甘い敵-あらすじ-73話-74話-75話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-甘い敵-あらすじ-73話-74話-75話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

甘い敵


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
セナたちはイランの娘がダルニムだと知り、偽物の娘ムンジュを連れて来ました。偽物だと知らないイランはムンジュを可愛がり全財産を渡すつもりです。セナは娘を見つけたお礼としてチェゴ食品の株が欲しいと要求し、それを承知するイラン。
しかしムンジュが偽物だとわかったダルニム。ジェウクとともにイランに会いに来ました。

【甘い敵】(ネタバレあり)

73話

ダルニムはイランにムンジュはあなたの娘ではないと言う。
驚くイラン。
ムンジュが入って来た。
ムンジュは土下座をして許してくれと頼む。
ジェウクはムンジュもセナに利用されたのだと言う。
イランはムンジュに出て行けと言う。
ムンジュは欲を出した私が悪い、許してほしいと涙を流す。
最初は私も本当の娘だと思っていて違うとわかってからも言えなかったと言う。

イランはダルニムに真実を教えてあげたから感謝の言葉が聞きたいのかと言う。
ダルニムはセナの仮面を剥がしたかっただけだと言う。
イランはこのことで私が許すと思ったら大間違いだと言う。

セナはソノの家族にチェゴ食品の株を譲り受けることになったと話す。
ルビはセナが筆頭株主になるのかと言う。
セナはソノを支えることができると言う。

ダルニムはムンジュを家に連れて帰った。
優しいんだから

ジェウクはイランを心配する。
イランは過去にはもっとひどい目にもあっているから大丈夫だと言う。
ジェウクは偽物だと気付かずすまなかったと言う。
イランは私の感情を利用したセナが悪いと言う。
あの2人を信じた自分に腹がたつと言うイラン。
この件は自分で解決するからセナには言うなと言うイラン。

イランはセナに電話で株が用意できたから明日来いと言う。
それを聞いたセナの家族は、明日はお祝いだと騒ぐ。
お祝いどころか刑務所行きかも…

翌日イランの家に来たセナとユギョン。
ユギョンはこの家はムンジュが来てから明るくなったようだと言う。
イランはセナにチェゴの株だと言い封筒を渡す。
中を開けるセナ。

中に入っていたのはムンジュのDNA鑑定書だった。
イランは偽物の娘を連れて来て私を騙すとは許さないと言う。
言い訳をしようとしたセナを叩くイラン。
ユギョンは叩くなら私にしてくれとセナをかばう。
イランは株が欲しくて仕組んだのはわかっていると言う。
イランは路頭に迷っているあなたたち家族を救ったのは私だと言う。
恩を仇でかえすなんて人間ではないと言う。

イランは近くに置いてあったものをセナに投げつける。
ひたいを怪我するセナ。
ユギョンはそれを見てあなたにとってははした金なのにここまですることはないと逆ギレする。
イランは図々しい、今日はあなたたちの葬式だと言う。

そこに帰って来たジェウク。
イランはジェウクにこの2人を警察に突き出せと言う。
セナは土下座して私が欲に目がくらんでしまったと謝る。

ムンジュが最後の挨拶をしに入って来た。
イランはあなたも利用されたようだから刑事処分にはしないと言う。
その代わりもう私の前には二度と現れるなと言う。

イランはユギョンに食堂の社長を辞めてもらうと言う。
セナにも会社を辞める準備をしろと言う。
ソノとの結婚も諦めろと言う。
セナは、ソノは諦められないし、会社も辞めないと言う。
株があればソノの気持ちをつかめると欲を出してしまったのだと言う。
株があっても気持ちはつかめません

イランはセナにジェヒのすべてを譲るつもりだったのにあなたを信じた自分が馬鹿だったと言う。
今すぐ出て行けと言うイラン。

家に帰ったセナたち。
話を聞きつけてセガンがやってきた。
セナは今回のことは謝れば許してもらえる可能性はあるが、ダルニムが娘だとばれたら終わりだと言う。

家に帰ったセガン。
ルビは、セナは株をもらえたのかと聞く。
セガンはその話はなくなったと言う。
ソノはセナたちが連れて来た娘は実の娘ではなかったのだと言う。
セナが間違えたのかと聞くルビ。
ソノはセナから直接聞いてくれと言う。

ジェウクはイランに、一致したDNA鑑定書を見せ、これは自分が直接院長から渡されたものだから本物だと言う。
鑑定を依頼するために病院に行った時女性とぶつかりその時に封筒を差し替えられたようだと言う。
ジェウクはそうなるとセナは本物の髪の毛をもっていたことになると言う。
セナは本当の娘を知っているのではないかと言うジェウク。
素晴らしい感です!

ソノはセナに君の過ちだから家族には君が話せと言う。
セナは自分が話すと言う。
しかし過ちだと言われたくないと言うセナ。
あなたには後ろめたいことはしていないと言うセナ。

私がなぜあんなことをしたか考えたことがあるかと聞く。
私は常にあなたのことを考え、必要な人間になろうとしていたと言う。
ソノは俺のためだと言うなら何もするなと言う。
他にも隠していることはないか、あるなら正直に話してくれと言う。
他にはないと言うセナ。
聞いて正直に話すわけがないでしょう

セナはボクナム会長に会いに来た。
セナはチェゴ食品の株が欲しくてやってしまったと言う。
ボクナムは罪だとわかっていただろうと言う。
セナはソノが結婚を延期したいと言うからついやってしまったと言う。
ソノはレシピ流出の件で私とヒョン理事とユン会長を疑っているのだと言うセナ。
そんなときにムンジュを見つけたのだと言う。
しかしDNAが一致しなくて、つい嘘をついてしまったと言うセナ。

セナはボクナムにソノを失いたくなかっただけだと言う。
株があればソノの心を掴めると思ったと言う。
ボクナムはそんなもので人の心を操れると思っているのかと怒る。
そうなんですよ~

イランとジェウクはセナの家にやってきた。
イランは一致しているDNA鑑定書はどういうことかと聞く。
相手の髪の毛をどこで手に入れたのかと聞くイラン。
本当の娘を隠しているのかと言うイラン。

セナは髪の毛はジェヒのものだと言う。
イランはセナを叩く。
イランは株を手に入れるためにジェヒまで利用したのかと言う。
セナは気のすむまで殴ってくれと言う。
ユギョンはセナの代わりに私を叩いてくれと言う。
イランは血の涙を流させてやると言い帰る。

家に帰ったイランとジェウク。
ジェウクはイランを休ませる。
机の上にあった赤ん坊の産着に気づいたジェウク。
黄色い蝶の刺繍を見て驚く。

ジェウクはダルニムの家に行く。
ジェウクは以前解体用包丁の入っている箱を返したけれど、もう一度見せて欲しいと言う。
ダルニムは箱を開ける。
その中には赤ん坊の産着も入っていた。
ジェウクは、これは君のものかと聞く。
ダルニムは母が私を拾ってくれたときに私が着ていたそうだと言う。
親を探す手かがりになるかもしれないと母が保管していたのだと言う。

その刺繍を見て驚くジェウク。

74話

ジェウクはダルニムがイランの娘だと気づいた。
ジェウクはダルニムに実のお母さんが見つかったら会いたいかと聞く。
ダルニムは私にとって母は育ててくれた母だけだと言う。
実の母を探そうとしたことはないのかと聞くジェウク。
ダルニムは私を捨てた人に興味はないと言う。

イランは、娘は自分で探すことにした。
ジェウクは助けが必要なら手伝うと言う。
なぜ言わないのでしょう?

ジェウクはダルニムとイランのDNA鑑定を依頼した。

セナは刑事処分になるかもしれないと聞き、ソノにユン代表に頼んでくれと言う。
ソノは、君は人には厳しく自分には甘いと言う。
ダルニムが指輪紛失や産地偽装の件で疑われた時、君は罰を受けるべきだと主張をしていたのに自分は罪を逃れようとしているのかと言う。
ソノは自分のためにも罪を償えと言う。
セナは頼む人を間違えたと言う。
セナは刑事処分になったら結婚を破棄できると思っているようだがそうはさせないと言う。
刑事処分にならなくても十分に破棄できる理由はあります

ジェウクはDNA鑑定の結果を受け取った。
院長は間違いなくユン代表の娘だと言う。
ジェウクは院長に母には自分が話すまで黙っていてくれと言う。
ジェウクはダルニムがイランの娘だと知って泣く。
血の繋がりがなくてもだめなのですか?

ボクナムはソノにセナとの結婚のことを聞く。
ボクナムは結婚を延期した理由はセナがレシピ流出の犯人だと思っているからかと聞く。
ソノはいつからかセナとはぶつかるようになったと言う。
セナの気持ちはわかっているし、支えてくれているのもわかっているが、今はセナを信用できないと言う。
ボクナムはどうしたいのかと聞く。
ソノは結婚を破棄したいと言う。
ボクナムはすぐに破談にするとセナもつらいだろうから急がずに解決しようと言う。
ソノはお礼を言う。

ダルニムを待っていたジェウク。
ダルニムは一日中連絡が取れないから心配したと言う。
ジェウクはダルニムに遠くに行かないかと言う。
誰も知らない土地に2人で行こうと言う。
君がいいならすべてを捨てても構わないと言うジェウク。

ダルニムは私にはやることがあるから無理だと言う。
ジェウクは無理だとわかっていたと言う。
ジェウクはダルニムの顔を見たら元気になったと言う。

ソノはダルニムの母の情報を見つけた。
ダルニムに連絡をするが繋がらない。
会社を出て行くソノ。

イランはジェウクに連絡が取れず店にやってきた。
ダルニムは私たちも連絡が取れないと言う。
イランはダルニムにジェウクをはじめ、ソノ、セナ親子まで私から引き離して望みがかなっただろうと言う。
ダルニムはそんなつもりはないと言う。
イランは私が騙されているのを見て心の中で笑っていたのはわかっていると言う。
まだ指輪を返していないようだが、ジェウクと一緒になれると思うなと言う。
絶対に2人の仲を認めないと言うイラン。
指輪をはめた瞬間指がなくなると思えと言う。
やくざのようで怖い

イランの秘書がなにやらイランに耳打ちをする。
それを聞いたイランは帰って行く。

ソノはダルニムにお母さんを見つけたと言う。
スニの写真を見せ、今から行こうと言うソノ。

ダルニムたちはスニのいる食堂に到着した。
店から出てきたスニを見てダルニムは母さんと叫ぶ。
走って行こうとするダルニムの前に車が停まった。
イランと部下たちだった。
イランはダルニムに母親にはあわせないと言う。
部下にスニを捕まえろと指示をするイラン。

スニはイランの顔を見て逃げ出す。
ソノはイランの部下たちを倒し、ダルニムにお母さんを追いかけろと言う。
ダルニムは母を追いかけるがイランの部下に捕まってしまった。

イランたちもスニを見失い、スニを捕まえたのはビョンスとユギョンたちだった。
最悪!

目の前で母がいなくなってしまい大泣きするダルニム。

落ち込んで店に戻ってきたダルニム。
ジェウクは母に会えたのかと聞く。
ソノは目の前で逃してしまったと言う。
ユン代表が部下を使って妨害したのだと言うソノ。

ダルニムはもう我慢できないと店を飛び出す。

イランに会いにきたダルニム。
ダルニムはイランに母に何かあったら許さないと言う。
今まで私を誤解していても娘を亡くしてつらいだろうからと耐えてきたが、あなたは人間ではないとわかったからもう我慢はしないと言う。
イランは誰に向かって言っているのだとダルニムを叩こうとする。

ダルニムはイランの腕を掴み、もう手は出させないと言う。
私は潔白だし、母にも叩かれたことがないのに何様のつもりだと言う。

そこに入ってきたジェウクは掴みあっている2人を引き離す。

イランはあなたが潔白だと言うなら母親はなぜあなたを捨てて逃げたのかと言う。
ダルニムはなぜ母に悪いことをするのかと聞く。
そうやって悪いことばかりするから周囲に誰もいなくなるのだと言う。
真実を教えているのに信じない方が悪いと言うダルニム。

イランはあなたの母親を逃したのは残念だけれど、こうやってあなたが頭に血が上っているのを見て効果があったようだと言う。
この先も苦しませてやるから覚悟しろと言うイラン。
苦しむのはあなたです

ダルニムは母に何かあったら一生呪ってやると言い帰って行く。

ジェウクはイランに止めてくれと言う。
ダルニムが無実なのがわからないのかと言う。
ダルニムは…と言いかけてやめるジェウク。

ジェウクは、ダルニムはセガンと結婚の約束をしていたのだと言う。
セガンはダルニムを捨ててルビと結婚したのだと言う。
ジェウクは、母さんはセナの家族にずっと騙されているのだと言う。
ダルニムがなぜセナを疑うのか考えて見てくれと言う。

ダルニムはジェウクに指輪を返す。
これ以上は無理だと言うダルニム。

75話

ダルニムはジェウクに指輪を返し、もう終わりにしようと言う。
ジェウクは母のせいなら縁を切ってもいいと言う。
君さえいればいいと言うジェウク。
ダルニムは、シェフは母親を捨てられないと言う。
ダルニムはユン代表もいつか信じてくれると思っていたが、もう限界だと言う。

ジェウクは最後にもう一度聞くと言う。
この指輪をはめて2人で遠くに行かないかと言う。
名前も知らない海辺に行って食堂を開こうと言う。
2人で夕焼けを見ながらその日の出来事を話そうと言う。

ダルニムは無理なことだとわかっているだろうと言う。
シェフへの気持ちは整理したからシェフもそうしてほしいと言うダルニム。
ジェウクは簡単には諦められないと言う。
ダルニムは時間がくれば忘れられると言う。

帰ろうとするダルニムを後ろから抱きしめるジェウク。
少しだけこのままでいてくれと言う。
ジェウクは心のなかで、たとえ結婚はできなくても君と出会ったことに後悔はしないと思う。
吹っ切れたのでしょうか

イランはセガンを呼びつけた。
私に話があるだろうと言うイラン。
セガンは偽物の娘だとは知らなかったと言う。
イランはその話ではないと言う。
ダルニムのことだと言う。
4年前にダルニムと結婚の約束をしていたのかと聞く。
セガンは驚き、騙すつもりはなかったと言う。

セガンは司法試験に合格するまで5年間交際していたと言う。
ダルニムのお腹の子供のためにも最後まで責任をとるつもりだったがダルニムが流産したのでルビを結婚することになったと言う。

イランはその話を聞き、ダルニムがセナを疑う理由がわかったと言う。
セガンはセナはやっていないと言う。
ダルニムが嘘をついているのだと言う。
イランは家族揃って腐っていると言う。
やっとわかりましたか!

セガンはユギョンとセナにユン代表にダルニムとの過去を聞かれたと言う。
セナはダルニムの母親を捕まえたから大丈夫だと言う。
ユギョンはダルニムの母親が私たちの武器になると言う。

イランはユギョンの家に来た。
イランは4年前からセガンとダルニムの関係を隠していたのかと言う。
ユギョンは、ダルニムはセガンが司法試験に合格したとたんにつきまとって来たのだと言う。
セナはルビと付き合っているのにダルニムがしつこいから遠ざけようとしたのだと言う。

イランは次から次へとよく嘘が出てくると言う。
セガンから5年間付き合っていたことは聞いていると言う。
嘘をつくなら口裏を合わせろ、嘘を聞くのもうんざりだと言う。
同感です!

ユギョンはもう隠していることはないと言う。
イランは私のためではなくセガンとの関係がばれると困るからダルニムを刑務所に戻そうとしたのだろうと言う。
イランはダルニムがあなたたちを疑うのがわかると言う。
イランは刑事処分を覚悟しろと言う。
あなたたちが4年前から今までしてきたことを全て明らかにしてやると言う。

ソノはセガンに今日ダルニムの母親を目の前で逃したと言う。
知っていることがあるなら教えてくれと言う。
セガンはなぜ僕に聞くのかと言う。
ソノは4年前セナたちがダルニムの母を隠したことは知っていると言う。
セガンは、僕は知らなかったと言う。

ソノは、お前は本当に卑怯だと言う。
ダルニムを捨てたあげく母親を隠すなんて婚約者だった人にすることかと言う。
その話を聞いていたボゴン。
ボゴンはダルニムを捨ててルビが財閥の娘だから結婚したのかと聞く。
セガンは絶対に違う、ルビを愛していると言う。

ボゴンは怒ってセガンを殴ろうとする。
そこにルビが入って来た。
ルビはセガンに兄さんに殴られるようなことをしたのかと聞く。
ソノはなんでもないとボゴンを連れていく。
ボゴンはセガンがあんな奴だったなんてと怒っている。
ソノはボゴンにルビが傷つくからこの話は黙っていてくれと言う。
どれだけルビは大切にされているのでしょう

イランはジェウクにセガンから話を聞いたと言う。
セガンはルビを、セナはソノを手にいれるためにダルニムを犯人にした可能性もあると言う。
ジェウクはやっとダルニムを信じ始めたのかと言う。

ジェウクは散々ダルニムを傷つけておいて今まで何をしてきたかわかるかと聞く。
母さんのせいで指輪も返された、母さんが恨めしいと言う。
できることなら母さんと縁を切りたいと言うジェウク。

イランはあの女が潔白だとしても結婚は許さないと言う。
市場で肉を解体している女なんて認めないと言う。
ジェウクはいい加減にしてくれと叫ぶ。
また罪を重ねるつもりか、自分の目でしっかりと確認してみろと言い、ダルニムとのDNA鑑定書を見せる。

イランは、これは何かと聞く。
ジェウクは35年前に母さんが市場に捨てたのはダルニムだと言う。
実の子供ではないから逃げたと非難していた相手が母さんの捨てた子供を大切に育ててくれた人だと言う。
イランは嘘だと言い泣き出す。
ジェウクはいくら否定してもダルニムは母さんの娘だと言う。

翌朝目覚めたイランはDNA鑑定書を破る。
ジェウクは破っても何も変わらないと言う。
ジェヒと同じ産着も確認したと言う。

イランはダルニムとのDNA検査をもう一度行った。
結果は100%親子だった。
その際以前行ったDNA検査でセナがジェヒのものだと言っていたサンプルはダルニムのものだと知った。
セナたちはダルニムが娘だと知っていたとわかったイラン。
刑務所行きは決定!

ボクナムがイランを訪ねて来た。
セナとの結婚は破談にすると言うボクナム。
ボクナムはユン代表を欺いていたのは許されないが、今まで家族のように付き合って来たのだから刑事処分だけはなんとかしてあげられないかと言う。
イランはその話なら帰ってくれと言う。

ダルニムは休憩時間に母の情報を聞きに行くために警察署に向かう。
店を出ると外にイランが立っていた。
ダルニムはイランを睨みつける。

73~75話感想

とうとうイランはダルニムが娘だと知りました。今まで散々ダルニムにひどいことをしてきたのだから母親だとは名乗れないでしょう。
セナたちの嘘もばれて今回はすっきりした気分です。しかし、ここまで追い詰められてもソノを諦めないセナ。刑務所に入れて二度とソノに会えないようにするのがセナには一番効果があると思います。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください