいと言う。
ボゴンやボクナムは会社に損失を与えた人間を見逃すわけにはいかないと言う。
同じようなことがおきないように処分をするべきだと言う。
セナの意見は通りません!

グムスクはビョンスに接近する。
フィリピンにいる息子の話を聞きながらビョンスにお酒を飲ませるグムスク。
グムスクは酔っぱらい始めたビョンスにどうしてお金を持っているのかと聞く。
俺には金になる木があるのだと言う。
ユギョンとの関係を話しはじめたが途中で寝てしまったビョンス。

ソノは電算室からハードディスクを借りたが、ウイルスだけでなく2回も破損していて復元はできなかった。
ジェウクは他の専門家にも頼んでみると言う。

ダルニムはフード&トップのソンチーム長に会いに行くが、約束のない人は会えないと断られる。
ダルニムはヒョン理事を見つけた。
ここで仕事をしているのかと聞くダルニム。
ダルニムはアッケシソウラーメンの件でソンチーム長に会いに来たのだと言う。
呼んでもらえないかと頼むダルニム。
ヒョン理事はソンチーム長を呼んた。

ダルニムはソンチーム長にヘリを知っているかと聞く。
知っていると答えるソンチーム長。
ダルニムはヘリがレシピを流出させたとして解雇されたと言う。
ヘリと会ったときに受け取っていないかと聞くダルニム。

ソンチーム長は、アッケシソウラーメンはうちが長い間研究してきたプロジェクトだと言う。
レシピ流出とは関係ないと言う。

ダルニムはフード&トップの社員たちがアッケシソウラーメンの開発でヒョン理事が手柄をあげたようだと噂をしているのを聞いた。
社員たちは解雇されたチェゴ食品に仕返しができたと話をしている。

ダルニムはイラン会いに来た。
ちょうどイランはセナと一緒だった。
ダルニムは2人に話しがしたいと言う。

ダルニムは今回のレシピ流出はセナとユン会長とヒョン理事が仕組んだのだろうと言う。
イランはそんな話をするなら出て行けと言う。
ダルニムはユン会長がセナに指示をしたのではないかと言う。
セナは無礼だと言う。

イランは私の指示だとしたらどうなるのかと言う。
ここで騒ぐくらいしかできないだろうと言う。
イランは私があなたを地獄に落としてやると言っただろうと言う。
私が先に母親を捜して永遠に見つけられないようにしてやると言う。
自分の娘を育ててくれた恩人なのに…

ダルニムは、ユン代表は可哀想な人だと言う。
ダルニムはジェヒの納骨堂の前で必ず真実を明らかにすると誓ったと言う。
ジェヒのためにも諦めないと言うダルニム。

ジェヒの名前を口にするなと言うイラン。
粉々になるまでつぶしてやると言う。
ダルニムはあなたの娘を殺した真犯人が明らかになったら後悔することになると言う。
イランは無実を証明できたらひざまずいてやると言う。

ダルニムはブレスレットを取りだす。
これを知っているだろうと言うダルニム。
ダルニムは同じラーメンが開発されたのなら、4年前も同じブレスレットが事件現場に落ちていた可能性もあるのではないかと言う。
誰かがレシピを盗んだように、私の家にあったブレスレットを盗んだ人がいたとしたらどうだと言う。
これと同じブレスレットを持っている人がジェヒを殺した真犯人だと言う。
その人はセナだと言うダルニム。

ダルニムはセナに、ジェヒが亡くなってあなたはジェヒのものをすべて手にしたと言う。
セナはイランに騙されないでくれと言う。
この女は私とユン代表の仲を裂こうとしているのだと言う。
イランはそのブレスレットでセナを陥れようとしているのだろうと言う。
追い出されるダルニム。

ダルニムは今の会話を録音していた。
何に使うのでしょう

ソノはダルニムにフード&トップを不正競争防止法違反で訴えるつもりだと言う。
しかしうちからレシピが流出した証拠はあってもフード&トップが受け取った証拠がないと言う。
ダルニムはソンチーム長を説得しようと言う。

ダルニムはフード&トップの前でデモを始めた。
レシピを盗んだ犯人は真実を明らかにせよと書いた看板を持って立つダルニム。

イランは保安チームにダルニムを片付けされろと命令する。
それを聞いたジェウクはソノに連絡をする。

ダルニムは記者たちの質問に答える。
ダルニムは記者たちに私のレシピが盗まれたのだと言う。
記者はフード&トップがレシピを盗んだ証拠はあるのかと聞く。
ダルニムはイランとの会話を録音した音声を聞かせる。

そこにイランがやってきた。
この女の話は嘘だと言うイラン。
この女は私の娘を殺した人間だと言うイラン。

65話

フード&トップの前でデモをしているダルニム。
イランはこの女はここに立つ資格のない女だと言う。
私の娘を殺した殺人者だと言うイラン。
記者はダルニムに何か言えと言う。

イランは、アッケシソウラーメンはフード&トップが長い時間をかけて研究した商品だと言う。
この女は殺人者の上にレシピが盗まれたと嘘をついているのだと言う。

ソノが出てきた。
ソノは過去の事件と今回のことは関係ないと言う。
記者はソノに婚約者を殺したダルニムさんを信じるのかと聞く。
ソノはそのとおりだと言う。
殺人とレシピの問題は関係ないと言う。

ソノはチェゴ食品の開発したレシピを見せる。
味からスープの形までまったく同じ商品だという事は理解ができないと言う。
フード&トップが過ちを認めることを願うと言うソノ。

そこにフード&トップのソンチーム長が出てきた。
ソンチーム長はダルニムにアッケシソウ液の作り方は自分で研究したのかと聞く。
ダルニムはラーメン店のソン社長に教えてもらったと言う。
ソンチーム長は、ソン社長は自分の父だと言う。

驚くダルニムたち。

ソンチーム長は父親から譲り受けたというレシピノートを見せる。
このノートを元に数年前から研究を始めたと言うソンチーム長。
ソンチーム長はダルニムさんが父のラーメン店に出入りして秘伝の味を盗んだのだと言う。
ダルニムはソン社長から教えてもらったと言うが、ソンチーム長は赤の他人に秘伝の味を教えると思うのかと言う。

記者たちに問い詰められるダルニム。

ソン社長は手術を受けて意識が戻っていない状態だった。
面会もできずに帰ってきたジェウク。
意識が回復したら解決するのはでないでしょうか

フード&トップがチェゴ食品を名誉棄損で告訴するようだ。
セナはダルニムが騒ぎを大きくしたからだと言う。
ソノはこの問題は自分が解決すると言う。

セナはソノにユン代表との席を用意するから話し合った方がいいと言う。
ソノは悪いことをしていないのだからその必要はないと言う。
セナはダルニムの話を信じているのかと聞く。
信じていると言うソノ。

セナはあの女のせいで判断力まで変わってしまったのかと言う。
ソノは変わったのは君だと言う。
ソノは君がヒョン理事をユン代表に紹介させたのだろうと言う。
ヒョン理事がレシピ流出に関係しているはずだと言うソノ。
セナは私を疑っているのかと言う。
信じてくれない人に話はしたくないと言うセナ。

ダルニムとジェウクはソン社長の見舞いにきた。
ソンチーム長は帰ってくれと言う。
ダルニムはソンチーム長におじさんが書いてくれたものだと言いアッケシソウ液のレシピを見せる。
ソンチーム長はこんなの証拠にはならないと投げつける。
ソンチーム長は父が渡すはずがない、お前が盗んだのだろうと言う。
帰らなければ警察を呼ぶと言うソンチーム長。

セナはイランに明日臨時の理事会議が開かれると言う。
そこでソノが責任を取らされるのではないかと心配だと言うセナ。
あなたのせいで!

イランはセナに株を渡す。
これを持って理事会議に出席しろと言う。
イランは株主になればソノも守れるしダルニムも追い出せると言う。
これでソノの気持ちを掴めと言う。
フード&トップが儲かっているから近いうちに借金も返せそうだと言うイラン。

ソノはジェウクにイランがセナにチェゴ食品の株を譲渡したと話す。
フード&トップを買収して莫大に儲けたはずだと言う。
きっと2人の間で取引があったのだろうと言うソノ。
しかし証拠がないと言う。

セナはソノの家族に、明日の理事会でソノの解任案が出ているが、私が阻止をすると言う。
ユン代表から株を譲渡され、ユン会長の分も預かっているから大丈夫だと言うセナ。
ウンジョンは理事会が終わったら顔合わせをしようと言う。
セナを疑っているソノが結婚するのでしょうか

ダルニムはソン社長の病室の前に座っている。
ソンチーム長は二度と来るなと言ったではないかと怒る。
ダルニムは盗んでいないと言う。
ソンチーム長はこのレシピノートは父が入院する前にくれたものだと言う。
ダルニムは長い間そのノートで研究をしてきたのではないかと聞く。
ソンチーム長はごまかしてその場を去る。

ダルニムはジェウクに今聞いたソンチーム長の言葉を伝える。
数年前から研究していたと言っていたのにおかしいと言うダルニム。

ジェウクはイランにセナに株を譲ったのかと聞く。
私の勝手だと言うイラン。
ジェウクはセナを信じるなと言う。
イランはジェヒを殺した女にプロポーズしたお前にそんなことを言う資格はないと言う。

翌日、理事会が始まった。
理事たちは今回の件で株が暴落していると騒ぎだした。
ボクナムは今ソノが対策を立てているところだと言う。
理事は待っていられないと言う。
みんなに責め立てられたボクナムは体調が悪くなった。
会議から退出するボクナム。
セナはボゴンに、ここは私に任せて会長に着いていてくれと言う。

セナは理事たちの前でチェゴ食品は簡単に潰れないと言う。
会長の力を知っているだろうと言う。
会長が後継者として育てているのがソノだと言うセナ。
セナは時間をかければ元のチェゴ食品に戻ると言う。

理事たちに賄賂を渡すセナ。
結局、説得ではなくお金で黙らせたということです

ソノの解任案はなくなった。

ビョンスはユギョンに子供を見つけたと報告する。
どこにいるのかと聞くユギョン。
ビョンスはもうすぐわかると言う。
間違っているような気がしますが…

グンスクはダルニムにビョンスが誰かを探しているようだと言う。

ダルニムはソンチーム長にこんなことをしてもソン社長は喜ばないと言うが、チーム長は父の心がわかるのかと言う。
ダルニムは母を探してもらうことを条件に新商品を開発したのだと言うが、チーム長は事実と違うことは言えないと言う。
ダルニムはお父さんの前で誓えるのとかと聞く。
ソンチーム長は同じことをしたら警察を呼ぶと言う。
チーム長にすがるダルニム。
チーム長はダルニムを突き飛ばす。

そこにやってきたソノはチーム長にダルニムに謝れと言う。
チーム長は殺人者に謝りたくないと言う。
ソノはチーム長にこんなことをして必ず痛い目に合わせてやると言う

66話

ソノはダルニムに解決できずに申し訳ないと言う。
ダルニムは信じてくれるだけでいいと言う。

顔合わせの席でソノの到着を待つセナたち。

ダルニムはソン社長の見舞いに来た。
チーム長がいなかったので病室に入るダルニム。
ダルニムはソン社長にSNSの応援メッセージを見せ、早く目を覚ましてくれと言う。

チーム長が入ってきた。
そのとき目を覚ましたソン社長。

ダルニムからソン社長が目を覚ましたと聞いたソノは病院に向かう。

セナは顔合わせに来ないソノに電話をする。

ソン社長は目を覚ましたがダルニムたちは合わせてもらえない。
病院に到着したソノはチーム長に合わせないということは隠していることがあるからだろうと言う。
チーム長は絶対安静だからだと言う。
ソノは合わせてくれるまで帰らないと言う。

セナが病院に来た。
ソノが顔合わせに来なかったのはダルニムのせいだと怒っているセナ。
セナはダルニム一人でいればいいのに何故あなたまで病院にいるのかと言う。
ソノは、これは会社の問題だと言う。
セナは顔合わせに主役がいないなんて有り得ないと言う。
ソノは顔合わせより大切だと言う。

セナは私よりダルニムのほうが大切なのかと言う。
ソノは犯人を探しているだけなのに何故ダルニムに関連づけるのかと言う。

そこにダルニムが買い物から戻ってきた。
セナはダルニムに今日が顔合わせだと知っていてわざとソノを呼び出したのかと言う。
ダルニムは顔合わせだったなんて知らなかったと言う。
セナはあなたのせいで台無しだと言う。

ソノはセナに帰れと言う。
セナは好きにしたらいいと怒って帰る。

セナはヒョン理事に電話をして、いつまでも合わせないわけにはいかないと言う。
ヒョン理事はチーム長には口止めしておくから心配するなと言う。
ヒョン理事は父親も息子をかばうはずだと言う。

ソノはダルニムにもし面会できたとしてもソン社長は息子に頼まれたら本当のことを言わないかもしれないと言う。
ジェウクもそれが心配だと言う。
ダルニムはソン社長を信じていると言う。
本当に人がいいんだから!

ダルニムたちはソン社長に合わせてもらえた。
再びやってきたセナはチーム長にヒョン理事から話は聞いているかと聞く。
チーム長は父にはよく話をしたから大丈夫だと言う。

病室に入ったダルニムはソン社長に心配したと言う。
ソノはソン社長にアッケシソウのレシピをダルニムに渡したかと聞く。
ソン社長はしばらく黙っていたがダルニムに渡したと言った。

セナはダルニムがレシピを盗んだ疑いは晴れたがフード&トップが盗んだという証拠はないと言う。
ダルニムはチーム長が自白でもしない限りは難しいと言う。
説得してみると言うダルニム。

セナはユギョンにソノがレシピのことを疑っているから結婚を急いだ方がいいと言う。
顔合わせは省略して結婚式の日取りを決めてくれと言うセナ。
疑われているのに結婚できると思っているのでしょうか

ユギョンはウンジョンに会いに来た。
結婚式の日取りを決めようと言うユギョン。
ユギョンはいい日を調べてきたと言う。
来月だと言うユギョンにウンジョンは早いと言う。
ユギョンは簡単にすれば大丈夫だと言う。
ウンジョンはそれでもいいと言う。

セナはソノに親同士で結婚の日取りを決めたようだと言う。
ソノは新商品を出せなくなったから次の企画を準備しなければいけないと言う。
セナは結婚したほうが安定して仕事ができると言う。

ウエディングドレスを見に行こうと言うセナ。
ソノは会議があるから行けないと言う。
セナは来るまで待っていると言う。

ソン社長の見舞いに来たダルニム。
チーム長が息子の頼みは聞けなくて他人の頼みは聞くのかと怒っている。
すまないと謝るソン社長。
チーム長は今回のことで問題が起こったら父さんとは縁を切ると言い出て行く。

ダルニムは私のせいで親子喧嘩をさせて申し訳ないと謝る。
ソン社長は口ではああいっても心の優しい息子だと言う。
恨まれても息子を正しい道に導かなければならないと言うソン社長。
ソン社長はダルニムに必ず真実を明かせと言う。
ダルニムは約束すると言う。

ウエディングショップでソノを待つセナ。
行けないと言っていたでしょう

ヒョン理事はボクナムに会いに来た。
ヒョン理事はソノがレシピのことを探っているようだから注意をしてくれと言うヒョン理事。
今回は見逃すが次は黙っていないと言う理事。
私は話さない限り例の件はばれないから安心しろと脅すヒョン理事。

帰ってきたソノにボクナムはレシピの件は水に流せと言う。
ソノは納得できないと言うが、ボクナムは会社のためだと言う。

ソノはダルニムにレシピの件は水に流せと言われたと言う。
ヒョン理事のことで心当たりはないかと聞くソノ。
ダルニムは数日前に食堂に来て、私の家族の話をしただけだと言う。

そこにセナが来た。
2人が一緒にいるので、セナはまたダルニムがソノを呼び出したのかと怒る。
ソノはセナを連れて行く。
セナはソノに何故ウエディングショップに来なかったのかと聞く。
行けないと言ったと言うソノ。
セナはここに来る時間はあったのに1人でドレスを選ばせるなんてひどいと言う。
ソノは悪かったと言う。

イランはジェウクに私の誕生日だからみんなを招待すると言う。
ジェウクは、料理は作れないが参加すると言う。

ダルニムはボクナム会長に調査を続けさせてほしいと頼むが、ボクナムは私も真実を知りたいが会社のために我慢してくれと言う。

食堂に自分の荷物を取りに来たヘリ。
同僚に今回はセナにはめられたと話しているヘリ。
それを聞いたダルニムは逃げていないで正々堂々と勝負をしたらいいと言う。
ヘリは簡単には勝てないと言う。
ダルニムはセナに弱みを握られているのかと聞く。
弱みなんかないと言うヘリ。
それなら証言をしてくれと頼むダルニムに、1人でやり返してやると言うヘリ。

ダルニムは力のない利用された人は罰を受けて、利用した人は平然としていると言う。
結局、弱者は強者に利用されて捨てられるのかと言うダルニム。
何とかしなくてはと言うダルニム。
ジェウクは、今日は母の誕生日だから正面からぶつかってみろと言う。

イランの誕生祝いに集まったセナ、ユギョン、そしてソノ、ルビ、ウンジョン。
帰ってきたジェウクは母さんの誕生日を祝いたい人を連れてきたと言う。
入って来たダルニムを見たイランは、よくここに来られたと言う。
ダルニムはここに来てはいけない理由はないと言う。
ダルニムはジェヒを殺したのは私ではないと言う。
黙れと言うイラン。

ダルニムは誰が嘘をついて騙しているか知るべきだと言う。
そこに入って来たのはジェヒの友人ソネだった。
セナはソネに帰れと言う。
ソネは話があってきたと言う。
イランは話してみろと言う。

64~66話感想

セナは一人で結婚の話を進めたり、ウエディングショップに行ったり、とても焦っていますね。ソノは結婚するつもりがないならはっきりと断ればいいのに何をやっているのでしょう。
ボクナムの隠している事実は何なのでしょう。どうやらダルニムの家族に関係していそうですが、まだまだ秘密がたっぷりと残っているドラマです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください